(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
比田勝で辻馬車に乗れます!!
皆さん こんにちは( ^ω^ )!

上対馬からおがっちゃんです!!


だんだん寒くなってきましたね・・・。
帰ってこたつに入ったらなかなか出れません😭(笑)


さて!!

今月から比田勝で辻馬車に乗れます!!!




辻馬車とは・・・近代ヨーロッパの都市交通の一つとされていて、あらかじめ指定された場所で客を待ち、
         客を目的地まで運ぶ形式の二輪馬車


■運行日  : 火曜日、木曜日、土曜日、日曜日

■運行時間 : 10時半から1時間おき。最終は3時半

■コース  : 比田勝港国際ターミナルから比田勝港国内ターミナル(網代)(約40分)

■料金   : 大人1000円、子ども800円

■定員   : 10名

■予約   : 090-1966-8439(金本)


馬車を引く馬は、ヨーロッパのベルギーからやってきましたひらめき

名前は「オットー」栗毛の6歳で体重はなんと900😎!!



こんなに大きいと思ってませんでしたが、予想以上の大きさです😳

皆さんもぜひ乗りに上対馬にお越しくださいハート




記事カテゴリ: お知らせ
しらたけクリスマストレッキング開催のお知らせ
対馬出身なのに、いまだに白嶽に登った事がない ユウ です(;゚Д゚)

このイベントまでには登って予行練習をしておきます...(>_<)

さて今回は中対馬部会事業としまして、「しらたけクリスマストレッキング」を開催します。

協会主催で行う白嶽トレッキングイベントは久々みたいなので、募集定員25名にはすぐに達する可能性もありますので、早めのお申込みをお待ちしております。

詳細はこちら↓





九州百名山「霊峰白嶽」は古代より神聖な山として対馬の人々に崇められています。
聖なる日に、聖なる山「白嶽」のトレッキングにチャレンジしてみませんか?
標高519mという低山ながら、日本有数のリアス式海岸「浅茅湾」を眼下に見ることができます。
驚異の360度パノラマビューの山頂から愛を叫んだり、いつもとは違った特別なクリスマスにしましょう!
また、安全に登山を楽しんでもらえるように登山アプリ「YAMAP」を活用した山歩きをご紹介します。

※ゴミを拾いながら下山します。

【日    時】 平成29年12月24日(日)

【集 合 場 所】 美津島行政サービスセンター MAP

【日    程】 09:00 美津島行政サービスセンター集合・受付 〜 09:30 白嶽洲藻登山口 〜 
        トレッキング・昼食 〜 14:30 洲藻登山口 〜 15:00 美津島行政SC到着・解散
         ※美津島行政SC〜洲藻登山口間は乗り合いにての移動となります。ご協力ください。

【参  加 料】 500円(ガイド料、保険料)

【募 集 人 員】 先着25名(70歳以上、小学生以下、学生のみの参加は受付できません。)

【締    切】 12月18日(月)

【備    考】 虫除けなどの安全対策は各自で行ってください。
         昼食・飲物等は各自で持参してください。


■申込み方法 お電話でお申込みください。
          (一社)対馬観光物産協会 TEL 0920-52-1566

■注意事項   ※悪天候で中止の場合は、当日7時00分頃までにご連絡します。


■お問合せ   〒817−0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1
          (一社)対馬観光物産協会 担当:舟橋(ふなはし)
          TEL 0920-52-1566/FAX 0920-52-1585


クリスマスイブに男ばっかりのスタッフですが...

