(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
まち歩きイベント(第2回)参加者募集
まち歩きイベント参加者募集

美しい対馬の秋の自然を歩いて楽しみましょう
第2回 10月9日(日)10時〜12時30分 峰町木坂・青海地区
主なコース 海神神社、木坂展望所、藻小屋、ヤクマの塔、青海の里 など
集合場所 木坂・御前浜園地駐車場




定員  30名 
雨天時 中止します
参加費 100円(当日徴収します)
参加申し込み 10月7日(金)まで電話で申し込みください
(一社)対馬観光物産協会上対馬事務所 0920−86−4839(古場)span>
記事カテゴリ: お知らせ
「城下町清掃レンジャー募集」「蜂洞の蜜採り体験」「万松院まつり」について
こんにちは、告知マシーンこと局長Nです(-_-;)

城下町清掃レンジャー、蜂洞の蜜採り体験、そして万松院まつりについて、お知らせします!


2016/10/2(日) 一日限定 城下町清掃レンジャー募集!

【2016クリーンアップ事業】
日  時  2016/10/02(日)9:00〜12:00
募集人数  先着10名
活動内容  城下町内をみんなで歩いてごみ拾いをします。
集合場所  対馬市厳原町今屋敷672-1「観光情報館 ふれあい処つしま」
申込期限  2016/9/30(金)
申込方法  お電話(対馬観光物産協会 0920-52-1566)

参加者の方には、なんと!!素敵な対馬のTシャツをプレゼント!
申し込み時にサイズをお伺いいたします。(S.M.L.XLの中から)
また、清掃レンジャーには2つのミッションがあります。
(1)対馬のTシャツで清掃活動
(2)清掃活動の様子や城下町の好きな場所をSNS(何でも)で紹介

清掃レンジャー募集


2016/10/8(土)「蜂洞の蜜採り体験」参加者募集!

さわやかな秋晴れの下、ニホンミツバチの蜜採りを体験してみませんか?

【趣 旨】
 対馬では、古くから山際などに蜂洞を設置し、ニホンミツバチを養蜂して採蜜を行っている方が多く、その多くは自家用で健康増進のため食されています。また贈答用や販売用としても幅広く活用されています。
 ニホンミツバチは、日本在来の野生種で、セイヨウミツバチの増加に伴い、近年では和歌山県熊野、奈良県十津川、四国、長崎県対馬などで良く見られる以外は、全国的にあまり見られなくなっています。
 今回、対馬地区青年農業者連絡協議会の活動の一環として、蜜採り研修を行います。そこで、島内外の方で興味がある方(家族)を募集いたします。
 是非この機会に、蜜採り体験を通して、『みのりの秋』を楽しんでもらえたらと考えています。

【期 日】 平成28年10月8日(土) 13:30〜15:00 雨天決行 ※受付13:00〜
【集 合】 長崎県対馬市豊玉町田286番地 田集会施設駐車場 >>Googleマップ
      ※体験会場まで徒歩(約300m)で移動します。
【内 容】
 (1) 主催者挨拶、趣旨説明
 (2) 対馬のニホンミツバチの説明
 (3) 蜜採り作業の体験
 (4) 青年農業者協議会による蜂蜜・蜂洞(重箱式)即売

【参加費】 1人当たり 2,000円(小学生以下無料) ※採取した巣蜜のお土産付き

【主 催】 対馬地区青年農業者連絡協議会
【申 込】 事務局:対馬振興局農業振興普及課 担当 内山
 〒817-8520 長崎県対馬市厳原町宮谷224
 TEL 0920-52-4011(平日の午前9時から午後5時まで)
 FAX 0920-52-0960

【申込方法】 ハガキ又はFAXによる申込(※電話による申し込み不可)
 必要事項: 氏名、年齢、住所、TEL番号、これまでの蜜採り体験参加の有無
 ※小学生以下は、保護者の責任において参加を承ります。(参加料無料)
【申込期限】 2016年9月30日(金)消印有効
【その他】
 (1) 定員は50人です。(未経験者優先)  但し、応募多数の場合は抽選となります。
 (2) 麦わら帽子とゴム手袋をお持ちの方はご持参下さい。 
 (3) 服装は汚れても良い格好でお願いします。

採蜜体験


2016/10/8(土) 万松院まつり

宗義智(墨絵)

 どーん!!

