(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
下関〜釜山〜対馬(比田勝)乗継片道乗船券の発売について
 こんにちは、久々登場の局長Nです。

 最近、自分の写真に飽きて、スマホ用の広角レンズを買いました。

 ア○ゾンで2,000円くらいで購入でき、(洗濯ばさみのように)レンズを挟んで使います。

 >>ア○ゾン



 パノラマ撮影するとこんな感じです。

女連の立岩
女連(うなつら)の立岩(立石)

豆酘崎
豆酘崎(つつざき)

白嶽
霊峰・白嶽(しらたけ)


 スマホを構えて、一ヶ所でぐるぐる回っている変な人がいたら多分、私です(そっとしておいてください)。


 さて、前置きは置いといて(-_-)//


下関〜釜山〜対馬(比田勝)乗継片道乗船券の発売について

 対馬は南北に長い島(直線で82km)です。

 厳原港(いづはらこう)・対馬空港は南部にあり、日本人観光客の皆様が、上対馬(かみつしま)まで本場の上対馬とんちゃんを食べに行ったり、ツシマヤマネコを見学できる対馬野生生物保護センターまで行くのは、なかなか大変です。

(博多港〜比田勝(ひたかつ)港のフェリーは小型で、5時間50分かかります。韓国・釜山港から、比田勝港までは高速船で1時間10分なんですが)

 そこで!


 このたび、関釜フェリーとJR九州高速船による、下関〜釜山〜比田勝の特別企画乗船券が発売されましたので、お知らせします!

 釜山港ですぐに折り返すパターン1と、釜山に1泊するパターン2があります。

1. 下関19:45発の深夜フェリー→(関釜フェリー・船中泊)→翌朝08:00釜山港着、09:00釜山港発→(JR九州高速船ビートル)→対馬・比田勝港10:10着

2. 下関19:45発の深夜フェリー→(関釜フェリー・船中泊)→翌朝08:00釜山港着→下船・釜山一泊→09:00釜山港発→(JR九州高速船ビートル)→対馬・比田勝港10:10着


 料金は、下関〜釜山便と同額(2等利用)の9,000円!(船室アップグレードあり)

 あ、ご利用にはパスポートが必要で、出国・入国手続きがあります。

 片道切符なので、比田勝港に入港後、対馬空港・厳原港・比田勝港から福岡に向かうか、釜山に戻る交通手段は各自手配となります。

 宿泊施設も不足がちなので、事前の準備をお願いいたします。


 関釜フェリーのNさんの執念が実った企画ですので、この機会にぜひ、下関・釜山経由で対馬にお越しください!


 予約方法、ご利用期間、船室のアップグレードなどについては、下記ホームページにて。


 >>関釜フェリー公式サイト 新着情報

 >>詳細情報(PDFパンフレット)


関釜フェリーパンフ
記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.