(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大人の社会科見学(家具製作所kiiro)【後編】
島の食材担当「かに」です。

前回の記事でご紹介しました「家具製作所kiiro」さんにお邪魔してきた内容の続きです。





【「かんざし」をはめ込む恭二さん】

kiiroさんでは、対馬の雄大な自然で育った「ひのき」の温かな肌触りや、
表情豊かな木目を感じてもらえるよう無垢材を使用し、
塗装はウレタン塗装ではなく「オイルフィニッシュ」と呼ばれる、
オイルを木材に染みこませる塗装で製作されています。
無垢材を使用することで、木の質感が得やすく、丈夫で耐久年数が長く、
修復がしやすい製品を作ることができ、
オイル塗装にすることで使い込んでいくうちに白い木もあめ色になるので、
ウレタン塗装に比べてキズは付きやすいものの、
経年で変化を楽しめるという特徴があります。

前編で、対馬の木は生長が遅く、素材としては固くて粘りがある(しなる)という特徴の話や、
家具はオーダーメイドで注文を受けているという話に触れましたが、
木材が出来上がるところから、商品製作の過程、
そして実際に生活の場面で使用するところに至るまで、
時の流れを感じられるところが素敵だと感じます。

せっかくですので、将来やってみたいことを聞いてみたところ、
商品のアイデアとしては、「普段使いの小皿」など、
対馬の木材を使った食器を作ってみたいとお考えとのこと。
「それはまたなぜですか?」と聞いてみたところ、落としても割れないことや、
「焼きたてのトーストやピザを普通の皿に置いた際、皿に水滴ができるのがイヤ。」
という、意外にお茶目な感じの答えが(^^ )。
しかし、新しいものができるきっかけって、
割とそんなものだったりすることが多いですけどね(^_-)。
そして、大きなお話としては、例えば高床式倉庫を改装するなどし、
おしゃれな場所でお茶が飲めるようなスペースを対馬に作りたいとのこと。
まぁ、引っ越しが終わったばかりですので、
すぐにというわけにはいきませんが・・・とのことでしたが。

さて、「対馬ひのき」の魅力をお感じいただけましたでしょうか。
今回は、kiiroさんのお引っ越し記念ということで読者プレゼントを用意しました。

用意している品物は2種類ありまして、
ひとつは、お子さんのうちから対馬のひのきに触れていただきたいということで、
「ひのきつみき」を1名様に、
もうひとつは、対馬ヒノキを普段使いで使っていただきたいということで
「たから箱」(W133×D93×H73弌砲1名様
プレゼントします。





【ひのきつみき】






【たから箱】※使用例につき、中身は入っておりません。あらかじめご了承ください。

応募方法ですが、対馬観光物産協会ホームページお問い合わせフォーム(こちら )に、
氏名・電話番号・住所・メールアドレスと、
お問い合わせ欄に、性別・年齢
・職業・希望商品・当協会ブログの感想、
そしてプレゼントのキーワード「きいろ」をご入力の上、送信してください。
※お問い合わせ欄はフリーフォーマットですので、箇条書きで入力してください。

【ご応募に際しての連絡事項】
ご当選後、商品ならびに対馬についての簡単なアンケートを依頼いたしますので、
ご協力のほどお願いいたします。

ご入力いただく個人情報につきましては、下記の目的以外に使用いたしません。
 ・賞品発送業務
 ・当協会の事業におけるサービス向上を目的として回収したご意見、ご感想の付帯情報として
  (付帯情報については、個人が特定できない形に処理した上で使用します。)

※今回は、対馬市の方でもご応募いただけます。

【応募締切】
平成26年10月24日(金)
今回の受け付けは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございましたm(_ _)m。


【選考方法ならびに発表について】
対馬観光物産協会にて厳正に協議の上、選考させていただきます。
発表は当選されたご本人様に、メールにてお知らせいたします。
(その際に、商品発送とアンケートに関する事務連絡をいたします。)

 
皆さまのご応募、お待ちいたしておりますo(^-^)。
 
【事業所データ】
家具製作所kiiro
〒 817-1301
長崎県対馬市峰町三根173-3
TEL・FAX 0920-83-0232
URL http://ki-iro.jp/
※ギャラリーの見学は可能ですが、ご不在にされていることがありますので、
 見学を希望される際は、あらかじめお電話にて確認をしてください
※厳原・豊玉方面からお越しいただく際は、一心屋さんのある交差点を左に曲がり、
 道なりに600mくらいお進みください。右手にギャラリー(白い建物)がございます。
記事カテゴリ: 対馬の匠・工芸

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.