(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
対馬の在来馬、対州馬に会いに行こう!
先日のブログ、「10〜11月 イベントいろいろ」でご案内していた、

「初午祭」(はつうままつり)に行ってきました!


島おこし協働隊 ゆーみんです!


会場は、目保呂ダム馬事公園♪(※場所等の情報は、ブログの最後をご覧ください。)
対馬の在来馬「対州馬」への乗馬体験が出来る唯一の場所です!


昔は対馬の島民の暮らしと共に、1000頭ほどの対州馬がいたそうですが、
車の普及などに伴い、対馬島民の生活から遠ざかるにつれ頭数は減少。
現在は島内に約40頭ほどしかいない、とても貴重な馬が対州馬です。


↓↓このサイズの馬で立派な大人の対州馬。体高125〜135僂半型な馬。





<通常の目保呂ダム馬事公園>
開園時間:9:30-17:00(体験は10:00-12:00&13:00〜16:00)
お問合せ:0920-85-1113
休園日:月・木(祝日の場合は翌日)

↓↓体験は要予約!!小型な馬なので、体重制限があります・・・。

・ひき馬(体重80坩焚次烹喫 500円
・リバーサイドトレッキング(体重70坩焚次烹械以 初心者2,000円/経験者4,000円
・乗馬指導(30分) 初心者1,000円/経験者2,000円
・目保呂散策トレッキング(60分) 8,000円(経験者のみ)
・騎手育成(1年を通じ乗馬)通年(週1回程度)25,000円






小屋の見学をさせてもらいましたが、臭くない! 綺麗に掃除されていて、馬もとても綺麗です。
大切に育てられているのが良くわかりました。食べてる姿を見学するだけでも楽しかったですよ♪




↓↓ここからは、10月21日(日曜日)快晴!開催されるのは3年ぶり!!2018年 初午祭 のレポート♪


【プログラム】
10:30 開会 (やぶさめルーレット抽選券配布スタート)
10:45 騎手・出走馬紹介
10:50 ヤマネコ太鼓
11:00 対州馬リーグ戦(2頭×6レース)
   (※午後の対馬ダービーお楽しみ投票券配布スタート)
11:30 佐須奈保育所、仁田保育所のお遊戯
11:45 馬上太刀捌き・やぶさめルーレット・弓道披露・やぶさめ体験
12:30 佐須奈小学校児童ステージ
12:45 対州馬に挑戦! 馬vs人間リレー
13:00 仁田小学校児童ステージ
13:15 対州馬と綱引き
13:30 対州馬ダービー(★お楽しみ投票対象レース)
13:45 表彰式、閉会式、餅投げ
   イベント終了後 乗馬希望者の体験タイム(体重60坩焚次


【食べ物販売コーナー】
・カレー、チキンナゲット、アメリカンドック、豚汁、焼き鳥、お餅、
・野菜販売 ・ペットボトルドリンク販売 ※売り切れ注意






会場に到着したのは11時30分頃だったため、ほぼ満車でしたが、
警備の方の誘導があり、スムーズに駐車できました。
まずはレース予想に参加するため本部テントに向かいます。
プログラムとレース予想投票用紙・やぶさめルーレット抽選番号をゲット♪



その後は、焼き鳥等を食べながら、各種イベントを観覧していました♪

↓↓やぶさめルーレット





↓↓やぶさめ体験 ※希望すれば大人も出来るようです。今回は女の子2人、女性1名の計3名





↓↓対州馬VS警察官チーム 対州馬VS対馬駐在の自衛隊チームのリレー


↓↓人VS対州馬の綱引き




↓↓対州馬ダービー(★お楽しみ投票対象レース)



今回は2番-4番-1番 の順番でした。 私の予想は2番-1番-4番・・・。惜しかったです。



↓↓最後は 閉会式&餅投げ




↑と・・・こんな感じでした。


目保呂ダム馬事公園では、初午祭でジョッキーとして出走できる
ジョッキー育成コースというものがあり、年間25,000円で乗馬訓練をできるそうです。
やってみたい・・・。けれど厳原の城下町から通うのは・・・と現在悩み中だったりします。



なぜなら、とっても遠いから!!





