(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
対馬紅茶のススメ
 こんにちは、ちょっと前、カフェイン中毒で死者が出た(アメリカで)というニュースを見て、1日20〜30杯は飲んでいたコーヒーを控えている局長Nです。

 カフェインの禁断症状で、手が震えたり、奇声を発したり、スタッフがインスタントコーヒーに見えたりします。

 (嘘ですよ、拡散しないように)


 今は、前から気になっていた「対馬紅茶」がお気に入りです。

 「紅茶にも少しはカフェイン入ってるやん、麦茶(ノンカフェイン)にしたら」という人もいますが、

 カフェインなかったら会議中に寝るわ!(寝るなよ!)


対馬紅茶


 さて、紅茶といえばイギリスのイメージがありますが、中国からヨーロッパに伝わったのは、意外と最近の17世紀。

 >>紅茶(Wikipedia)


 明治時代には国産紅茶が輸出用に製造されていましたが、1971年の紅茶自由化により安い外国紅茶が流入し、国内紅茶産業は壊滅(-_-;)

 その後、べにふうき等の紅茶用品種が開発されたこともあり、国産紅茶・和紅茶が見直されている・・・とのこと。

佐護・紅茶農園1

 さて、当ブログでも何度か紹介しましたが、大石農園(対馬市上県町佐護)では、

 ツシマヤマネコも生息する御岳近くで、無農薬・無化学肥料で「対馬紅茶」を栽培

 しています。

 ※大石農園さんの写真は、茶摘み体験に参加した島おこし協働隊ゆーみんから拝借。

佐護・紅茶農園2

 その評価は高く、茶葉本来の個性を味わう「シングルオリジンティー・フェスティバル」(2016年・東京)で、

 チャンピオンティーに次ぐ金賞を受賞しています。

 >>作り手と飲み手をつなぐ シングルオリジンティー・フェスティバル 2017
 ※ページ下部、入賞茶一覧をご覧ください。

 
 このように高い評価を受けている紅茶を、対馬で気軽に飲めるのは素晴らしいことですね。

 登山時や真夏には、冷たい水出しアイスティーで。

 甘いものがほしいときは、対馬産のハチミツを溶かしたり、伝統の和菓子「かすまき」と一緒に。


大石農園
〒817-1603
長崎県対馬市上県町佐護1384
0920-84-5176


対馬紅茶

 デザインもかわいい「対馬紅茶」(べにふうき茶葉)は、対馬観光物産協会ネットショップでも販売中!

 お気軽に楽しみたいティーバッグ(8包)は432円(税込)、

 本格的に飲みたいリーフ(茶葉50g)は756円(税込)です。

 >>対馬観光物産協会ネットショップ



【シングルオリジンティーとは】

生産者が明確で、かつブレンドや着香などの加工を施していない、茶葉本来の個性を味わう紅茶です。

茶樹の品種や、 生育される土壌や気候などの環境、製茶の仕方の違いなどにより 多種多様なキャラクターが作られ、様々な香りや味わいが楽しめます。

 >>作り手と飲み手をつなぐ シングルオリジンティー・フェスティバル 2017 より引用

記事カテゴリ: 対馬の特産品
暮れのご挨拶に対馬の特産品はいかがでしょうか(^^ )。

JUGEMテーマ:ご当地グルメ




島の食材担当「かに」です。

 

いつのまにやら、「もういくつ寝ると・・・♪」という季節になってきました。

歳を取るにつれて、時間が経つのが早く感じるせいか、色々な意味で焦りを感じますf^_^;)。

 

さて、そんな季節となってまいりましたので、

いつもお世話になっている方々へのご挨拶をどうしようかなぁと、

お考えの方もいらっしゃると思います。

今回は、当協会にて始まった2016年のお歳暮ギフトについて、ご案内をしたいと思います(^^ )。

 

・対馬観光物産協会ネットショップ ギフト詰め合わせ

 http://tsushima-net.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1575689&csid=0

 

 


まず、対馬の年末商品といえば、

なんと言っても太く身が締まった寒ブリ!o(^-^)

