(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゲンカイツツジを見に行こう♪あそうベイパーク
島おこし協働隊のゆーみんです。


対馬に春が来ました!ゲンカイツツジの季節です♪
と、いうことでお知らせ!


3月23日(土)
  24日(日)シーカヤックイベントあり!
  30日(土)
  31日(日)
4月 1日(月) の5日間


18時〜21時までの3時間
あそうベイパークでライトアップイベントが開催されます♪





場所はここ↓↓



厳原港や対馬空港側(下島側)から北上する際に必ず通る、赤くて大きな橋『万関橋』を渡ってしばらく進むと
あそうベイパークの入口。






玄海つつじの森は、あそうベイパークの一番奥にあります。
車で進めるところまで進むとキャンプ場と広めの駐車場がありますので、
迷わず進んでくださいね♪

月末頃には桜も見頃になるかと思います。あそうベイパークの桜並木は凄く綺麗なので、
桜のライトアップも楽しみです♪


↓↓数日前のつつじの様子はこちら。




 



まだまだ咲きはじめの株も多いので、今月末頃まで楽しめるかと思います♪
夜のライトアップも楽しみですね♪


↓↓おまけ。「対州馬の耳のさわり心地・・・。」
続きを読む >>
記事カテゴリ: -
「化石が語る対馬の物語」講座・現地観察会、新たなエコツアーについて
 こんにちは、3/16〜17(土・日)に開催した化石・地質講座の余韻がまだ抜けない局長Nです。

 (お彼岸の墓参りのあとも、海辺を歩いて山を越え、ウニの生痕化石を見に行きました)

>>「化石が語る対馬の物語」(対馬楽講座〜自然編〜スペシャル)について(当協会ブログ2019.02.25 Monday)


講座の様子

 講座の受講者は59名、現地観察会は42名でした!


現地観察会

 現地見学会のメインは、厳原町上槻(いづはらまちこうつき)での化石採掘。

 対馬の地下に5キロ以上の厚さで堆積しているとされる対州層群(堆積岩)のうちもっとも古い年代(1800万年前〜)の地層です。


化石

 講師の(株)親和テクノの青木隆弘さんの指導のもと、岩を割ると・・・淡水性の貝の化石が!

 大人たちも夢中、というよりむしろ、大人たちが夢中(^^)


植物の化石

 もうひとつの海岸の堆積岩を割ると、植物の化石が。

 発見された化石の種類からみて、1800万年ほど前、このあたりは河川近く、あるいは湖の底のような、浅い淡水環境だったようです。

 現地見学会のコースは、対馬市役所〜東邦亜鉛(株)対州鉱山(化石見学)〜厳原町上槻〜鮎もどし自然公園〜対馬市役所。


鮎もどし自然公園

 お昼は、鮎もどし自然公園(厳原町内山)で、花崗岩の一枚岩とホルンフェルス(堆積岩が花崗岩マグマの熱で変成した岩石)を観察しながら、お弁当をいただきました。


 講師の青木隆弘さん、参加者の皆様、東邦亜鉛(株)対州鉱山管理事務所様、ありがとうございました!

 スタッフの皆さん、お疲れ様でした<(_ _)>



 おまけ

 今回の講座・現地観察会の(個人的な)最大の発見は、対馬の95%を占める堆積岩・対州層群の面白さでした。

 対州層群の下層・上槻では淡水性の貝の化石が、中層の鹿ノ浦(峰町)・吹崎(美津島町)などでは深海性の貝(化学合成生物群集)の化石が発見されています。

 これは、対馬の大地のもとになった堆積環境が、淡水域〜浅海〜深海へと変化し、その後、地表まで隆起したことを意味しています。

 最近の研究では、対州層群の形成期は1800万年前〜1600万年前(かつては4600万年前〜1400万年前と考えられていました)とされ、その時代の一大イベントといえば

 日本列島の形成

 です。

 アジア大陸東端の陸塊が、対馬南西部を軸として時計回りに40〜50度回転し、西日本の原形となったと考えられており、

観音開きモデル説

図: 「GSJ地質ニュース Vol.6 No.4」より


 日本列島を回転させるほどの巨大なエネルギーの支点・作用点が、対馬近海だったことになります。

 (あ、wikipediaの「日本列島」にも、「西南日本は長崎県対馬南西部付近を中心に時計回りに40 - 50度回転し、」と書いてあります)