【今回の移動時間】厳原港から500m離れたところにあるコンビニから時間を計測。
ファミリーマートから出発して、のんびり車で 約1時間40分
ひたすら島をほ北上しながら目保呂ダムまで向かうのですが、
島の半分以上を移動するので1時間30分以上かかるんです。


↓↓九州と比較すると対馬の縦長の広さが伝わりやすいでしょうか・・・?



対馬は広いうえに、高速道路が無いどころか、カーブだらけの細道ばかりの道です。
島内ドライブ観光をお考えの方は、時間に余裕を持った行程でお越しください・・・。


続きを読む >>
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
【10月〜11月 イベントいろいろ】
対馬観光物産協会の主催・・・。のイベントは今回ご紹介する中には含まれておりません。
お知らせの最後にある、対馬ブルーグリーンツーリズム協会主催のイベントの
パネルディスカッションのゲストに、対馬市島おこし協働隊として呼んでいただいたので、
その告知を兼ねて、ついでに近日開催予定のイベント・無料講座などをご紹介したいと思います。

対馬市の現役地域おこし協力隊 ゆーみんです。

個人的には、対馬で発見されたカワウソに興味があるので、
,任款匆陲垢襦△箸蕕笋泙泙弔蠅帽圓海Δ隼廚辰討い泙喉

少々長いですが、ご覧ください↓↓

、。隠扱遑呼はツシマヤマネコの日「とらやままつり」
〇場所:上対馬町佐護北里993番地 旧佐護小中学校体育館
〇時間:10:00〜15:30

⇒詳しくはこちらのリンクへ。『とらやままつりホームページ』






無料◆【万葉展】〜対馬と大津京を描き創る〜
     平成30年10月14日(日)〜21(日) 
500円◆【「防人の島対馬」と「近江の都大津京」時空を超えた万葉文化交流祭】
     平成30年10月20日(土)13時30分〜 

〇主催:対馬万葉の会
〇お問合せ先:対馬万葉の会事務局 090-9595-4880
〇前売りチケット売り場:観光情報館ふれあい処つしま観光案内所

万葉集が好き♪抹茶が飲みたい!興味がある!という方はぜひ!






◆対州馬【対馬初午祭】※雨天中止
  平成30年10月21日(日)10:30〜
〇場所:目保呂ダム馬事公園 (上県町瀬田)
〇内容:対州馬レース・乗馬体験等
〇お問合せ:初午祭実行委員会 0920-84-2311
※写真は数年前のものです。参考画像としてご覧ください。





無料◆第1期整備事業完了記念シンポジウム
「厳原の史跡からまちづくりを考える」
〜清水山城・金石城跡・対馬藩主宗家墓所〜
平成30年11月10日(土) 12時30分〜17時10分


〇場所:対馬市交流センター3階 大会議室
〇主催:対馬市教育委員会文化財課
〇申し込み・お問合せ:0920-54-2341
(10月31日(水)までに氏名・参加人数・希望コースを連絡)
〇内容:講話「25年前の城下町と歴史遺産」・講話「文化財の保存と活用」
・パネルディスカッション「史跡の保存と活用への期待とまちづくりへの展開」
・現地見学会
Aコース⇒山城1周 清水山城コース
Bコース⇒藩主墓所 万松院対馬藩主宗家墓所コース
Cコース⇒居城庭園 金石城(旧金石城庭園)コース 

このシンポジウムには、ガイド事務局担当をはじめ、対馬観光ガイドの会やんこもの
ガイドの会のメンバーも出席予定です。(11月10日は午後の町歩きガイドは承れません)





無料◆対馬市主催!対馬の歴史講座
平成30年10月4日〜11月1日(木)各木曜日 19:30〜21:00


〇お申込み:対馬市役所・文化交流自然共生課 0920-53-6111





限定ツアー◆全国グリーン・ブルーツーリズムネットワーク長崎大会
平成30年11月21日(水)〜11月22日一泊二日
平成30年11月21日(水)〜11月23日二泊三日

●対馬現地集合:12,000円(1泊2日)
●福岡空港発着:24,000円(1泊2日)
●羽田空港発着:64,000円(1泊2日)
●伊丹空港発着:46,000円(1泊2日)
●博多ふ頭発着:30,730円〜(2泊3日 ジェットフォイル往復)