 
【旬のうまみが詰まったブリ】
※【1本モノ】

  3kg  8,000円

  4kg  10,500円

  5kg  12,800円

  6kg  15,500円

※【フィーレ(アラ付)】

  3kg  9,100円

  4kg  11,800円

  5kg  14,000円

  6kg  16,500円

(各量目、税・送料込み)

これからますます脂が乗り、身が締まってまいります。

ブリは出世魚であることから、縁起のいい食材とも言われますので、

年末年始にふさわしい食材ではないでしょうか。

この機会に、ぜひぜひご活用ください(^^ )。

 

☆ブリのご注文に関する補足

 年内お届け分受付締切は12月17日(土)まで

 発送は12月28日(水)・29日(木)の一斉発送になります。

 重量表示は、内臓を含めた重量です。

 内臓の取り出しをご希望の場合(無料)は、送付先情報入力画面の備考欄にご入力ください。

 

そして、対馬の海産物をたっぷり詰め合わせた干物セットには、
対馬が全国水揚げナンバーワンを誇る「あなご」のほか、

注目度上昇中の「のどぐろ(アカムツ)」や対馬の定番「いかの一夜干し」など、

バラエティに富んだ詰め合わせをご用意しております。

 


【あなごやのどぐろなど、たっぷり入った「潮かおる干物セット 松」】

※7,800円(税・送料込み)

 

そして、年末ですから、ご自宅で手軽に対州そばを召し上がることができる、

こんな詰め合わせもご用意しております(^^ )。

 

【そばとスープがセットになった「対州そば、地鶏・椎茸スープセット」】

※3,400円(税・送料込み)

 

このほかにも、対馬の地酒やとんちゃんなど、おなじみの商品も揃えております。

対馬の豊かな恵みを、送ってみませんか(^^ )。

ぜひこの機会に、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

対馬観光物産協会ネットショップは、年末年始を除き通年営業しています。

 こちらでは、単品でのご注文や、ご予約による大口注文のご相談も承っております。

※発送先の件数が多い場合は、ショップにありますお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

 また、その他ご不明な点につきましても、お問い合わせフォームより承ります。

 

☆ご配送全般に関する補足

 送料込と記載された商品については、送料が含まれた価格になります(全国一律)。

 温度帯の違う商品(常温・冷蔵・冷凍)の同梱はできません。

 注文時に送料が表示されますが、箱が分かれてしまう都合上、表示金額のほかに別途送料が発生します。

 その際は、再度計算の上ご案内いたしますので、あらかじめご了承ください。

記事カテゴリ: 対馬の特産品
新しい「地酒」入りました〜♪

JUGEMテーマ:お酒

 

最近ケーブルテレビに出たらしいのですが、

家にテレビがないので、どういう状況になっているのかいまだによく分かっていない、

島の食材担当のかにです(-_-;)。

 

・つしまる通信(平成28年6月22日(水))※対馬市CATVの加入者のみ視聴可能

 http://vod.local.tcctv.ne.jp/vod/top.html?frame=program&high=1&month=201606&ID=16

 

かねてから、対馬の特産品をきっかけに対馬へ来てもらえる方法はないものか考えていたのですが、

このたび、その構想が一歩前進する商品を販売することになりましたので、

今回ご紹介したいと思いますo(^-^)。

 

【対馬どぶろく 菩提酒しろかねの里 720ml:1,800円】

 

世間一般にあまり出回っていない類いの品なので、

「容器は酒っぽいけど、中身は甘酒やヨーグルトみたいやし、これ一体なんやと?」

と思われた方も多かろうと思いますが、これは「どぶろく」というお酒です。

米と米麹と水(ほんのちょっとだけ酵母)のみでできています。

原料となっている米はもちろん対馬産、と言いますか、

対馬の農家さんが自分の田んぼで栽培した米で造ったお酒ですo(^-^)。

 

厳原町久根田舎(いづはらまち・くねいなか)で農業をされている、

齋藤久光さんが製造されています。

 

【製造されている齋藤久光さん(右)と奥さま】

 

