(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
初夏の白嶽をご案内しました!〜対馬観光ガイドの会やんこも「トレッキングガイド」〜
夏場のガイドは体力勝負!日々日差しと戦っている 島おこし協働隊 ゆーみんです

↓2018年7月14日 白嶽山頂より


島おこし協働隊の活動の一つとして、対馬観光物産協会に事務局のある
『対馬観光ガイドの会やんこも』の事務局を担当しつつ、
観光ガイドを増やすという取り組みを行っており、トレッキングガイドの依頼があった場合は
やんこもトレッキングガイドの登録人数が0人の為、私ゆーみんがトレッキングガイドとしてご案内しております。
(対馬に住む方で、副業が可能な方で、山のガイドが出来る方はぜひご連絡ください!!)


※金田城に関しては歴史ガイドがご案内出来ますので、山城の歴史案内を聞きたい方は
ゆっくりじっくり巡る歴史トレッキングの案内がおすすめです。



check→対馬観光ガイドの会やんこも「歴史ガイド」

check→対馬観光ガイドの会やんこも「トレッキングガイド」



山に関するお問合せで、よく「一人(個人)で登れますか?」と聞きますが、
対馬の山は600メートル以下の低山しかないので、
対馬トレッキングガイドブックをしっかりと読み、
登山アプリYAMAPを利用すれば、登山に慣れている方であれば迷うことは無いかと思います。


※週末は何組か個人で登りに来ていたり、トレッキングツアーの団体がいたりしますが、
一年を通じて平日は登山者がほぼいない場合が多いです。

→YAMAP(対馬観光物産協会局長Nの記録)

→YAMAP(島おこし協働隊ゆーみんの記録)



登山に慣れていない方
自分たちだけで登るのは不安な方
いろんな会話を楽しみつつ登りたい方
対馬の話を聞きながら登りたい方

『トレッキングガイドをつけて登る』という選択肢を選んでいただければと思います♪

今回は、7月13日と14日にガイドで白嶽に登ってきましたので、
初夏の白嶽についてご紹介します。(今回のお客様は両日とも、福岡からお越しの女性1名でした。)

6月末などに降った大雨の影響で、登山道の一部に倒木があったり、小石や枝などが転がり落ちて
少々悪路になっている場所がありましたが、問題なく山頂へ到着。

夏の白嶽ですが、
〇虫がいる(スズメバチに遭遇することもある)
〇山頂付近以外は基本的に風が吹かないので暑い。とにかく暑い。
〇飲み物は出来れば500mℓペットボトル3本あると安心(つまり荷物ちょっと重い)


という点があるので基本的には涼しい時期の登山がおすすめですが、

7月上旬の白嶽を登って良かった点を挙げると
〇いろんなキノコが見られる
〇山頂から見る対馬の力強い緑の山々が絶景。夏の雲が写真映えする。
〇山頂付近に(日本では対馬にしかない花)ハクウンキスゲが見られる。
〇凄くラッキーな人は、日本では対馬にしかないという「ムラサキカラマツ」という花を見られる。

といったところですかね・・・。

登るとかなり暑かったですが、7月13日・14日に撮影した写真をごらんください↓↓

13日山頂↓

14日山頂↓


↓右の三角が白嶽の雌岳。左側の岩の上が白嶽山頂の雄岳です。


↓岩のテラスからの写真 
↓山頂のハクウンキスゲ!(ピントが合ってない・・。)


↓雌岳の鳥居


↓岩場の上に生える多年草。「ウンゼンマンネングサ」


↓今はなかなか見られないという「ムラサキカラマツ」も


夏の登山は熱中症や虫などに注意が必要ですので、
〇日焼け止め・虫よけ
〇塩の飴やタブレット
〇充分な飲料水・スポーツドリンク
などをしっかり準備して、安心安全な登山を!

登山初心者の方の所要時間としては、夏場は往復4時間〜5時間を想定しておくと
良いかと思います。

皆さん対馬の夏山を楽しみましょう!

YAMAP白嶽の登山道などがわかる写真と動画
記事カテゴリ: 島おこし協働隊ブログ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.