(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
対馬の太陽神オヒデリ様と足の裏イタタの日
 こんにちは、局長Nです。

 昨日12/7(水)、対馬市厳原町阿連(いづはらまちあれ)に伝わる神事「オヒデリ様の元山送り」に参加しました。

 民俗学的にも貴重ということで、地元CATVや新聞各社の取材、九州大学の学生さんなども参加していました。


「お日照様」神事のまとめ

・阿連には式内社(平安時代に公に祭られた格の高い神社)の「雷命神社」があり、祭神は「雷命」(いかづちのみこと)。
・雷命は、日本のほかの神々同様、旧暦の10月に出雲大社に旅立つため、阿連は一ヶ月間神様不在になる。(日本中から神々がいなくなるので「神無月」)
・雷命のいない間、ふだんは山にいる「お日照様」に里に降りてもらい、村を守ってもらう。
・雷命が阿連に帰ると、お日照様は旧11/1〜11/8の間、一緒に暮らす。
・旧11/9に、お日照様を元の山にお返しする「お日照様の元山(本山)送り」の神事が行われる。この時、お日照は懐妊していると考えられている。
・雷命は竜神・水神・男神で、お日照様は太陽神・女神。この一連の神事は、雨と太陽がバランスよく結びつき、里に豊穣がもたらされる、という古い民俗世界を体現している。

過去のブログはこちら↓

 >>「お日照(おひでり)様」神事について(当協会ブログ2012.12.26)


雷命神社

 雷命神社社殿前のイチョウの大木が折れています。

 (その数年前には、カヤの大木も折れました)

 祭神「雷命」は、亀卜(きぼく。古代の占い)の神様なのですが、竜神・水神・雷神ともされており、竜巻や落雷で巨木も折られてしまうとか。

 というよりも、竜神の棲む場所だからこそ祭り、社殿を造ったのかもしれませんね。

遡上1

 雷命神社でお祓いを受けた後、背中に御幣を刺してもらい、地元の方々と一緒に川を遡ります。

 我々がお神輿(みこし)となって、オヒデリ様を山にお運びするのです。

 子どもたちには特別な役割があり、先に猛ダッシュ。

遡上2

 初参加の協会女性陣は興味津々。

 「このあと、裸足で川を遡っていくけど、大丈夫?」

 「あー、全然大丈夫ですよ!」(会計担当K)(←このあと絶叫することになりますけどね)

遡上3

「いざや、いざや、とのばらを、もとのお山にお送り申ーす!」

「おー!」

遡上4

 どんどん遡っていきます。


子どもたち

 ここで、先回りしていた子どもたちが動物(シカ)に扮して、大声で大人を脅かします。

 大人たちは、びっくりするのがお約束。

 「わーっ!!」(子どもたち)

 「うおっ!!」(←事前に説明していたのに、不意をつかれて本当にびっくりした観光チームM(-_-;))

足の裏イタタ

 ここから先はオヒデリ様の神聖な領域。

 靴を脱いで歩きます。

 「いたたっ!!マジっすか、これ!ギャー!!」(会計担当K)

オヒデリ様の祠

 川の途中にある、オヒデリ様の祠に到着。

祈り

 御幣を納め、ロウソクに火を灯し、子どもたちからお年寄りまで一緒に祈りを捧げます。

 太陽(オヒデリ様)と雨(雷命)が調和し、里に平安と豊穣がもたらされるのです。

 ちなみに雷命は、日本中の神様が出雲大社に集まる縁結び会議の帰りなので、神事に参加すればよいご縁に恵まれるかもしれません。

 (家庭も職場も人生も、すべては人の縁の上に築かれていくので)

取材対応

 なぜか地元CATVの取材をうけている協会スタッフ・のんちゃそ。 (裸足で)

 ※本人の希望により写真を加工しています。

足の裏イタタ

 帰りも当然、裸足です。


 「イタィィィィ!!」 (会計K)

 「あら?裸足? 靴下はいててよかったのに」(地元の方)

 (早く、言えェェェェェ!!) (Kの心の声)

 
 写真で確認すると、地元の方は靴下をはいています。

 あー、靴下オーケーだったんですねー、知らなかったなー(棒読み)


