(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アカハラダカの渡りとアキマドボタルの発生状況について
 こんにちは、火曜日に対馬30kmロングトレイルに挑戦し(24kmで日没が迫り時間切れ)、金曜日に有明山登山道整備の下見をし、明日日曜日は家族で城山に行く予定の局長Nです。

 ソロ・仕事・家族で登山、バランスが取れてますねー(殴)


 さて、先日のブログ 対馬の奇妙な生き物たちの発生状況について(2017.09.13)の続きです。

アカハラダカ

 アカハラダカは例年9月中旬に渡りのピークを迎えます。

 今年も山は越えたかな?と思っていたら、本日(2017/9/23)、内山峠でまた1万を超える数が観察されたそうです。

 NHKの自然番組の取材班が来てるので、安心しました。ふー(-_-;)

 ↓「対馬野鳥の会」会長、通信使さんの記録です。
 >>2017年アカハラダカ秋の渡り(野鳥通信対馬から)


豆酘崎

 豆酘崎(つつざき)のアキマドボタルは、おととい(2017/9/21)夜の観察で、オスが1〜3匹ほど常に舞い(全体で10匹程度?)、メスが1匹でした。

 これから10月初旬くらいにかけて、ピークを迎えるのかなあ、と思いますが、先日たくさん見かけた幼虫が今回はゼロ。

 謎が多いです・・・。


 アカハラダカ、アキマドボタルの情報や、内山峠・豆酘崎の場所(Googleマップ)は、先日のブログをご覧ください<(_ _)>

  >>対馬の奇妙な生き物たちの発生状況について(2017.09.13)
記事カテゴリ: 対馬の自然
蜜採り体験のお知らせ




こんにちは。


先日(9/11〜13)、博多駅大屋根広場で開催された「対馬観光物産PR展in福岡〜対馬屋台村〜」は盛況のうちに無事終了しました。


大変遅くなりましたが



「ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!」





感謝の気持ちを大切にする男、よりぼぅです。



よりぼぅから、対馬『実りの』のイベント情報です。



ずばり!



  【蜂洞の蜜採り体験】!!!!!





はい、分かります。


そもそも【 蜂洞(はちどう)】って何ですか?って事ですよね?



簡単にいうと“ミツバチの巣箱”です。




対馬では、丸太をくり抜いた(そうじゃないのもあります)モノをハチの巣箱にして、そこに集められるハチミツをとる方法が古くからおこなわれています。



実際の蜂洞は↓こんな感じで対馬の道路沿いなど、どこでも見ることができます。




島外の方からお墓と間違われることがあります。




対馬観光物産協会キャラクター『対馬あっぽ隊』の“はちどん”&“わばっち”





対馬にはセイヨウミツバチが生息しおらず、ニホンミツバチを養蜂していて、江戸時代には将軍にも献上されていたとか。


ミツバチがたくさんの種類の花から蜜を採ってくるので『百花蜜(ひゃっかみつ)』とも呼ばれています。


採蜜量も限られており、非常に貴重で高価なモノでお土産としても大人気ですよ〜。




では、【蜂洞の蜜採り体験】情報です。





【日  時】 平成27年10月7日(土)13:30〜15:00 雨天決行
       ※受付13:00から

【集合場所】 豊玉町田286番地 田集会施設駐車場

【内  容】 1)主催者挨拶、趣旨説明
       2)対馬のニホンミツバチの説明
       3)蜜採り作業の体験
       4)青年農業者協議会による蜂蜜・蜂洞(重箱式)即売

【 参加費 】 1人当たり 2,000円(小学生以下無料)
       ※お土産付き

【申込み先】 対馬地区青年農業者連絡協議会(事務局:対馬振興局農業振興普及課 担当 濱口)
       〒817−8520 長崎県対馬市厳原町宮谷224
       TEL 0920−52−4011 / FAX 0920−52−0960
       ※平日の午前9時から午後5時までです。

【申込方法】 ハガキ又はFAX ※お電話での申込は出来ません。
       必要事項:氏名、年齢、住所、TEL番号、これまでの蜜採り体験参加の有無
       ※小学生以下は、保護者の責任において参加を承ります。(参加料無料)

【申込期限】 平成29年9月29日(金)消印有効

【 その他 】 1)定員は50人です。(未経験者優先) 
          但し、応募多数の場合は抽選となります。
       2)麦わら帽子とゴム手袋をお持ちの方はご持参下さい。 
       3)服装は汚れても良い格好でお願いします。



