(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
城山ダンギクトレッキング〜ダンギクと古代山城・金田城〜
お久しぶりの投稿、Mです。

N局長が出張で不在のため(笑)、快晴のダンギクトレッキングのレポートです。

9月27日土曜日。8:30に美津島行政サービスセンターに集合し、乗り合わせて登山口まで移動です。

今回の講師は「対馬の植物はこの人に聞け!」の国分英俊先生です。

地上は空気が澄み切っていたので「今日はプサンとか壱岐とか見えるかもー?」と期待してのスタート。




植物の解説を聞きながら、のんびりと頂上まで登ります。

みなさん真剣に話を聞いていますねー。




しばらく植物の解説を聞きながら歩き、日が当たる場所にでると。。。




きました!!!!!!今回のメイン「ダンギク」!!!

↑今回一緒に同行したAの渾身の力作!良いカメラを持っているんでしょうね!(笑)

浅茅湾の海の青と山の緑をバックに、ダンギクが良い感じに映えてますねー。

と、わたしたちには目指す群生地がありますので、ここはこのくらいにしておいて、さらに上を目指します。




そこからさらに約20分、頂上手前で一休みして、いざ頂上へ!




THE快晴!秋晴れですねー。これも、N局長が島外にいるおかげです!(笑)

残念ながら、頂上はちょっと霞んでいたためプサンとか壱岐とかは見えませんでしたが、みなさんの心の目にはきっと映っていたことでしょう、たぶん(笑)

ここで、集合写真を1枚。




スズメバチもおらずに、頂上を満喫してお昼休憩です。

そこから、ビングシ山方面へ、二ノ城戸、一ノ城戸と降りていき…、待ちに待ったダンギク群生地!!!




ご覧の通り、辺り一面にダンギクが咲き乱れていました。みなさましばし、写真撮影会です!

ちなみに、この城山「国の特別史跡」ですので、植物の持ち出しは厳禁です。

とはいいましても、ダンギク普通にその辺に(その辺っていうと誤解がありますが)咲いてます。

実際、歴史民俗資料館への登り口のところで見かけました!ウソじゃありません!!!

そういえば、こんなものも発見しました!




「ツシマヤマネコのフン」

フンの中に「毛」が混じっているとそうらしいです。(この白いもしゃもしゃしたのですね)ネズミとか食べるらしいので、ネズミの毛ですかね、おそらく。

けが人もなく、無事に下山して一安心です。ちなみに、水曜日も登りましたが、まだダンギク咲いておりました。

噂によると台風が来ているみたいなので、その前に是非登って見て頂きたいところですが、くれぐれも気をつけてダンギクをお楽しみ下さい!!!
記事カテゴリ: 事業いろいろ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.