(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アウトドアツアー「A&Fカントリー+AIGLE」シーカヤック編(2012/9/5〜9/6)
 こんにちは、イベントのたびに雨を降らせ、いつか島内のイベント関係者から火炙りの刑の処せられるのではないかとドキドキしている局長Nです。
(シーカヤックフェスタの伝説はまた後日・・・)

 さて、当協会では夏から秋にかけて、九州のアウトドアショップを対象にモニターツアーを実施しています。
 先週、2012年9月5日(水)〜6日(木)に、「A&Fカントリー」(福岡店・キャナルシティ店)、「AIGLE(エーグル)」(ゆめタウン久留米店・ゆめタウン佐賀店)の元気な女性4名に、浅茅湾(あそうわん)シーカヤックと、九州百名山・白嶽(しらたけ)のトレッキングを体験していただきました。

厳原港にて
 「おはようございます!よろしくお願いします!」
 一行は前日深夜00:10に博多港(福岡市)の九州郵船のフェリーに乗船し、04:40に対馬・厳原(いづはら)港着、07:00に下船しました。
(釣りなどが目的の場合、04:40下船も可能です)

上見坂公園
 早朝で時間に余裕があるので、厳原港近くのコンビニ「ココストア」(営業06:30〜25:30)に立ち寄り、そのまま上見坂(かみざか)公園へ。白嶽・浅茅湾を一望でき、背部は明治時代の砲台跡になっています。

対馬カヤックス
 今回のシーカヤックガイドは「対馬カヤックス」の岩永さん。
 自転車とカヤックで日本一周をし、昨年夏には対馬〜壱岐〜呼子まで漕いでいったという猛者です。
 岩永さんからコースの説明を受けて・・・。

パドリング講習
 艇庫の目の前はすぐ海です。
 「なんか、ドキドキするねー!」

海へ!
 経験者はシングル(1人乗り)、初心者はタンデム(2人乗り)がおすすめ。

タコクラゲと遊ぶ
 タコクラゲに夢中(^^)

記念撮影
 無人島で記念撮影。
 ポーズの意味は不明(-_-;)

鋸割岩
 A&FカントリーのHさんは経験者。シングル艇がさまになってます。

鋸割岩
 国指定特別史跡「金田城」(かなたのき、かねだじょう)に上陸。
 1350年前に築かれ、防人(さきもり)が守っていた城壁が現存しています。

一ノ城戸にて
 対馬の秋を代表する花「ダンギク」の開花が近づいています。
 エーグルゆめタウン久留米店のIさんが持っているのは、防人が使った?投石。
 「これが飛んできたら、痛いよねえ」

泳ぐIさん
 夏の名残り、海水温が高かったので、大吉戸(おおきど)神社前で泳ぐIさん。

ダイブするOさん
 「私も泳ぐー!」 かなり天然のA&FカントリーのOさんがダイブ。

ダイブするHさん
 「私もー!」 クールなA&FカントリーのHさんもダイブ。

カヤックランチとNさん
 カヤックランチ(ろくべえ汁と小牡蠣の炊き込みご飯)に興味津々のエーグルゆめタウン佐賀店のNさん。

泳ぐマダイ
 食事中、「あの魚なに?! でかっ!」
 でかいマダイが、悠々と泳いでました・・・。
 さすが浅茅湾。

無人島を目指して
 食事で疲労が回復したので、無人島へ!

シーカヤック満喫
 「いやっほー! 対馬、最高!」

無人島でほっと一息
 泳ぎすぎて体が冷えたので、焚き火にあたっているA&Fチーム。
 ガイドの岩永さんがいれてくれた紅茶で心も体も温まります。
 後ろではエーグルチームが何やら記念撮影(^^)

シーカヤックツアー終盤
 帰路。心地よい疲労と満足感が全身を包みます。

白嶽の夕景
 晩ご飯の買出しに行く途中の、夕景の白嶽。

ハートの花火
 「夏の終わりは、ベタだけ花火だよねー」(Hさん)
 「ハート、撮れます?」(Oさん)
 「撮れるわけないでしょ」(Hさん)
 撮れてました(^^)

星の花火
 「星!星!撮れてます?!」(Oさん)
 意外に撮れてました(^^)

 そしてツアーは2日目、九州百名山・白嶽トレッキングへ。
記事カテゴリ: アウトドア関係

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.