(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
対馬和蜂の蜂洞オーナー制度について(締切5/21消印有効)
和蜂の蜂蜜

 「国境の島」対馬はセイヨウミツバチが生息しておらず、ニホンミツバチだけが生息する唯一の島です。
 対馬のニホンミツバチは、トウヨウミツバチの日本亜種で、大陸系に近い対馬型であり、セイヨウミツバチに比べて外敵や病害に高い抵抗力を持ち、性格も穏やかです。
 対馬では古来より飼養されており江戸時代には将軍家・諸大名への進物用や朝鮮使節の饗応の膳に使われ、今でも広く島民の間で愛用されています。
 食の安全・安心が求められる現在、対馬蜂蜜はまさに自然・健康食品です。
 今回、その良さを少しでも多くの方に知っていただくため、対馬和蜂の蜂洞オーナーを募集します。

【対馬蜂蜜の特徴】
対馬蜂蜜は、四季折々に咲く花から集められた蜜で「百花蜜」とも言われ、秋に一回しか採蜜しないことから貯蜜期間が長く、濃縮で熟成された蜂蜜となります。

【オーナー会費】
20,000円
※空の蜂洞のオーナーになっていただき、その蜂洞に蜂が入った場合、秋に採蜜したものをお送りします。
 もし、入らなかった場合でも秋に新物をお送りします。
(注意)蜂洞を設置しても、設置場所や周辺の環境等により、必ず入るとは限りません。

【オーナー期間】
1年間(更新可能)

【募集数】
10名程度
(応募多数の場合は抽選となりますご了承下さい)

【募集期間】
平成24年5月14日(月)〜5月21日(月)

【申込先】
対馬地区青年農業者連絡協議会事務局
〒817-8520 長崎県対馬市厳原町宮谷224
長崎県対馬振興局農業振興普及課内
はがきにて応募下さい。(5月21日消印有効)
(電話での申し込みは不可)

【お問い合わせ】
TEL 0920-52-4011 FAX 0920-52-0960
注意:平日の9時〜17時まで
記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.