主催:対馬グリーン・ブルーツーリズム協会 
詳細ホームページ⇒対馬GBT協会リンク








ご興味のあるイベントがありましたら、
詳しくは、各主催者様までお問合せください!
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
対馬の廃校が美術館に!!内院の集落に行こう♪『対馬アートファンタジア』
最近読んで面白かった漫画は、
『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記』
島おこし協働隊 ゆーみんです。
(対馬の鶏知にあるGEOの漫画レンタルコーナーにありました♪)


さて、先週末 対馬の右下にある集落「内院」(ないいん)に行ってきました。
目的は、8月25日〜9月30日まで開催される、対馬アートファンタジアを見に行くためです。



ホームページのリンクはこちら→対馬アートファンタジア


対馬アートファンタジアとは、簡単に言うと、
日韓をはじめ各国のアーティストさんが、対馬で現代美術を紹介する芸術祭のこと。
映像作品、対馬の写真、対馬の風景画、凄く独創的な、文字では説明しにくいアート作品など
が展示されています。

作品の写真はご紹介いたしませんので、ぜひご自分の目でご覧いただければと思います。

アートファンタジアは、会場が複数あるのですが、その中の一つに
内院にある、旧対馬市久田小学校内院分校があります。
対馬アートファンタジアは、集落にある木造校舎に入れるチャンス!!

そんな素敵な校舎の中がこちら♪↓↓



↓対馬で見られる鳥たちの写真。








↓↓校舎の裏側に神社と立派な宝篋印塔(ほうきょういんとう)もあります。


廃校になってしまったのは、ほんの数年前なので、掲示物などもそのまんま。
個人的に、趣のある昔ながらの校舎は入るだけでもわくわくします♪
各教室の中に、アーティストが製作したいろんな作品が展示されているので
そちらは実際に見てからのお楽しみで・・・。


アートファンタジアは9月30日(日)まで!
この機会に下対馬ドライブはいかがですか?


【ちなみに・・・。】
お昼は車で内山(うちやま)へ移動。鮎戻し自然公園の近くにある、食事処「らん亭」へ♪
カツどんがおすすめだとよく聞きますが、私はここのろくべえも好きです♪
厳原の城下町から内院(ないいん)へ向かう際は、内院と内山を間違えないように。


↓らん亭には貴重な豆酘の「はぎとうじん」も飾ってあります。


ランチにはぜひ内山にも足をお運びください♪
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
対馬野生生物保護センター〜福馬くん健康診断のお知らせ〜
ツシマヤマネコ大好き、島おこし協働隊のゆーみんです!


対馬に来たらぜひ見たい!ぜひ見て欲しいツシマヤマネコ♡
広い島内に現在70〜100頭程しかいない、絶滅危惧種であるツシマヤマネコ
野生のツシマヤマネコを偶然目撃することは奇跡と言っても過言ではありません。

(実際に対馬に約10年住んでいて、車に乗る際はヤマネコを探しながら運転しているという方でも
今まで5回ほどしか見ていない、と聞きました・・・。島内の方でも対馬の野良猫(特にキジトラ猫)
と間違うので、実際にヤマネコかだったのかどうかはわかりません・・・。)

そんなツシマヤマネコを対馬で唯一‼
ガラス越しに数メートルの距離で見ることの出来る施設

対馬野生生物保護センター!!

対馬空港から 66Km 車で約90分
厳原港から  77Km 車で約100分
比田勝港から 25Km 車で約35分

移動に少々時間がかかりますが、ネコ好きな方は特に見る価値があるかと・・・。


(↑2018年4月29日に会いに行ったときの福馬くん )

そんな対馬野生生物保護センターより、
ツシマヤマネコの福馬くん(ふくま)の健康診断があるとのことで、
ご連絡がありました。

8月16日(木)は福馬くんに会えません!!

しかし、対馬野生生物保護センターは開館しているので館内の見学は可能です。
対馬の貴重な植物写真・野鳥の剥製・対馬の小動物の骨格標本などが見られるので、
館内見学だけでも対馬の自然について勉強できて、非常に楽しめます♪
※ゆーみんの感想です。生きたアカネズミも観察出来て、渡り鳥の立派な剥製もあって、楽しいところだと思ってます。


このお知らせだけではもったいないので、
2018年7月29日の福馬くんの様子をご紹介♪









最近の猛暑のせいか、伸びきって寝ていましたが、最後は起きてくれました♪



[基本情報〕
開館時間: 10時〜16時30分

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日が休館)
    年末年始 (12月29日〜1月3日)

福馬くんの餌の時間♪
開館している日は毎日【お肉】。隠音〜 ■隠技〜

火曜日・木曜日・日曜日限定【マウス】10時30分〜

餌の時間の福馬くん↓↓(2017年6月17日に撮影)


詳しい情報はこちらをクリック!
対馬野生生物保護センターのウェブサイト

この夏対馬を訪れる方、ぜひ対馬野生生物保護センターにも足をお運びください!

