(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
対馬の秋の生き物と対馬楽講座について
 こんにちは、事務所にいるのがもったいない爽やかな秋空が広がっていますね。

 今日は釜山の街並みが肉眼で見えているそうです。

 心はどこかの山の中、局長Nです(殴)


ダンギク

 さて、9/22(土)に、対馬の秋の名花ダンギクを見るために城山(対馬市美津島町黒瀬)に登ったところ、

タマゴタケ

 数十種類のキノコが咲き乱れる(?)、秋のキノコ祭りが絶賛開催中でした(^^)


豆酘崎

 9/24(月)は事務所当番でしたが、その夜、日本では対馬にのみ生息するアキマドボタルを探しに豆酘崎(つつざき。対馬市厳原町豆酘)をウロウロ。

アキマドボタル(オス)

 成虫オス3匹(↑これ)、メス1匹を確認しましたが、9/16に何匹もいた幼虫は確認できませんでした。

アキマドボタル(メス)

 メスは、これで成虫。首の付け根(肩?)のあたりに、小さく退化した翅(はね)が見えます。

 ゲンジボタルほどの大きな群れにはなりませんが、対馬ではこれからしばらく、ゆっくりと舞う大型のホタル(オス)を鑑賞できます。


 渡りのシーズン真っ最中のアカハラダカは、9/22(土)に2万5000羽以上、ハチクマも52羽が観察されたそうです。すごい(-_-;)

 >>2018年アカハラダカ秋の渡り(野鳥通信〜対馬から 通信使さんの野鳥サイト)



 さて、そんな雄大な対馬の自然を楽しむ講座「対馬楽講座」も、いよいよ終盤です。



 本日9/25(火)は、厳原会場(対馬市交流センター)で、

対馬ならではの植物とその分布の不思議

 についてのお話。

 講師の山本さんいわく、対馬は「大陸系・日本系、北方系・南方系の植物をひとつの島で楽しむことができるお得な場所」だそうです(^^)


 明後日9/27(木)は、上対馬会場(上対馬総合センター)で、一般社団法人MITの代表理事・吉野元さんによる

ツシマヤマネコとつながる農林水産業

 についてのお話です。

 資料を印刷しながら、私自身も講座を楽しみにしています。




【厳原会場】 対馬市交流センター3階 大会議室 19:30〜21:00

9/25(火) 植物にとっても「国境の島」? 対馬の植物とその分布の不思議
 講師 対馬市島おこし協働隊 生物多様性保全担当 山本 武能

10/2(火) 陸橋の島 対馬の昆虫
 講師 対馬の自然と生き物の会 境 良朗


【上対馬会場】 上対馬総合センター 視聴覚室 19:30〜21:00

9/27(木) ツシマヤマネコとつながる農林水産業
 講演 一般社団法人MIT 代表理事 吉野 元


 >>「対馬楽講座〜自然編〜」と「タフォニ」について(当協会ブログ2018.08.21 Tuesday)

記事カテゴリ: 対馬の自然

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.