垂直の地層

 本来水平なはずの地層も、こうなるわな(-_-;) 
 (写真は峰町志多賀の鹿ノ浦)


 もうひとつ、対馬南部の「鮎もどし自然公園」には、花崗岩の一枚岩が露出しているのですが、これは1400万年前のものと考えられ、その時代の大事件といえば、

 紀伊半島南部のカルデラ噴火(世界最大級)

 です。


 そのマグマが冷えてできた巨大な花崗岩(長さ60km、厚さ10km)は比重が軽いため、紀伊半島を押し上げて険しい山地を作った、とされているわけですが・・・

 厳原町内山にも巨大な花崗岩が露出しており(美津島町の鶏知ダムの地下750mにも花崗岩が伏在しているらしく、かなり広い範囲になります)、対馬南部を持ち上げたのかもしれません。




 現在は火山活動や地震がほぼなく、静かに見える対馬の化石・地質・地層が語っていたのは、

 激動の「日本列島誕生史」

 だったのです。



 おまけ2

鹿ノ浦石灰岩

 峰町歴史民俗資料館の前庭に展示されている深海性の貝類化石が含まれる石灰岩。


ウニの化石

 美津島町吹崎のウニの化石(の一部・・・)。


生痕化石

 と、ウニの生痕化石。

(地層にそって数十m。この範囲・密度は、世界的に貴重なものになる可能性があるそうです)


 ここは干潮時しか行けず、山越え・崖を降りるので、陸路ではちょっと危険なのですが・・・

 シーカヤックの拠点である箕形(みかた)に近いので、生痕化石を観察するあらたなシーカヤックツアー・エコツアーが成立するんじゃないか?!

 うふふ(-_-;)

記事カテゴリ: 対馬の自然
【告知!】神戸どうぶつ王国 イベントについて
連日、風が強くて目が開けられませんね。


もともと閉じているか開いているかわからない目じゃーん!というツッコミは無視します。


こんにちは。つり目のヤマピーです。





さて私事ですが、協会の仲間入りをし3か月ちょっと。なんと明日から初の島外出張です!!


少々、浮足立っております。出張の目的は、、、これです!


1_650.jpg

___________________________

名称:>>
ツシマヤマネコ啓発イベントin神戸どうぶつ王国



日程:3月23日(土)、24日(日)の2日間


時間:10時〜17時
   (各ミニイベントの時間は上記の動物園ホームページよりご確認ください。)

場所:神戸どうぶつ王国
   兵庫県神戸市港島南町7丁目1−9
   
   アウトサイドパーク 芝生広場
___________________________




日本に生息するヤマネコは2種類います。


沖縄の西表島にいる イリオモテヤマネコと


そう、長崎の対馬にいる ツシマヤマネコです。

IMG_8588_650.jpg



対馬にのみ生息するツシマヤマネコは、環境省のレッドリストで
「絶滅危惧種毅僧 … ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」に分類されています。


生息環境の変化や交通事故などにより数が激減し、現在の島内での生息数は100頭ほどです。


その保護・繁殖・リスク分散を目的として現在、日本各地の動物園で飼育されており


毎年、対馬市の担当者が、その数カ所の動物園でツシマヤマネコの認知度向上・保護活動啓発を行っております。


神戸どうぶつ王国では、ツシマヤマネコは飼育されていませんが、園長さんのご厚意で毎年イベントが開催されております。




今年は当協会からは3名、対馬の魅力を伝えに、観光PR部隊として参加します!


ぜひ関西圏、お近くにお住まいのみなさまはお越しください!


対馬から応援にかけつける「たまひめ」ちゃんと




アルパカ君と一緒にお待ちしてます!

IMG_3194_650.jpg


(油断するとアルパカ君、ツバをペーっとかけるという濃厚なスキンシップをはかってくるそうなので用心します。)


記事カテゴリ: イベント情報
【レポート】第11回あそう物産市&第10回河内酒造蔵開き
昨日の暴風雨がウソのように晴れましたね。
本日は、当協会の局長(妖怪・雨ふらし)がずっと事務所にいるからでしょう。

今週末の対馬楽講座・地層フィールドワークの際は是非とも晴れてほしいですね。
(局長企画なので事務所に監禁しとくわけにはいきませんが。。)

※地層イベント、3/16(土)夜の講座はまだお席に空きがあります!ぜひ参加表明お待ちしてまーす!