 こんにちは、久々に登場の 宗 義智(そう よしとし)です。

 豊臣秀吉に朝鮮出兵の先陣を命じられ、

 小西行長の娘マリアを娶って自らもキリシタンとなったものの、

 義父・行長が関が原の合戦で家康と敵対して処刑され、

 家を守るためマリアと離縁・棄教し、

 徳川家康からはもっとも困難な朝鮮との和平交渉を命じられた、

 初代対馬藩主・宗 義智です。


 NHK大河ドラマ「真田丸」、私は出ないんでしょうかね?


宗義智(万松院まつり)

 さて、そんな私の菩提寺・万松院で、「万松院まつり」が開催されます!

【日 時】 2016年10月8日(土) 点灯17:30〜
【場 所】 長崎県対馬市厳原町西里192 万松院 >>Googleマップ
【内 容】 境内350基あまりの石灯籠が点灯され、提灯をもって万松院を参拝できます。夜間に参拝できるのは、1年のうちこの日だけ。参拝後は温かいぜんざいが振舞われます(数量限定)。
【問合せ】 万松院 0920-52-0984
【主 催】 万松院史跡保存会
【駐車場】 当日、万松院内は駐車禁止となっておりますので、対馬市役所の駐車場をご利用ください。


記事カテゴリ: イベント情報
「徳川家康公・宗義智公肖像画特別展示」「KISS MY NAGASAKI in 博多駅」について
 こんにちは! 局長Nです。

 2016年10月1日より、「長崎デスティネーションキャンペーン」が始まります!

 デスティネーションキャンペーン(舌を噛みそうなので、DCに略)とは、JRグループ旅客6社と自治体・観光事業者が協力して実施する大型観光キャンペーンのこと。

 2016年秋(10/1〜12/31)の対象自治体が長崎県なのです。

 >>デスティネーションキャンペーン(Wikipedia)
 >>長崎デスティネーションキャンペーン 2016(ながさき旅ネット)


 で、その期間の対馬の目玉は、

対馬藩主宗家菩提寺・万松院の至宝「徳川家康公」「宗義智公」肖像画の特別展示

 です!


 NHK大河ドラマ「真田丸」で、主人公・真田信繁(幸村)の前に立ちはだかり、やがて大阪 夏の陣で激突することになる巨人・徳川家康。

 江戸幕府を開き、神となって日光東照宮に祭られることになる徳川家康の肖像画が、なぜ対馬に存在するのか?!


 実は、万松院(ばんしょういん)の本堂には、2代将軍 秀忠公以降、13代 家定公までの金箔の大位牌が安置されているのですが、

 「徳川家康の位牌はないの?」と鋭い質問をされるお客様もいらっしゃいます。

徳川将軍家の金箔の大位牌


 そう!

 本来、その中心に位置すべきものこそ、今回公開される徳川家康公の肖像画なのです。

 そして、豊臣秀吉と徳川家康の時代を必死に生き抜き、奇しくも豊臣家が滅亡した大阪夏の陣の年(1615年)にその生涯を閉じた、対馬藩初代藩主・宗 義智(そう よしとし)公の肖像画を、あわせて特別展示します。


 次はいつ見られるかわからないので、この機会にぜひ!!


「観光情報館ふれあい処つしま」「万松院」から徒歩5分ほどで、周辺には「日本遺産」構成文化財が集中しているので、あわせてご訪問ください。

【日 時】 2016年10月18日(火)〜2016年12月11日(日)
【場 所】 対馬歴史民俗資料館
      長崎県対馬市厳原町今屋敷668番地1 >>Googleマップ
      TEL 0920-52-3687
       >>対馬歴史民俗資料館(公式サイト)
【入場料】 無料
【開 館】 午前9時から午後5時まで(最終入館時間 午後4時45分まで)
【休館日】 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)




 博多駅・長崎駅でDCオープニングイベントが開催されます!

