(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「平成26年度対馬探鳥会」について
 こんにちは、壊れかけの告知マシーンこと局長Nです。

(病んでないですよ!)


 さて、国境の島・対馬は、渡り鳥のサンクチュアリ(聖域)です。

 食物が豊富なシベリア・中国などの大陸で秋まで過ごした野鳥たちは、大地が凍てつく冬が訪れる前に、暖かい東南アジアなどを目指して、大洋を越える命がけの旅に出ます。

 そして東南アジアなどで冬をしのぎ、春が訪れると、生命あふれる大陸の湿地などを目指して、再び大空に舞い上がるのです。

 日本本土と大陸の間に位置する対馬は、渡りの途中の野鳥の休憩所として絶妙な位置にあり、マナヅル・ナベヅルなどの大型の野鳥から小鳥まで、多種多様な野鳥を観察することができる、渡り鳥のサンクチュアリなのです!(2回目!)

 峰町と対馬振興局から送迎バスが出て、野鳥と自然のスペシャリスト、杉原先生(対馬野鳥の会・会長)、正島先生(珍しい野鳥の撮影で新聞でもおなじみ)、國分先生(植物の専門家)のガイドで対馬の大自然を楽しむことができる、ぜいたくな観察会のお知らせです!



平成26年度対馬探鳥会 〜内院・浅藻の野鳥と豆酘崎の自然〜

1.開催場所  対馬市厳原町内院他

2.日時:平成26年4月26日(土)

上島車:7:30〜16:30,下島車:9:00〜15:10

3.行程  ☆峰行政サービスセンター(旧峰地域活性化センター)

(1)上島発着(峰行政サービスセンター発着) 峰行政サービスセンター集合
(2)下島発着(対馬振興局発着)対馬振興局前集合

7:30 (1)上島発着 峰行政サービスセンター出発
8:50 対馬振興局着 (2)下島発着 対馬振興局前集合
9:00 対馬振興局出発
10:00 内院にて野鳥の観察(60分)
11:30 浅藻にて野鳥の観察(40分)
12:40 豆酘崎園地にて昼食(40分)
13:20 豆酘崎にて植物の観察(30分)
14:05 豆酘崎園地を出発し、帰路へ
15:10 (2)対馬振興局着着、解散
16:30 (1)峰行政サービスセンター着、解散
※天候等の都合により内容を変更することがあります。

3.観察対象の野鳥
キマユホオジロ、シロハラホオジロ、ノジコ、シマノジコ、シマアオジ、シベリアアオジ、コホオアカ、カシラダカ、アトリ、ツメナガセキレイ、カラシラサギ、アカガシラサギ、ミゾゴイ等

4.講師
○野鳥:対馬野鳥の会 杉原 敏氏、正島 和幸氏
○植物:対馬の自然と文化を守る会 國分 英俊氏

5.参加にあたっての注意事項

○昼食・飲み物・雨具は各自持参してください。
○運動靴・ズボン等動きやすい服装にしてください。
○双眼鏡等をお持ちの方はご持参してください。

6.参加申込み及び連絡先
長崎県自然環境課 生物多様性保全班
電話:095−895−2385

7.観察場所の地図

 >>峰行政サービスセンター(Googleマップ)
 >>対馬振興局(Googleマップ)
 >>対馬市厳原町・内院(Googleマップ)

経路
(1)内院地区(野鳥の観察)→(2)浅藻地区(野鳥の観察)→(3)豆酘崎園地(昼食)
→(4)豆酘崎周辺(自然観察)

8.峰行政サービスセンター(〒817-1301対馬市峰町三根451番地)
記事カテゴリ: バードウォッチング
KBCラジオとアカハラダカ観察会について
こんにちは、局長Nです(_ _)zZZ

告知その1です〜。
本日9月11日(水)、KBCラジオに5分ほど出演し、秋の対馬をPRします。
第11回 つしまヂカラ 「秋の野鳥観察とアキマドボタル」 13:40〜45 


その2〜。
「アカハラダカ観察会」
日時 2013年9月15日(日) AM9:00より
場所 対馬市厳原町内山峠展望台
 >>内山峠・アカハラダカ観察所(Googleマップ)
主催 対馬野鳥の会
申し込み不要、参加料なし。
雨天又は峠に雲がかかっていて観察できない場合は中止します。