製造工程は日本酒とほぼ一緒なんですが、

日本酒は瓶詰めをする前に「漉す」工程があるのに対し、

どぶろくは漉さずに、いわゆる「もろみ」の状態で瓶に詰めます。

※ちなみに、「もろみ」を漉した液体が清酒で、残った「かす」が「酒粕」です。

 

お酒の香りは液体よりも「かす」に残りやすいので、爽やかでフルーティーな香りが感じやすく、

口に含むとまろやかでありながら、少しピリピリする舌触りがクセになりそうなお酒です(^^ )。

 

ところで、離島で山ばっかりの対馬(島の約9割が山で、農地は約1.3%!)において、

なぜ「どぶろく」なのか。

 

私が対馬に移住してから2年あまりが経ち、島内をあちこち回る中で、

離島という環境であるからこそ、

漁に出て、畑の仕事をし、山にも入り、

生き延びるために「せんだんご」など独特な食文化も編み出した、

まさに何でもしよる対馬の暮らしを、数々目の当たりにしてきました。

 

【久根田舎での「せんだんご」作り】

 

これをもっと色々な方々に知ってほしく、

またそれを分かりやすく表現する手段はないものかと考えた結果、

対馬の人たちが「なんもかんもするけ、酒くらい造れるばい!」

言い出したら面白いかと思い、

構造改革特区(「対馬どぶろく特区」)制度を活用して対馬の米で酒を造ろうというアイデアをまとめ、

対馬市を通じ、内閣府から特区認定をいただきました(^_^)v。

 

【「対馬どぶろく特区」の特区認定書】

 

そして、特区の認定を受けてから数ヶ月後、齋藤さんが手を挙げてくださり、

数々の手続きを経て、今年3月厳原税務署から免許を交付していただきました。

 

【数々の手続きをするために出した書類・・・】

 

対馬では、河内酒造さん(1919(大正8)年創業)以来

約1世紀ぶりの新規製造者だったので、割と大ごとだったようです。

しかも、思いつきから1年程度で

免許を取って作れる段階まできたのがすごいと感じます・・・f^_^;)。


さて、ある新聞で話題にしていただいたこともあり

「免許が交付されてから3ヶ月も、一体なんしよっと!」というお話も

一部の方からいただいておりましたが、

「どぶろく」は仕込んでから飲めるまでに約1ヶ月かかり、

今まで作ったことがない生き物のような品なので、

温度管理や材料の配合の仕方など、今もなお試行錯誤の日々が続いております。

齋藤さんにそのへんの話を聞くと、我が子のようにかわいいらしく、

「毎朝起きて、鍋の様子を見にいくのが、とても楽しみば〜い(´ω`)」

とおっしゃっていますが、そんなあたりが、自然とともに暮らす対馬人らしいところだと感じます。

 

その齋藤さんが造られている「どぶろく」が、

何度かの試作を重ね、やっとお客様へ出せる品になってきましたので、
ふれあい処つしまの「特産品の間」などで販売することになりました(o゜▽゜)o。

 

【店頭ではこんな感じで販売しております(^^ )】

 

また、私個人としては、

齋藤さんのご自宅で体験民泊もされているので、宿泊をして

帰りの足を気にせず(笑)味わっていただくこともおすすめです!

酒を酌み交わしながら、対馬の暮らしを語っていただくと、

きっとディープな対馬の暮らしを知る取っ掛かりになるかと思いますo(^-^)。

 

民泊では、家庭に泊めていただくような感じになるので、

普通の旅行では味わえない経験をしたいと思われる島外の方はもちろん、

転勤で対馬にお住まいの方も、対馬での思い出づくりにいかがでしょうか(^^ )。

※民泊では、ホテルのようにアメニティグッズを用意していませんので、ご注意ください。

 その他詳細は、お問い合わせの際にお尋ねください。

 

【田舎屋さいとう(民泊)】

 

【民泊の近くには、こんな趣のある神社もあります(銀山上神社)】

 

長くなってしまったので、民泊については日を改めてご紹介するとして、

対馬の新しい地酒「菩提酒しろかねの里」を、

よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

 

