(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
国境の島・対馬の夏2019、YAMAPさんと海と山について
 こんにちは、真夏のアテンド(取材協力・案内)の合間に、携帯でちょこちょこ写真を撮っている局長Nです。

 夏の情報をお伝えしようと思っているのですが、大雨や台風が多く、文字通り水を差されてしまいます。

 うおー、夏が終わってしまうっ!!(殴)




 さて、7/31〜8/2の3日間、国内シェアNo.1の登山GPSアプリ「YAMAP」のみなさんと、対馬各地を巡ったのですが、そのヒトコマを。

 まずは海編です。


赤島の海1

 赤島(あかしま)の海です。

 赤島の海底には白い砂が堆積しており、太陽光を浴びるとエメラルドグリーンに輝きます。


赤島の海2

 うーん、写真では伝わらない・・・(-_-;)

 >>赤島(Googleマップ)



シーカヤックツーリング

 YAMAPのメンバーは、専属ガイドのひげ隊長ことMさん、Yさん、Sさん。


芋崎灯台

 みんな体力がありそうなので、芋崎まで足(艇)を伸ばしてみよう! と。


明礬島

 海水の透明度が高い「明礬島(みょうばんじま)」に上陸。

 「はー、この海で昼寝できたら、最高やな―」











ウォーターベッド


 やっとる!!










無人島ランチ

 対馬カヤックスの中澤さんに準備していただいた、「ろくべえ」と炊き込みご飯のランチでお腹を満たして・・・



鋸割岩

 浅茅(あそう)湾内の名所・鋸割岩(のこわきいわ)直下を漕ぐ冒険の旅です。


白嶽を目指して

 カヤックツアーも終盤、白嶽を目指します。

 


 さて、海編のおまけ!


 対馬北部の上対馬町琴(きん)に、穴場的な海水浴場があるので、行ってみました。


茂木浜海水浴場1

 遠浅の美しい砂浜なのですが、大雨の後で濁っていて残念・・・・と思っていたら、


茂木浜海水浴場2

 少し沖(と言っても遠浅なので腰の高さ)に行ったら、この透明度!





 >>茂木浜海水浴場(Googleマップ)




 さて、真夏のアテンド・山編。


白嶽1

 快晴の白嶽。




白嶽パノラマ

 「白嶽は最高やけど、季節を間違えたね」

 (ですよねー)




矢印?

 白嶽山頂から加志(かし)側の森に現れた、謎の矢印。

 「お帰りは、こちら! かな?」

 「そっちに下りたら遭難しますよ」

 

龍良山

 龍良山(たてらさん)原始林へ。

 「龍良山も素晴らしいけど、海に戻してくれんかな?」



清水山

 清水山へ!

 「いや、ここも素晴らしいけど、海に戻して!」



城山とひげ隊長

 古代山城・金田城(かなたのき)がある城山(じょうやま)へ!

 「絶景やけど、暑いよねっ!」







 海派のあなたも、山派のあなたも、残り少ない夏を対馬で!!

 >>観光モデルコース - 体験観光(マリンレジャー)(当協会WEBサイト)

 >>観光モデルコース - 体験観光(トレッキング)(当協会WEBサイト)
記事カテゴリ: アウトドア関係
シュノーケリングやってきました!
こんにちは、フナメンです。

ヤンがシュノーケリングやりたい!やりたい!うるさいので、行ってきました!

観光客のフリして、まずはふれあい処つしまの観光案内所で条件に合った海水浴場を紹介してもらいます。

ふれあい処つしま観光案内所 → グーグルマップ


条件

・3時間で行って帰ってこれる ※ヤンが多忙の為

・砂浜

・無料シャワー

・道中、水中メガネなどの装備が買える

以上です。

IMG_4765_640.jpg

IMG_4764_640.jpg

のんちゃその神対応により、条件にバシッと合う海水浴場を紹介してもらいました!

インターネットで検索すれば、何でも分かる昨今ですが、人とのふれあいや生きた情報を得るためにも是非、
ふれあい処つしまの観光案内所をご利用いただきたい!

そしてのんちゃその神対応を体験して欲しい。

そして隣の食堂でうまい昼食を食べ、そのまた隣の特産品販売所でお土産をいっぱい買っていただきたい。

ただそれだけです。




早速出発!


道中、水中メガネなどを購入する為ココに寄道!!!

IMG_4784_640.jpg


ライフベース美津島店!!!

ライフベース美津島店 → グーグルマップ

IMG_4783_640.jpg

IMG_4782_640.jpg

子供用から大人用まで豊富に取り揃えております!!!

見てください、この嬉しそうな中に恥ずかしさを帯びた顔を。

IMG_4778_640.jpg

IMG_4779_640.jpg


ライフベース美津島店は、BBQなどのアウトドア用品も多く取り揃えていますし、空港や厳原港からも近く、
利便性は抜群です!