肉眼やスマートフォンのズーム機能では限界があるので、
ズーム出来るちょっと良いカメラを持っていくのがおすすめです♡


     

記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
【小・中学生】夏休み自由研究に・・・。
8月になりましたね。
学生のみなさんは、夏休みの宿題は進んでいますか?

作文とか、読書感想文とか苦手だったなぁ・・・。
なんて思い出す今日この頃。島おこし協働隊ゆーみんです
夏休みの自由研究にもなりそうなものを見つけましたのでご紹介。

対馬観光物産協会にて、日本城郭協会の主催する
こんなチラシを配布しています↓↓(限定30枚)










なぜ、これをご紹介したかと言うと
対馬には、題材にしやすそうな山城があるからです!!

(天守閣が無い対馬のお城を題材にする、渋い子供がいるのかどうかは・・・。)

【清水山城】YAMAPリンク

(豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に築かせた山城。)


二ノ丸から見た景色↓↓


厳原港から歩いてアクセス出来る山城です♪



【金田城】YAMAPリンク

(約1350年前に造られた朝鮮式の古代山城。実際に万葉集などに出てくる防人がいた場所の一つ。)

山頂を目指して上に登るとこの景色↓↓


山頂を目指さず、海側に下ると城戸(きど)と呼ばれる石垣の門を見ることが出来ます。
二ノ城戸↓↓


↓アクセスは車で。


以下の3つは観光案内所ふれあい処にありますので、
案内所スタッフにお気軽にお声かけください♪
〇応募用紙
〇清水山城のパンフレット(縄張り図)
〇金田城パンフレット(登山口のポストの中にも入っています。)


もし、山城を巡る際は、熱中症対策をしっかりとお願いします!!
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
初夏の白嶽をご案内しました!〜対馬観光ガイドの会やんこも「トレッキングガイド」〜
夏場のガイドは体力勝負!日々日差しと戦っている 島おこし協働隊 ゆーみんです

↓2018年7月14日 白嶽山頂より


島おこし協働隊の活動の一つとして、対馬観光物産協会に事務局のある
『対馬観光ガイドの会やんこも』の事務局を担当しつつ、
観光ガイドを増やすという取り組みを行っており、トレッキングガイドの依頼があった場合は
やんこもトレッキングガイドの登録人数が0人の為、私ゆーみんがトレッキングガイドとしてご案内しております。
(対馬に住む方で、副業が可能な方で、山のガイドが出来る方はぜひご連絡ください!!)


※金田城に関しては歴史ガイドがご案内出来ますので、山城の歴史案内を聞きたい方は
ゆっくりじっくり巡る歴史トレッキングの案内がおすすめです。



check→対馬観光ガイドの会やんこも「歴史ガイド」

check→対馬観光ガイドの会やんこも「トレッキングガイド」



山に関するお問合せで、よく「一人(個人)で登れますか?」と聞きますが、
対馬の山は600メートル以下の低山しかないので、
対馬トレッキングガイドブックをしっかりと読み、
登山アプリYAMAPを利用すれば、登山に慣れている方であれば迷うことは無いかと思います。


※週末は何組か個人で登りに来ていたり、トレッキングツアーの団体がいたりしますが、
一年を通じて平日は登山者がほぼいない場合が多いです。

→YAMAP(対馬観光物産協会局長Nの記録)

→YAMAP(島おこし協働隊ゆーみんの記録)



登山に慣れていない方
自分たちだけで登るのは不安な方
いろんな会話を楽しみつつ登りたい方
対馬の話を聞きながら登りたい方

『トレッキングガイドをつけて登る』という選択肢を選んでいただければと思います♪

今回は、7月13日と14日にガイドで白嶽に登ってきましたので、
初夏の白嶽についてご紹介します。(今回のお客様は両日とも、福岡からお越しの女性1名でした。)