10/1〜10/2 長崎DCオープニングイベント「KISS MY NAGASAKI in 博多駅」

 おなじみ博多駅前広場において、長崎県の観光PRイベントが開催されます。

 ステージパフォーマンス、観光PRブース、グルメのほか、会場内でのクイズラリーやミニ新幹線の運行、
JR九州長崎キャンペーン「KISS MY NAGASAKI」の「キスマイ★フォトパネル」(Kis-My-Ft2 の巨大フォトパネル)も登場。
 10/1〜10/2の両日は、博多駅前広場で「マイナガサキ」を満喫しませんか。

【日 時】 2016年10月1日(土) 10:00〜17:00、 10月2日(日) 10:00〜18:00
【場 所】 博多駅前広場(大屋根下) >>Googleマップ
【内 容】
(1)ステージイベント 長崎県の伝統芸能の披露など、多種多様なステージイベントを繰り広げます。
(2)グルメブース 長崎県の自慢のグルメを満喫できます。
(3)長崎DCクイズラリー イベント会場内でクイズラリーに参加して頂き、見事全問正解されたお客さまには、抽選で長崎県の特産品やグッズなどをプレゼントします。

DCオープニングイベント・博多駅チラシ1

DCオープニングイベント・博多駅チラシ2

10/1(土)には、長崎駅かもめ広場でも、長崎DC開催の記念式典、伝統芸能のステージイベントなどが開催されます。

【日 時】 2016年28年10月1日(土曜日) 10時から16時まで(予定)
【場 所】 長崎駅 かもめ広場 >>Googleマップ

記事カテゴリ: イベント情報
モンベルクラブ・フレンドフェア2016秋 横浜について
 こんにちは、明日から横浜に出張の予定ですが、往路は大雨、復路は台風に見舞われそうな局長Nです(-_-;)

 さて、今回の目的は、

「モンベルクラブ・フレンドフェア2016秋」

 >>モンベルクラブ・フレンドフェア2016秋 横浜・大阪(mont-bell公式サイト)

プール


 過去2回、大阪開催のフェアに出展したことはあるのですが、横浜は初出展。

 会場にプールやタワーが設営され、カヤックやクライミングも体験できます。

 関東の皆様に、対馬のアウトドアを紹介してきます!

 東京・横浜近郊の方は、ぜひ遊びにお越しください<(_ _)>


モンベルクラブ・フレンドフェア2016秋 横浜会場

【日時】 2016/9/18(日)9:00〜17:00、9/19(月祝)9:00〜16:00
【会場】 パシフィコ横浜 展示ホールB・C(横浜市西区みなとみらい1-1-1) >>パシフィコ横浜(Googleマップ)

【トークショーゲスト】
AYUMIさん(モデル) 9/18(日) 13:00〜13:40
西田賢司さん(探検昆虫学者) 9/18(日) 13:50〜14:30、9/19(月祝) 12:40〜13:20
服部文祥さん(登山家) 9/18(日)・9/19(月祝) 14:40〜15:20
さらに、音楽演奏など多彩な顔ぶれに加え、モンベル辰野 勇代表のトークショーもあります。

【備考】 モンベル倶楽部会員限定のイベントです。
記事カテゴリ: イベント情報
ふれあいイベント(ポケモンカード講習会、フリーマーケット、ミニ四駆走行会)について
 こんにちは、昨日出張から帰り、明日からまた出張の局長Nです。

 帰りは横浜→福岡→対馬のどこかで、台風に突っこむことになりそうです(-_-;)

 さて、直近ですが、イベント情報です。

 三連休どうしようかなーと、思っている方、この土日は(天気も悪いようなので)、ご家族でぜひ「観光情報館ふれあい処つしま」にお越しください!


2016/9/17(土) 親子で楽しむポケモンカード(ポケモンカードゲーム講習会)

 「観光情報館ふれあい処つしま」で、第3回目となるポケモンカードゲームイベント「親子で楽しむポケモンカード」イベントが開催されます。
 ご家族でカードゲームイベントに参加してみませんか?

【日時】 2016年9月17日(土) 11時00分〜12:00(ティーチング) 13:00〜16:30(対戦)
【場所】 観光情報館 ふれあい処つしま 観光の間(長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1)
 >>観光情報館 ふれあい処つしま(Googleマップ)

【イベント種類】 対戦・ティーチング
【対戦形式/レギュレーション】 デッキ 30枚 (手ぶらでもOK)
【参加料】 無料
【定員】 25人

【イベント内容】
11:00〜12:00 ティーチング (要予約)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜13:30 大会参加受付
13:30〜13:45 大会内容説明等
13:45〜    対戦スタート

※対戦形式については、参加者数に応じて、当日決定したいと思います。
※参加賞及び上位賞を用意しております。
備考 初心者向けに、ポケモンカードの遊び方やルール説明を行うコーナーを設置します。
運営の都合上、参加者数を把握する必要があるため、参加ご希望の方は、「g.kyubas(a)gmail.com」まで参加者全員のお名前・年齢をお知らせ下さい。
※(a)を@に置き換えてください(迷惑メール対策)