装備を整え向かったのは美津島町海水浴場!

美津島町海水浴場は勝見ノ浦浜と、太田浜海水浴場の2つを合わせた名称です。

美津島町海水浴場 → グーグルマップ

まずは勝見ノ浦浜へ。

IMG_4800_640.jpg

IMG_4812_640.jpg

IMG_4815_640.jpg

ヤン、お茶目ですよね!

激カワ!!!


IMG_4821_640.jpg

入水!!!



IMG_4837_640.jpg

IMG_4831_640.jpg



ひとしきり楽しんだ後は、太田浜へ移動!

太田浜海水浴場 → グーグルマップ


IMG_4851_640.jpg

はしゃぐヤン。


IMG_4888_640.jpg

笑顔がかわいいヤン。


IMG_4891_640.jpg

ずっとスマホをポケットに入れたまま泳いでいたことに気付いたヤン。


IMG_4897_640.jpg

ドジっ子ヤン💛



ヤンが必死に撮った水中の映像を、フナメンのダサ編集でまとめましたので、是非ご覧ください!



くそダサくて、我ながらツボですw

ヤンの目視情報によると、アジ、イシダイ、ナマコ、ボラなどなどが確認できたそうです!!!


コンクリートジャングル厳原から海まで行って、シュノーケリングして、3時間で戻ってこれるなんてやっぱ
対馬は島だなーと。

この夏は、対馬の海を楽しんでいただきたい!

おいしそうな魚が泳いでいるはずです!!!


IMG_4902_640.jpg

スマホ水没した人の切ない背中。


皆様はくれぐれもご注意ください!!!


よろしくお願いします。



記事カテゴリ: アウトドア関係
白嶽登山ツアー実施しました!
こんにちは。

拾ったツシマヒラタクワガタがかわいくて仕方ないヤマゴロウ、あいや、ヤマピーです。

1時間おきくらいに、虫かごを覗いてデレデレしてます。みんなもぜひ見に来てほしいです^^

⇒ クワガタ関連レポートは こちら

のんちゃそレポート (のんちゃそ の画力にいろんな意味で震えます。きっと)

局長Nレポート (虫苦手な方は、NO!クリック)




さて先月、観光協会が出展した「夏山フェスタ2019 in 福岡」のブースで、実はツアーを企画・募集しておりました!

⇒ 先月の夏山フェスタレポートは こちら

深夜フェリーで行く、週末登山旅を提案!その名も「寝て起きたらツシマだよ。白嶽登山ツアー」!!





ギリギリまで、強烈な雨予報だったため、キャンセルも数件ありましたが、4名のお客様にご来島いただきました!


【1日目】

6:45

すっきり晴天!とはいきませんが、なんとか雨は回避できそう!よし!山好きなみなさんと楽しく登るぞー!っと

7:00に下船いただくようお願いしていたお客様方を迎えにフェリーおりばへ向かうと、、、

船が、、いない、、、??!!

頭が真っ白になる、局長Nとヤマピー。なんかの間違いだ!と、近くの係員に聞くと

「今日は臨時配船の関係で4:45にお客さんおろして、フェリーは福岡に帰ったよ〜」と。

まさかの謝罪から始まる1日目。私たちの下調べ不足で多大なご迷惑をかけてしまいました><


8:30

優しい参加者のご理解と、励ましに気を取り直し、いざ白嶽へ!

登山口から見上げると、まだ少し控えめな、シャイな白嶽さん。雲で隠れています。

20190714_082012_650.jpg


きっと、山頂につく頃は晴天!!とみんなで期待に胸を膨らませ登山スタート!

20190714_085043_650.jpg

さすがはみなさん、九州の山からアルプスまで、普段からゴリゴリ山登りを楽しまれている方。

軽快な足取り。それぞれ個人での参加でしたが、道中も登山トークで盛り上がります。

そしていよいよ山頂手前。

20190714_103033_650.jpg


おっと、、、


20190714_104424_650.jpg


えっと、、、


20190714_104651_650.jpg


あれれ、、、




。。。。。。。。




いったん、2日前の下見の写真はさんでおきましょうか!!笑



1562938253672_650.jpg
(変なのいるけど。そこは無視して、、)


1562938265173_650.jpg
(うんうん、いつもの白嶽山頂手前)

DSC_0875_650.jpg
(天気がいいと、こんな おふざけフォトも撮りたくなるなる。ゆーみんのポーズが秀逸。)

DSC_0880_650.jpg
(ハクウンキスゲも気持ちよさそうに花弁を広げています)

20190712_125937_650.jpg
(雌岳の反対側に伸びる美しい稜線)


そして、、


20190712_125345_650.jpg

そう、これがいつもの、いやいつも以上に晴天でキラキラした2日前の白嶽。



そしてそして、、、


ツアー当日の白嶽。







20190714_105723_650.jpg


ここどこやねん!!!!!!