6月末などに降った大雨の影響で、登山道の一部に倒木があったり、小石や枝などが転がり落ちて
少々悪路になっている場所がありましたが、問題なく山頂へ到着。

夏の白嶽ですが、
〇虫がいる(スズメバチに遭遇することもある)
〇山頂付近以外は基本的に風が吹かないので暑い。とにかく暑い。
〇飲み物は出来れば500mℓペットボトル3本あると安心(つまり荷物ちょっと重い)


という点があるので基本的には涼しい時期の登山がおすすめですが、

7月上旬の白嶽を登って良かった点を挙げると
〇いろんなキノコが見られる
〇山頂から見る対馬の力強い緑の山々が絶景。夏の雲が写真映えする。
〇山頂付近に(日本では対馬にしかない花)ハクウンキスゲが見られる。
〇凄くラッキーな人は、日本では対馬にしかないという「ムラサキカラマツ」という花を見られる。

といったところですかね・・・。

登るとかなり暑かったですが、7月13日・14日に撮影した写真をごらんください↓↓

13日山頂↓

14日山頂↓


↓右の三角が白嶽の雌岳。左側の岩の上が白嶽山頂の雄岳です。


↓岩のテラスからの写真 
続きを読む >>
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
この夏何する?SUPする〜♪
中学生以来、久しぶりに泳ぎました。ギリギリ平成生まれ。
島おこし協働隊ゆーみんです。


太田浜のスタンドアップパドルボード(SUP!)遂に体験してきました!!

泳げるか泳げないかすらわからないレベルの人間でも安心して
サップを楽しむことが出来るのか?
マリンスポーツに興味があるけど、不安だという方必見です!

今回のパドルボード体験は[abyss](アビス)の平江さんに教えていただきました!→アビス問い合わせ先
「るるぶ対馬BOOK」の7ページに紹介されている会社です♪→パンフレット無料発送についての記事


【SUPに必要な物】↓↓
〇濡れても良い服一式(綿素材ではない、スポーツ用又は水着系のウエア)
〇タオル  (フェイスタオルやバスタオル)
〇サンダル
〇飲み物
〇ビニール袋(濡れた服を持ち帰り用)
〇ガイド料(一人5,000円3時間)


ゆーみんの服装 ・パーカー(ラッシュガード)・Tシャツ・ショートパンツ・濡れても大丈夫なスポーツタイツ
        ・水着(持ってなかったので、濡れても大丈夫なスポーツ肌着を着用)

☆泳げない方にはライフジャケットを貸していただけます♪私は借りました・・・。



↓↓まずはパドルの合わせ方から


↓↓海にボードを持っていきます。見ての通り、そんなに重くないので女性でも楽々運べます。



↓↓まずは乗り方からレクチャー


↓↓寝そべってパドル無しで乗ってみることからスタート
続きを読む >>
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
金田城登山口へのアクセス〜信じて進め!〜
最近「ヤンキーハムスター」という動画にハマっています。
島おこし協働隊ゆーみんです。


続日本100名城のスタンプラリースタートもあり、
金田城へ登りに行くお客様が増えたようです・・・が。

『登山口までたどり付けなかった。』
と言うお声があったので、今回は県道入口から
登山口までについて書きたいと思います。



皆さん大抵は、県道から登山口へ曲がる道までは行けるようですが、
問題は県道入口から登山口までの2キロメートル!!




県道から登山口まで2劼△襪里任垢、
細い一本道でずっと下ります。

こちらはトレッキングガイドブックの金田城アクセス表

書いてある通り、途中に洲藻(すも)に行く道がありますが、車は通行不可です!
(先日間違った方は、ずっと下りが続いて不安だった。この場所が登山口だと思ったそうです。)


↑登山口にはこの看板があり、車も3台ほど停められます。



↑おおよその所要時間
県道から登山口まで徐行(時速20キロ)で運転したとすると
5〜6分はかかります。(山道に慣れてれば4〜5分程度です。)

離合場所が少ないので、対向車がある場合は基本登り優先ですが、
譲り合い運転をお願いします。

記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
いつが見頃?春の風物詩 ヒトツバタゴ
対馬来て一年経ちました!!
対馬市島おこし協働隊 ゆーみんです。

ヒトツバタゴ祭りの日程が決まりましたよ〜♪


ということで、数か月前の記事の再掲載と共に、
改めて記事の最後までご覧くださいませ↓↓(以下過去記事含む)

突然ですが、みなさん!!
春の旅行の予定決まってますか〜?