参考までに、5年前にフナメンが体験した際のブログをご覧下さい。
 2012.10.09ブログ 蜂洞の蜜採り体験〜激レア!!!ニホンミツバチの蜂蜜を求めて〜







よろしくお願いします。




記事カテゴリ: イベント情報
「対馬大自然観察会」を開催しました!
こんにちは。

先日18日(月)敬老の日に、対馬観光物産協会 厳原部会が主催するイベント

「対馬大自然観察会」を開催いたしました。

本当は、17日(日)の開催予定でしたが、台風18号の影響で勝手ながら延期にさせていただきました。

延期になったことで参加できなかった方が多くいらっしゃり、大変心が痛かったです。

また機会がありましたら対馬観光物産協会のイベントにぜひご参加ください。よろしくお願いいたします。


「対馬大自然観察会」〜アカハラダカ観察と郷土料理体験〜

平成29年9月18日(日) 台風だった面影もなく、いい天気になりました太陽

参加人数:10名 +(スタッフ3名 ガイド1名)

〜アカハラダカ観察〜


アカハラダカは、雨だったり天候が荒れているとその日は移動せず天気になるまで羽を休めるそうです。

イベント日が嵐の次の日ということもあり、たくさんのアカハラダカを観察できると信じて、いざ観察!!

@アカハラダカ観察地(対馬市厳原町内山)






観察地に到着したときは、すでに約6,000羽飛んだとのこと。

十分な時間がなかったため思っていた数のアカハラダカは見ることができませんでした。難しい〜〜

アカハラダカが無事に暖かい場所に南下できるといいですね。

18日は、お昼に朝鮮半島から直接渡ってきたアカハラダカが大半をしめたそうで、

その日だけで約17,500羽観察されたそうです。(参考:対馬野鳥の会ブログ)

めっちゃ飛んでる!ビックリビックリビックリ

〜郷土料理体験(ろくべえ)〜

野鳥観察のあとは、郷土料理作りを体験するために豆酘の民泊に行ってきました。

@民泊ごんどう(対馬市厳原町豆酘)


 せんからろくべえを作ります。










みんなで作った手作りろくべえは格段に美味しいですね!

普段なかなか作る機会のない郷土料理ですが、このイベントを機に今後ろくべえ作りに挑戦してほしいです!

民泊ごんどうの皆様ありがとうございました^^

〜豆酘地区散策〜

昼食をお腹いっぱい頂いたあとは、ガイドの権藤さんにご案内いただきながら豆酘の散策をしました。





 @多久頭魂神社(対馬市厳原町豆酘)

 大きい〜!!立派なご神木です。

 対馬の中では、最大のクスノキと言われているそうです。

 ↓こちらは、ガイドの権藤さんオススメのスポット。浅藻地区と神崎を望める場所です。

 
 今回のイベントは、対馬の大自然に触れることと郷土料理体験をメインに企画させていただきましたが、

 私自身も勉強になることがありました。

 対馬出身の方ほど、実は対馬の知らないところや行ったことのないところ、食べたことのない郷土料理があるんで
 すよね。

 対馬には、私の知らない魅力がまだまだたくさん隠れていると思います。先ずは自分が知って

 それから島内外の多くの方に対馬の魅力を知っていただけたらなと思いました。

 最後になりますが、

 イベントにご参加いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさまありがとうございました^^

 また、何かのイベントでお会いできることを楽しみにしております。

記事カテゴリ: イベント情報
越高遺跡を訪ねて
上対馬事務所のKです。
上県町越高にある「越高遺跡」
対馬市教育委員会と熊本大学による発掘調査が行われています。




越高遺跡は、縄文時代早期から縄文時代前期(9000〜6000年前くらい)の遺跡です。出土遺物には、韓国のものと同じ文様を持つ土器や日本の石材で作られた石器などがあります。これらは日韓交流の起源を知るうえで貴重なものです。(現地説明会資料)

隆起文土器や石器などのほか、今年新たに四角形の「炉」跡が見つかりました。




遺跡はいったん埋め戻されます。次回調査時にお目にかかってください。
記事カテゴリ: お知らせ
つしまんなかまつり開催のお知らせ
秋ですね!

ちょうど良い気候で外遊びが楽しい今日この頃、この休日は家から出ずに、がっつり寝ました!

こんにちは、フナメンです。

寝すぎて辛いです。



ということで秋のイベントのお知らせです!

対馬の真ん中、峰町にて『つしまんなかまつり』が開催されます!!!





