(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「アンゴルモア〜元寇合戦記〜」と金田城イベントについて
 こんにちは、当協会の中対馬部会の「国指定特別史跡 かなたのきイベント」の参加者が少ない!(3名) と担当フナメンに泣きつかれている局長Nです。

 美津島の駅伝大会、豊玉の産業祭、峰の対馬展(最終日)、上対馬の歴史歩きとかぶってるし、みんな忙しいんだろうなー、

 と思ってイベント告知チラシを見たら・・・





 プレゼンするの、私やないかっ!(-_-;) (90分もっ!!)







 で、当イベントではまず、来年アニメ化が予定されている

「アンゴルモア〜元寇合戦記〜」(角川書店)

(以下、アンゴルモアと略)と、


小茂田浜神社

 鎌倉時代に対馬を襲った元寇(元・高麗軍による日本襲撃)について解説します。

(プレゼン資料はまだまったく出来ていませんが)




 3名だろうが1名だろうが全力でやりますが、どうせなら「アンゴルモア」の魅力と、


宗助国

 1000人の敵兵に80余騎で立ち向かった鎌倉武士の鑑、

 初代島主・宗 助国(そうすけくに)公 の生き様・死に様を、

 皆様に知ってもらいたい! と思っています<(_ _)>




アンゴルモア

 現在発行されている8巻までで描かれているのは「対馬の元寇」であり、対馬に流罪となった鎌倉武士と、

 7世紀に対馬に派遣された国境守備兵・防人(さきもり)の末裔が協力し、

 対馬を襲った元・高麗の大軍と激戦を繰り広げています。

 (オンラインで一部無料で読めます)

 >>第1話、第2話、最新話(Comic Walker)



古代山城・金田城

 戦場は、元・高麗軍との古戦場である佐須浦(対馬市厳原町小茂田・金田小学校周辺)から、

 防人の拠点であり、今年築造1350年を迎えた古代山城・金田城へ!!



たかぎ先生

 金田城は、昨年、作者のたかぎ七彦先生をご案内した想い出の地です。


たかぎ先生

 だれが雨男や(-_-;)



城山から黒瀬


 今回のイベントでは、説明の後、昼ご飯を挟んで、美津島町黒瀬から船で古代山城・金田城に上陸します。



城山砲台跡

 城山は天然の岩塊を利用した巨大な要塞で、明治期には城山砲台として整備されます。

 7世紀には古代山城&防人、明治期には砲台&砲兵部隊・・・

 1200年の時を経ても、城山の役割は変わらなかったのです。



南西部石塁

 いやー、感動的ですねー。

 長崎県最初の国指定特別史跡へ、船で行けるなんて、こんなイベントあったでしょうか?!

 こりゃ早く申し込みしないと!! と思った奇特な方(殴)は、

 ↓↓こちらっ!!







第一部:マンガ「アンゴルモア〜元寇合戦記〜」と金田城跡(講座)

第二部:海から城山へ(散策)



1350年前、国境の島・対馬の城山に築かれた古代山城・金田城(かなたのき)。
日本書紀に登場し、7世紀の国境守備兵・防人(さきもり)が守り、来年アニメ化が決定している「アンゴルモア〜元寇合戦記〜」で
元・高麗軍との決戦の場として描かれた城山とは、どんな場所なのでしょうか。
今回、対馬市文化財課主催の金田城築造1350年記念イベントの協力により黒瀬地区から船に乗って、城山(金田城)に
上陸することが出来るようになりました!

海から金田城へアクセスする貴重な機会です。
是非、ご参加ください。


【日   時】 平成29年11月5日(日)

【集 合 場 所】 美津島地区公民館(美津島町鷄知甲1287−1)※体育館横

【日   程】 10:00美津島町公民館集合・受付 〜 10:30金田城講演 〜 
        12:00昼食 〜 13:30黒瀬地区 〜 大吉戸神社 〜 城戸散策 〜 
       15:00頃 黒瀬地区到着・解散
         ※美津島町公民館〜黒瀬間は各自で移動となります。乗り合いにご協力ください。

【募 集 人 員】 先着20名(学生のみの参加は受付できません。)

【締   切】 10月29日(日)

【参 加 料】 1名500円(ガイド料、保険料含む)小学生以下無料

【備   考】 虫除け、昼食・飲物等は各自で持参してください。

■申込み方法 お電話、またはお問い合わせフォームからお申込みください。

(一社)対馬観光物産協会 TEL 0920-52-1566

 >>お問い合わせフォーム

■注意事項   ※悪天候で中止の場合は、当日7時00分頃までにご連絡します。
          ※70歳以上、小学生以下の方は家族同伴をお願いします。

■お問合せ   〒817−0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1
          (一社)対馬観光物産協会 担当:舟橋(ふなはし)
          TEL 0920-52-1566/FAX 0920-52-1585
記事カテゴリ: イベント情報

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.