《製造者》

 〒817-0245

 長崎県対馬市厳原町久根田舎873番地

 農家民泊 山里の宿田舎屋さいとう 齋藤久光

 電話 0920-57-0130

※宿泊(体験民泊)【要予約】に関するお問い合わせやご予約につきましては、

 対馬グリーン・ブルーツーリズム協会が窓口となりますので、

 下記のところまでご連絡をお願いします。

 (参考)大人1泊2食付き7,800円です。別料金で、そば打ち体験などもあります。

 

・対馬グリーン・ブルーツーリズム協会

 電話:0920-85-1756/FAX:0920-85-1755

 http://tsushima-gbt.com/

 

 

《販売場所》

 〒817-0021

 長崎県対馬市厳原町今屋敷672-1

 観光情報館ふれあい処つしま 特産品の間

 電話 0920-52-1566

記事カテゴリ: 対馬の特産品
お中元に対馬の旬の恵み、いかがでしょうか(^^ )
JUGEMテーマ:ご当地グルメ




島の食材担当「かに」です。

日頃お世話になっている方々へご挨拶、どうしようかなぁとお考えの方
いらっしゃいませんでしょうか。
今年も、当協会にてお中元ギフトの受注を開始いたしました(^^ )。

※お中元ギフト商品の発送は、7月1日(金)から開始します。

・対馬観光物産協会ネットショップ ギフト詰め合わせ
 http://tsushima-net.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1575689&csid=0
 
まず、この時期の目玉商品といえば、なんと言っても
うに!(o゜▽゜)o

 
【旬のうまみが詰まった新うに】
2本セット  6,500円

 3本セット  8,500円
 4本セット  10,000円 (各セット、税・送料込み)

今年も、コクのある濃厚な味に仕上がっております。
しかも、
無添加
ですので、
うに本来のうまみがたっぷり味わえる、贅沢でおすすめな逸品です(^0^)。


そして、対馬の海産物をたっぷり詰め合わせた干物セットには、
対馬が全国水揚げナンバーワンを誇るあなごのほか、
のどぐろ(アカムツ)やいかなど、バラエティに富んだ詰め合わせをご用意しておりますo(^-^)。


【あなごやのどぐろなど、たっぷり入った「対馬干物詰め合わせ」】
※5,600円(税・送料込み)

このほかにも、BBQにピッタリなサザエに、
対馬の地酒やとんちゃんなど、おなじみの商品も揃えております。

対馬の豊かな旬の恵みを、送ってみませんか(^^ )。
ぜひこの機会に、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

対馬観光物産協会ネットショップは、通年営業しています。
 こちらでは、単品でのご注文や、ご予約による大口注文のご相談も承っております。
 また、カット煮あなご、のどぐろ、アマダイなど、今までお取り扱いがなかった商品を追加いたしましたので、
 あわせてご利用ください。
※ご配送全般に関する補足
 送料込と記載された商品については、送料が含まれた価格になります(全国一律)。

 お中元ギフト商品の発送は、7月1日(金)から開始いたします。
 温度帯の違う商品(常温・冷蔵・冷凍)の同梱はできません。
 注文時にいったん送料が表示されますが、
 箱が分かれてしまう都合上、表示金額の他に別途送料が発生します。
 その際は、再度計算の上ご案内いたしますので、あらかじめご了承ください。
 その他、ご不明な点などございましたら、
 ショップにお問い合わせフォームをご用意しておりますので、そちらよりお尋ねください。

 

記事カテゴリ: 対馬の特産品
春にピッタリな新商品入りました(^^ )
JUGEMテーマ:お土産

島の食材担当かにです。

今日は朝からあいにくの雨ですが、
日に日に春の足音が近づいている感じがしますね。

もうちょっとしたら、景色の良い場所でお弁当なんていうのも
いいのではないでしょうか(^^ )。
まさにそのための新商品が、ふれあい処つしまの「特産品の間」に入荷しましたo(^-^)。