※観察会は、野鳥観察愛好会「対馬野鳥の会」の主催によるものです。
基本的に自由参加で、会の方は早朝から観察します。
双眼鏡などの道具類は各自準備していただき、荒天・中止の場合も特に連絡などいたしませんので、判断は各自でお願いします。
記事カテゴリ: バードウォッチング
アカハラダカの渡りについて
こんにちは、フナメンです。


8月を飛び越えて、9月の情報を発信します。


9月は野鳥の秋の渡りの季節が始まる野鳥マニアにとっては垂涎の季節です。

そして9月の野鳥と言えば『アカハラダカ』。

島民にもあまり知られていないと思いますが、対馬市厳原町の内山峠・アカハラダカ展望所は、多い年には1ヶ月で10万羽以上、
1日で1万羽を超えるアカハラダカが観察されることもある日本最大の観察地なのです。
>>Googleマップ(内山峠・アカハラダカ展望所)


『アカハラダカ』はタカというだけあって、鋭くカッコいい響きですが実際はこんな感じです。





目がクリクリでかわいい。

そして大きさも鳩くらいらしいです。

野鳥素人の私的には、イケメン鳩といったところでしょうか。


そんなかわいいアカハラダカが、1カ月で数万羽見れるなんてキュン死にしないように気を付けないといけませんね。


ちなみに2012年の観察数は以下の通りです。

9/ 1 → 98
9/ 2 → 0
9/ 3 → 0
9/ 4 → 21
9/ 5 → 65
9/ 6 → 518
9/ 7 → 667
9/ 8 → 0
9/ 9 → 悪天候の為観察不可
9/10 → 雨天により観察中止
9/11 → 8,002
9/12 → 54,114
9/13 → 2,878
9/14 → 悪天候の為観察不可
9/15 → 悪天候の為観察不可
9/16 → 台風
9/17 → 台風
9/18 → 1,121
9/19 → 19,360
9/20 → 2,917
9/21 → 1,167
9/22 → 838
9/23 → 166
9/24 → 101
9/25 → 26
9/26 → 観察終了
9/27 → 観察終了
9/28 → 観察終了
9/29 → 観察終了
9/30 → 観察終了

この観察記録を見ると、昨年は9月中旬が最盛期だったようです。

そんな9月半ばですが、アカハラダカの観察イベントを企画しているとの裏情報を掴みましたので軽めに告知しておきます。

対馬観光物産協会厳原支部が9月14日(土)、対馬野鳥の会が9月15日(日)。

正式募集が始まれば、このブログや新聞の折り込み(対馬島内のみ)にお知らせがありますので、かわいいアカハラダカに興味がある方は是非ご参加下さい。


島外の方も、今から9月の対馬旅行計画を立てればまだ間に合うのではないでしょうか。

沢山のアカハラダカが黒ゴマのように空を舞う姿を見て、秋を迎えましょう。

よろしくお願いします。





記事カテゴリ: バードウォッチング
対馬の野鳥写真展について
こんにちは、フナメンです。


もうすぐ夏休みですね!


夏休みと言えばフナメン、フナメンといえば野鳥。


という事で、対馬野鳥の会主催の『対馬の野鳥写真展』のお知らせです。





期 間 : 2013年7月20日(土)9:00〜17:00
      2013年7月21日(日)9:00〜16:00

会 場 : 対馬市交流センター3階展示ホール → googleマップ

主 催 : 対馬野鳥の会

後 援 : 対馬市教育委員会・対馬野生生物保護センター
      対馬観光物産協会

問合せ : 対馬野鳥の会 事務局 西 メール:taiki999@sirius.ocn.ne.jp (@を半角に置き換えてください)


一般的にはあまり知られていないと思いますが、対馬は位置的に、渡り鳥の飛来・通過の十字路になっていて、日本で見る事が出来る鳥類の
半数を超える300種以上の野鳥が記録されている野鳥愛好家にとっては憧れの島なのです!