こんなガッスガスの白嶽は初めてです。まるで2000m級の山かのよう。

強風も吹き荒れる中、しばらく一瞬の晴れ間を信じて山頂で粘りましたが、それもむなしく。


12:30

「また次おいでってことやね!」とみんなでリベンジを近い、下山。




下山後、登山口から山頂を見上げると、、、



20190714_130119_650.jpg




ばっちりお顔をのぞかせる白嶽。

そういうもんなんですよね〜。そうなんですよ〜。


(悔しさのあまり、2日目の自由行動時間に、急遽レンタカーを借り、一人でリベンジされた強者もおりました!無事、山頂の景色も楽しめたようでよかった!)


13:00

温泉&昼食 で体を癒し、厳原で解散。



【2日目】

8:00

清水山トレッキング

20190715_083423_650.jpg

ふつうなら三の丸までですが、健脚なみなさまですので、もちろん山頂まで。

20190715_083734_650.jpg

400年前に思いをはせながら、登ります。

20190715_085423_650.jpg

山頂からは、晴天とはいえ壱岐や福岡・隠岐の島は見えませんでしたが、遠くまで海が見渡せ、

厳原市街地を見下ろす、秀吉がなぜこの場所に御座所としてここに築かせたかがよくわかる景色。


10:00

厳原・城下町あるき

対馬の宗家・歴代藩主が眠る菩提寺、万松院へ

1563177161104_650.jpg

参加者のみなさん、とっても歴史好きでとても真剣に局長Nの歴史漫談、あいやガイドを聞いていらっしゃいました。


途中、敷き詰められた砂利の間に「助けて〜」と万歳する格好で見つかったツシマヒラタクワガタも

20190715_103249_650.jpg

前のめりで対馬の歴史を学んでいました。

LRM_EXPORT_692989446689913_20190715_132559598_650.jpg

(今は私たちとともに「ふれあい処つしま」の観光窓口に出勤してます^^)


そして自由時間を経て、


15:25

いよいよ長かったようで短かった旅も終わり、みなさんとのお別れです。

1563177149769_650.jpg

1563177153078_650.jpg


全力で最後までお見送りをします。島ならではのお見送りですね。




今回は、観光協会初の、島外からのツアー催行でした。

山頂での天気は残念でしたが、みなさま島の空気・時間を各々楽しんでいらっしゃいました。

私たちも、山の経験豊富なみなさまのお話、楽しませて頂きました。



また、この日は3連休中ともあり、今までで一番多く、日本人ハイカーと白嶽ですれ違いました。

おそらく20名ほど。嬉しいですね。



これからも、対馬が誇る霊峰・白嶽をメインに、対馬の山登りをPRしていきたいと思います!

まだ登ったことない対馬のみなさんも、ぜひ1度登ってみてほしいです^^

ひとりじゃ不安ー!という方は、「ガイドの会 やんこも」のガイドがお供します!

お問い合わせは、対馬観光物産協会・ガイド事務局まで TEL(0920-52-1566)




【おまけ】

のんちゃそに局長Nに、私まで、クワガタネタで恐縮ですが、、笑

20190715_111210_650.jpg


なんと、うちの万ちゃん対馬の郷土食「せんだんご」食べるんです〜

さすが対馬っ子!かわいいでしょーーー?ちなみに、このせんだんごは万松院のおばちゃんのお手製!

甘い砂糖水に漬けたせんだんごは、夏のおやつにぴったりです!






さ、万ちゃんの様子みてこよ〜

それじゃ、またー^^

記事カテゴリ: アウトドア関係
対馬の海が開きました!対馬の夏はSUPにダイビング・シーカヤック‼
こんにちは!


いよいよ今日から7月ですね〜


と言うことは・・・夏!本番‼


夏と言えばチョコボールヤン!   ようやくヤンの季節が到来です‼(なんの季節やねん!!)



どうも告知をしない男...ヤンです!











ようやく対馬は、梅雨入りしましたね☂


雨でも海開きはします。







と、その前に...


6月26日に中対馬部会と市役所、緒方地区の皆さんで姫神山砲台跡清掃作業を行いました。


この姫神山砲台跡は今年4月15日に対馬市の文化財に指定されたばかりです。(パチパチ〜)



さぁ〜!気になる天気・・・です!(天気予報通りの☂)


ちょうど梅雨入りしたやん(;'∀')

昨日までめっちゃ天気良かったやん(;一_一)

も〰や〰ん(;_;)/~~~



雨が降っても皆、頑張りました!!










草木で覆われていた砲台跡がだんだん見えてきました。











新人くんも頑張りました!