参加希望者が多い場合、先着順とさせて頂きます。個人情報は一切公開いたしません。

【お問い合わせ先】 キュバス
 >>ポケモンカード トレーナーズウェブサイト(公式自主イベント・九州沖縄地区の9つ目です)
g.kyubas(a)gmail.com
※(a)を@に置き換えてください(迷惑メール対策)

ポケモンカードゲーム

2016/9/17(土) ふれあいフリーマーケット

【日時】 2016年9月17日(土) 10:00〜15:00
【場所】 観光情報館 ふれあい処つしま 多目的広場(長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1)
 >>観光情報館 ふれあい処つしま(Googleマップ)

【内容】 ご家庭の不用品や手づくり品、アウトレット品等を有効活用することで無駄を無くしながら市民が楽しくふれあう!
     (※今回の出品は、雑貨、服、そのほか)
【お問い合わせ】 (一社)対馬観光物産協会 TEL 0920-52-1566


2016/9/18(日) ミニ四駆体験走行会

 「観光情報館ふれあい処つしま」で初となるミニ四駆体験走行会が開催されます。
 「ミニ四駆を作ろう!」「ミニ四駆を走らせよう!」の2部門で、大人も子供もみんなでミニ四駆を楽しみましょう!

【日時】 2016/9/18(日)
【場所】 観光情報館 ふれあい処つしま(長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1)
 ※いづはらショッピングセンターティアラ横
 >>観光情報館 ふれあい処つしま(Googleマップ)

【イベント内容】
1.ミニ四駆を作ろう! (11:00〜13:00) 
 組み立てに必要な工具は用意しています。組立サポートもスタッフが丁寧に行います。
 ※ミニ四駆キット・パーツ等は各自ご準備ください。コース使用料無料!時間内終日フリー走行

2.ミニ四駆を走らせよう! (13:00〜14:00)
 会場に巨大ミニ四駆サーキット! 自分で作ったマシンでみんなとレースしてみよう
(ルールはタミヤ公認競技大会規則に準じます)
 ※走行に必要な電池等はティアラ内で販売しています。年齢制限なし!

【備考】 ミニ四駆は、「かわもと(美津島町鶏知)」、「あすなろ(ティアラ)」、「ライフベース上対馬店(大浦)」で購入できます。

【主催】 対馬ミニ四駆倶楽部
【お問合せ】 ROXY WORKS(0920-53-5780)

ミニ四駆
記事カテゴリ: イベント情報
上対馬事務所について
上対馬事務所のKです。
今回は、観光物産協会上対馬事務所の所在地と施設内の紹介をします。
事務所は、上対馬町比田勝の比田勝港国際ターミナルビル管理棟の1階。


所長含め3名の職員で、観光案内等おこなっています。
国際ターミナル利用者は、ほとんどが韓国からの旅行者です。

ここには、JR九州高速船、大亜高速海運、未来高速の3社が運行。

また1階には、HKターミナル売店。2階には、MINATOカフェ、待合室があります。


記事カテゴリ: お知らせ
白嶽で発生した遭難事故(2016/9/4)について
 こんにちは、局長Nです。

 2016/9/4(日)に上見坂(かみざか)〜白嶽(しらたけ)で、韓国人登山ツアー客(1名)の遭難事故が発生しました。

 消防・警察・自衛隊・市役所等の方々が3日間にわたって捜索し、さいわい、9/7(水)の朝に無事発見されました。

 いろんな問題をはらんだ事案だったので、事故報告レポートです。

 まずは基本情報を。


白嶽

【白嶽】
 石英斑岩の双耳峰が美しい対馬第一の名山。信仰の対象・霊峰でもあり、九州百名山のひとつ。登山者にも好まれ、特に近年、韓国人登山者が急増しています。

 >>対馬のトレッキング情報−白嶽(当協会WEBサイト)

遭難ルート

【洲藻登山口ルート】 ※上記ルート図の赤点線

 登山口は、対馬市美津島洲藻(みつしままち・すも)の集落奥にあります。通常の登山ルートです。

 登山口から山頂までの距離(片道)は2.2km、コースタイム(登山用語: 休憩をのぞく、おおよその徒歩移動時間)は、登り90分、下り60分。

 ※実際には途中で休憩や写真撮影をしたり、また急勾配の登攀をともなうため、人によっては往復5時間以上を要することもあるので要注意です。はじめての山では、コースタイムの1.5倍が目安になります。