>>イベント詳細はこちら



こんにちは、やまぴーです。

昨日、大盛況のうちに幕を閉じた「あそう物産市&河内酒造蔵開き」について報告します。


DSC_07160_650.jpg

DSC_0711_650.jpg

DSC_0758_650.jpg

DSC_0760_650.jpg

DSC_7650_650.jpg

DSC_7588_650.jpg

猪鍋にお餅、あなごカツ、から揚げ、カレー、ワッフルなどなどたくさんの美味しい食べ物とお酒と愉快な仲間達に皆さんお腹と心が満たされているようでしたね。地域のお祭りっていいですよね。みんな友達のようなこの雰囲気大好きです。


さてそんな中、協会のどの女子よりも女子力高い・料理好き男子ヤンが「酒粕詰め放題」にチャレンジしました。


DSC_0785_650.jpg
がんばってこんね〜 とエールを頂きいざ!酒粕との真っ向勝負!


DSC_0786_650.jpg
まずは「ビニールの底を延ばさんね〜」というアドバイスを頂き、のばしのばしー


DSC_0790_650.jpg
近くに子どもがいようとお構いなしです。真顔で詰め詰めするヤン。
大人って怖いですねー。


DSC_0792_650.jpg
ついにはひとり取り残されるヤン。真剣そのものです。本気と書いてマジです。

相手は酒粕です。笑


DSC_0798_650.jpg
そしてフィニッシュです!先端は2つコブを作り、対馬の霊峰・白嶽を表したそうです。
うん、どーでもいーですねー。おっちゃん達もこれには苦笑いです。しかし、見本と比べると、、

DSC_0748_650.jpg
うーん、なかなか上手ですね。

しかし上には上がいたようで、、、



DSC_07370_650.jpg



( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)!!!?
すごい。もはや詰め放題ではなく「乗せ放題」ですね〜
ちなみにこれは良い子はマネしちゃダメですよ。
見本にならってチャレンジしてください!きっと酒粕詰め放題は来年もあるでしょう!



一方ヤマピーは「きき酒当て」に挑戦しました。
お酒は好きで、特に焼酎が大好きなので「飲める飲める飲めるぞ〜酒が飲めるぞ〜♪」と自信満々で参加!

DSC_7539_650.jpg

DSC_0774_650.jpg

大吟醸や原酒、そして焼酎など8種類のきき酒です。
8点満点。

ゆっくりと味わいながら判別しました!
(いわば飲み放題ですからね!美味しくいただきます。)

結果.........

.....................


DSC_0778_650.jpg

「はい、1点ね〜」


(*_*)(*_*)(*_*)


そういや忘れてました。私、なんでも基本的に美味しいと感じるバカ舌の持ち主でした。




ちなみに今回の「きき酒」参加者は、87名。

うち満点賞は、4名とのことでした!!少々今年は難易度高かったかな?


満点の方にはジェットフォイル往復チケットやあなご亭さんのお食事券など豪華景品が授与されました!


みなさんも来年までに河内さんのお酒飲みまくり舌を鍛え満点狙いましょー!




それではまた今度!


DSC_0809_650.jpg

河内酒造さんより 創業100周年記念 限定1000本「新酒純米酒」振舞われました〜

いつ飲もうかな〜


・・・



DSC_0782_650.jpg

“ 妖怪・雨ふらし 必死の抵抗 ”





JUGEMテーマ:イベント情報



記事カテゴリ: イベント情報
第11回あそう物産市&第10回河内酒造蔵開き 今年も同時開催します!
暖かくなったり寒くなったりで体調崩してませんか?

観光協会では風邪に、花粉症に、アデノウイルスが蔓延しており
「へっぷし」「うぇーっしょい」と“くしゃみ”のオーケストラが毎日開演しております。


こんにちは、いたって元気なやまぴーです。
最近の悩みはご飯が美味しすぎることです。おデブ街道まっしぐらです。


さて、今週末、日曜日は何の日かご存知ですか?

告知遅くなってしまったのですが、毎年の恒例行事なのでご存知ですよね?

そう

今年もあそう物産市と、河内酒造の蔵開きを同時開催いたしますっ!!!

なんと今年は、対馬唯一の酒蔵・河内酒造の創業100周年でもあります!!