御日照神社

 ちなみに漢字で書くと、「御日照」様。

 優しい日光の恵みの和の側面と、時には旱魃(かんばつ)をもたらす荒ぶる魂を感じさせます。

ブリとそば粉

 ブリとそば粉をいただきました。

せん作り

 集落では、対馬の郷土料理「ろくべえ」の材料となる「せん」が作られていました。

 サツマイモを砕いて発酵させ、でんぷんを取り出すのですが、とても手間がかかります。

干し大根

 冬に備え、大根が干されています。

サツマイモの切り干し

 同じくサツマイモの切り干し。

 食物繊維も豊富で、囲炉裏やストーブであぶると、やさしい甘みがあって滋味たっぷり。

阿連の風景

 オヒデリ様を紹介するにあたり、「秘祭」「奇祭」という冠も考えたのですが、むしろこちらが本来の祭りの姿のような気がします。

 阿連(あれ)という集落は、「対馬の半農半漁の暮らしの原風景」であり、神事もごく当たり前のように生活に溶けこんでいるんだなあ、とあらためて感じました。



 夜になっても、足の裏がホカホカしています。

 足の裏は第2の心臓とも言われ、たまには裸足で歩くのもよいのかも。

 来年参加したい思った方は、ぜひ裸足で!!(殴)
記事カテゴリ: 対馬の歴史
今年もあります 対馬学フォーラム開催のお知らせ

JUGEMテーマ:地域情報

 

 

島の食材担当のかにです。

 

私が対馬に移住して1年が過ぎようとした頃でしょうか、

対馬には歴史や自然、文化や風習など様々な分野においてマニアックなモノが眠っているらしく、

大学などの研究者がちょくちょく出入りしているらしいというウワサを耳にしていました。

しかしながら、対馬にもご多分に漏れず人口減少の波が訪れており、

様々な活動において、後継者や担い手不足の問題が生じています。

そこで、研究対象としているものを本気で保護する気があるんだったら、

その成果を市民にも知ってもらったらいいんじゃないか?と考えていたところ、

偶然ですが、昨年12月「対馬学フォーラム」という催しが開かれました(゜ロ゜;ノ)ノ。

 

市民のみなさんの中にも、対馬でどんな研究や活動が行われているのか関心のある方が多かったようで、

島内外から沢山の方が集まり大盛況でしたが

今年度も開催されることになりました(●´∀`)ハ(´∀`●)

概要は、以下のとおりです。

 

●日時

 平成28年12月11日(日)10:00〜17:00

●開催場所

 対馬市交流センター3階(対馬市厳原町今屋敷661番地3)

プログラム

<午前の部> 

 10:00〜12:00

 ・開会挨拶

 ・特別報告

  (今里小学校5・6年生、大船越小学校4年生、佐須奈小学校5年生、雞知中学校3年生、対馬高等学校ほか)

<午後の部>

 13:00〜15:15

  ポスター発表大会

  ※54本発表予定。詳細はこちらをご参照ください。

 15:30〜17:00

  企画集会

  ※「対馬のサステナビリティ学」ほか4本を予定。詳細はこちらをご参照ください。

●同時開催

 ・イベント・域学連携相談会

  地域の課題解決や新たなビジネスに挑戦するために、

  「大学と共同研究したい!」「サポート役として学生を受け入れたい!」という声に

  コーディネーターがお応えします。

 ・出張!オープンキャンパス

  フォーラムには多数の大学教員・学生が参加します。

  「大学生活とは?」「なぜその専攻を選んだのか?」「卒業後の進路は?」という声に

  現役学生がお応えします。
●常設イベント「対馬研究ポスター展」

 フォーラム終了後、

 12月下旬まで、交流センター3階展示ホールにて、発表ポスターを掲示します。

 

歴史や自然に限らず、水産や観光などの産業、地区の暮らしや活動など、幅広い分野の発表が行われます。

自分にとって専門外の内容も多かったので、

ポスターを見ただけですぐに理解できるものばかりではなかったですが、

当日は発表者の方が会場にいらっしゃいますので、

少しでも興味が湧いたことがあれば、気軽に質問することもできます。

 

よく「対馬なんて、なんもねぇけ・・・。」と言われることがありますが、

島外に出ると、「対馬から来た!」と言った瞬間に注目度が急上昇しますし(笑)、

他所の地域から来られた方の自己紹介を聞いていると、

自分の住んでいるところを楽しげに話している人のところには行ってみたいなぁと思うものなので、

ぜひこの機会に、対馬の知らなかった一面を知ってもらい、

ひとつでも、対馬の新たな魅力を見つけていただけたら、幸いです(^^ )。

 

ちなみに、私も地味にこそっとポスターを出していますので、ポスター発表時にはどこかにおります。

あまり知性の感じられない内容かとは思いますが・・・f^_^;)。

 

《対馬学フォーラムに関するお問い合わせ先》

 対馬市市民協働・交通対策課

 0920-53-6111

《開催場所》

 対馬市交流センター3階

 〒817-0021

 対馬市厳原町今屋敷661番地3

記事カテゴリ: イベント情報
島おこし協働隊員を募集します!!!
こんにちは!