【どこかで見たことありそうな顔ですね(^^ )】

島外のイベントにおじゃますると、多くのお客さんの目に留まる
あの「佐護ツシマヤマネコ米」のパッケージデザインをあしらった
ランチボックス(お弁当箱)です。
しかも、「ヤマネコ米ふろしき」で包むとこんなに可愛く包めます。



【包み方によって表情が変わります。しかも、反対側から見ると後ろ姿です(^^ )。】




【実際に詰めるとこんな感じになります(^^ )】

《商品情報》
・佐護ツシマヤマネコ米ランチボックス 2,000円(税込) 販売者:一般社団法人MIT
・佐護ツシマヤマネコ米ふろしき    1,680円(税込)       〃

 ※対馬観光物産協会ネットショップではお取り扱いしておりません。

先日、たまたま週一弁当男子の方へご挨拶に伺う機会があったので、
おみやげにランチボックスとふろしきをお持ちしたところ、
職場の方からうらやましがられたとのこと。
色みは柔らかいですが、けっこう目を惹く感じがします。
4月から新しい環境に移り、初対面の方に出会っても、会話が弾みそうですね(^^ )。

このほかにも「特産品の間」では、
対馬のポロシャツや雑貨、工芸品、地酒など色々揃えております。
ちょうど今の時期、進学や転勤などで対馬を離れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方への贈り物に、また対馬の思い出に、ぜひご活用くださいo(^-^)。



※衣類については、ご用意できる色とサイズに限りがございますので、
 お気軽にスタッフまでお尋ねください。










《販売場所》
 観光情報館 ふれあい処つしま「特産品の間」
 〒817-0021
 長崎県対馬市厳原町今屋敷672-1
 営業時間 9:00〜18:00
 定休日 年末年始(12月29日〜1月3日)



 
記事カテゴリ: 対馬の特産品
「にごり酒」はじめました(o゜▽゜)o
JUGEMテーマ:日本酒


島の食材担当かにです。

みなさま、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。
私は、神奈川の実家に帰る予定を入れ忘れたため、対馬で過ごしておりましたf^_^;)。
除夜の鐘をつかせてもらったり、元旦に初日の出を拝んだり、
そしてほとんどお店が開いていない町の静けさを感じたりと、
かえって、古き良き正月を味わった気がします。


【清水山城跡一の丸からの初日の出】

さて、年末年始は挨拶回りなどで
「やなしこ」(≒たくさん)飲み食いした方も大勢いらっしゃることと思いますが、
対馬では、この後も新年会、厄入りと続きますので、
まだまだ宴会シーズン真っ只中です(笑)。

そんな対馬の年末から正月にかけて外してはならないものといえば、
河内酒造さんの「白嶽(しらたけ)にごり酒」ではないでしょうかo(^-^)。


【対馬の年末年始には外せない「白嶽にごり酒」】

【お酒の名前は、対馬の霊峰「白嶽」にあやかり命名されました】

お酒の仕込みは、例年11月中頃に始まります。
河内酒造さんのお酒は色々な種類がありますが、
実は、これらは全て別々に仕込んでいるわけではないんだそうで、
対馬で一番飲まれている清酒「白嶽上撰」と
「にごり酒」は、
大元を辿ると、同じ樽で仕込んでいます






【ただいまお酒の仕込みも真っ只中・・・】

では、「白嶽上撰」と何が違うのか。
ものすごく簡単に説明しますと、

 ・貯蔵や瓶詰めの前に「火入れ」(熱を加える殺菌処理)をしていない
 ・細かく漉していない

という違いです。
 
「雑に扱うと栓が飛ぶ!」という話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、
それは、瓶の中で酵母が生きているからなんですΣ(゜Д゜)。
そのため、保管する際は冷蔵庫で保管し、できるだけ振動など与えないようにしてください。
(冷蔵庫の開け閉めも優しくしてあげてくださいね。(^_-))



【「活性清酒」と書かれているのが、火入れしていない証です(^^ )】

気になるお味ですが、芳醇な香りとまろやかな口当たりがとても特徴的です。
しっかりした甘みがありますので、
冷やしてそのまま、またはロックでもいいですし、
鍋物や味噌味などのこってりした汁物との相性も良いです。
まさに、冬のお酒ですねぇ〜(´ω`)。

