(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
対馬グルメ紹介「『せんだんご』への道〜其の弐」
こんにちは☆グルメ担当のOです(^^)
年末にお伝えした『せんだんご』への道〜其の壱から数ヶ月、やっとあのサツマイモたちは『せんだんご』になりました!!
ホントに手間がかかる保存食です(^◇^;)

前回はサツマイモから

ハンバーグ(状)に華麗な変身を遂げた芋たち☆


今回は仕上げへと足早に。。。♪

3月11日(日)
乾燥してカチカチに固まった芋バーグ(勝手に命名)を水に漬けます。。。
(取材先が体調を崩していたため遅くなりましたが本来はここまで長期には置かないそうです)

3月12日(月)
一晩経った芋バーグ。。。


こんなに柔らかくなりました!!


ザルで水を切ったものをこねます!


(゜ロ゜屮)屮!?

餅つき器!?!?

「家々で違うけねぇ、私はこうしよるとよ。手でこねるのも一緒んこつたい?」
。。。文明の利器ですね。。。わかります(― ―;)
前回の土のう袋(↓参照)よりは「郷土料理作り」に見えますから良いんですっ(;´Д`)


そのこねたものを再び水に漬けました!!(゜д゜;)また!?

注水だけお手伝い♪

3月13日(火)
水に漬けられた(元)サツマイモたちを更に濾します!

今回は水を切らずにそのまま、目の細かいモノで!!

この道具を良く見ると

「昭和五十二年四月張替」Σ(゜ロ゜;)!?
いったいこの木枠は何十年前のなんでしょうか。。。?
いまでも現役です!!
少しずつ機械に手伝ってもらい効率化を図るようになってきた「せんだんご作り」ですが、こういった道具を見ると感慨深いですね〜

この年季の入ったザルで濾した(元)サツマイモたちを再び水に。。。


3月14日(水)
白く濁っている樽の水を綺麗な水に入れ替えます!
下に沈殿した(元)サツマイモたちはソッとしておいて、水だけ入れ替えるそうです!!
「水が白ぉなっとるとを1.2回入れ替えるちゃ」
白くなる(?_?)
「アクが出とるとよ。こん水を入れ替えんと黒ぉなってしまうちゃ」

『せんだんご』は白いですからね!!

3月15日(木)
水を替えられても沈殿中の(元)サツマイモたちを目の細かい袋に入れ、天日に当てて水を切るそうです(^0^)

3月16日(金)
!!

お地蔵さん!??

(元)サツマイモたちの入った布袋が石で押し潰されていましたΣ(゜ロ゜;)!!
袋を開くと

良い具合に水が切れています♪

それを更にこねます!!!

もはや何回目の「水に浸す」→「こねる」の作業かわかりません(^◇^;)!!

今回もお世話になるのは餅つき器!

(「しらゆき」らしい)

大活躍です!!!


上の写真よりなめらかになったのわかりにくいですよね(^^;)
これを3僂阿蕕い梁腓さに丸めて、3本の指でつまみ鼻の高い美人さんに仕上げます!

この形の団子を「鼻高団子」と呼ぶそうです☆

私もチャレンジ♪

「気にせんで適当でいいちゃけ」
。。。適当が1番難しいですよね(-_-)
だけど貴重な体験が出来て楽しかったです♪

全ての(元)サツマイモたちをこの鼻高団子に丸め、もろぶたに並べます☆

それを数日間天日乾燥させると。。。

対馬の保存食『せんだんご』の完成です!!

真っ白く、軽くなっています!!

「千の手間がかかるけ『せんだんご』ち言うちゃ」と聞くように、とっても手間がかかる『せんだんご』でした☆

Before


After


これを調理すると

対馬の郷土料理『ろくべえ』や『せんそば(孝行麺)』などが出来ます☆

対馬独自の、昔から受け継がれきた『せんだんご』ですが、今は作る人が減っています。。。
だけど、これからもずっと受け継いでいかないといけませんね!!

記事カテゴリ: グルメ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.