会場はこちら → グーグルマップ


フナメン的注目プログラムは

対馬のカワウソのネーミング募集

です。

鉄は熱いうちに打て!的な感じで好きです。まだ熱いはず!


つしまんなかまつりのフェイスブックページに詳細がありますのでご確認、ご応募お願いいたします!

お問合せ:つしまんなかまつり実行委員会
     峰町三根451 峰行政サービスセンター
     TEL:0920-83-0301
     FAX:0920-83-0431

つしまんなかまつりの会場で豊玉町で開催される音楽フェス「TSUSHIMA BORDER ISLAND FES 2017」のチケット販売所が設けられるとのことなので是非この機会にお買い求めください!公私混同!笑

よろしくお願いいたします!




記事カテゴリ: イベント情報
9月16日(土)の空路・航路の運航状況について
こんにちは、局長Nです。

台風18号が接近しています。
大雨・強風・進路等ご注意ください。

 >>台風情報(Yahoo!Japan天気・災害)

※以下、航路・空路の情報です。9/16(土)10:20時点のもので、台風の動きにより変更になる可能性があります。

【9/16(土)空路の状況】 (ANA/ORC)
・対馬空港〜福岡空港(ANA)は、4便とも運航予定(天候調査あり)ですがほぼ満席です。
・対馬空港〜長崎空港(ANA/ORC)は、3・4便が欠航です。

運航状況
 >>ANA運航状況のご案内(ANA公式サイト)


【航路(海路)の状況】 (九州郵船)

博多港→対馬・厳原港
・フェリー 博多港10:00発は壱岐まで。(壱岐〜対馬厳原港は欠航です)
・ジェットフォイル 博多港15:55発は、現在未定で出航1時間前決定の予定です。

対馬・厳原港→博多港
・フェリー 厳原港15:25発は、厳原港〜壱岐は欠航です。
・ジェットフォイル 厳原港13:00発は、厳原港〜壱岐は欠航です。

対馬・比田勝港←→博多港
通常運航の予定です。 欠航になりました。

運航状況
 >>九州のりものinfo.com
(上段のJR九州高速船は国際航路です。対馬〜福岡の国内航路は中段の九州郵船です)

 >>九州郵船株式会社
記事カテゴリ: お知らせ
台風による営業休止(9/17)とアカハラダカ観察会の延期について
 こんにちは、局長Nです。

 勢力が非常に強い台風18号が九州に向かっており、

 9月17日(日)は、「観光情報館ふれあい処つしま」内の「特産品の間」と「ふれあい食堂 憩い」を休業

 いたします。

 観光案内所は営業予定ですが、当日の天候次第で部分的な営業になる可能性があります。

 >>観光情報館ふれあい処つしま(公式ページ)


 なお、アカハラダカ観察会は、9月17日(日)から翌日の9月18日(月・祝)に変更します。

 9/12(火)には1.5万、翌13(水)には1.9万というとんでもない数のアカハラダカが観察されています。

 18日には台風が遠のき、台風で飛べなかったアカハラダカが、「台風一過」で一気に飛翔する可能性があり、それに賭けます!

(9/24(日)だと、かなりピークを過ぎてしまうんですよね・・・)

 保険の関係で追加募集はできませんが、アカハラダカを見てみたい!という方は自家用車等で内山峠にお越しください<(_ _)>

 >>内山峠(対馬市厳原町内山)(Googleマップ)
記事カテゴリ: お知らせ
モンベルクラブ・フレンドフェア2017横浜について(報告)
 こんにちは、局長Nです。

 先日の横浜出張の際、下の娘にリカちゃんのキッチンセットをお土産に買って帰ったら、開封直後、「これ、持ってる」と。

「嘘だっ!!」

 と思いながら部屋の隅を見ると、遊び尽くしてかなり部品のなくなったキッチンセットが転がっていました。

 教訓: 普段から、子どもが何で遊んでいるか、よく確認しておきましょう。



 さて、本題ですっ!

