(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
対馬観光ガイドの会やんこも 第3回勉強会 宗家パート2
平成20年6月15日(日)、対馬の歴史の勉強会を開催しました。
テーマは、先週に引き続いて宗家について。

 朝鮮出兵後の和平交渉の際、宗家は苦肉の策として、徳川家康と朝鮮国王双方の国書を偽造します。3代将軍家光の時代に、それが宗家のお家騒動(柳川事件)を発端として露見。幕府を巻き込んだ国際問題に発展し、宗家は存亡の危機に直面します。今回は、朝鮮出兵・国書偽造・柳川事件の顛末について学びました。

※柳川事件
 宗家の重臣・柳川調興(やながわしげおき)が、宗家からの独立を図り、藩の極秘事項であった国書偽造を暴露した事件。徳川3代将軍家光直々に裁きが行われ、宗家側からは藩主・宗義成(宗家20代)、外交僧・玄方が証人として、柳川家側からは調興が証人として召しだされた。伊井・本多・柳生などの徳川側近、前田・毛利・伊達などの有力大名臨席のもと、義成は御咎めなし、玄方は盛岡へ、調興は津軽へ流罪となった。

 柳川事件は幕府を揺るがす大事件でしたが、実は、国書偽造の事実は幕府も朝鮮側も黙認していたとも言われています。国書偽造をやめたい宗家、家臣が主君を倒すという戦国時代の遺風を消し去りたい徳川家などの思惑が重なり、この事件が「演出」されたのかもしれません。

柳川事件(柳川一件)wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%B7%9D%E4%B8%80%E4%BB%B6

01.jpg 02.jpg
1.まずは歴史の勉強。
2.朝鮮通信使との交渉は、基本的に漢文による筆談で行われ、漢文に堪能な僧侶が活躍しました。外交機関・以酊庵(いていあん)が置かれていた西山寺(せいざんじ)を見学。

03.jpg 04.jpg
3.朝鮮出兵(文禄慶長の役)の際に活躍した外交僧・玄蘇の像。
4.柳川事件で盛岡へ流罪となった外交僧・玄方の像。どちらも西山寺に安置。

05.jpg 06.jpg
5.宗家の庭園、旧金石城庭園(国指定名勝)を見学。
6.厳原八幡宮の宝物殿を見学。義成が献納した「高蒔絵三十六歌仙額」は、全国唯一の高蒔絵による額で必見。少弐氏が納めたヨロイや、かつてはどこかの神社の神体であったと推測されるヤタの鏡など、様々な宝物を見学できます。
記事カテゴリ: ガイドの会やんこも

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.