今月、誕生日を迎えると四捨五入で四十になります。

フナメンです。


若いと思っていた私も、もう四十路間近。

おじさん完全体です。


『対馬観光ガイドの会やんこも』のガイドさん達も例外なく年齢を重ねている訳ですが、高齢化によるガイド不足は深刻で、年々増え続けているガイド依頼に対応できないこともしばしば。

それに加え現役ガイドの豊富な知識を受け継ぐ後継者の不足など、月日が経つにつれて色々と問題が出てきています。

ガイドの高齢化と言っても、パワフルな方ばかりなんですけど笑

しかし、いつまでもパワフルな諸先輩方に甘えている訳もいかないので、どうにかしないと・・・と考えた結果、



島おこし協働隊制度を活用しようっ!!!


という結論に至りました。


※地域おこし協力隊(島おこし協働隊)とは
 地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度らしいです。




ガイド無しの観光で「対馬、何も無かったね。」で終わらせるのか、ガイドからの説明聞いて「対馬すごいね!」で終わるのかは、その後の展開もぜんぜん違うものになるはず!

興味を持って対馬に来てくれている全ての観光客に満足してもらいたい。
そして次へ繋げたい。

そんな思いでこの制度を活用させていただきます!!!うっす!



募集するのは・・・

題して『エコツーリズムプランナー』
↑ダサいとか言った人ゲンコツ

昨今のアウトドアブームに加え、対馬の雄大な自然の認知度が少しずつ上がってきたことで、エコツーリズムガイドの依頼が増加しているんですが、「観光ガイドの会やんこも」には登山ガイド・自然ガイドは若干名しか在籍していないんですよ!

そこで対馬を愛し、自然を楽しめるガイドを募集します!


白嶽ガイド


ガイド業務だけでなく下記の内容が活動の概要になりますのでご確認ください。


【活動概要】
 隊員自らが対馬の観光ガイドとして活躍していただくと共に、ガイドの育成と観光客の満足度の向上に取り組み、ガイドとして生計を立てていく仕組みづくりを目的とします。

ヾ儻客のガイド・・・ガイド不足解消、定住のための資金調達

▲イド養成事業(講座、イベントの開催)・・・ガイド不足解消、後継者育成、対馬ガイドの知名度向上

B佛牢儻、ガイドに関する問題点の把握と、その問題解決に向けた取り組み・・・対馬観光の満足度向上

ご儻や物産PRイベントへの出展・・・対馬の情報発信

ゥイドの会の事務局・・・対馬ガイドの問題点と現状の把握


特典:担当は対馬市観光商工課ですが、勤務地は対馬観光物産協会なのでフナメンと一緒に楽しく働けますw


対馬市ではエコツーリズムプランナーのほか、海の森再生支援担当、なりわいづくりプランナー、教育コーディネーター、学生研究員、コミュニティ支援担当も募集していますのでご興味のある方は↓の詳細をご確認ください。

詳細は → 島おこし協働隊募集情報


対馬が好き、自然が好き、人が好き、話すのが好き、フナメンが好き。


とにかく対馬で楽しみながら隊員としての任務を遂行していただける方を探しています!

もちろん全て1人ではできないので、我々対馬観光物産協会と一緒にやっていきましょう!!!


少しでも興味があれば、一歩踏み出して下さい!


よろしくお願いします。






記事カテゴリ: お知らせ
ご報告『ポサドニック号事件の地芋崎を歩く』イベントを開催しました。
皆様、ご無沙汰しております。


こんにちは、フナメンです。


今一番好きな太郎は、ピコ太郎。

そして一番好きなトランプは、ドナルドです。

↑ブログアクセス数が上がります様に・・・w




はい、ということでイベント『ポサドニック号事件の地芋崎を歩く』を開催しましたのでご報告させていただきます。

このイベントは、幕末にロシアに占拠され、明治時代には砲台が整備された場所「芋崎」を歩き、普段は行きにくいけど、対馬や日本にとって重要な場所を知ってもらい、対馬の重要性を再認識して欲しいという、対馬観光物産協会中対馬部会の熱い思いで企画、開催されました。


ではどうぞ。



2016年11月23日(水祝)勤労感謝の日。


参加者は島内外から20名。

AM9:30に軍道入口からスタートしました。


今回は元自衛官で対馬砲台の第一人者、対馬観光ガイドの会副会長の小松さんの案内で歩きます!