 コース: 洲藻登山口〜1.5km〜鳥居分岐点〜0.7km〜山頂〜0.7km〜鳥居分岐点〜1.5km〜洲藻登山口 (距離計 4.4km)


【上見坂登山口ルート】 ※上記ルート図の緑点線+青点線

 白嶽南東の上見坂登山口(県道24号線上、上見坂公園まで1.4km地点)から白嶽を目指すコースで、国内・島内の登山者はほとんど利用しませんが、韓国人登山者はよく利用しています。

 コースタイムは3時間45分。

 コース: 上見坂登山口〜5.2km〜鳥居分岐点〜0.7km〜白嶽山頂〜0.7km〜鳥居分岐点〜1.5km〜洲藻登山口 (距離計8.1km)


【今回の遭難事案】

【ツアーで設定されたルート】 ※上記ルート図の緑点線

 上見坂登山口〜5.2km〜鳥居分岐点〜1.5km〜洲藻登山口 (距離計6.7km) コースタイム 2時間30分

 ※白嶽山頂まで0.7kmの鳥居分岐点を素通りし、白嶽山頂を目指さないで洲藻登山口に下りることになります。白嶽山頂までは行かないけど、それなりの距離は歩きたい(?)という不思議なルートです。


【予定行程】
9/4(日)
 15:00 ツアー客70名で、上見坂登山口から登山開始。
 18:30 洲藻登山口に集合。

【今回の遭難事例】
9/4(日)
 15:00 ツアー客70名で、上見坂登山口から登山開始。
 16:00 遭難者1名(男性72歳)を含む15名ほどが、鳥居分岐点から白嶽山頂へとコース変更。
 18:00 洲藻登山口で遭難者が不在であることに気づき、引き返して捜索するも発見できず。
 20:00 ガイドが対馬南警察署に通報。

9/5(月)
  8:00 対策本部を構え、消防・警察等で捜索開始。
 13:00 自衛隊の派遣を要請。
 17:15 発見にいたらず、捜索終了。

9/6(火)
 8:30〜18:00 ヘリ等を使って終日捜索するも、発見に至らず。

9/7(水)
 8:59 自衛隊(対馬警備隊)が遭難者を発見。ケガなし。


 私も山の案内を頼まれることが多いので、再発防止のためにも、今回の課題を検証してみます。


1.危機管理(ツアー会社の問題)

 このルートのコースタイムは2時間30分なので、15:00開始、17:30終了、1時間の余裕という計算になりますが、15:00登山開始というのは致命的なミスです。

 いまの時期の日没は18:30ころですが、山中、特に東側斜面は日没前に真っ暗になります。

 どの山でも遅くとも15:00には下山口に到達するなど、登山のルール作りを徹底しないと、また事故が発生します。

 さらに、9/4には九州中部まで台風が接近しており、翌日には対馬に最接近する予報でした。

 >>天気図(2016年9月4日)(ヤフー天気・災害)


 国内の登山ツアーでも、天候が悪いのに無理に入山して事故を起こす事例が発生しています。

 数ヶ月前から参加者を募集することが多いため当日の天候の予測ができず、またガイド・添乗員と参加者間に信頼関係が薄く、参加者同士で面識がない場合は、「悪天候でも登りたい!」という一部の強硬な意見に引きずられがちです。

 参加者が多くて意思決定が難しく、すでにツアー料金が払い込まれているので中止しにくい、という団体登山ツアー特有の問題です。


2.個人行動(参加者の問題)

 ツアーに参加していながら、別行動をとるのは危険性を増大させる行為です。

 白嶽山頂を目指した場合のコースタイムは3時間45分なので、洲藻登山口に着くのは18:45になり、集合時間にも間に合いません。(すでに周辺は真っ暗です)

 集団行動のルールが守れないのであればツアーに参加するべきではありませんし、身勝手な行動は登山者や捜索者などたくさんの人を危険にさらすことになります。

 全国的に、100円均一の雨ガッパで登山するとか、行動予定を誰にも伝えていないなど、常識が常識ではなくなってきている現状を感じます。


3.ベテラン&経験者あるある

 頂上付近で救助を待っていれば、9/5(捜索初日)に発見されていたはずなのですが、9/7に発見されたということは、面積が広く捜索が難しいエリアを、ケガのリスクをおかし、体力を消耗させながら、動いていたということ。

