(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
講演会「『交隣提醒』に託した雨森芳洲の思い」(5/10)につきまして
 こんにちは、昼から城山(じょうやま)の案内をする予定の局長Nです。

 昨日まで晴れだった予報が、なんだか怪しい空模様になってきました。

 職場で「雨の神だ・・・」と恐れられていますが、降りませんよっ!(-_-;)



 さて、今週末、5月10日(土)に開催される講演会のお知らせです。

 江戸時代に対朝鮮外交で活躍した対馬藩の儒学者「雨森芳洲」(あめのもり ほうしゅう)について、宗家文書研究の第一人者、田代 和生(たしろ かずい)先生の話をお聞きできる絶好の機会です。

 対馬歴史民俗資料館の学芸員・山口 華代さんのお話も聞けます。

(昨年度の対馬学講座の時も、わかりやすい説明で好評でした)



田代和生先生講演会 『交隣提醒』に託した雨森芳洲の思い

日時  平成26年5月10日(土)
会場  対馬市交流センター 3階 大会議室
講師  慶應義塾大学名誉教授 田代和生 先生
対象  特に制限はありません。先着200名様までです。
参加費  無料
申込  事前申込は不要です。当日会場までお越しください。
関連企画  平成26年4月26日(土)から6月1日まで、本館展示室において、雨森芳洲関連資料の展示を行います。


プログラム

13時00分から 開場
13時30分から13時35分 開会の辞・講師紹介
13時35分から13時55分 
「対馬における雨森芳洲の事跡」
山口 華代(対馬歴史民俗資料館主任学芸員)

14時00分から15時00分 講演
「『交隣提醒』に託した雨森芳洲の思い」
田代和生(慶應義塾大学名誉教授)
15時00分から15時10分 質疑応答
15時10分から15時15分 謝辞・閉会の辞


講演者プロフィール

田代 和生(たしろ かずい)
 
 慶應義塾大学名誉教授。専門は近世日朝交易史・近世日朝関係史。
 1968年対馬宗家の古文書調査のため来島して以来、対馬宗家文書をもとに研究を進め、
 とくに対馬藩による朝鮮貿易の実態解明に寄与。
 2011年6月に紫綬褒章を受章。
 《著作・出演番組》
 『書き替えられた国書』(中央公論社)
 『新・倭館 鎖国時代の日本人町』(ゆまに書房)
 NHK『その時歴史が動いた』「対馬藩・決死の国書すり替え 朝鮮通信使秘話」など

 >>長崎県ホームページ


城山
 写真がないとさびしいので・・・、4/18にご案内した厳原(いづはら)中学校の城山トレッキングの様子です。

記事カテゴリ: 対馬の歴史

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.