この機会に足を運んでいただき、対馬の違う一面(マニアックな一面)を楽しんでみてはいかがでしょうか。

新たな趣味が見つかるかもしれません。


よろしくお願いします。


記事カテゴリ: バードウォッチング
メディア掲載「BIRDER『この夏こそ!島〜』について」
 こんにちは、6/14(土)のホタル見学イベントと、6/16(日)のあじさい祭り参加&ツシマヤマネコ観察のイベントが無事終了し、ほっとしている局長Nです。

 さて、本日職場に、嬉しい冊子2冊が届きましたので、ご紹介します。

 野鳥専門誌「BIRDER」の最新7月号の特集は、「この夏こそ!島でバードウォッチング」。

「BIRDER」7月号その1

BIRDER 2013年7月号
http://www.birder.jp/

 野鳥専門の旅行会社「ワイバード」の田仲謙介さんが特集の導入部を、「対馬野鳥の会」の川口 誠さんが対馬のページを執筆・写真提供しています。
 お二方とも、いつもたいへんお世話になっております<(_ _)>

 日本全国の島が取り上げられており、九州では対馬と五島(福江島)が紹介されています。

「BIRDER」7月号その2

BIRDER編集部 編 / B5判 / 80ページ
ISBN 17545-201307 2013年6月15日発売
定価980円(本体933円+5%税)
バーダーあこがれの離島から、日帰りでも行ける身近な島までピックアップし、見られる鳥はもちろん、名物・名産品まで紹介。また、旅行計画の立てかたから、航路での船上バードウォチングの楽しみかたまで、島への鳥見旅が楽しくなる情報満載!


BIRDER様には過去にも記事を掲載していただいたことがあり、バックナンバーも注文できますので、下記リンク先をご覧ください<(_ _)>

BIEDER
2009年5月号「見る・知る・分かる!夏の鳥」
 >>バックナンバー

BIRDER NEWS
ホオジロ類の渡りのメッカ 対馬へ行こう! 取材・文●♪鳥くん 写真●川口誠 協力●対馬野鳥の会/対馬観光物産協会
記事カテゴリ: バードウォッチング
2013年5月の野鳥情報について
 こんにちは、いろんな書類作成が間に合いそうにない局長Nが、野鳥情報をお届けします〜(殴)

 明日2013/5/16から3日間、野鳥専門の旅行会社ワイバードの皆様がご来島されます。
 大型連休中は天気が良すぎて野鳥観察は厳しい状況だったのですが、北部でヤマショウビンも出現しており、充実した鳥見になることを、野鳥の神様に祈るばかりです(-_-;)

※追記
 2009年のワイバード様のツアーも選挙期間中だったのですが、珍しい野鳥ヤマショウビンを観察して盛り上がっているバーダーの皆様に対して、選挙カーが接近していって野鳥を追い払ってしまったという「事件」がありました。

以下引用。
「だめだ!近づくな」というつもりで手を振ると、
「暖かいご声援有り難うございます!お手を振ってのご声援、はっきりと、しっかりと見えております。有り難うございます。有り難うございます。×○△は皆様のために精一杯頑張って参ります。」
一際張り上げられた声にびっくりしたヤマショウビンは当然のことながら飛去ってしまった・・・。


 集団を見つけたので近づいたのでしょうが、観光客の方はそもそも一票を持ってないので、そこんとこよろしく(-_-;)

マダラチュウヒ
 先週の日曜日、熊本からお越しのバーダーの皆様を楽しませてくれたマダラチュウヒ。
 (対馬野鳥の会・anyanさん撮影 2013.5.12(日))

ブッポウソウ
 ブッポウソウ。(同上)

2013年5月12日(日)の探鳥ルート
加志〜内山〜龍良林道〜瀬〜豆酘〜浅藻〜内院〜浅藻〜久和

※対馬南部のコースです。くわしくは、下記マップをご参照ください。
 >>国境の空・バードウォッチング(Googleマップ)