100周年を記念してなんとなんと!河内酒造さんが

1000本限定「新酒純米酒」(300ml)1本プレゼントしてくださいます!!

なーんとも太っ腹!大盤振る舞いです!
こりゃもう来るしかないですね。


では詳細です。

20190307164207106-1_650.jpg


日 時 : 2019年3月10日(日) 10:00〜15:00

場 所 : 河内酒造(美津島町雞知甲490番地1)・・・ googleマップ

駐車場 : 美津島行政サービスセンター駐車場・・・googleマップ


内 容 : ○あそう物産市出店業者 ・美津島カード会・・・おふくろの味カレー
                  ・対馬かまぼこ店・・・あなごカツ、コロッケ他
                  ・対馬コノソレ・・・対馬ワッフル、クッキー他
                  ・商工会青年部・・・つきたての餅
                  ・味楽・・・・・・・唐揚げ
                  ・対馬観光物産協会・・・猪鍋(無料、1人一杯まで)

      ○河内酒造蔵開き ・きき酒当て(500円)、新酒樽酒(500円)、酒粕詰め放題(100円)

20190307164222304-1_650.jpg


無料バス : 行き(河内酒造行) 久田9:31発、10:01発、
                 比田勝8:10発

       帰り(久田行)   河内酒造12:30発、13:00発
         (比田勝行)  河内酒造13:00発



お問合せ : (一社)対馬観光物産協会中対馬部会 TEL:0920−52−1566




対馬の食を頬張りながら地酒が楽しめる最高のイベントなっております。

年に一度の開催なので後悔しないように、是が非でもお越しいただきたい!

そして全力で楽しむためにも、万全な体調でお越しくださいね。


そして

飲酒運転は絶対にしないでください!


飲酒される方は、車は家に置き、バスやタクシー等の交通機関をご利用ください。


さーて、みなさんは何食べますか?



やまぴーは正月食べられなかった「つきたてお餅」が楽しみでなりません!

仕事なので飲めないでしょうが(ですよね?先輩?)

初めての蔵開き参加なので、ワクワクが止まりません。


この日は、日がいいのか島内で色んなイベントが重なってますが


お酒が好きな方、

きき酒に自信がある方、

河内さんに100周年のお祝いの言葉をかけたい方

やまぴーに会いたい方はお待ちしてます。


当日は100%雨予報です。

うちの局長が強烈な雨ふらしなのはみなさん知ってますよね。すみません。参加予定です。


では、現地でお待ちしております!


JUGEMテーマ:イベント情報



記事カテゴリ: イベント情報
「アンゴルモア元寇合戦記」一所懸命デジタルスタンプラリーなどなど(ご報告)



先日のブログ(2019.2.12「武者絵展の開催について」)に書いていましたが、先日、4ウン回目の誕生日を迎えました。

まだ、プレゼントっぽい物は届いていないのですが、たぶん宅急便屋さんも色々と忙しいのでしょう。

よりぼぅです。

待つのはキライじゃないです。



さて、2月23日(土)にアンゴルモア元寇合戦記に関するイベントが対馬でおこなわれました。





まずは!

「訪れてみたい日本のアニメ聖地88選定」記念式典!!


(一社)アニメツーリズム協会の寺谷事務局長から、比田勝尚喜 対馬市長に認定証が授与されました。

この式典には、原作者のたかぎ先生、朽井迅三郎役の小野友樹さん、輝日役のLynnさんが駆けつけてくれ、島内外からのお客さまも見学にいらっしゃいました。








そして!

「アンゴルモア元寇合戦記」一所懸命デジタルスタンプラリー!!

 も、この日からスタートしました。


すでに、参加されてる方も…いやフルコンプしている勇者もいらっしゃるようです。

このデジタルスタンプラリー、対馬という移動手段の限られた大きな島で、しかもスポットが全島にまたがるため、難易度は“激高”です!!ピシャッ!

スタンプラリーの特設サイトは ⇒ コチラ


ちなみに「場所が分かりにくいんじゃ〜」という方は、以下のサイトをご利用ください。
 スポットQRコード設置場所一覧(アンゴルモア元寇合戦記 公式ウェブサイト)





さらに!

『アンゴルモア元寇合戦記 一所懸命TV出張版in対馬』の収録もしました!!

