(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今年も『FEEL THE BORDER』開催します!!!
こんにちは、フナメンです。


今年も、このイベントの告知ができるなんて、フナメン幸せっ。


ということで、今年もやります。





FEEL THE BORDER 2017


【FEEL THE BORDERとは?】
抜群の知名度を誇るアウトドアブランド“ザ・ノースフェイス”、世界の山旅をコーディネートする“アルパインツアーサービス”
“対馬”がタッグを組み、対馬の自然や歴史、食を堪能してもらおうというアウトドア好きにとっては夢のようなイベントです。
昨年に引き続き2回目の開催ということで前回よりパワーアップしておりまっす!

今回は、ザ・ノースフェイスさん、アルパインツアーサービスさんに加え、なんと、登山アプリに革命を起こしたYAMAP(ヤマップ)さんに参加していただくことが決定しましたっ!!!

登山アプリYAMAPを活用した新しい山の楽しみ方を、YAMAPさんから直接レクチャーしていただきます!
こんな機会滅多にないですよね。


みんなで楽しく白嶽を登りましょうね!
海鮮バーべキューと地酒で盛り上がりましょうね!
ザ・ノースフェイスさんからお土産ありますからね!
対馬からも何かあるはずですよ!



そんな楽しい楽しいイベントの詳細は以下の通りです。





日  程:2017年5月20日(土)〜 5月21日(日)

旅行代金:¥19,000(博多ふ頭発着)
     <交通費(博多ふ頭−対馬間の船代、島内の車代)、ツアー中の食事代、宿泊代、ガイド代、保険料を含む>

最少催行人数:15名

食  事:20日夕、21日朝、21日昼

宿  泊:東横イン対馬厳原 ※2017年3月30日新規オープン

持  物:動きやすく濡れてもすぐ乾く服装、軽登山靴、雨具、防寒着、バックパック、帽子、日焼け止めなど


ツアースケジュール

【1日目】
ジェットフォイル・ヴィーナスにて博多ふ頭から対馬の厳原へ。(昼食は各自ご用意ください。)
着後、専用車にて洲藻の白嶽登山へ。
徒歩登り1時間30分、下り1時間00分。
夕食は厳原港で海鮮バーベキューを楽しみます。

【2日目】
専用車にて長板浦地区へ向かい、チャーター船にて浅茅湾クルーズ。
天然の良港『浅茅湾』を縦断し、竜宮伝説が残る『和多都美神社』を海上参拝後、日露戦争時、バルチック艦隊を迎撃すべく開削した運河『万関瀬戸』等をクルージングします。
その後、姫神山砲台跡ハイキング。
徒歩往復1時間30分。
その後、対馬藩主宗家墓所・万松院を見学。 ※全て専門ガイドが同行します。
厳原港からフェリーきずなにて博多ふ頭へ。


こうやってサクッと書きましたが、実際のイベントでは、表現することが難しい程の感動がほとばしる予定なので、
皆さん心してご参加ください!

チラシは九州内のザ・ノースフェイス直営店、一部の取扱店に設置していますので是非、手にとってご検討ください。


もう既にザ・ノースフェイスの公式ホームページにもアップされているので、合わせてご確認ください!

→ THE NORTH FACE 公式HP EVENT INFORMATION



ツアーのお申込み、お問合せは下記までお願いします。

アルパインツアーサービス株式会社[福岡営業所]
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-8セントラルビル5階
TEL:092-715-1557/FAX:092-715-0826


※対馬島内からの参加者について
 原則的に島外参加者優先とし、もし空きが出ることがあれば、島内からもご参加いただけます。
 その場合の料金、申込みについてはアルパインツアーサービスまたは対馬観光物産協会までお問合せください。







最後にイベントのコピーを。



われわれの祖先は、海を越えてこの日本列島にやってきたという。
大海原に浮かぶ国境の島・対馬(つしま)は
砂漠を旅するキャラバン隊にとってのオアシスのような存在だ。
ツシマヤマネコが棲み、原始の森に覆われたこの島のことを
どれだけの人が知っているだろう。
さあ、大陸からの風が吹く国境の島へ出かけよう。
新たな発見が、あなたを待っている。



皆さんのご参加お待ちしております。

よろしくお願いします!


記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.