タイムラプス動画をヤマピーが撮影していたので、ご覧ください。↓











さて、ここからが海〜





6月30日に尾浦青潮の里、上対馬町海水浴場(三宇田浜海水浴場)の祈願祭・海岸清掃を行いました。



そして本日、7月1日に美津島町海水浴場の安全祈願祭(海開き式)・海岸清掃を行い、無事に対馬の海が開きました。





天気が心配でしたが、なんとか曇りだった為、まず初めに海岸清掃をしました。











海岸が綺麗になったところで、安全祈願祭を執り行いました。







参加していただいた皆様、ありがとうございました。









さあ、対馬の夏のと言えばSUP(スタンドアップパドルボード)、スキューバダイビング、シーカヤック等のアクティビティがたくさんあります!!




美津島海水浴ではSUP(スタンドアップパドルボード)と、スキューバダイビングが体験できます。









ボードは約10圓△蝓浮力が高く安定しているので初心者の方でも簡単に楽しむことができますよ♪




SUPお問い合わせ先
『abyss』あびす
TEL:080-3900-0677(電話受付平日10〜20時)
料金:1名5,000円(約3時間)
要予約



詳細はこのブログをチェック →  この夏何する?SUPする〜♪








スキューバダイビング











シーカヤックに乗り、波穏やかな浅茅湾に漕ぎ出すと、そこは海抜ゼロメートルの世界。
 海の広さと空の高さを感じながら、自分の力だけで海の上を自由に散歩する冒険の旅に出発しませんか?







詳細はこのブログをチェック → 対馬でもスキューバダイビングが出来るんです






スキューバダイビングお問い合わせ先

abyss(アビス)

長崎県対馬市厳原町東里301-31
予約・問合せ専用TEL 080-3900-0677

URL:http://abyss8.com/



スキューバダイビング屋「上々」

〒817-0032 長崎県対馬市厳原町久田737-3
TEL 0920-52-5011

URL:http://www.scubadiving-joujou.jp/








シーカヤック









シーカヤックに乗り、波穏やかな浅茅湾に漕ぎ出すと、そこは海抜ゼロメートルの世界。
 海の広さと空の高さを感じながら、自分の力だけで海の上を自由に散歩する冒険の旅に出発しませんか?





詳細はこのHPをチェック → (1) 浅茅湾シーカヤック





お問い合わせ先

対馬カヤックス
手付かずの自然が残る癒しの島・対馬の海原を自由自在にめぐるシーカヤックツアー。対馬カヤックスがご案内いたします。
〒817-0453 長崎県対馬市美津島町箕形38
対馬カヤックス
TEL 090-4981-5064
 >>対馬カヤックス




(有)対馬エコツアー
波穏やかな浅茅湾で、心を解放する旅を味わってみませんか?
〒817-0435 長崎県対馬市美津島町箕形29
TEL 0920-54-3595
>>(有)対馬エコツアー





つしまブルーの綺麗な海を満喫しちゃいましょう(*^^)v



記事カテゴリ: アウトドア関係
「夏山フェスタin福岡2019」に出展してきました!
今日5〜6年ぶりに会った友人に「わー、焼けたねぇ〜」と言われました。

久しぶりの印象がそこ?!笑。。。相当コゲているんでしょうね。美白パック買って帰宅します。

こんにちは、ヤマピーです。


さて、6/22(土)、23(日)の2日間。対馬では国境マラソンでランナーが暑さに悶えながら歩を進めていた裏側で、

局長N、島おこし協働隊ゆーみん、ヤマピーの3人は、快適室内の山イベント会場で白嶽をPRしていました!

(楽してないよ?ちゃんと熱と愛を込めてPRしてきましたよ?)


20190419_190626_0001_650.jpg


20190419_190626_0006_650.jpg




今回はブース名を「対馬観光物産協会」から思い切って「霊峰・白嶽」に変更!

その効果なのか定かではありませんが、立ち止まってお話を聞いてくださるお客様は多かったです。

また、装飾も今回のために新しく作りました!夏山フェスタなので、夏感を出して!

ドーーーン!!


20190622_115141_650.jpg





ドーーーーーーーーーーーーン!!!!


20190622_115214_650.jpg






ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!?????


20190622_115210_650.jpg


はい、みなさん大好き、局長Nです。ふざけてはいません。きっと。


戦闘態勢になると、誰しも真顔になりますよね?

(協会では、真顔写真ブームが起きてます。)




なぜ戦闘態勢かって???


それは、、、、


今回、こりゃまた思い切って局長Nによる(局長Nのための)セミナーをやることにしたんですが、、、


図1_650.jpg


なんとメインの著名人の裏!!!!!