今日の観察種
マダラチュウヒ、サシバ、ハチクマ、トビ、ミサゴ、ツツドリ(s)、カッコウ(s)、コサメビタキ、カワラヒワ、オオルリ、シジュウカラ、ヤマガラ、ウグイス、カシラダカ、ホオジロ、キマユホオジロ、シベリアアオジ、コホオアカ、チュウサギ、ダイサギ、アマサギ、アオサギ、ツバメ、オオヨシキリ(s)、タカブシギ、トウネン、イソシギ、ムクドリ、ブッポウソウ、キジバト、コウライキジ(s)、スズメ、エナガ、コゲラ、センダイムシクイ、キセキレイ、タイワンハクセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、シマアカモズ、カラアカモズ?、ウミネコ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
以上43種(亜種を含む)

 今回の観察会の様子は、こちらから(対馬野鳥の会anyanさん(兄)が毎週情報をお届けしています)。
 >>対馬野鳥図鑑(掲示板)


 >>モデルコース(自然編)【バードウォッチング】(1)国境の空・バードウォッチング
記事カテゴリ: バードウォッチング
渡り鳥の楽園、対馬について
 こんにちは、登山と野鳥観察のお客様のお問い合わせ・窓口訪問が増え、嬉しく思っている局長Nです。
 あとは、ヤマショウビンが出てくれれば・・・。
 明日からの連休後半に期待です。

 さて、対馬野鳥の会の事務局anyanさん(兄)からいただいた(というか、無断引用ですが)、2013/4/28(日)の野鳥情報をお届けします。

アカアシチョウゲンボウ
 (アカアシチョウゲンボウ)


探鳥ルート
洲藻〜加志〜尾崎〜阿連〜小茂田〜久根〜瀬〜内山〜瀬〜豆酘〜浅藻〜内院

 ※対馬南部のコースです。くわしくは、下記マップをご参照ください。
 >>国境の空・バードウォッチング(Googleマップ)

 >>モデルコース(自然編)【バードウォッチング】(1)国境の空・バードウォッチング

2013/4/28の観察種
アオサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ、ダイサギ、タカブシギ、アオアシシギ、チュウシャクシギ、スズメ、カワラヒワ、ヒヨドリ、クロハラアジサシ、キマユホオジロ、ホオジロ、シベリアアオジ、アオジ、ノジコ、シマノジコ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、バン、マミジロツメナガセキレイ、ツメナガセキレイ、ムネアカタヒバリ、ハクセキレイ、タイワンハクセキレイ、キガシラセキレイ、マミジロタヒバリ、タヒバリ、カケス、ツバメ、コシアカツバメ、サシバ、ミサゴ、トビ、アカアシチョウゲンボウ、ウミネコ、ウグイス、センダイムシクイ、コゲラ、アカモズ、オウチュウ、シロハラ、キジバト、ノビタキ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
以上、48種(3亜種含む)

オウチュウ
(オウチュウ)

 国境の島・対馬は、歴史的にも大陸と日本本土の中継地だったのですが、こうして見ると、野鳥などの生物にとっても渡りの最中に羽根を休めることができる「大陸との中継地」であることがよくわかります。


アカガシラサギ
(アカガシラサギ)

アカモズ
(アカモズ)


 最新情報は、対馬野鳥図鑑・掲示板などから入手できますが、島内でバーダーに声をかけて聞くのが一番です(^_^;)
記事カテゴリ: バードウォッチング
ヒトツバタゴ情報その7と珍鳥情報について(2013/4/28)
 こんにちは、今日はおとなしく事務所当番をしている局長Nです。
 朝から、登山と交通関係のお問い合わせが多いです(^_^;)

 さて、今朝(2013/4/28)の対馬市交流センター裏のヒトツバタゴの開花状況です。
 >>山下通り(江副ビルの北・交流センターの西)(Googleマップ)

ヒトツバタゴ
 ほぼ満開状態。

ヒトツバタゴ2
 満開を過ぎると花弁が茶色に変色していくのですが、今は純白。
 ピークです。


博多駅・ヒトツバタゴ
 博多駅の駅前にもヒトツバタゴがあるのですが、昨日見ると、盛りを過ぎ、花弁が風で舞い散っていました。


 昨日(4/27)の北部・自生地の写真を、元・食の情報発信担当Oからいただきましたので、貼ります。

ヒトツバタゴ3
 見ごたえのある木もあれば・・・。

ヒトツバタゴ4
 まだまだ、といった感じの木も。
 北部は南部より気温が低いので、これからしばらくは楽しめそうです。
 >>ヒトツバタゴ自生地・鰐浦(韓国展望所)(Googleマップ)

