(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
対馬楽講座の開催について
 こんにちは、厳原町阿連で竜の巣を見つけた局長Nです。

 古代の対馬に、竜が存在していたらしいのです。

 でもまあ、告知がいろいろあるのでその話はまた(殴)


 さて、先日1/31に開催した対馬砲台群に関する講座は、ブログとフェイスブック、口コミだけの告知でしたが、おかげさまで40名ほどの方に出席していただき、盛況でした。

 >>対馬砲台群の現状と活用についての講演が開催されます!(当協会ブログ2016.01.08)

 明治時代〜昭和初期の近代土木遺産は、富岡製糸場や軍艦島が世界遺産に認定されるなど、近年注目を集めています。

 戦争の負の遺産として無視されてきた対馬の砲台群ですが、いずれ文化財に指定され、対馬市・長崎県・日本国が誇る歴史資産・観光資源として成長していくことを願っています。


 さらに! 対馬の自然に関する講座開催のお知らせです。

 2月下旬から3月にかけて、「対馬の楽しみ方を身につけよう!」をテーマに、対馬楽講座(つしまがくこうざ。対馬「学」じゃないですよ)を開催いたします。

 2月23日(火)を初回として、3月22日まで毎週火曜日、10:00〜11:30、会場は「観光情報館ふれあい処つしま」です。

 あ、ふれあい処つしまの駐車場は非常に狭いので、対馬市交流センター地下駐車場(一部がふれあい処つしまの契約駐車場です)をご利用ください。
 (90分まで無料、以降30ごとに50円の駐車料金が発生します)



対馬楽チラシ

対馬は自然と歴史の宝庫でござる!

春になったらドコ行く?!
対馬講座〜自然編〜


 雄大な自然に恵まれ、悠久の歴史を誇る国境の島・対馬。
 四方を海に囲まれ、豊かな食資源にも恵まれていますが、その魅力を知り、人に伝えるのは、なかなか難しいものです。
 対馬を知る第一歩は、まずは対馬を楽しむこと。対馬の自然の楽しみ方を身につけ、海や山に出かけてみませんか?


【開催日】 平成28年2月23日(火)〜3月22日(火) ※毎週火曜日
【開催時間】 10:00〜11:30
【開催場所】 観光情報館ふれあい処つしま(対馬市厳原町今屋敷672番地1)
 >>観光情報館ふれあい処つしま(Googleマップ)
【締め切り】 平成28年2月19日(金) ※要予約
【主催】 一般社団法人対馬観光物産協会

参加料無料・定員30名(先着順)

★2/23(火) 第1回 「国境の島・対馬の魅力〜入門編からディープな観光素材まで〜」
 内容: 講座紹介、対馬の概要、神社・歴史・砲台などマニアックな観光素材について
 案内: 対馬観光物産協会 西 護

★3/1(火) 第2回 「海辺で見つかるお宝たち〜海からの贈り物、めくるめく漂着物の世界〜」
 内容: ビーチコーミングについて、準備と注意点、おもしろ漂着物・お宝紹介、対馬の海岸の紹介など
 講師: シーグラス・クロニクル 代表 野北 香織

★3/8(火) 第3回 「国境の島に咲く花々〜対馬のオニユリを中心に〜」
 内容: 対馬の四季を感じさせる花々、希少植物の保護・増殖、対馬のオニユリの特殊性など
 講師: 対馬の自然と文化を守る会 國分 英俊

★3/15(火) 第4回 「はじめてのトレッキング〜山歩きのススメ〜」
 内容: トレッキングって何?装備・道具について、対馬の山の魅力、迷った時の対処法など
 講師: 対馬観光ガイドの会やんこも 中島 新治

★3/22(火)第5回 「自然との共生を目指して〜ツシマヤマネコについて考えてみよう〜」
 内容: ツシマヤマネコってどんなネコ? 生息状況と減少要因、保護の取り組み、私たちにできること
 講師: 環境省ツシマヤマネコ野生順化ステーション 自然保護官 高辻 陽介


お申込みの際は、下記必要事項をFAX・電話・メール等でご連絡ください。

氏名、年齢、住所、電話番号、性別


一般社団法人対馬観光物産協会
〒817-0021
長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1
観光情報館ふれあい処つしま
TEL0920-52-1566FAX0920-52-1585
 >>お問い合わせフォーム
記事カテゴリ: イベント情報

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.