(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アウトドア・モニターツアー「ザ・ノースフェイス(トレッキング編)」について
 さて、前日のTHE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)アウトドアモニタツアー・シーカヤック編に続き、翌日はトレッキング編です。

雨・・・
 当初、九州百名山の「白嶽」(しらたけ)登山を予定していたのですが、雨(-_-;)+濃霧のため、より霧の影響を受けにくい城山(じょうやま)トレッキングに変更しました。

登山口
 城山登山口にて。

黒瀬湾を望む
 この日は1日、晴れたり降ったり、不安定な天候でしたが、協会登山部Aも合流し、にぎやかな山歩きとなりました。

石塁
 およそ1350年前、西暦667年に築かれた古代山城の石塁(城壁)が現存しており、重厚な時間の流れを実感できます。

山頂前広場
 城山には7世紀に古代山城が築かれましたが、明治期の「城山砲台」「城山付属砲台」の建設に伴い、山頂近くまで軍道がつけられ、現在は格好のトレッキングルートになっています。
 この広場(砲座跡)を山頂だと勘違いする方が多いので、ご注意ください。

山頂
 広場から左手の山道を5分ほど登ると、山頂です。
 「対馬、想像をはるかに超えてます・・・」

山頂より浅茅湾を望む
 山頂から浅茅湾を一望。
 気象条件に恵まれれば、釜山の山並みを遠望できます。
 かつて防人も、この光景を見ていたのでしょうか。

ビングシ山
 帰路は、東屋(あずまや)〜ビングシ山・防人住居跡〜三の城戸ルートを選択。

三の城戸
 巨大な自然石を垂直に積み上げた「三の城戸(きど)」です。
 沢沿いは海からの補給路にもなりますが、敵の侵入も受けやすいので、城門(城戸)を築き、防御を固めています。

帰路
 古代の歴史ロマンと大自然、国境の景観を満喫した城山トレッキングでした。

記念撮影
 真夏のトレッキングの後は、温泉施設「湯多里ランド」で汗を洗い流し、スーパーで地元の特産品・食材等を物色したのち、厳原港で記念撮影です。
 帰りのフェリーからは、海に沈む美しい夕日が見られた、とのこと。
 こうして、2日間の夢の旅が終わったのでした。
 Tさん、Aさん、Sさん、福岡で息が詰まったら、また島に遊びに来てください(^^)/

 福岡・九州近郊にお住まいで、対馬でのアウトドアに興味を持たれた方は、ザ・ノースフェイス福岡店(今年2012年3月に新店舗に移転)、キャナルシティ店へ!
記事カテゴリ: アウトドア関係

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.