まずは概要説明。





こんな感じの軍道を行きます。





小松さん力説。





砲台へ行く途中に少し寄り道。





現在は使われなくなったマグロの養殖生簀?!が保管されているこの場所に、ロシアが船を修理・点検するためのドックを整備していたそうです!

石垣が少ーしだけ残っています。



そして軍道入口から1時間30分程で、ロシア軍が掘った井戸やロシア軍侵攻の碑がある場所へ到着しました。





現在はこのように、変わったところといえば漂着物が多いくらいで、通常の浅茅湾とかわらないのに、百数十年前にここをロシアが占拠していたなんて不思議でした。

ロシア軍が掘った井戸などがありますが、危ないのであまり近づかないようにしてくださいねー。



そしていよいよ今回のメイン、芋崎砲台へ向かいます。

ロシアの井戸から15分ほど。









なかなか全体像を写真に写しにくい芋崎砲台ですが、こんな山奥にこんなに立派な建物があるなんて、驚きです。





ちなみにレンガの積み方は、長いのと短いのが交互に積み重ねられたイギリス積みです!学習の成果発揮!



そして砲台横の竹やぶの中に突っ込んでいった小松先輩に必死でついていくとありました。







オンドル(韓国式床暖房)跡です!

なぜこんな場所にと思いましたが、まぁ確かにこんな山奥で、オンドルとかないと冬はやってられませんよね!

洗面器や下駄らしき履物もありましたけど、当時のものなのか謎です。


そんな感じで、PM2:00に軍道入口まで帰ってきて、ストレッチして解散となりました。




芋崎のように、対馬には島民でも行ったことのない場所や知らない歴史などがたくさんあると思いますので、こういったイベントを通して、島民の方をはじめ、島外の方にも少しでも対馬を知ってもらえたらと思っています!

しかしそういった場所は、安全面でも歴史的な面でも、ガイド無しでは厳しいので、もし興味のある方は対馬観光物産協会(電話0920-52-1566)までお問合せください。

無理は禁物です!

よろしくお願いします。

記事カテゴリ: イベント情報
御嶽登山無事終わりました
上対馬事務所のKです。
今回、標高490mの御嶽雄岳を登山。
11月23日「國分英俊さんと御嶽登山」を企画。
御嶽公園駐車場に集合後、車を乗り合わせて、登山口手前の駐車場に移動。
さて、いよいよ登山開始。
植物の話を聞きながらの登山のため、ゆっくり登ることができました。


また、初めての御嶽登山の方も多くおられましたが満足されたのではないでしょうか。


あなたも、グループで登ってみませんか。
記事カテゴリ: イベント情報
暮れのご挨拶に対馬の特産品はいかがでしょうか(^^ )。

JUGEMテーマ:ご当地グルメ




島の食材担当「かに」です。

 

いつのまにやら、「もういくつ寝ると・・・♪」という季節になってきました。

歳を取るにつれて、時間が経つのが早く感じるせいか、色々な意味で焦りを感じますf^_^;)。

 

さて、そんな季節となってまいりましたので、

いつもお世話になっている方々へのご挨拶をどうしようかなぁと、

お考えの方もいらっしゃると思います。

今回は、当協会にて始まった2016年のお歳暮ギフトについて、ご案内をしたいと思います(^^ )。

 

・対馬観光物産協会ネットショップ ギフト詰め合わせ

 http://tsushima-net.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1575689&csid=0

 

 


まず、対馬の年末商品といえば、

なんと言っても太く身が締まった寒ブリ!o(^-^)

 
【旬のうまみが詰まったブリ】
※【1本モノ】

  3kg  8,000円

  4kg  10,500円

  5kg  12,800円

  6kg  15,500円

※【フィーレ(アラ付)】

  3kg  9,100円

  4kg  11,800円

  5kg  14,000円

  6kg  16,500円

(各量目、税・送料込み)