きっとお客様はみなそちらに行っちゃうだろうけど、、、


「やるからにはバッチリ気合い入れていかんばたい!対馬の魅力を伝えて、爪痕残して帰らんといかんた〜い!!とりゃー!!」


の真顔です。気合いの表れです。きっと。




いやー正直、私はこのスケジュールだと、局長Nが本気でポツンと壁に向かって話すことになるのでは。。。


と、ヒヤヒヤしていたのですが、、、ふたを開けてみると、、


VideoCapture_20190627-172320_650.jpg


50名ほどの方にお集まりいただき、大盛況でございました!


こうなると、局長のスイッチもONに入りっぱなし!


花に、鳥に、神話、神社、砲台、山城、地層に、日本の成り立ちに、、、、。なんとも、マ、マニアック。


「白嶽」に関する50分のプレゼンなのに、白嶽の話5分ぐらい。笑




ただ一見、脱線しているように聞こえるけれども、実はこれ全部が対馬の山の魅力なんですよね。


全部の繋がり、要素を理解することで、他の山との圧倒的な違いがわかる。対馬にきっと行きたくなる。


引き込まれるプレゼンでした。




「いやー、いい話だったなー、さすが局長だなー」と感心しながら、退出の準備をしていると残り5分。




事件は起こりました。






そう、あの話をぶっこんできたのです。





対馬アイランドトラバース


別名:変態トラバース です。


普段は誰も行かない、対馬最南端の神崎半島から城山までのほぼ未舗装の約50kmのルートのお話です。


先日、ついに道がつながったので、山好きのお客様に伝えたかったのでしょう。





しかし、対馬に来たことがない方々。白嶽のお話を聞きに来た方々。


誰がこんな話興味があるでしょ、、う、、



か、、、、、、???!!!




って、頷いて聞いてる人いっぱいおるーーーー!!!!!!


質問タイムでその話でるーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


終了後ブースにまで話聞きにくる人いるーーーーーーーーーーー!!!!!!!



需要はありそうです。笑



山界では、数年前から縦走ブームですしね。


島の89%が山である対馬。そりゃ、縦走したくなるよね。



ってことで、これからも局長Nによる(局長Nのための)「対馬アイランドトラバース計画」にご期待を!





ヤマピーは、さすがにここまで振り切ったことは取り組めませんが笑



大好きな対馬の山の魅力をもっと外に発信していくべく、


今回のお客様の声を参考にしながら、できることから始めたいと思います。





実は、対馬にUターンしてきて月1どこかの山には登っていたのに


気づくと忙しさにかまけて、今月はどこにも登れていませんでした。






関東に住んでいた時に登山にはまり、気づけば週末は、山で過ごしていました。


そんな私が、山に登る理由。


山に入ると、日頃の雑念がなくなり、心に余裕ができます。普段とは違う景色をみることで、


新しい発見やアイデアが湧き出てきます。明日を楽しむ活力になります。


また、カラダにいいアクティビティであることは間違いありません。





ぜひ、みなさんも週末はどこかの山に登ってみてはいかがですか?





ま、梅雨真っ盛りですけど^^笑

記事カテゴリ: アウトドア関係
愛と衝動のロングトレイル「対馬アイランドトラバース」対馬南部完成について
 こんにちは、最近好きな言葉は「衝動」と「愛」、局長Nです。

 例文: 彼は山への衝動に駆られて事務所を飛び出した。
 例文: 彼が龍良山へ向かったのは、縦走への愛が原因に違いない。

 そんな理由だったら、彼を赦(ゆる)せそうですよねー(棒読み)


 さて、昨年6月に、城山〜白嶽〜有明山〜ふれあい処つしまを繋ぐ30kmロングトレイルを歩きました。

 今年はそれを拡張する形で、対馬を人力(徒歩・カヤック・自転車)で縦走・縦漕する

 対馬アイランドトラバース(別名、変態トラバース)

 のルート検証を(独りで)行っておりましたが、6月18日、対馬最南端の神崎半島から城山まで

 ほぼ未舗装の約50kmのルート

 が繋がりました!!

 アップダウンのある長大なコースなので、実際には内山峠・上見坂で切り、3日間かけて実施する感じでしょうか。
 ええ、4日目はシーカヤックで浅茅湾(あそうわん)を縦断です!