始めて収録現場に立ち会いましたが、おもしろかったです。

この様子は、後日アンゴルモア元寇合戦記の公式ウェブサイトで公開されると思います!


乞うご期待!!





ほいで!ほいで!!

コミックウォーカー(KADOKAWA)で連載された、「アンゴルモアちびキャラ合戦記」が冊子になりました。





連載された6話のほかに、対馬までの道のりなども載ってます。

この1冊を読めば、対馬のことがまぁまぁ分かるハズです!

こちらは、対馬市厳原町の“ふれあい処つしま観光案内所”にも置いてますので、興味のある方は是非お立ち寄りください。



アンゴルモア元寇合戦記の原作ファン、アニメファン、はたまた声優さんのファンの皆さま、ぜひ舞台の対馬にお越しください。

ヨロシクお願いします。



式典・スタンプラリーに参加していただいた島外のお客さまからお花をいただきました〜

感謝ですm(_ _)m











記事カテゴリ: イベント情報
副業のススメ〜趣味を仕事にしよう〜について
 こんにちは、ときどきちょっとマジメな話、そしてあいかわらず花粉症、局長Nです。


 さて、最近注目されているキーワード

 「副業」


 何とも怪しげで魅惑的な響きがありますが、人口減少が急激に進む離島では、今後、かなり重要になってくるのではないか、と感じています。

 というのが・・・



 クイズです!


散髪
 (イラスト:かわいいフリー素材集 いらすとや


 人口3万人の島に、理容店が100軒あります。


 人口が1.5万人になったら、理容店は何軒になるでしょうか?




















 50軒と答えた方、はい、不正解〜。




 正解は、

 75軒が残り、それぞれの売上が2/3になってしまい、1/3ほど暇になる(お客さんが減ってしまう)

 ではないかなあ、と思っています。

 (一気に50軒まで減れば、残った50軒は売上を確保できるのですが・・・)




 机上の計算とはいえ、島民の頭が突然3つになったり( ゚Д゚)、毛髪が倍に増えたり( ゚Д゚)、髪の伸びる速度が2倍になったり( ゚Д゚) しないかぎり、こうなる可能性は高いと思います。

 人口減少は、すべての島内産業に影響するはずなのです。

(韓国人観光客の急増、好景気、人手不足、でそんな空気は感じないかもしれませんが)

おとろし
(鳥山石燕の「画図百鬼夜行」(1776年)にでてくるある日本の妖怪「おとろし」。全身髪で、別名「毛一杯」)



 さて本題!!(あいかわらず、前置き、長ーっ!!)



 人口減少は全国的に進んでおり(日本人全体が減っていくわけですからね)、緩和はできても、停めることは難しい問題です。


 このまま人口減少が進み、本業の売上が減り、少しずつ暇が出てくるなら、いっそのこと趣味を副業にしてみてはいかがでしょうか?

釣り

 週末に、趣味を活かした釣りのインストラクターとか、アクセサリー作りとか、観光ガイド、などなど。


 収入減を副収入で埋められるだけではなく、本業では得られなかったリフレッシュ、生きがい、などさまざまなメリットがあり(最大のものは趣味の人間関係の構築だと思いますが)、人生がより厚く、より豊かになるはずなのです。

 人は誰でも、何らかの役割を果たすためにこの世に産まれてくる(と思う)のですが、副業が、それを発見するきっかけになるかもしれません。


 (あ、最近は、多様な視点・経験を本業に活かすためにあえて副業を認める会社も増えてきましたが、就業規則や上司の許可など、確認はしてくださいね)


 個人的には、ニッチな「趣味観光」が今後は重要になってくると感じています。

 人生をより豊かにする「趣味」による交流人口の拡大は、とても楽しく、意味があると思うのです。


 たとえば、今年5月3日(金・祝)には、対馬野鳥の会による初の取り組み「対馬バードソン大会」が開催されます。

 バードソン = バードウォッチング+マラソン の造語で、24時間(00:00〜24:00)で何種類の野鳥を観察できるかを競います。

 渡り鳥の聖地・対馬のPR、野鳥観察の記録、島内外の交流にもつながる、楽しいイベントになると思います。



 で、体験メニューの募集であります。

 先日のブログにより、数軒のお問い合わせと、1件の申請(釣り観光)を受けております。

 1次締切は2/28(木)ですが、今後、個人向けの観光メニューなどは追加申請も可能なので、お問い合わせください<(_ _)>

 >>対馬の観光客数と体験メニューの募集について(当協会ブログ2019.02.22 Friday)







