(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
生きた化石「ガロアムシ」の発見について
 5月10日(日)午後、対馬市厳原町下原の「体験であい塾匠(たくみ)」の倉庫に設置された害虫捕獲器に、生きた化石と言われる「ガロアムシ」がかかっているのが発見されました。
 ガロアムシはロッキー山脈や国内の寒冷地の岩の下などに生息する原始的な昆虫で、長島孝行・東京農業大准教授(昆虫形態・発生学)によると、「屋内での発見は世界初ではないか。人里近くに山が迫り、韓国ともつながりがある対馬ならではかもしれない。対馬の生態系や地誌を調べるうえで貴重な発見」とのこと。

ガロアムシ.jpg

【ニュースになるまで】
(1)5月11日(月) 対馬市観光物産推進本部・対馬観光物産協会にサソリのような虫(死体)がかかったままの「○○ホイホイ」が持ち込まれる
(2)とりあえず撮影しとこう、という話になる(ブログの写真)
(3)地元の検疫所に持っていくが正体不明。福岡の検疫に問い合わせ→ガロアムシではないか、との回答
(4)島内の昆虫の専門家に問い合わせ→ガロアムシに間違いないが、詳細は専門家に聞く必要がある、とりあえずアルコール標本にすべし、との返答。
(5)長崎新聞・毎日新聞取材→ガロアムシであることが確認される
(6)意外な展開に職員もビックリ

詳細については、下記のリンクをご覧ください。

長崎新聞 2009年5月15日(動画あり)
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20090515/06.shtml
YAHOO!ニュース 2009年5月23日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090523-00000202-mailo-l42
毎日新聞 2009年5月23日 地方版
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20090523ddlk42040477000c.html
記事カテゴリ: 対馬の自然

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.