(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「陸防」マニアと郷山砲台ウォーク
 みなさま、こんにちは。観光担当Nです。
 最近、ごく狭いエリア(3人ぐらい)で、「陸防」が熱いです。
(興味のない方は無視してくださいね(^^;))

 対馬は古代から国境の島ですが、幕末から明治時代は特にロシアなど列強の圧力を受け、明治〜昭和期にかけて全島が要塞化され、国防の最前線となりました。
 その時代の遺構として、31ヶ所もの砲台跡や、万関瀬戸(久須保水道)、水雷艇基地跡などが残されているのですが、その息吹をもっとも身近に感じられるのが、対馬のいたるところにある「陸軍境界標石」、通称「陸防」です。

DSC00067_small.jpg
これが「陸防」。軍用地の境界を示す石標で、軍事施設跡・要塞地帯などで見ることができるのですが、開発や道路拡張で全国的に姿を消しています。
片面は「陸」。

DSC00066_small.jpg
裏は「防○○○(漢数字)」
最近、山歩きに行くたびに注意して見ているのですが、対馬にはおびただしい数の「陸防」が残されているようです。

DSC00072_small.jpg
明治の「陸防」は石造りで、手彫り感が味わい深いです。

DSC00087_small.jpg
かなり埋まってたり。

DSC00096_small.jpg
横倒しになってたり。

DSC00098_small.jpg
彫った人がB型だったのか、「防」の字を彫り忘れてたり(殴)

DSC00102_small.jpg
完全に埋没してたのにマニアの手で掘り起こされてしまったり。

DSC00394(加志・陸防)_small.jpg
県道のガードレール下でコンクリートの一部になってたり。

DSC00401_small.jpg
昭和の「陸防」はセメント製。見つけた時の喜びは明治期のものと比べると今ひとつ・・・。

これが見つけ始めると止まらない「陸防」の魅力です。
観光に役立つのか? 日常生活で役に立つのか? と聞かれれば、何とも言えないのですが・・・(-_-;)

ちなみに5月21日(土)に開催する「対馬要塞群 〜郷山砲台ウォーク〜」(美津島町尾崎地区)は定員を軽く超える応募がありました。
尾崎地区は、山県有朋をして「対馬ハ我西門ニシテ、最要衝ノ地」と言わしめた対馬のなかでも特に重要視され、明治期に3つ、昭和期に1つの砲台が築かれています。
「郷山砲台ウォーク」では、事故・怪我がないことを第一に考え、参加者の皆様に「陸防」の魅力を伝えられたら幸いです(目的が違うって・・・)

<観光担当N>
記事カテゴリ: 対馬要塞群を歩く

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.