対馬アイランドトラバース全図


 あ、こちらは経験者向けのコースになります。

 対馬のオルレ的なやつ? 最近運動してないけどやってみよーかなー、うふふー くらいの気持ちで歩くと、初期段階で死にます(殴)

 まあ、ガイドがいれば大丈夫なんですが・・・。



 スタートは、対馬南部の厳原町浅藻(いづはらまちあざも)地区。


神崎半島

浅藻(あざも)集落から神崎半島
 >>対馬最南端縦走・神崎半島〜モッコク山〜浅藻(対馬アイランドトラバースその5)(登山アプリYAMAP)



松無山

神崎半島から龍良山
 >>松無山〜龍良山縦走(対馬アイランドトラバースその6)(登山アプリYAMAP)



内山峠

龍良山から内山峠
 >>龍良山〜アカハラダカ観察所縦走(登山アプリYAMAP)



有明

内山峠から有明山
 >>アカハラダカ観察所(内山峠)〜ふれあい処つしま縦走(対馬アイランドトラバースその3)(登山アプリYAMAP)



30キロ

有明山〜上見坂〜白嶽〜城山(逆ルート)
 >>国境の島・対馬30kmロングトレッキング(対馬アイランドトラバースその1)(登山アプリYAMAP)



カヤック

 >>シーカヤック浅茅湾縦断ツアー(対馬アイランドトラバースその2)(登山アプリYAMAP)


ルート図

 うーん、沿面距離 52.345km、累積標高差3700m超え!
記事カテゴリ: アウトドア関係
対馬アイランドトラバース(対馬最南端・神崎半島ほか)について
 こんにちは、大型連休はいかがお過ごしでしょうか?

 ・・・の前振りに飽きた局長Nです(-_-;) (連休が長いからっ!)


 さて、5/4(土)に、「対馬アイランドトラバース」の対馬最南端・神崎半島〜龍良山鞍部までのルート検証を行いました。(独りでっ!)

【対馬アイランドトラバースとは】
 対馬を人力(徒歩、カヤック、自転車)で縦走するルートを開発する個人プロジェクト(職場では変態プロジェクトと呼ばれている)です。

 個人ルールとして、下記の項目を設定しています。

 ・断崖絶壁の登攀・下降など危険なルートは使わない
 ・舗装道はできるだけ避ける(ただし、ケガなどのエスケープ用に、数か所で舗装道と交差するルートを選ぶ)
 ・自然景観がよい場所を見つけながら歩く
 ・できるだけ片道・縦走とする
 ・いずれ、全島の南北・東西を結ぶ

 >>浅茅湾縦断シーカヤックツアーと対馬アイランドトラバース構想(妄想)について(当協会ブログ2018.11.15 Thursday)


 現在、つながっているルートは、下記地図の赤線で、

南北縦走

 あと、南端部が少し残っているため、当初、豆酘(つつざき。厳原町豆酘)から龍良山登山口までのルートを想定していましたが、舗装道が多いので、最南端の神崎半島からつながるルートを検証してみました。

 地図で見ると

神崎半島〜龍良山鞍部

 一番下の「神崎」から、一番上の「木斛山〜龍良山鞍部」までつなぐには、(1)木斛山ルート(地図左側)と、(2)八丁角ルート(地図右側)があるわけですが、

(1)は完全舗装道、(2)は途中でルートが不明瞭になるなど、それぞれ課題がありました(-_-;)



 さて、神崎半島は絶景ポイント、歴史ネタ豊富、原生林とポイントが高いので、写真を少々。

神崎半島の断崖絶壁

 神崎半島の付け根部分から。


星岩

 魚を主食とする猛禽類ミサゴ(英名オスプレイ)の巣がある「星岩」。


神崎灯台

 明治27年に初点の神崎灯台。


海軍望楼

 灯台と同じ時期に築かれた海軍望楼。


豆酘崎方面の景観

 豆酘崎を望む。


蛟竜の基地跡

 神崎半島の付け根部分には、太平洋戦争末期の特殊潜航艇「蛟竜」(いわゆる人間魚雷)の基地跡(洞穴)がありますが、運用前に終戦を迎えました。


 浅藻から龍良山がいい感じにつながれば、対馬の南半分ルートが完成するのですが・・・。

 第3のルートを検証するかなあ・・・(-_-;)


 あ、今回のルート(神崎の後、木斛山などにも登っています)は、距離21.6km、累積標高差1600mに達するなど、経験者向けです。

 マネしないでくださいね(殴)

↓参考までに。

 >>対馬最南端縦走・神崎半島〜モッコク山〜浅藻(対馬アイランドトラバースその5)(YAMAP・局長N)



【追記】 ついに! 対馬南部が繋がりました!

 >>愛と衝動のロングトレイル「対馬アイランドトラバース」対馬南部完成について(当協会ブログ2019.06.19 Wednesday)
記事カテゴリ: アウトドア関係
令和最初の日・古代山城 金田城のんびりトレッキングについて(報告)
 こんにちは、大型連休も残すところあと1日、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 連休前に、長崎新聞のOさんから「今年の大型連休は改元も挟みますが、協会では何か企画してますか?」と尋ねられ、

「も、もちろんやりますよ! 大型連休で改元もあるのに、な、何もしない訳ないじゃないですか!」と見栄をはってしまい、急遽イベントを企画した局長Nです(汗)


 >>「平成最後の日、令和最初の日、どこで、何してる?」イベントについて(当協会ブログ2019.04.20 Saturday)