 おまけ。
 今朝の読売新聞に、珍鳥「メンガタハクセキレイ」の記事が載っていました。
「長崎バイオパークの伊藤雅男副園長は『偏西風で流されてきたのかもしれません。見つけた方は撮影する際に手が震えたことでしょう』と驚いていた」とのこと。
 手が震えるほどの珍鳥らしいです(^_^;)
 >>珍しい野鳥 対馬で撮影(2013年4月28日 読売新聞)


 もういっちょ!

マダラチュウヒ
 2013/4/27(土)、対馬野鳥の会anyanさんが仕事前に撮影した「マダラチュウヒ」。

 野鳥愛好家のみなさんは、仕事前・後や昼休みに撮影に行っているようです。

 いま見なければ、次、いつ見られるかわからないですもんね。
記事カテゴリ: バードウォッチング
伝説クラスの野鳥、さらに、ぞくぞくについて(2013/4/26)
 こんにちは、昨日長崎で11:00〜17:20というトライアスロンのような会議をこなした局長Nが、福岡から野鳥速報をお届けします〜。
 今日は移動日なのですが、時間の許す限り福岡のアウトドアショップをまわって、今年度のアウトドアショップ対象モニターツアーのお声がけをしてきます。
 アウトドアはだいぶ形になってきたので、歴史や砲台、神社、釣りなどにも手を延ばせないか、妄想中。
 うふふ(-_-;)

 ちなみに大阪では、昨日から4年に1度開催される「'13食博覧会・大阪」(4/26〜5/6、インテックス大阪)が開催中。
 お近くの方は、会場で対馬の食+日本全国の食をご堪能ください!

さて!
 連日野鳥情報をお届けしていますが、昨日はマダラチュウヒ、クロハラアジサシなどの珍鳥が観察されたそうです。

 マダラチュウヒは、デザインが超かっこいい猛禽類(もうきんるい。ワシやタカの仲間)で、まれな旅鳥として春・秋に観察されます。
 >>マダラチュウヒ(対馬野鳥図鑑・野鳥写真のページ)


 (マダラチュウヒはタッチの差で撮影できなかったそうなので、クロハラアジサの写真(対馬野鳥の会anyanさん撮影)を貼ります)

 野鳥の会のみなさんも浮き足立っています(^_^;)
 (仕事どころじゃないみたいです)


マダラチュウヒ
※ 2013/4/27(土)追加のマダラチュウヒです。対馬野鳥の会anyanさんが仕事前に撮影に行ったそうです。
好きですねえ(^_^;)

 >>2013年4月26日(金)の野鳥情報(対馬野鳥図鑑・掲示板)

 >>「国境の空・バードウォッチング」(対馬観光物産協会・観光モデルコース)
記事カテゴリ: バードウォッチング
伝説クラスの野鳥ぞくぞく、について
 こんにちは、われながら、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムなみにブログの魔力に憑りつかれているんじゃないかと、ちょっぴり心配な局長Nです。

 さて、大陸と日本本土の中間に位置する対馬は、渡り鳥の貴重な中継地・休憩地であり、春・秋の渡りの季節には超レアな珍鳥が出現することで有名なのですが、今年もすごいことになってます(-_-;)

 花に、山に、鳥に、忙しくてすみません。

 春の対馬はこんなです(-_-;)


クロツラヘラサギ
 (対馬野鳥の会・anyanさん(兄ですが)撮影)

 今日は、写真のクロツラヘラサギが出現し、セグロサバクヒタキ(!)やオウチュウも現れたそうです。

 (年によっては、レンカクやバンケンなどの伝説クラスが出現したことも)


 対馬の鳥見はまさにギャンブルなのですが、海を越えて、国境の島で「奇跡のバードウォッチング」に挑戦してみませんか?

 >>対馬野鳥図鑑・掲示板

 >>観光モデルコース「国境の空・バードウォッチング」
記事カテゴリ: バードウォッチング

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.