これからますます脂が乗り、身が締まってまいります。

ブリは出世魚であることから、縁起のいい食材とも言われますので、

年末年始にふさわしい食材ではないでしょうか。

この機会に、ぜひぜひご活用ください(^^ )。

 

☆ブリのご注文に関する補足

 年内お届け分受付締切は12月17日(土)まで

 発送は12月28日(水)・29日(木)の一斉発送になります。

 重量表示は、内臓を含めた重量です。

 内臓の取り出しをご希望の場合(無料)は、送付先情報入力画面の備考欄にご入力ください。

 

そして、対馬の海産物をたっぷり詰め合わせた干物セットには、
対馬が全国水揚げナンバーワンを誇る「あなご」のほか、

注目度上昇中の「のどぐろ(アカムツ)」や対馬の定番「いかの一夜干し」など、

バラエティに富んだ詰め合わせをご用意しております。

 


【あなごやのどぐろなど、たっぷり入った「潮かおる干物セット 松」】

※7,800円(税・送料込み)

 

そして、年末ですから、ご自宅で手軽に対州そばを召し上がることができる、

こんな詰め合わせもご用意しております(^^ )。

 

【そばとスープがセットになった「対州そば、地鶏・椎茸スープセット」】

※3,400円(税・送料込み)

 

このほかにも、対馬の地酒やとんちゃんなど、おなじみの商品も揃えております。

対馬の豊かな恵みを、送ってみませんか(^^ )。

ぜひこの機会に、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

対馬観光物産協会ネットショップは、年末年始を除き通年営業しています。

 こちらでは、単品でのご注文や、ご予約による大口注文のご相談も承っております。

※発送先の件数が多い場合は、ショップにありますお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

 また、その他ご不明な点につきましても、お問い合わせフォームより承ります。

 

☆ご配送全般に関する補足

 送料込と記載された商品については、送料が含まれた価格になります(全国一律)。

 温度帯の違う商品(常温・冷蔵・冷凍)の同梱はできません。

 注文時に送料が表示されますが、箱が分かれてしまう都合上、表示金額のほかに別途送料が発生します。

 その際は、再度計算の上ご案内いたしますので、あらかじめご了承ください。

記事カテゴリ: 対馬の特産品
全国の島々が集まる祭典!アイランダー2016

JUGEMテーマ:イベント情報

 

 

 

島の食材担当「かに」です。

今回は、東京で開催されるイベントの告知をしますo(^-^)。

 

来たる11月26日(土)・27日(日)、

東京・池袋サンシャインシティにおきまして、

毎年恒例、全国の島々が集まる祭典!アイランダー2016」が開催されます(^^ )。

概要は以下のとおりです。

 

【概要】

●主催

 国土交通省・公益財団法人日本離島センター

●日時

 平成28年11月26日(土) 10:00〜18:00

      11月27日(日) 10:00〜17:00

●場所

 池袋サンシャインシティ文化会館3階 展示ホールC

 ※最寄り駅

  東池袋駅(東京メトロ有楽町線)7番出口から徒歩3分

  池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線)東口から徒歩8分

●アイランダー2016 公式URL

 http://i-lander.com/2016/

 

毎年北は北海道から南は沖縄まで全国各地にある島々から多くの方が集まりますが、

今年は「標準ブース」のほかに、

各島の特産品を販売する「島マルシェ」コーナーが設置されることになり、

「標準ブース」では、移住にまつわる情報提供をはじめとしたUIターン相談や観光に関するご案内を

「島マルシェ」では、各島の特産品を販売を行います。

 

●アイランダー2016 会場MAP

 http://i-lander.com/2016/layout.html

 

ちなみに、気になる対馬からの出展内容ですが、

まず、「標準ブース」においては、
観光のご案内を、

古代からの歴史から対馬で楽しめるアウトドアまで、

このブログですっかりおなじみのN局長が、今年もまるごとご紹介しますo(^-^)。

そのほかに、体験ワークショップとして、

対馬の獣財を活用した「レザークラフト」教室

数年前に対馬に移住したウワサのハンター女子、谷川ももこさんが講師で行います(^^ )。

そして、対馬のことを気に入ってくださいましたら、

移住相談コーナーもご用意しておりますので(^^ )、お気軽にご相談ください。

島の日常生活ネタは、くだらないから聞くのよそうかと思うことほどこそ、

聞いてみたら予想外のおもろい回答が出てきますので、

遠慮せず相談員に聞くといいと思います。

しかも、会場内には他にも色々な島から人が来ているわけですから、

他所の島と比較してみると、さらに面白いかもしれませんよ〜♪。

 