 2017/9/2(土)〜9/3(日)に開催されたアウトドアブランド「mont-bell」(モンベル)のフェアに参加し、「しま山100選」など対馬のPRをしてきました。

 参加スタッフは、島おこし協働隊のゆーみんと私の2名。

パシフィコ横浜

 会場は、みなとみらい駅にほど近いパシフィコ横浜。

プールとカヤック

 大展示会場にプールやクライミングタワーが設置されています。

飲食ブース

 飲食ブースもこの広さ。

対馬ブース

 アウトドア情報をメインに、ブースを構えます。

カワウソ

 例年だと「対馬ってどこ?」から始まるのですが、今年はカワウソのニュースのおかげで知名度が高く、助かりました。

対馬ヒノキコースター

 今年の体験モノは、対馬ヒノキ・スギ+ツシマヤマネコのスタンプ。

 スタンプは、(一社)MITの島デザイナー・吉野由起子さんに作ってもらった特注品です。

体験の様子

 ちなみにヒノキとスギは、私の実家(製材所)で昼休みにカンナをかけてきたので超安上がりです(殴)
 
 天気が悪かったせいか、室内イベントなので逆に大盛況。
 こうして初日はあわただしく過ぎていきました。

交流会の様子

 初日の夕方には、出展者とモンベルスタッフによる交流会が設けられました。

 辰野会長が選考委員を務めた「しま山100選」の書籍がモンベルから発売された関係もあり、講演会でも取り上げていただきました。

 また、選考委員で同書のイラストも手掛けている鈴木ともこさんともお話することができました。

 ありがとうございます!


 「ヤマショウビンが見たくて3年対馬に通ってます」(モンベルKさん)

 さすがにマニアやなー(-_-;)



クライミングタワー

 初日はコアなアウトドア愛好者が多かったのですが、翌日曜日は小さなお子さんがいる家族連れが多く見受けられました。

イベントの様子

 たくさんのお客様はもちろん、東京に異動になった「対馬観光ガイドの会やんこも」の登山ガイドNさんや、対馬の神社愛好者のご夫婦と再会したり、モンベルの方とも情報交換ができ、充実した2日間でした。

 ちなみに今年は67団体が出展し、モンベル会員限定のイベントながら、2日間で14,500名(9/2は8,300名、9/3は6,200名)が来場されました。



おまけ情報


将棋イベント

 たまたま隣の会場で、対馬初のプロ棋士・佐々木大地さん(市報の表紙を飾っていましたね)が出演するイベントが開催中だったので、ご挨拶に行きました。

将棋イベントの様子

 多面指しのイベントだったので、記念に対局させてもらえばよかったなー(-_-;)


 この数日後の9月7日(木)、29連勝を記録した中学生棋士・藤井聡太さんと対局し、激戦の果てに勝利しました!

 >>藤井聡太四段、準々決勝で敗退 棋戦初優勝は持ち越し/将棋・第48期新人王戦(ヤフーニュース)

 厳しい世界だと思いますが、応援しています(^^)/
記事カテゴリ: 事業いろいろ
対馬の奇妙な生き物たちの発生状況について
 こんにちは、協会の観光チーム・物産チームが博多駅イベント(9/11〜9/13)で出払う中、事務所でお留守番をしている局長Nです。

 この夏は対馬でカワウソが発見されて大騒ぎになりましたが、9月は対馬ならではの奇妙な動植物がいろいろ観察できる季節ですので、その発生状況をお知らせします。


 まずは〜

アカハラダカ

 ハトほどの大きさの小型のタカで、越冬のため9月に対馬上空を南下していきます。
 多い年には9月1ヶ月で10万羽を超え、1日に1万羽以上が観察されることも。

アカハラダカ観察所

 天気が崩れると対馬で羽根を休め、翌日晴天になると上昇気流に乗って一気に渡ります。

 おととい(9/11)は強風・強雨、昨日は晴天だったため、昨日1日で1万5千羽ほど渡ったそうです。

 今朝も、対馬野鳥の会の皆さんが楽しそうに観察していました(^^)

 例年9月中旬にピークを迎え、9/17(日)に協会主催の観察会を予定していますが、台風が・・・(-_-;) 

 >>内山峠アカハラダカ観察所(長崎県対馬市厳原町内山)(Googleマップ)


アキマドボタル

 9月下旬から10月中旬ころにかけて発生し、日本では対馬にのみ生息する大陸系の「秋のホタル」です。

 陸生でやぶ地や畑の上などを舞い、ゲンジボタルほど群れでは行動しませんが、大型なので見ごたえがあります。

 昨年はじめて対馬南端の豆酘崎(つつざき)で発生しているのが確認されました。星空・漁火・大海原とともに秋にホタルが観察できるという抜群のロケーションです。

 昨夜、豆酘崎でメス数匹と幼虫30匹ほどが確認できました。オスは確認できませんでしたが、あと1週間もすれば、見られるかなあと思います。

 現地は、豆酘崎灯台下暗しで真っ暗です。ライト必須。また、マムシなどもいるかもしれないので、ご注意ください。

アキマドボタル・メス

 メス(2017/9/12撮影) 翅が退化して飛べませんが、お尻が発光します。

アキマドボタル(オス・メス)