誤爆

 あ、イラストまちがえた。
記事カテゴリ: お知らせ
「化石が語る対馬の物語」(対馬楽講座〜自然編〜スペシャル)について
 こんにちは、昨日、今年の花粉症が始まった局長Nです。あー(>_<;)

 さて、昨年夏から秋にかけて開催し、好評を博した「対馬楽(つしまがく)講座〜自然編〜」(延べ受講者367名)ですが、今年度ファイナルの講座を開催します!


 これまで数年にわたり、対馬の歴史や自然などをテーマに講座を開催してきましたが、ファイナルのテーマは・・・。


 「化石(地質)」(シブいっ!!)



 国境の島・対馬は、魏志倭人伝以来の悠久の歴史と、ツシマヤマネコに代表される多様な自然に恵まれていますが、すべての基盤となっているのが「大地」。

 我々がいつも歩いているこの島の大地がどうやって誕生し、現在にいたったのか、興味ないですか? (ありますよね?!)


 対馬の基盤の地質は、海底に降り積もった砂や泥からなる堆積岩で、対州層群(たいしゅうそうぐん)と呼ばれています。


 その厚みは5km以上(上端・下端は不明)で、数百万年(諸説あり)の時をかけて堆積し、それが地表に現れたものです。



 さらに!(興奮っ)

 現在、対馬海峡の平均水深は約90〜100m(最大水深は約230m)ですが、島内で深海性(水深500m以上!)の貝の化石が発見されており、

 対馬の大地はかつて、深い海の底であった

 ことを示唆しています。
 

 すごくないですかっ?!!

 深海といえば、マッコウクジラとかマリンスノーとか、「深海クリーム」とか「ま水ストロー」とか、ドラえもん世代(第4巻5話「海底ハイキング」)にはたまらないあれですよ!!


 海の底に! 泥や砂がドバーッと堆積して、それがグニャーと曲がったり! ザーッと流れたり! ズガーン!と隆起して、今の対馬ができたんです!

(擬音はイメージです)

 ふー(>_<;) 



 講師は、「(株)親和テクノ」の青木隆弘さん。

 長崎・佐賀を拠点に、調査・測量設計の建設コンサルタント事業から施工まで行う総合建設業者の技術者、地質調査のスペシャリストで、今回は「化石」という切り口で、対馬地質の形成の謎について、語っていただきます。

 故・國分英俊先生とのお付き合いもあり、今回の講師をお願いしたところ、気持ちよく受けていただきました<(_ _)>

 翌日にはフィールドワーク(現地見学会)も開催しますので、お楽しみに!!


化石が語る対馬の物語チラシ


対馬楽講座〜自然編〜スペシャル! 化石が語る対馬の物語

3/16(土) 対馬楽講座「化石が語る対馬の物語」
【日 時】 平成31年3月16日(土) 19:30〜21:00
【会 場】 対馬市交流センター3階大会議室(対馬市厳原町今屋敷661-3)
【講 座】 化石が語る対馬の物語 〜地球を食っていた二枚貝の謎〜
【講 師】 株式会社親和テクノ 青木 隆弘
【参加料】 無料
【定 員】 100名(先着)

3/17(日) 地層フィールドワーク(現地観察会)
【日 時】 平成31年3月17日(日) 9:00〜14:00
【行 程】 ふれあい処つしま〜小茂田〜上槻〜(豆酘)〜ふれあい処つしま
(各自、自家用車で移動しながら、地層・地質を観察します。動きやすい服装、リュック、手袋(軍手)、弁当・飲料持参でご参加ください)

【主 催】 一般社団法人 対馬観光物産協会

【お申込み】 電話・FAXにて、必要事項:氏名・住所・性別・年齢・電話番号、種別(講座/フィールドワーク)をお伝えください。
※フィールドワークは、自家用車を運転して参加できることが条件になりますので、ご注意ください。

または、インターネット
>>Googleフォーム
からお申込みください。


〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672-1観光情報館ふれあい処つしま
一般社団法人 対馬観光物産協会 担当 西・上原
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585