近頃の観光物産協会では、春先の観光に関するお問合せが多いです。
特にお問合せが多いのはこれ↓
「ヒトツバタゴいつ咲きますか?」





ヒトツバタゴ(別名:ナンジャモンジャ・ウミテラシ・ナタオラシ)
分布地は本州(愛知県と岐阜県)そして対馬!!
三ケ所ある中でも、対馬では群生が見られるので、全国から花好きの観光客が訪れます。



(写真にある建物が、韓国展望所。そこから鰐浦の集落側に降りていく散策路があります。)




北海道から沖縄まで、日本各地の花好きの皆様からお問合せが来ており、
こちらとしても〇月△日〜〇月□日までです!とはっきりお答えしたいのですが、
桜の開花予想のように、はっきりとお答えできないのです・・・。

見ごろは4月下旬〜5月上旬 と言われています。
今年も例外ではなく、はっきりとした日程はわかりません。

ちなみに2017年の4月30日(日)が、
ヒトツバタゴの群生地 
上対馬町鰐浦(カミツシマチョウ ワニウラ)で行われるお祭り

ヒトツバタゴイベントの開催日でした。
※以下去年のイベント写真です。



ステージイベントもあり・・・。 ※写真は対馬ではお馴染みのグループ「ずんだれ」です。



飲食ブースの出店もあり・・・。

イカ・とんちゃん・かすまき などなどありました♪


すぐ目の前は海・そしてヒトツバタゴ! (会場は広くありません。)





韓国展望所〜鰐浦集落への散策路には、数か所このような扉があり
イノシシ・鹿の侵入を防いでいます。開けたら必ず閉めてくださいね。




散策路から見た鰐浦の集落。



今回掲載した写真はすべて私ゆーみんが実際に見て撮影したもの。
白い花が群生している風景はとても綺麗でした。今年も行きます!!
間近でヒトツバタゴの花が見られるので、散策路はおすすめです♪



散策路への道は、韓国展望所駐車場にある3台の自動販売機の後ろの道を進みます。
(アイスクリームの自動販売機と飲み物の自動販売機があるところの後ろ)
豊砲台へ向かう散策路ではないのでご注意ください。




今年も開花時期に合わせて
ヒトツバタゴイベントの開催日が決まるので、
日付などの詳細が分かり次第お伝えします!


・・・。
ということでした。

今年の開催日は
4月29日(日)10時〜14時 です!!

続きを読む >>
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ
(非常に過酷な)国境マラソン〜in対馬〜2018.7/8 申し込みスタート!!
昨年は国境マラソン5劼良瑤忙臆辰靴泙靴植
島おこし協働隊のゆーみんです。


3月19日(月)より、第22回国境マラソンの募集がはじまりました!

申し込み期間は
2018年3月19日(月)〜5月18日(金)まで!!

詳しい概要などはこちら→第22回国境マラソンIN対馬の【公式】サイト




↓厳原から片道2時間ほどかかる比田勝ですが、
 無料のシャトルバスを利用すれば疲れていても大丈夫。




↓福岡県の博多港から、朝6時15分発!
 特別運行のジェットフォイルもあります‼




↓↓ボランティアスタッフも募集中だそうです。



↓↓以下前回(2017年)の様子です♪


ハーフマラソンスタート↑


コース途中の様子↑↑給水所。冷えた水を含ませたスポンジも用意されていました、気持ちよかったです。


コースの様子その□↑こんな景色の場所も走ります。


参加者全員に配られる入浴券で、会場内にある温泉に無料で入浴できます。


同じく参加者全員に配られる「とんちゃん弁当」走った後のお弁当は美味しかった♡


会場敷地内 日本の渚100選に選ばれた「三宇田浜」(みうだはま)
この写真もマラソン大会当日に撮影したものです。


参加料の中に、Tシャツもあります。ゴール後にもらう完走証はこんな感じ↑


島ならではのマラソンコース。
今から予定を立ててみませんか?
続きを読む >>
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.