 結果的に、平成最後の日のシーカヤックイベントにはスペシャルゲストとして五十嵐賢さん(九州百名山著者)ご夫妻、山岳ライターの小林千穂さんご夫妻が参加され、楽しい1日になりました(^^)

 >>五十嵐賢さん・小林千穂さん来島、平成最後の日々について(当協会ブログ2019.05.03 Friday)


 令和最初の日のトレッキングイベントも、19名の方が参加され、対馬の自然・歴史・文化にふれる、幸先のよい令和初日になりました。


登山口にて

 連休+続100名城人気で駐車場がいっぱいというアクシデントはあったものの、イベントスタート。


令和記念撮影

 お約束の「令和」記念撮影(^^;)


対馬さん

 姓のルーツにふれるため、北海道からいらっしゃった「対馬」さん。
 NHKの歴史秘話ヒストリアでも取り上げられましたが、鎌倉時代の元寇に際し、対馬から青森県津軽地方に避難した住民が「対馬(津島)」を名乗ったとか。


令和記念撮影2

 山頂でもお約束(^^)


山頂にて

 城山山頂からは、防人も見たであろう光景を一望できます。

 万葉集の「防人の歌」は、関東一円から対馬までやってきた防人たちの、家族や故郷との別れ、惜別の念や郷愁にあふれています。

「父母が 頭かきなで 幸くあれて 言ひし言葉ぜ 忘れかねつる」
(両親が私の頭をなでながら、元気でいなさいね、と言った言葉が忘れられない)

「韓衣(からころも) 裾に取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして」
(旅の服装の裾にすがりついて泣く子どもたちを置いてきてしまった。母もいない家庭だというのに)



 ちなみに、日本最初の年号「大化」は「大化の改新(乙巳の変)」で有名ですが、その主人公が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ、のちの天智天皇)で、金田城の築城命令者でもあります。

 また、白村江の戦いや壬申の乱などの混乱を経て、中央集権国家「日本」を築くために制定された本格的な律令「大宝律令」(国号「日本」の使用、元号の定着など)の「大宝」は、対馬からの「金」の産出報告を祝って定められた元号です。
(いや、銀は本物で、金は嘘だったらしいですが・・・)

 さらに、「令和」の由来である大伴旅人もまたまた対馬とゆかりがあり、対馬と元号はいろいろつながりがあるのですが、きりがないのでこのへんで・・・。



 あ、令和トレッキングは、告知1週間、予算ゼロでしたが、2本のニュース(新聞、テレビ)になりました(^^;)

 >>万葉集ゆかりの地を散策 [対馬](NBC長崎放送05月02日) ※動画あり

 >>「令和最初の日トレッキング」 対馬市美津島町の城山(長崎新聞2019/5/2)
記事カテゴリ: アウトドア関係
五十嵐賢さん・小林千穂さん来島、平成最後の日々について
 こんにちは、大型連休も後半ですが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 平成最後の日々はスペシャルゲストとともに対馬の大自然を満喫した局長Nです。

 スペシャルゲストとは、「九州百名山」「福岡県の山」「佐賀県の山」(いずれも山と溪谷社)の著者・五十嵐賢(まさる)さんと、登山専門誌「山と溪谷」、トレッキング番組、登山イベントなどで人気の山岳ライター・小林千穂さん。

 お二方とは「山と溪谷」の記事執筆や夏山フェスタを通しての交流があったのですが、今回はそれぞれご夫婦で(しかもプライベートで!)、対馬にお越しいただいたのです。


 さて、初日は、福岡発の深夜フェリーで早朝に対馬に入っていただき・・・


上見坂公園

 まず、霊峰・白嶽やリアス式海岸・浅茅湾(あそうわん)を一望できる上見坂(かみざか)公園へ。
(公園の裏には日露戦争時代の堡塁があります)


山頂手前1

 08:30ころから、九州百名山・白嶽(しらたけ)にアタックです。


山頂手前2

 日本では対馬だけで見られる珍しい植物や、対馬に特に顕著に自生する植物などが開花期を迎えており、九州の山のプロ五十嵐さんご夫妻もびっくりしていました(^^;)

 山頂に立つと、水平線上に朝鮮半島が見えて、その近さにみなさん感激。


小林千穂さん

 日本アルプスの山々を縦走する小林さんでも、「いやー、白嶽山頂はこわいです・・・」と(^^;)


 昼食後、城山(じょうやま)にアタック。


南西部石塁

 7世紀に古代山城・金田城が築かれ、また明治期の砲台跡もあり、国境の島の歴史を体感できます。

 万葉集の防人の歌の舞台、国指定特別史跡であり、続日本100名城にも認定されています。


城山山頂にて

 五十嵐さんと千穂さん。


朝鮮半島が見えた

 水平線上に、朝鮮半島がくっきり見えていました。



 さて、翌日は雨の予報だったので、まずは雨天でも楽しめる龍良山(たてらやま)へ。

 日本有数の照葉樹原始林で、縄文時代に西日本一帯に広がっていたはずの神宿る原始の森です。


ひこばえ

 スダジイの巨木。ひこばえ(根本や切株から生えてくる若芽)がすごい(-_-;)