 
しかし、口当たりの良さとは裏腹に、アルコール度数は15度ありますので、
調子に乗って飲み過ぎないよう気を付けてください。

冒頭の写真のとおり、
「ふれあい処つしま」の「特産品の間」では、すでに販売しておりますが、

1月6日(水)から本年の営業を開始する当協会のネットショップでも、
1升瓶(1,800ml)4合瓶(720ml)を販売いたします。

対馬のお酒は、島外に出回ることがほとんどありませんので、
ご興味がありましたら、ぜひお試しください。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

※「白嶽にごり酒」季節限定商品のため、売り切れ次第販売を終了いたします。
振ると吹きこぼれる事があります。
 ゆっくりひっくり返して開栓の上、お召し上がりください。
記事カテゴリ: 対馬の特産品
白嶽の熱燗と珍味カラストンビについて
 こんにちは、職場の特産品コーナーに「冬といえば熱燗」という手書きのディスプレイがあり、お酒+おつまみネタで何か書こうと思い立った局長Nです。

 (バカ舌なので、料理ネタはあまり書かないのですが)

掲示板

 熱燗のお酒は、対馬唯一の酒蔵・河内酒造(かわちしゅぞう)の定番、清酒・白嶽(しらたけ)上撰でよいとして・・・。

対馬の地酒

 おつまみは、素直に「たたきイカ」(炙ったイカをカナヅチでたたいてほぐした対馬の定番おつまみ・おやつ)でもよかったのですが・・・。

 よりあい処つしま(福岡にある対馬のアンテナショップ)で食べた珍味・カラストンビ(イカの口の部分。イカの口は、鳥のクチバシのような形です。イカトンビとも)がおいしかったので、事務所で再現してみることにしました。

カラストンビ


 カラストンビ(冷凍物)をふれあい処つしまで購入し、協会事務所のレンジで解凍・加熱すると、室内にイカの匂いが・・・。


 「異臭がするっ!やめろぉっ!」(スタッフ)




 チーン!




 レンジの禁断の扉を開けると、白くふやけたグロい物体が、不気味な液を垂らしながら、皿の上に出現していました・・・。

 例えるならば、クチバシのある謎の深海生物。

 あるいは、鋼の錬金術師の人体錬成(の失敗パターン)。




 (写真は自粛) 




 思ってたんと違う。




 職場では白い目が光っているので、自宅で(深夜に)、アルミホイルをひいてグリルで焼いてみました。

カラストンビ

 なかなか焼けず、思ってたより白めでしたが、うん、こんな感じ。

 (本当は、一夜干しにしたり、解凍後に塩をふって、水気を飛ばす必要があったんでしょうね)


 カラストンビは、イカ1杯(1匹)から1つしかとれない珍味です。

 クチバシを取る面倒くささもありますが、食べ始めるとクセになります。

 レンジより、オーブンかグリルがおすすめです。

 失敗したくなければ、たたきイカがおすすめです(殴)


 前置きが長くなりましたが〜、

 対馬のお酒、おつまみ、冬のギフト、お正月の親戚への贈り物、自分へのご褒美は、

 観光情報館ふれあい処つしまの特産品の間、または、ネットショップから!!


 >>イカの口(海風商事)(当協会ネットショップ)
 >>対馬の地酒(河内酒造)(当協会ネットショップ)
 >>ギフト詰め合わせ(寒ブリ、アナゴ、サザエ・アワビ、ウニ、しいたけなど)(当協会ネットショップ)

 ↓やかん・鍋で燗をつける方法です。レンジの場合のコツがいるようです。

 >>おいしい熱燗の作り方(菊水酒造)




 最近、仕事中に眠いのです。

 なぜなんだろう。


 たぶん、ブログのせいです。
記事カテゴリ: 対馬の特産品
暮れのごあいさつに対馬の特産品はいかがでしょうか(^^ )
JUGEMテーマ:お歳暮
 
島の食材担当「かに」です。
 
そろそろ先生も走り出す季節になりつつある今日このごろ、
お世話になった方々へ、暮れのご挨拶どうしようかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当協会でも、毎年お中元とお歳暮の時期、
対馬の特産品を集めたギフトのご紹介をしておりますが、
今年のお歳暮からインターネットでの受注も開始いたしますo(^-^)。