そして「島マルシェ」では、

例年アイランダーにおじゃましている、しま暮らしの達人Oリーダーのほかに、

今年お嫁さんと一緒に対馬にUターンした、みのさんが、

対馬の特産品をご用意してお待ちしておりますp(^_^)q。

 

●対馬市の紹介(アイランダー公式webサイト・出展団体プロフィールより)

 http://i-lander.com/2016/profiles/n-58.html


余談ですが、島の人同士がどこかで会おうとなった時に、

一番どこが手軽かと探してみると、結局東京になってしまうので、

全国各地の島人と手軽に話ができる機会は、おそらくアイランダーしかありません。

ですから、島に興味をお持ちの方は必見です!


皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げておりますm(_ _)m。

 

【開催場所】 
池袋サンシャインシティ文化会館3階 展示ホールC

〒170-0013

 東京都豊島区東池袋3-1-4
※最寄り駅

  東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 7番出口から徒歩3分

  池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 東口から徒歩8分

記事カテゴリ: イベント情報
琴の大イチョウ
上対馬事務所のKです。
琴のイチョウが色づいてきました。(写真は、昨日の様子)


樹齢1500年といわれています。樹幹を失った空洞の中には、お稲荷さんが祀られています。
地つき唄には、「沖より見れば茂りて山のごとし」とあります。
幹まわり12.5m、樹高40m。県指定文化財。

11月20日(日)は、琴のイチョウ周辺など散策します。
時間10時〜12時30分
主なコース 黄色に色付いた琴の大イチョウや琴崎灯台、琴大明神などを訪れる予定。


集合場所 琴住民センター駐車場(琴の大イチョウより芦見地区側に150m) 
定員  30名 
雨天時 中止します
参加費 100円(当日徴収します)
(一社)対馬観光物産協会上対馬事務所・古場 電話0920−86−4839 FAX0920−86−3813
記事カテゴリ: イベント情報
城下町ライトアップ事業のイベントについて(告知)




まいどっ!


おおきにっ!!



よりぼぅです。


奈良から帰ってきました。エセ関西弁でスミマセン





さて、城下町ライトアップはいまだ続いており、各所をキレイに照らしてくれています。



やぐら門




ふれあい処つしま(長屋門)




夜が長くなったこの季節に、ぜひ散歩がてら観ていただきたいのですが、そのキッカケとなるイベントが開催されます。






【城下町インストアライブ】








と き:11月20日(日)
   1st LIVE 14:00〜
   2st LIVE 17:00〜


ばしょ:ティアラ1Fポケットパーク


ゲスト:ずんだれ、Re:RISE、muSic for passion の3組


主 催:城下町ライトアップ事業実行委員会


問合せ:(一社)対馬観光物産協会
    TEL 0920-52-1566


観覧料:無料!







対馬活性化ユニット『ずんだれ』は12月4日(日)にもライブを予定しておりますので、当日行けない方はコチラもどうぞ!
(ブログ【ズンダレとライブ!!についてのお知らせ】)



興味がある方は視聴してみてね。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ずんだれ - ケンガイ(Official Video)『クリスマスソング』(YouTube)

 
 



よろしくお願いします。






記事カテゴリ: イベント情報
殿崎をトレッキング
上対馬事務所のKです。
木啄路(キタタキロード)権現コースの殿崎部分だけ歩いてみました。
三宇田海水浴場や西泊集落から1キロの場所になります。
パンフレットは、市役所上対馬振興部や観光物産協会上対馬事務所などにあります。

車を殿崎の駐車場に止めて、殿崎記念碑横からウォークです。

80mほど歩いて右手に「連理の枝」(並んで生えている二本の木が、枝の部分で一つにつながっているもの=男女の情愛がきわめて深く、仲むつまじいことを言う)があります。この枝の下を二人でくぐってください。きっと二人の・・・

コースには、つばきの木が多く自生地し、そのトンネルの中を歩いていきます。


コース各所から海を眺めることができ、波の音を聞きながら歩きます。

ここは1905年(明治38年)ロシア兵が上陸したところです。西泊地区の方が建てた記念碑や日露両国の戦没者名が刻まれた日露慰霊の碑があります。
記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.