局長N・フナメン・ユウ スタッフ一同、皆様のご参加をお待ちしております。
記事カテゴリ: お知らせ
「朝鮮通信使に関する記録」の「世界の記憶」登録について
 こんにちは、局長Nです。

 「朝鮮通信使」がNHKなど全国放送で取り上げられていますね〜。

 いや、「世界の記憶」の正式発表があったら記事を公開しようと思っていたのですが、報道が早いのでもう公開します(^^;)


 さて、日本で世界遺産といえば屋久島(自然遺産)や姫路城(文化遺産)などがあり、また無形文化遺産には「和食」などの伝統文化・習慣が選定されていますが、「世界の記憶」はちょっと耳慣れない言葉です。

 「世界記憶遺産」とも呼称され、価値ある歴史的記録物(古文書など)を保存・公開することを目的としたユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の事業なのですが、以下、今回の経緯や内容をできるだけわかりやすく書いてみます。


 今回申請されているのは、

 「朝鮮通信使に関する記録」

 発端は、2012年5月5日に「朝鮮通信使ゆかりのまち全国交流会釜山大会」が開催された際、財団法人 釜山文化財団(以下、釜山文化財団)から、ユネスコの記憶遺産への日韓共同登録推進が提案されたこと。

 同年より対馬市や釜山市でユネスコ共同登録への講演会・シンポジウムなどが開催され、日韓政府レベルでの共同申請を模索しますが、日韓関係の悪化(2012年8月の李明博(イ・ミョンバク)大統領による竹島上陸など)もあり、NPO法人 朝鮮通信使縁地連絡協議会(以下、縁地連と略)と釜山文化財団を主体とした民間中心の共同申請を目指すことになります。

 ちなみに縁地連は、江戸時代に朝鮮通信使が往来した九州〜関東の19の関連自治体(対馬市、日光市、京都市など)や、朝鮮通信使行列振興会などの70の民間団体、約100名の個人で構成されています。

 詳しくは、>>NPO法人 朝鮮通信使縁地連絡協議会


申請書調印式

 その後、関連自治体での組織の設立・協議・申請資料の検討などが重ねられ、2016年1月29日、対馬市で「朝鮮通信使ユネスコ世界記憶遺産日韓共同申請書調印式」が開催されました。

 同年3月30日にユネスコに申請書が提出され、1年半を経て、国際諮問委員会による審査の結果がまもなく発表される、ということになります。

※追記 2017/10/31、正式に発表されました!


 申請案件名は、

 「朝鮮通信使に関する記録 ‐ 17世紀〜19世紀の日韓間の平和構築と文化交流の歴史」

 申請者は、NPO法人 朝鮮通信使縁地連絡協議会 と 財団法人 釜山文化財団


 内容は、1607年から1811年の間に12回、朝鮮国から日本国に派遣された外交使節団に関するもので、

1.外交記録・・・朝鮮国王から徳川将軍への国書(対馬藩により改ざんされたものも含まれる)など、

2.旅程の記録・・・通信使に関する各藩の記録、通信使を描いた絵巻など、

3.文化交流の記録・・・通信使の詩書など、

 で、日本・韓国双方の資料が対象となっています。


 日本側の資料総数は48件209点(うち、外交記録3件19点、旅程27件69点、文化交流18件121点)、

 韓国側は総数63件124点(外交2件32点、旅程38件67点、文化23件25点)です。


 時代背景としては、

■ 文禄慶長の役(豊臣秀吉の朝鮮出兵)により日朝関係が致命的に悪化。

■ 新たに天下人となった徳川家康、農地が少なく交易が命綱の対馬、北方の女真族の脅威にさらされる朝鮮など、それぞれの事情により和平を模索。

■ 初代対馬藩主・宗 義智(そう よしとし)による外交交渉が始まるが、家康から先に国書を出す(謝罪を意味する)という難題に直面し、宗家による「国書偽造」が行われる。

■ 朝鮮から江戸幕府へ「回答兼刷還使」が派遣される。目的は、国書による回答(謝罪要求)、文禄慶長の役の捕虜の送還など。

■ 二代藩主・宗 義成の時代に、柳川一件(対馬藩家老による国書偽造の暴露、いまで言う内部告発)が発生し、徳川家光(三代将軍)直々の裁判により、宗家は安堵される。

■ 戦後処理が一段落し、回答兼刷還使が「通信使」となり、徳川将軍の襲名や世継ぎ誕生のお祝いを名目に派遣されるようになる。

■ 江戸元禄時代、倭館(釜山の龍頭山周辺にあった対馬藩の出先機関で、面積は10万坪)を拠点とする朝鮮貿易により対馬藩は空前の賑わいをみせ、城下町整備や有能な儒学者の起用など政治・経済・外交など様々な面で爛熟期を迎える。