・対馬観光物産協会ネットショップ ギフト詰め合わせ

寒くなるこれからの時期、
対馬には旬を迎える美味しいものが数多くありますが、
なんと言っても、今の時期といえば、
ブリ!(o゜▽゜)o



一本物だけでなく、調理しやすいフィーレもご用意しております。
冬の荒波が育てた、脂がのり身が締まった対馬のブリは絶品です!
この時期しか味わえない旬の味、ぜひご堪能してみてはいかがでしょうか(^^ )。

このほかにも、
ご飯のお供に、酒の肴などにピッタリな詰め合わせもご用意しております。
水産加工品や原木しいたけなど、魅力ある対馬の海の幸、山の幸をたっぷり詰めておりますので、
是非ともご活用ください!


また、ネットショップ自体は通年営業しておりますので、
こちらも合わせてご利用いただければと思います。


・対馬観光物産協会ネットショップ
 
http://tsushima-net.shop-pro.jp/

よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
 
※ブリのご注文に関する補足。
 年内お届け分受付締切は12月19日(土)まで
 発送は12月28日(月)・29日(火)の一斉発送になります。
 重量表示は、内臓を含めた重量です。
 内臓の取り出しをご希望の場合(無料)は、送付先情報入力画面の備考欄にご入力ください。

※ご配送全般に関する補足。
 送料込と記載された商品については、送料が含まれた価格になります(全国一律)。
 温度帯の違う商品(常温・冷蔵・冷凍)の同梱はできません。
 注文時にいったん送料が表示されますが、
 箱が分かれてしまう都合上、表示金額の他に別途送料が発生します。
 その際は、再度計算の上ご案内いたしますので、あらかじめご了承ください。
 その他、ご不明な点などございましたら、
 ショップにお問い合わせフォームをご用意しておりますので、そちらよりお尋ねください。

 
記事カテゴリ: 対馬の特産品
みかん狩り体験始まっております(^^ )
JUGEMテーマ:フルーツ
 
島の食材担当「かに」です。
 
11月も半ばを過ぎ、日が落ちるのもだんだん早くなってまいりました。
といいますか、いつもの時間に目が覚めても外が暗いので、
油断して二度寝をし、最近痛い目に遭ってます(-_-;)。
冬の足音が着実に近づいておりますね。

対馬の冬の風物詩と言えば・・・
人によって色々あろうかと思いますが、
最近我が家でこたつを出したせいか、やっぱりみかんが連想されます。
そして、対馬でみかんと言えば、豆酘(つつ)みかんですよね!(o゜▽゜)o
 
そんなわけで、みかん狩り体験をされている小森農園さんに、早速問い合わせてみました。


【小森農園の小森張市さん】

みかん狩り体験自体は、もう実は始まっています。
現在収穫できるのは早生(わせ)みかんで、
いわゆる「豆酘みかん」と言われるちょっと酸味の利いた平みかん(温州みかん)は、
12月に入ってから収穫時期を迎えます。
平みかんは、収穫した後ちょっと置いてから食べるほうが美味しいので、
まず早生を食べて、それから平みかんに移るのがいいかもしれませんね(^^ )。


【早生(左)と平みかん(右)】

私も昨年、小森農園さんにおじゃまして、
畑のある高台からの景色を見ながらみかんを頂戴しましたが、
なかなか濃厚な味わいで、
油断していると何個も手を伸ばしてしまいそうでした(゚∇゚;)☆\(-_-;)。

実は対馬に限らず、意外とあちこちの島でみかんは栽培されているようなんですが、
島のみかんは、潮風がミネラルを運んでくれておいしいなんて話をよく耳にします(^^ )。