 ベテラン・経験者になればなるほど、実力・経験の過信や、迷ったこと・捜索隊が出動したことへの恥ずかしさや焦りから自力で下山しようとして、事態をこじらせがちです。

 まあ、自分が遭難したとして、山頂で体育座りでヘリを待つ、という恥ずかしさ、申し訳なさ、バツの悪さといったら無いですけどね(-_-;)


4.携帯電話と予備電池

 通話ができれば捜索も格段にはかどりますし、遭難箇所から写真を送信すれば場所の特定もしやすく、GPSでの位置特定も可能で、予備バッテリがあればさらに安心です。

 山頂付近は電波が届くので通話や地図アプリが使用でき、徒歩・空中からの捜索も容易です。低域に迷い込むと、その逆になります。

 携帯圏外でも使える有用な登山アプリもありますので、ご検討を。

 >>YAMAP始めました(当協会ブログ2016.02.08)


5.案内板・誘導板の整備

 対馬でも年に数件程度の道迷い(警察に通報があるもの)が発生しています。

 今回の事例はかなり特殊だとしても、案内板や誘導板(小さな矢印やリボン程度でも、安全性・安心感は格段に高まります)を設置し、道迷いを最低限に抑える取り組みが必要だと感じています。

 >>白嶽での遭難(道迷い)について(当協会ブログ2013.01.04)


6.なぜ山に登るのか

 山は人に大きな恩恵を与えてくれる一方、簡単に人の命を奪う恐ろしい場所でもあります。

 都市には人間がデザインしたものしかありませんが、山には大地・岩・土・動植物・光・風・雲・雨・大空などで構成された、雄大で荒々しい自然美が満ち溢れています。

 山歩きは、自然の素晴らしさを実感する優れた方法であり、心身の健康を増進し、知的好奇心を満たし、自分自身や他者を知るコミュニケーションの場でもあります。

 しっかりした装備と準備、適切な判断を心がけ、(できるだけ人に迷惑をかけないよう)充実した時間を過ごしてほしいと思います。

(できれば対馬で)


 大事なのは、生きて帰ることです。


7.グチ

捜索隊

 遭難者が発見された日、スペシャルゲスト東京から3名様(著名アウトドアブランド2名様+編集者1名様)と白嶽登れなかったよー!

 (捜索隊から「遭難者の家族の方ですか?」と聞かれたけど、違うよー!)

ロングトレイル

 遭難事故の前週に実際に歩き、事故前日に下書きした「洲藻登山口〜白嶽〜上見坂登山口〜有明山・清水山〜厳原市街地」の7時間20kmのロングトレイルの記事、アップしにくいよー!

 (ロングトレイルの魅力を熱く語るつもりだったよー!)


最後に

 この記事を読んで、自分も気をつけねば、と思った登山愛好者は多いはず。

 こういう事故が起きると、遭難者が個人攻撃されることが多いのですが、事故は誰にでも起きる可能性があります。

 私も気をつけます。


 捜索に参加された皆様、猛暑の中、お疲れ様でした! <(_ _)>
記事カテゴリ: お知らせ
星空café in Tsushima 2016について。
9月なのに、朝晩涼しいですね。8月が猛暑だったので、プラマイゼロでしょうかね。どうもMです。

さて、久しぶりに告知です!

来月10月8日(土)からスノーピークさんのご協力の下、「星空café in Tsushima 2016」が開催されます。

今年は、あそうベイパークでキャンプやっちゃいます。

キャンプ好きで対馬に行ってみたいんだけど、なかなか。。。と思っているそこのあなた!もしくはそんな知り合いを知っているってそこのあなた!

チャンスです!今年最後のチャンスです!(たぶん)

シーカヤックやったり、古代山城「金田城」にのぼったり、浅茅湾クルーズしたり(時間的にすべては参加できません、すいません!)キャンプ以外にも目白押しのイベント多数!!!

今年はなんと先着順となっていますので、悩んでいる間に「すいませーん、いっぱいになっちゃいましたー」なんて、私たちも残念なお答えをしなければならなくなりますので、早めのお電話を!(そうなる事を期待します!!)