お申込みQRコード
お申込みQRコード



おまけ

昨年から今年にかけて、あちこち歩いた際の地層の写真です。

厳原町阿連

厳原町阿連(あれ)


豊玉町唐洲1

唐洲2

豊玉町唐洲(からす)


上県町・女連

上対馬町女連(うなつら)


豊玉町・塩浜

豊玉町塩浜(しおはま)


タフォニ

塩浜のタフォニ・・・(-_-;)

記事カテゴリ: 対馬の自然
プロカメラマンから撮影技術を教わろう!の巻
こんにちは。暖かくなりましたね。
鼻ムズムズしはじめましたね。(はっくしょーい、ずずー..)
春の訪れは嬉しいようで(へっっぷし!)つらいですね。
みなさんは花粉症、大丈夫ですか?
今年から鮮烈なデビューかましてしまったようです。やまぴーです。(はなぴーです。)


さて先日、プロのカメラマンが来島され
図々しくもその撮影に、協会のカメラっ子スタッフ数名、同行させてもらいました!

あいにくの雨だったので、逆手にとって、雰囲気のでる場所へ。


まずは銀山上神社。

DSC_0589_650.jpg

DSC_0593_650.jpg

いい感じの濃霧です。



つづいて鮎もどし自然公園。

DSC_0598_650.jpg

DSC_0597_650.jpg

ちょ、ちょっと強くなりすぎた濃霧です。。



さぁ最後は“雨が映える”龍良山(たてらさん)です。
龍良山は照葉樹の森なので、少しの雨なら葉っぱが屋根の代わりになってくれます。
さらに雨に濡れた木々や葉がまた、なんともいえない良い雰囲気を演出してくれます。


龍良山_650.jpg

DSC_0623_650.jpg

DSC_0633_Moment_650.jpg

龍良山1_650.jpg


なんと贅沢!!
それぞれ個人のカメラを使って、プロのカメラマンに手取り足取り教えてもらいます。


みんななんとなく知ってはいるけど「何?このボタン。。なにこのアルファベット..」というところを
「ほー!こういう時に使うのね!これ!..うっわ!すっご!え、こんなに変わる?!」
という状態に進化させてもらいました!(語彙力..)



さてさて、そんな急で、厚かましいお願いにも神対応いただいたのは
東京のプロカメラマン・礒村浩一さんです。


>>礒村さんが執筆されたカメラ記事一覧



礒村さんは今月末に横浜にて開催される、カメラや写真の大展示会「CP+」というイベントで行う
ワークショップ用の素材写真を撮影に単独、対馬入りされていました。


>>「CP+」

少ないと思うけど関東在中の当ブログ読者 かつ カメラっ子!という方はぜひ足を運んでみて!


数週間前、「10日ほど車中泊しながら対馬を撮影するので観光パンフレット送ってください!」
というお電話を頂いた時は正直
「え、正気かな。このさっっむい時期に。このひとけのない対馬の夜に車中泊なんて..」
少し変わった方なのかな..


と思っていましたが実際会ってみると、
撮りたいものを求め、時間と労力は惜しまず、見えている世界をそのままもしくはそれ以上に表現する
まさしく本物のカメラマンさんでした。


そんな礒村さんが対馬で撮影された写真は、展示会でのお披露目なので
横浜に近い方は会場に!対馬の方は、しばしお待ちください!

またみなさんにもぜひ見て頂きたいので後日アップしますね!!





ということで、最後にやまぴーのマイベストショットを!


お題は「雨がおどる光の道」です!
(ダサいとか言わない。)



どーーーん!!



龍良山2_650.jpg







さてさて、対馬にはカメラっ子が実は多くいるようなので
カメラのワークショップ的なものを開催したいね!と
ちょいちょい上の画像内でカメラ目線を決めていた先輩が言っていました。


来年度、実現させたいですね!


目指せ、島民まるごとフォトグラファー!島民全員インスタグラマー!



対馬の良さ、島内だけで独り占めするのはもったいない!
ガンガン発信していきましょう!

わたしたちも全力で発信していきます!では!

記事カテゴリ: 対馬観光のススメ
対馬の観光客数と体験メニューの募集について
 こんにちは、局長Nです。

 基本的にフワフワした記事が好きなのですが、今回はちょっとマジメな話。


 対馬には年間、いったい何人くらいの観光客が来島されているのでしょうか?


