(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
壱岐・対馬プレスツアー 対馬2日目
前回、観光担当レベルが2にアップしました。

観光担当Fこと、フナ男です。



今回はプレスツアー対馬2日目の様子をお伝えします。




2012年9月28日。


この日は、大自然満喫コースと歴史探訪コースの2班に分かれ対馬を満喫していただきます。



私は大自然満喫コースに同行させていただきました。


当日、AM8:30には観光バスに乗り込み、北を目指しながら観光地を巡りました。



今日もガイドのFさんは朝から絶好調ですっ!!!




最初の目的地は、我が故郷である豊玉町の和多都美神社です。


対馬観光物産協会がある厳原から車で50分ほど。




浅茅湾の最深部にあるここの海は、いつも穏やかです。




パワースポットである和多都美神社、最大のパワースポットと言われている松の木。



みなさん、パワーをもらっていました。




そして和多都美神社の本体と言っていい豊玉姫の墓と言われているものが拝殿の裏の林にあります。



この辺りは凄く神聖な感じがして、神々しい雰囲気が漂っている気がしました。




和多都美神社の次の目的地は、車で5分ほどの烏帽子岳。



やっぱ浅茅湾を見るなら、ここが最高です。

間違いないです。


帰り道に記者さんがアブかハチに刺されるというハプニングがありましたが、大事に至らなくてよかったです。







そしてここから一気に北上します!






バスに揺られること1時間ほど。

日本最北西端がほど近い、対馬野生生物保護センターへ。





目的はこの子。



ツシマヤマネコの『福馬(ふくま)くん』

この子と言っても人間にすると40歳を超えてるということです。

せっかく東京から来ていただいているという空気を察してか、絶好のボディションをキープし続ける福馬くん。

いや、福馬さん。





おみごとです。

皆さんも大興奮で、写真撮影に励んでおられました。

幸運なことに、偶然にも餌の時間に立ち会うことができました!

これは貴重です!



そんなラッキーな一行が次に訪れたのは、対馬野生生物保護センターからバスで30分弱の韓国展望所。






当日は残念ながら、韓国は望めませんでしたが綺麗な海と、緑のコントラスト。

すばらしい。



条件が整えば、水平線に韓国が現れると思うだけでワクワクしますね!






ワクワクし過ぎてお腹が空いたので、昼食へ。

韓国展望所から15分ほどの比田勝港の近くにある、『ももたろう』へ。






メニューはこれ!



あなごづくし!!!


すべての品目にあなごが使われてます!!!


見た目の豪華さとは相対し、とても上品で洗練されたお味に、フナ男感動です!

僕だけでなく、記者の皆さんも「うまいっ!」と言って召し上がっておられました。


特に珍しい、『あなごの刺身』は大人気でした!




豪華な昼食に大満足していただいたところで、名残惜しいですが帰路につきます。


行きは島の真ん中あたりを貫く国道を北上したわけですが、帰りは東側を南下しました。

途中、琴の大銀杏、円通寺などを車窓から眺め、対馬やまねこ空港へ向かいました。

時間もなかったので空港にほど近い、スーパーサイキ美津島店にてお土産を購入して頂きました。



飛行機の時間ギリギリでしたが、無事間に合い、歴史探訪ツアーの方々と合流しました。

皆さんをお見送りし、壱岐、対馬と3日間忙しいスケジュールだったツアーに幕を閉じました。



何はともあれ、記者の皆さんが喜んでいただき嬉しい限りです!


おもてなしの重要さを勉強させていただき、ありがとうございました!


この記者さんたちが書いてくださった対馬の記事を見て、たくさんの人が対馬に興味を持ってくれることを

心から願っております。


皆様、よろしくお願いいたします!


では、またお会いしましょう。


記事カテゴリ: マスコミ関係

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.