 昨年のイベントの様子はこちらから!
 >>奇跡のイベント「星空Café in TSUSHIMA」について(当協会ブログ2015.11.05)


ということで、下記詳細です!

【チラシ(表・裏)】

キャンプイベントチラシ01

キャンプイベントチラシ02

【チラシ(表・裏)】 ※上記画像と同じものです。

 >>星空café in Tsushima 2016(チラシ表)
 >>星空café in Tsushima 2016(チラシ裏)

【申込書】

 >>星空café in Tsushima 2016(申込書・PDF形式) ※印刷して手書き用。
 >>星空café in Tsushima 2016(申込書・エクセル形式) ※ダウンロード用。

詳しくは、お電話にて(0920−52−1566 受付時間9:00〜17:00)までお問い合わせをお願いします。

記事カテゴリ: イベント情報
ハートマークを探して
上対馬事務所のKです。
今日は、事務所近くにあるハートマークを探しに行ってきました。
まずは網代の蓮根(れんこん)です。
写真の階段をのぼり、蓮根側に歩くと。「あった|」


次は、西泊の権現山園地展望所から、泉方面を目にするとハート形の島(志古島)を発見。
でもここからは、ハートに見えない。上空写真ならいいけど。

最後は、西泊の殿崎トレッキングコース。
「日ロ慰霊の碑」横からトレッキングコースに入ります。
岬の先端部分の海岸にハートマークの岩とツシマヤマネコの足跡と勘違いする岩(足の平だけ見るとハート)。
足元に注意ください。

ハートマークの岩

ツシマヤマネコの足跡?

何か幸があればいいですね。
記事カテゴリ: お知らせ
「対馬観光物産PR展 in 福岡 〜対馬屋台村〜」最終日(/_;)

JUGEMテーマ:イベント情報

 

島の食材担当かにです。

 

連日開催レポートをアップしておりました「対馬観光物産PR展 in 福岡 〜対馬屋台村〜」

終わるのが名残惜しい感じもいたしますが(/_;)、

大盛況のうちに、本日閉幕いたしました。

 

まずは、本日9月1日(木)の様子からご紹介したいと思います。

 

島外の方に、「対馬」と聞いて何を連想しますか?と聞くと、

多くの方から「さかな!」というお答えをいただきますが、

漁業はもちろん対馬における基幹産業ですので、

対馬地区漁業士会の方による、対馬の魚のPRと鮮魚の販売会を行いました(^^ )。

 


【活動内容や販売する魚種と調理法などの紹介】

 

 

【対馬の新鮮な魚介類を特別価格にて提供とあり、特設会場には人だかりができました(^^ )】

 

そして、連日行っておりました「しまひこジャンケン大会」には

たまひめちゃんも登場(^^ )。
 

【じゃんけんをするたまひめちゃんとそれを見守るしまひこくん】

 

また、博多口から徒歩5分の場所に、

対馬市のアンテナショップ「よりあい処つしま」がありますので、

中休みの合間を縫って、T料理長からお店のPRもさせていただきました。

 

【T料理長からのPR】

 

よりあい処つしま」では、対馬の特産品を使った料理の提供だけでなく、

水産加工品や地酒など、特産品の物販もしておりますので、

博多駅周辺に在宅・在勤の方は、今後ともご利用いただけると幸いです(^^ )。

 

そして夕方になり、屋外は雨もぱらついていましたが、

本日も熱気に満ちたライブパフォーマンスが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

【あまり天気が良くない中でしたが、多くの方にお集まりいただきました(^0^)】

 

8月30日(火)から3日間、屋台村にお越しいただきましたお客様、

ご来場まことにありがとうございましたm(_ _)m。

大勢のお客様で賑わい、とても活気のあるイベントとなりました。

このイベントを通じて、対馬の魅力をひとつでも感じていただけたら幸いです。

 

対馬の特産品や観光のことで何かご興味をお持ちいただきましたら

お気軽に(一社)対馬観光物産協会にお問い合わせいただければと思います。

 

また、先ほどご紹介しました「よりあい処つしま」、

ならびに「対馬観光物産協会ネットショップ」でも、

対馬の特産品などを、通年販売・提供しておりますので、

こちらもあわせてご利用ください。

 

今後とも、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

 

《お問い合わせ先》

 〒817-0021

 長崎県対馬市厳原町今屋敷672-1

 (一社)対馬観光物産協会

 TEL 0920-52-1566

記事カテゴリ: イベント情報

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.