(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
蜜採り体験のお知らせ




こんにちは。


先日(9/11〜13)、博多駅大屋根広場で開催された「対馬観光物産PR展in福岡〜対馬屋台村〜」は盛況のうちに無事終了しました。


大変遅くなりましたが



「ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!」





感謝の気持ちを大切にする男、よりぼぅです。



よりぼぅから、対馬『実りの』のイベント情報です。



ずばり!



  【蜂洞の蜜採り体験】!!!!!





はい、分かります。


そもそも【 蜂洞(はちどう)】って何ですか?って事ですよね?



簡単にいうと“ミツバチの巣箱”です。




対馬では、丸太をくり抜いた(そうじゃないのもあります)モノをハチの巣箱にして、そこに集められるハチミツをとる方法が古くからおこなわれています。



実際の蜂洞は↓こんな感じで対馬の道路沿いなど、どこでも見ることができます。




島外の方からお墓と間違われることがあります。




対馬観光物産協会キャラクター『対馬あっぽ隊』の“はちどん”&“わばっち”





対馬にはセイヨウミツバチが生息しおらず、ニホンミツバチを養蜂していて、江戸時代には将軍にも献上されていたとか。


ミツバチがたくさんの種類の花から蜜を採ってくるので『百花蜜(ひゃっかみつ)』とも呼ばれています。


採蜜量も限られており、非常に貴重で高価なモノでお土産としても大人気ですよ〜。




では、【蜂洞の蜜採り体験】情報です。





【日  時】 平成27年10月7日(土)13:30〜15:00 雨天決行
       ※受付13:00から

【集合場所】 豊玉町田286番地 田集会施設駐車場

【内  容】 1)主催者挨拶、趣旨説明
       2)対馬のニホンミツバチの説明
       3)蜜採り作業の体験
       4)青年農業者協議会による蜂蜜・蜂洞(重箱式)即売

【 参加費 】 1人当たり 2,000円(小学生以下無料)
       ※お土産付き

【申込み先】 対馬地区青年農業者連絡協議会(事務局:対馬振興局農業振興普及課 担当 濱口)
       〒817−8520 長崎県対馬市厳原町宮谷224
       TEL 0920−52−4011 / FAX 0920−52−0960
       ※平日の午前9時から午後5時までです。

【申込方法】 ハガキ又はFAX ※お電話での申込は出来ません。
       必要事項:氏名、年齢、住所、TEL番号、これまでの蜜採り体験参加の有無
       ※小学生以下は、保護者の責任において参加を承ります。(参加料無料)

【申込期限】 平成29年9月29日(金)消印有効

【 その他 】 1)定員は50人です。(未経験者優先) 
          但し、応募多数の場合は抽選となります。
       2)麦わら帽子とゴム手袋をお持ちの方はご持参下さい。 
       3)服装は汚れても良い格好でお願いします。



参考までに、5年前にフナメンが体験した際のブログをご覧下さい。
 2012.10.09ブログ 蜂洞の蜜採り体験〜激レア!!!ニホンミツバチの蜂蜜を求めて〜







よろしくお願いします。




記事カテゴリ: イベント情報

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.