龍良山のエント様

 龍良山のエント様(映画ロード・オブ・ザ・リングに登場する樹木の精霊)とご対面(^^;)


千穂さんとスダジイ

 龍良山のシンボルツリー・スダジイ。小柄な千穂さんと比べると大きさが際立ちます。


雨の万松院

 雨の万松院(ばんしょういん。対馬藩主菩提寺)で、国境の島・対馬の激動期(戦国末期〜江戸初期)にふれていただきました。


対馬エコツアー

 3日目は自由行動の予定でしたが、「シーカヤックをやってみませんか?」と提案すると、ぜひ!と。

 今回のシーカヤックのガイドは、対馬エコツアーの上野さん。


金田城を海上から遠望

 海上から金田城を望むと、その大きさに圧倒されます。


平成最後の日

 この日は平成最後の日(平成31年4月30日)だったので、参加者全員で「H」のマーク(^^)


清水山城

 さらに、清水山(しみずやま)へ。文禄慶長の役に際し、豊臣秀吉が築かせた山城で、国の史跡に指定されています。


フェリーで離島

 時間ギリギリまで山歩きを楽しみ、厳原港へ。

 白嶽、城山、龍良山、清水山をともに歩き、シーカヤックも体験していただいた濃密な3日間でした。

 はるばる国境の島・対馬までお越しいただいた、五十嵐賢さんご夫妻、小林千穂さんご夫妻にお礼を申し上げます。

 ありがとうございました!(^^)/


 >>小林千穂の「山でわくわく」(公式ブログ)

 >>小林 千穂(山岳ライター)(facebook)

 >>五十嵐 賢(facebook)

 >>トレッキング(当協会観光モデルコース)
記事カテゴリ: アウトドア関係
対馬アイランドトラバース・矢立山系縦走について
 こんにちは、春の出逢いと別れについて書こうと思ったのですが、ブログネタが溜まっており、山ネタを先に書きます。

 あ、局長Nです(=_=)


 さて、国境の島・対馬は、面積の89%を森林が占め、ツシマツシマヤマネコが生息し、貴重な植物や野鳥を観察できる自然豊かな島です。

 この島を、人力(徒歩、カヤック、自転車)で縦走するルートを開発するプロジェクトが

「対馬アイランドトラバース」

(あの人気山番組のパクリ)です。


 今回は、対馬最高峰の矢立山(648.4m)を含む、矢立山系縦走10キロ+自転車8.2キロのコースに挑戦してみました。

 誰でも歩けるルート開発が目的なので、

 ・断崖絶壁の登攀・下降など危険なルートは行かない
 ・舗装道はできるだけ避ける(ただし、ケガなどのエスケープ用に、数か所で舗装道と交差するルートを選ぶ)
 ・自然景観がよい場所を見つけながら歩く
 ・できるだけ片道・縦走とし、帰りの交通手段も考えておく(今回は自転車を事前に設置)
 ・いずれ、全島の南北・東西を結ぶルートを開発する

 を個人ルールとして設定しています。


矢立山系・お鉢まわり

 ルートはこんな感じ。

 まず内山峠(右下)に自転車を置き、地図を見て目星をつけていた増木庭山(ますこばやま)登山口(というか林道。左下)からスタート。

ナンザンスミレ

 途中でナンザンスミレやゲンカイツツジなど対馬らしい花々を楽しみながら、

ゲンカイツツジ

 ひたすら増木庭山〜矢立山〜大鳥毛・小鳥毛山〜舞石壇山〜内山峠を目指します。

 詳しくは、登山アプリYAMAPの局長Nのページをご覧ください(説明、雑っ)

 >>矢立山系縦走(増木庭山〜矢立山〜舞石壇山)(対馬アイランドトラバースその4)(登山アプリYAMAP)


この一年で、

・龍良山系縦走(龍良山〜萱場山〜内山峠)
・三名山縦走ロングトレイル30キロ(城山〜白嶽〜有明山〜観光情報館ふれあい処つしま)
・シーカヤック浅茅湾縦断(グリーンピア〜仁位)
・対馬南部北上縦走トレイル(内山峠〜有明山〜観光情報館ふれあい処つしま)
・矢立山系縦走(増木庭山〜矢立山〜舞石壇〜内山峠)

のルートをつないできたので、

南北縦走

対馬のほぼ半分のルートができました。

あとは北部ですねー。うーん(-_-;)
記事カテゴリ: アウトドア関係

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.