 オスとメス (2009/10/4撮影) オスも大型で、ほぼ点灯したまま舞います。

 >>豆酘崎(長崎県対馬市厳原町豆酘)(Googleマップ)


ダンギク

 日本本土では稀ですが、対馬では普通に見ることができます。

 城山(古代山城・金田城)の一の城戸の上などに群生します。

ダンギク

 城山にて(2014/9/30撮影)

 >>金田城トレッキング(当協会・モデルコース)


ムジナノカミソリ

 宮崎県の自生地が消失し、環境省の野生絶滅種に指定されていますが、対馬では普通に見ることができます。

 近縁種にキツネノカミソリ、オオキツネノカミソリがありますが、対馬のものはムジナのようです。

ムジナノカミソリ

 美津島町にて(2017/9/9撮影)


カワウソ

 9/2に環境省の調査チームの調査が終了し、フンのDNA分析、種の特定を目指しています。

 >>対馬のカワウソ調査終了(佐賀新聞2017/9/3)



ツシマヤマネコ

 対馬のシンボルですが、個体数の少なさから、島民でもなかなか見ることができません。

 たまに道路に出てきたり、田んぼで遊んでいたりします。

ツシマヤマネコ

 NHKの「ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜」の10周年リクエスト特集では2位でした。

 ちなみに1位はダイオウイカ(-_-;)


キタタキ

 北海道のクマゲラと同サイズ、日本最大のキツツキ。

 大正時代まで対馬北部の御岳に生息し、木をつつく(キツツキ)のではなく、木を叩く(キタタキ)ような音が森に響いていたとか。

 50年以上生息確認ができず、絶滅種に指定されていますが、北朝鮮や38度線付近にまだ生息しており、間違えて渡ってくるかも。

 >>キタタキ(Wikipedia)


 カワウソもそうですが、何が出現するかわからないのが、対馬の自然の奥深さであり、面白いところであります。
記事カテゴリ: 対馬の自然
星空Cafe in Tsushima 2017開催について
 こんにちは、朝夕は涼しくなり、秋を感じるようになりました。

 キャンプイベントに備えて飯盒(はんごう)でご飯を炊いてみたら、3回ともパーフェクトな炊きあがりだった局長Nです。 (2回は炭、1回はバーナー)

 ちなみに家族の評価は、「これだと炊飯ジャーと同じ」「おコゲが食べたかった」でした。

 過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・。


 さて、本題ですっ!

スノーピーク星空キャンプ2017チラシ表

スノーピーク星空キャンプ2017チラシ裏

 日本を代表するハイエンドのキャンプ用品メーカー「snow peak(スノーピーク)」に協力いただき、

今年で3回目となるキャンプイベント

Premium Autumn Camp 星空Cafe in Tsushima 2017

が開催されます!


 今年は「手ぶらキャンプ」のモニターを募集し、自由参加のイベントとして、対馬紅茶の楽しみ方、木の実のおやつ作り、アウトドア調理講座、シカ・イノシシ皮のグッズづくりなどを予定しています。

 また、オプションでしいたけ狩り・シーカヤック・SUP(パドルボート)、姫神山砲台トレッキング、マグロの給餌体験など盛りだくさん!

 国境の島・対馬で、特別な3日間を過ごしてみませんか?


【日 程】 2017/10/7(土)〜2017/10/9(月・祝)
【参加料】 大人(高校生以上)3,000円、子ども(小学生以上)2,000円、未就学児無料
      手ぶらキャンプモニター:無料(要寝袋・着替え)
【場 所】 あそうベイパーク多目的広場 >>あそうベイパーク(長崎県対馬市美津島町大山584-1)(Googleマップ)
【締 切】 2017/9/22(金)先着順
【主 催】 対馬市、一般社団法人 対馬観光物産協会
【協 力】 snow peak
【申込先】 TEL 0920-52-1566、FAX 0920-52-1585
      >>お問い合わせフォーム



 チラシ表面の日程や参加料、裏面の案内・スケジュール等をよくご確認の上、お申込みください<(_ _)>

 >>星空Cafe in Tsushima 2017(チラシ、pdfファイル約350KB、2P)

 >>星空Cafe in Tsushima 2017(参加申込書、pdfファイル約290KB、2P、FAX用)

 >>星空Cafe in Tsushima 2017(参加申込書、エクセルファイル約55KB、2P ※上記申込書と同内容のエクセル版です。メール用)
記事カテゴリ: イベント情報

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.