(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「時は動き出す」について
 こんにちは、局長Nです。

 この3か月ほど情報発信を控えていたのですが、6/19から国内旅行がようやく解禁となりました。

 旅行会社の皆さんも、海外はもちろん、国内旅行の企画・実施もできず、苦労されたと思います。

 まずは少人数で慎重に・・・ですね。

 >>国境の島・対馬たっぷり満喫トレッキング 3日間(7/30〜8/1)(アルパインツアーサービス)



 私も、そろそろ、止まっていた時間を現在に繋ぎたいと思います。

 (以下は完全に私的な記事なので、忙しい方はスルーしてOKですよー)








 このパターンの決めゼリフはあれですね。



















 おれは人間をやめるぞ!  ジョジョ──ッ!!


















 間違えた(-_-;)























 時は動き出す








(ジョジョネタですいません)










根緒砲台

 3月、長崎県でコロナ感染者が出る前に、防衛大学校のY先生をご案内して、対馬の砲台を歩きました。

 先生いわく、「対馬の砲台は軍の規則に忠実に造られており、いっさい手抜きがない! 感動しました!!」


砲台本

 おみやげは、砲台本でした(^^;)


郷崎砲台

 初めて行った秘密の砲台跡。すごい規模・・・。


 3月初旬から、春の花々が咲き始めました。今年は発信できず、残念。

シュンラン

 野生ランの仲間、シュンラン。


ゲンカイツツジ

 3月下旬、対馬に春の訪れを告げる花「ゲンカイツツジ」が開花しました。

 本州では500m以上の高所に自生するようなのですが、対馬では海岸でも見ることができます。


サクラ

 今年はサクラも美しかったです。


ナンザンスミレ

 日本では対馬だけに自生するナンザンスミレ。


ユーミン・アビマル

 春は別れと出会いの季節。

 対馬で3年を過ごした島おこし協働隊ゆーみんの送別会と、新しい仲間アビマルの歓迎会の様子です。

 ゆーみんは福岡出身ですが、福岡でコロナが多発しているので、しばらく対馬に残ります、とのこと。


オオチョウジガマズミ

 4月初旬、こちらも日本では対馬だけ。甘い香りのオオチョウジガマズミ。


堆積層

 海岸を散策。厚さ数キロにもおよぶ対馬の堆積層は、日本列島形成の歴史を今に伝えています。

 >>「化石が語る対馬の物語」講座・現地観察会、新たなエコツアーについて(当協会ブログ2019.03.21)


ヒトツバタゴ

 4月下旬、銘木ヒトツバタゴが満開を迎えました。


清水山の新緑

 5月初旬の清水山の新緑。


磐座

 5月下旬、文化財保護審議会の現地視察で、厳原町椎根地区の豊和多都美神社を訪問しました。

 古代の神が宿る岩、磐座(いわくら)です。しびれますねー(^^;)

 対馬は神道の源流に触れることができる島です。


ゲンジボタル

 5月下旬、ゲンジボタルが舞っています。今年の初確認は5月17日で、例年、1か月程度楽しめます。




 6月初旬、県内の移動が容認され、久々に白嶽に登りました。心が解放されます。

 ただ山頂をウロウロするだけの動画を撮ってみました。

 高所恐怖症の人は見ないほうがいいかも(^^;)


ゆーみん見送り

 6/19、ゆーみんが対馬を発ちました。フェリー&紙テープは、島ならではの別れの風景です。


日蝕

 6/21、日蝕のネット記事を見て空を見上げると、薄雲の向こうに三日月のように欠けた太陽が見え、ちょっぴり神話的世界を体感しました。








 さて!



 時は動き出す



 


記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.