■ 通信使の来日は数十年に一度であり、幕府は政権の権威付け、朝鮮は日本の内情視察、対馬は外交能力の誇示などさまざまな利害が合致したこともあり、その盛大なパレードは庶民から文人まで熱狂的に歓迎され、文化交流も行われる。

■ やがて、莫大な経費を必要とする通信使の派遣は日朝両国の負担となり、12回目の通信使派遣の際は対馬で国書が交換され、以降、通信使の派遣は途絶える。



 朝鮮通信使が往来した200年間、日朝両国間で戦争は起きませんでした。


 申請書ではその意義を、

「朝鮮通信使に関する記録は、外交記録、旅程の記録、文化交流の記録からなる総合資産であり、朝鮮通信使が往来する両国の人々の憎しみや誤解を解き、相互理解を深め、外交のみならず学術、芸術、産業、文化などさまざまな分野において活発に交流がなされた成果である」

「この記録には悲惨な戦争を経験した両国が平和な時代を構築し、これを維持していくための方法と知恵が凝縮されており、「誠信交隣」を共通の交流理念として、対等な立場で相手を尊重する異民族間の交流を具現化したものである。その結果、両国はもとより東アジア地域にも政治的な安定をもたらしたとともに、交易ルートも長期間、安定的に確保することができた」

 としています。


 残念なことに、「朝鮮国信使絵巻」などを保管する長崎県立対馬歴史民俗資料館は、新博物館建設のためこの4月より閉館しており、2020年(予定)の開館を待つ状況です。

 対馬市では次年度から説明板などの整備を行う予定であり、当協会としては「朝鮮通信使に関する記録」や日本遺産などをテーマとする観光案内・ガイドの充実を図っていきます。


 厳原港周辺だけでも、

清水山城
 清水山城(しみずやまじょう)
 文禄慶長の役に際して築かれた戦国末期の山城。良好な石積み遺構が見られ、国の史跡に指定。

万松院
 万松院(ばんしょういん)
 初代対馬藩主・宗 義智のために、子の義成が建立した宗家の菩提寺。国史跡。

金石城
 金石城跡(かねいしじょうあと)
 清水山のふもと、万松院に隣接する宗家の城跡。国史跡。

金石城庭園
 旧金石城庭園(きゅうかねいしじょうていえん)
 金石城・万松院に隣接する宗家の庭園。国名勝。

お船江
 お船江(ふなえ)
 江戸時代の藩の船着場。県指定史跡。

 などなど、朝鮮通信使関連の史跡は枚挙にいとまがありません。



 「観光情報館ふれあい処つしま」の観光の間には対馬の自然・歴史に関する展示があり、案内所では地図やガイドブックを入手できます。

 >>観光情報館ふれあい処つしま


 歴史は苦手という方は、「対馬観光ガイドの会やんこも」のまち歩きをおすすめします。

 対馬の激動の歴史を、実際に史跡をめぐりながら、楽しく案内いたします。

 >>対馬観光ガイドの会やんこも


 古代から近現代まで、国境の島・対馬には外国との交流と緊張に満ちた濃密な時間が流れており、「朝鮮通信使に関する記録」もその一部です。

 驚きに満ちた、時間を超える知の旅へ、でかけてみませんか?



 あ、対馬の歴史に興味がある、ちょっと勉強してみたいという方向けに、歴史講座やります!
 
 >>「対馬楽講座&対馬検定」の実施について(当協会ブログ2017.10.24)
記事カテゴリ: お知らせ
商売繁盛心理学講座開催のお知らせ
こんにちは、フナメンです!


対馬市商工会さんから、魅力的な講座のお知らせです。


テーマ:『 商売繁盛心理学 〜お客様に好かれ、自分に自信が持てるビジネス心理学!〜 』



講 師:酒井 とし夫 氏

日 時:平成29年11月2日(木) 19:00 〜

場 所:対馬市商工会 厳原支所2F 大会議室


申込みの詳細等は商工会HPよりご確認ください。

(商工会HP)http://www.shokokai.or.jp/42/4220910001/index.htm#sin31012


酒井氏は人気の講師で、参加者には大好評なセミナーとのことですので是非ご参加ください!!!