 まず、韓国からの観光客については、以下の記事にわかりやすくまとめられていますので、ご一読を。

 >>対馬の韓国客 初の40万人超 「安くて近い外国」定着 2018年分 7年連続最多更新(長崎新聞 2019/2/1)

 要約すると、2018年の韓国人観光客数は409,882人(前年比約54,000人増)。

 (釜山航路を利用して入島した日本人が2,161人、その他外国人が2,900人いるため、実際の航路利用者(入島者)は414,943人)

 人口31,000人の島に、1日あたり1,223人の韓国人観光客が来島している計算になります。


 では、日本人観光客数は?

 実は、船(フェリー・高速船)・飛行機の利用者数(乗降者数÷2)は、2009〜2016年までは約23万人で横這い状態。(船/飛行機の割合はほぼ半々)

 ここ2年は、有人国境離島法の島民割引による利用者増もあり、2017年は24万人、2018年は25万人に増加しています。

 約30%にあたる7〜7.5万人が島民割引利用者(対馬在住者)なので、残りの16〜17万人に観光・帰省・ビジネスが含まれる、ということになります。

 個人的には、国内観光客の実数は3〜5万人くらいかなあ、と思っています。

(利用者数は実数なので信頼性が高い反面、日帰りでも3泊4日でもカウントは「1人」になるので注意が必要ですが)


 韓国からは安・近・短(旅費が安く、距離が近く、日帰り可能)なので、一般観光客(団体ツアー+個人観光客。自然や買い物目的の若者も多い)が急増し、

 日本本土からは高・遠・長(旅費が高く、距離が遠く、日帰りが難しい)なので、釣りや登山、野鳥観察など目的をもった観光客(趣味を満たしたいマニア層)+(年齢層が高めの団体ツアー)が訪れる、

 という構図です。


 で!

 韓国人観光客に関しては、船会社(6社!)や韓国の旅行会社・個人などの情報発信も充実しており、PRよりも島内の宿泊・飲食・交通など受皿の充実が求められています。

 対して国内に関しては、まず情報発信(対馬に何があるのか、何を楽しめるのか) + 旅費のハードルを下げる取り組みが重要で、国内外の観光客バランスがとれた「国際観光地・対馬」を目指したいと考えています。



 さて、本題! (前置き、長いっ(-_-;)。説明疲れたっ!


 2017年4月施行のいわゆる有人国境離島法により、長崎の島々(対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町、小値賀町、佐世保市宇久町)への旅行に対して補助金が交付されています。

 旅行会社向け、個人観光客向け(航路、空路)などがあり、島内宿泊および体験メニュー・着地型観光がセットになっていることが条件です。

 お得に長崎の島々へ行くことができる大チャンスなのですが、正直、対馬は苦戦しています・・・。

 というのが! (ふー(@_@;))

シーカヤック

 対馬はシーカヤックやトレッキングなど本格的な体験メニューが多く、行程がタイトで年齢層が高い旅行会社のツアー(いわゆる団体バスツアー)とはミスマッチなのです。


 なので! (ふー(@_@;))


 以下の条件を満たす、体験メニュー事業者を募集します!!


1.個人・フリープラン向け体験メニュー

・こだわりの体験プランで、半日・1日でもOK (マリンスポーツ、トレッキングなど)
・移動手段(電動アシスト自転車、レンタカーなど)とスタンプラリーがセットになっているものなど

イメージ↓
 >>長崎しま旅わくわく乗船券 対馬体験メニュー


2.団体ツアー向けの体験メニュー
 
・バス1台の人数(10〜40人程度)に対応できる
・拘束時間が短い(半日・1日などは不可) ※クルーズなど団体で移動できるものは数時間でもOK。
・価格が安い(無料はダメ)

※対馬はこちらのメニューが弱いため、団体ツアーの受入が難しい状況です・・・。



トレッキング

 うーん、

 ・長崎県しま旅滞在促進事業(旅行会社に補助)
 ・長崎しま旅わくわく乗船券(港で体験クーポン販売、個人向け)
 ・長崎しま旅わくわく航空券(じゃらんなどネット限定、個人向け)

 の3つの制度があり、関係者も混乱していると思うので、整理も必要ですね。


 今年度の事業は2/28(木)までですが、次年度は早期から実施されるはずなので、ぜひ、お得に対馬にお越しください<(_ _)>

記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.