【みかん畑から見える景色】

気になるみかん狩りの体験料金ですが、
入園料が 大人200円、小学生100円、小学生未満無料、
時間制限はなく食べ放題ですが、
お持ち帰りには、 1kgにつき200円/kgかかります。
また、みかん畑に出入りする際、軽い山歩きをしますので、
あまり欲張らないよう、気を付けてくださいf^_^;)。
※保険は各自のものをご利用ください。
※持ち帰り料金は年により変動することがあります。

今日の時点で、具体的にいつが穫れごろが言えませんが、
昨年が裏年だったこともあり、今年の平みかんは、よく実っているそうです(^^ )。
最近忙しくて家族サービスがおろそかだったなぁとお感じのみなさん!
年の瀬の時期になりますが、12月20日(日)頃まで実施予定ですので、
今からみかん狩りを予定しておくのはいかがでしょうかo(^-^)。
※自然が相手のことですので、変更となる場合もございます。
 あらかじめご了承ください。
 
《お問い合わせ先》
小森農園
TEL 090-4982-2607(小森)
※厳原からの経路案内
※予約制ではありませんが、学校行事、地区行事等で 休園されることがあります。
 営業日や生育状況など、
詳細は小森さんに直接お問い合わせください。
記事カテゴリ: 対馬の特産品
対馬の柚子を使ったもうひとつの加工品
JUGEMテーマ:ご当地グルメ
 
島の食材担当のかにです。 
 
以前N局長が チョーコー醤油と対馬産柚子のスペシャルコラボについて紹介しましたが、
「特産品の間」には、もうひとつ柚子を使った商品があることにお気づきの方
いらっしゃいますでしょうか。


【その商品です】

その名も、「かおりゆずこしょう」といいます。
対馬の新鮮な魚の刺身にゆずこしょうなんて、いいですねぇ〜(^^ )。



刺身の薬味に・・・】




【私はcaroさんのコンテチーズ入りソーセージとの組み合わせがオススメですo(^-^)】
※対馬のイノシシ肉が原料のソーセージです。

 
寒くなるこれからの時期は、鍋物湯豆腐おでんに付けるのも良いそうですよ(o゜▽゜)o。
ゆずというと、酸っぱいとか爽やかとかというイメージがあると思いますが、
考えてみれば、冬至の日にはゆず湯に入りますもんね(^^ )。

さて、こちらの「かおりゆずこしょう」を作っていらっしゃるのは、
「対馬贅沢生ポンス」(語尾は「ス」です!)の柚子を栽培している大石農園さんなんですが、
来たる11月1日(日)、
対馬振興局農林水産部さんの主催で

ゆずこしょう作り体験イベント」が開催されるとのことです(^^ )。
内容は以下の概要をご参照ください。

《開催概要
●主催
 対馬振興局農林水産部
●開催日時
 平成27年11月1日(日) 10:00〜15:00 
●開催場所
 大石農園製茶工場(本文最後の地図をご参照ください)
●参加費
 ひとり500円
●主な内容
 ゆず収穫、ゆずこしょう作り体験、試食
 ※雨天の場合は、ゆずこしょう作り体験と試食のみになります。
 ※昼食の準備は不要です。
  (当日は、いりやきの薬味としてゆずこしょうの試食をする予定です(^^ )。)
 ※体験で作ったゆずコショウは、各自で持ち帰ることができます。
●持ち物など
 軍手、包丁
 服装は収穫作業をするので、作業しやすい服装
●申込締切
 10月23日(金)
※詳細などお問い合わせ先は
 対馬振興局農林水産部農業振興普及課(0920-52-4011:下條さん)
 になります。
 お間違えないよう、ご注意ください。


【ご案内のチラシ】

普段何気なく見掛ける商品がどのように作られているのか気になる方や、
せっかく転勤などで対馬に来たので対馬にどんな方がいるのか興味があるという方には、
きっと良い機会だと思います。
大石さんご自身も、農業をもっと身近に感じてほしいというお考えでいらっしゃいますので、
参加してみると、色々な発見があるかもしれません(^^ )

 
《開催場所》
大石農園製茶工場
〒 817-1603
長崎県対馬市上県町佐護東里1384
記事カテゴリ: 対馬の特産品

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.