しつこいですがかなたのきイベントもまだ受け付けています!!!

申込みいただいている方は、3名です!!!

あと17名しか空きがありませんので、お早めにお申込みください!泣


よろしくお願いします。



記事カテゴリ: お知らせ
比田勝中学校生が韓国人旅行客にアンケート調査
上対馬事務所のKです。
比田勝中学校1年生(30名)は、総合的な学習で韓国の食や文化、言葉など学習しています。
10月11日は、比田勝港国際ターミナル周辺で韓国人旅行者にアンケート調査。
生徒は覚えたハングル語で、調査をお願いしていました。



韓国の方も気軽に対応していました。
アンケートの結果など

文化発表会で報告されます。
記事カテゴリ: お知らせ
三根の歴史散策終わりました
上対馬事務所のkです。
10月8日(日)いくつかの行事が重なり、参加者が7名。ちょっと寂しい散策になりました。
峰町歴史民俗資料館前の駐車場に集合した参加者は、まず資料館で行われている「対馬の遺宝 里帰り展」(10月6日〜11月5日)を鑑賞。

127年ぶりに帰ってきた「菩薩立像」や重要文化財の「如来立像」など展示。この日の参加者は、貴重な図禄をいただき満足。


散策では、三根の秋をゆっくり楽しみました。
コースは、資料館前から小牧宿弥(おひらすくね)神社や旧三根小学校にある梯調一記念碑、阿弥陀院、対馬青年の家のグランド横を通って峰照寺などおよそ4キロの道のり。






季節の色付きなど感じ、こころ豊かな一日になりました。


記事カテゴリ: お知らせ
越高遺跡を訪ねて
上対馬事務所のKです。
上県町越高にある「越高遺跡」
対馬市教育委員会と熊本大学による発掘調査が行われています。




越高遺跡は、縄文時代早期から縄文時代前期(9000〜6000年前くらい)の遺跡です。出土遺物には、韓国のものと同じ文様を持つ土器や日本の石材で作られた石器などがあります。これらは日韓交流の起源を知るうえで貴重なものです。(現地説明会資料)

隆起文土器や石器などのほか、今年新たに四角形の「炉」跡が見つかりました。




遺跡はいったん埋め戻されます。次回調査時にお目にかかってください。
記事カテゴリ: お知らせ
9月16日(土)の空路・航路の運航状況について
こんにちは、局長Nです。

台風18号が接近しています。
大雨・強風・進路等ご注意ください。

 >>台風情報(Yahoo!Japan天気・災害)

※以下、航路・空路の情報です。9/16(土)10:20時点のもので、台風の動きにより変更になる可能性があります。

【9/16(土)空路の状況】 (ANA/ORC)
・対馬空港〜福岡空港(ANA)は、4便とも運航予定(天候調査あり)ですがほぼ満席です。
・対馬空港〜長崎空港(ANA/ORC)は、3・4便が欠航です。

運航状況
 >>ANA運航状況のご案内(ANA公式サイト)


【航路(海路)の状況】 (九州郵船)

博多港→対馬・厳原港
・フェリー 博多港10:00発は壱岐まで。(壱岐〜対馬厳原港は欠航です)
・ジェットフォイル 博多港15:55発は、現在未定で出航1時間前決定の予定です。

対馬・厳原港→博多港
・フェリー 厳原港15:25発は、厳原港〜壱岐は欠航です。
・ジェットフォイル 厳原港13:00発は、厳原港〜壱岐は欠航です。

対馬・比田勝港←→博多港
通常運航の予定です。 欠航になりました。

運航状況
 >>九州のりものinfo.com
(上段のJR九州高速船は国際航路です。対馬〜福岡の国内航路は中段の九州郵船です)

