(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[会員向け] コロナに負けるな!徹底除菌事業と対馬の魅力発信事業について
 こんにちは、局長Nです。

 季節はめぐり、ゲンジボタルが舞い、カッコウが鳴き、ビワの実が色付いています。


 さて、全世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスですが、国内では、昨日6/1(月)から県境を越えた移動が可能になり、6/19(金)からは少しずつ観光事業も動き出しそうです。

 ただ、北九州では小学校で感染が発生したり、まだまだ油断ができないのも事実。



 お客様に安心・安全な環境を提供できるのだろうか?

 島内でコロナを拡散させてしまうのではないか?

 徹底したコロナ対策を実施の上、お客様を・・・の「徹底」ってどこまで?


 そんな不安を抱えている会員事業者さんも多いと思います。



 そこで!

 会員事業者の皆さんに、提案その1です。

※予算枠があるため、応募が予算枠を超えた場合、参加者数などの調整を行う場合があります。



消毒

コロナに負けるな! 徹底除菌・清掃事業

 お客様を安心してお迎えするために、コロナについて学び(消毒などの対策も)、施設を数日かけて除菌・清掃してみませんか?
 それにかかる人件費(従業員の賃金)も出ます!

(例) A施設から2名の従業員が参加し、受講・清掃・報告書作成などを行う。

【日程(案)】

・新型コロナ勉強会受講&現場研修参加(1日間) ※日付は協会で調整。
・A施設のチェック&リスト作成(1日間) ※以下の実施日は施設側の都合で調整OK(講習から10日以内を目安に)
・A施設の除菌・環境美化実施(2日間)
・報告書作成(チェックリスト・実施時・実施後の写真等)(1日間)

計5日

1日分の人件費(給与台帳等から基本賃金+交通費を日割計算)が7,500円の場合、
2名×5日(1+1+2+1)×7,500=75,000円がA施設に支払われます。

【条件】 一施設から1〜3名程度?(全体参加者数により調整します)

※経営者の賃金は対象外ですが、無償参加は可能です。

※講習会は参加事業者合同で行い、チェック・清掃等は各事業者に個別に行います。受講・清掃・報告書作成まで参加事業者の従業員の方に行っていただきます。


 提案その2です。


SNS

アフターコロナ 対馬の魅力発信&実践事業

 新型コロナに関する勉強会に参加後、対馬について学ぶ講座を受講し、スマホを使った写真撮影・SNS(インスタグラムなど)活用講習をおこないます。

 最終日には、自社施設の外観、料理、サービスなどを撮影し、SNSにアップしていただきます。当事業にかかった人件費を助成します。
 算出方法はその1と同じです。


【日程(案)】

・対馬の概要を学ぶ(自然・歴史など(0.5日)+観光地現地研修(0.5日)
・写真の撮り方、魅力的な情報発信のための文章などSNS講座(1日)+観光地の写真撮影(1日)
・事業者の施設・料理の紹介、サービスなどをSNSにアップ。ハッシュタグで確認。(1日)

計4日

講座・現地実習日は協会で設定。


【注意事項(両事業共通)】

・上記2つの事業に同時に申し込みもOKです。

・人件費は従業員の賃金台帳から基本賃金と交通費を算出・日割計算して見込み額を出してください。本申請時には、直近の賃金台帳など根拠になるものの提出が必要です。(役員報酬等は不可)

・すでに観光地受入態勢ステップアップ事業(長崎県)の適用を受けている事業者は参画できません。

・雇用調整助成金など国・県の支援制度との併用はできません。




【事業の流れ】

6/2(火)〜6/5(金) 参加事業者募集 ※〆切 6/5(金)
↓↓
6/5(金) 事業申請
↓↓
県の審査で採択されれば、事業実施。
↓↓
事業実施 関係者(講師等)・参加希望者と調整。


【チェック項目】

□雇用調整助成金など国・県の支援事業と重複申請していません。
□観光地受入態勢ステップアップ事業(長崎県)には申請していません。
□経営者報酬・役員報酬は支出されないこと(従業員人件費のみ)に同意します。
□採択後には、賃金台帳など人件費を確認する書類を提出します。
□(1)の事業は報告書の提出が、(2)の事業はSNSでの情報発信が条件です。


【新型コロナウイルス対策事業申込書】

 >>新型コロナウイルス対策事業申込書(ワード形式)
 >>新型コロナウイルス対策事業申込書(PDF型式)

 上記ワードファイルに記入の上、tsushima(a)lime.ocn.ne.jp までお送りいただくか((a)を@に置換してください)、

 PDFファイルをダウンロード、記入の上、FAX 0920-52-1585までお送りください。

一般社団法人 対馬観光物産協会
TEL 0920-52-1566
FAX 0920-52-1585
記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.