 >>九州郵船株式会社
記事カテゴリ: お知らせ
台風による営業休止(9/17)とアカハラダカ観察会の延期について
 こんにちは、局長Nです。

 勢力が非常に強い台風18号が九州に向かっており、

 9月17日(日)は、「観光情報館ふれあい処つしま」内の「特産品の間」と「ふれあい食堂 憩い」を休業

 いたします。

 観光案内所は営業予定ですが、当日の天候次第で部分的な営業になる可能性があります。

 >>観光情報館ふれあい処つしま(公式ページ)


 なお、アカハラダカ観察会は、9月17日(日)から翌日の9月18日(月・祝)に変更します。

 9/12(火)には1.5万、翌13(水)には1.9万というとんでもない数のアカハラダカが観察されています。

 18日には台風が遠のき、台風で飛べなかったアカハラダカが、「台風一過」で一気に飛翔する可能性があり、それに賭けます!

(9/24(日)だと、かなりピークを過ぎてしまうんですよね・・・)

 保険の関係で追加募集はできませんが、アカハラダカを見てみたい!という方は自家用車等で内山峠にお越しください<(_ _)>

 >>内山峠(対馬市厳原町内山)(Googleマップ)
記事カテゴリ: お知らせ
モンベルクラブフレンドフェア横浜と書籍紹介について
 こんにちは、昼休みに清水山城の縄張図を持って、本丸(山頂)まで往復してきた局長Nです。

 登るたびに天下人・豊臣秀吉の野望のはかなさを感じるのですが、さすがにジャスト1時間だったので大汗をかきました(@_@;)


フレンドフェア横浜

 さて、今週末9/2(土)〜9/3(日)は、

 モンベルクラブ・フレンドフェア横浜

 に出展します!!

 モンベル会員限定(入会金無料、年会費税込1500円)ですが、家族・友人に会員がいれば同伴で入場できます。

 関東近郊の方、ぜひご来場ください<(_ _)>

紹介サイト >>モンベルフレンドフェア2017秋(横浜)
会 場 パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)(Googleマップ)

日 時 2017/9/2(土)9:00〜17:00、9/3(日)9:00〜16:00



 以前のブログで山の本の紹介をしましたが、今回は神話関係など。

聖地巡礼

【東京書籍HPより抜粋】
思想家であり武道家の内田樹と、比較宗教学者で僧侶でもある釈徹宗が、日本人が失っている霊性を再発見すべく日本各地の「聖地」を旅する聖地巡礼シリーズ第4弾。
最新の第4弾は、日本人にすら忘れかけられている長崎県「対馬」。
(中略)
この対馬こそ、日本の原点であり、日本人の源流の地といえる。
(中略)
内田樹、釈徹宗の両著者は、まさに、日本人の霊性、心性の原点が、対馬から発せられていることを実感をこめてつづっていく。

聖地巡礼 コンティニュード
対馬紀行
内田樹・釈徹宗/著
本体価格1,800円+消費税
発売年月:2017/08/21
体裁:  320頁


 日本人にすら忘れかけられているって・・・(-_-;)

 日本神話といえば「古事記」「日本書紀」がすべてと思っている方も多いと思いますが、記紀では日本各地の神話がかなり政治的に「編集」されているので、むしろ源流は対馬や出雲、諏訪など日本各地にあるんですよねー。

 神社・神話に関心がある方は、対馬を含む「神話の源流の地」の訪問をおすすめします。

 >>「対馬神社ガイドブック 〜神話の源流への旅〜」の配布について(当協会ブログ2017.06.01)


神社講座

 あ、市民向け講座で、神社の回を担当することになりました。


アンゴルモア8巻

 アンゴルモア最新刊でました!

 よりぼぅが紹介してるので、見てくださいね。

 >>アンゴルモア〜元寇合戦記〜 第8巻が発売されました(当協会ブログ2017.08.29)



 そして、東京書籍の・・・

カワウソ

カワウソ
佐藤淳一/写真と文
本体価格1,200円+消費税
発売年月:2010/03/24
体裁:  80頁

 対馬の人がカワウソの発見にあまり驚かず、大切に見守りたいという意見が多い(ガツガツ商売利用しようとしない)ことに、新聞記者さんが驚いてました(^^;)

記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.