(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
対馬二ホンミツバチ 蜂洞採蜜体験記♪
最近3年前に辞めていたポケモンGOを対馬で再開しました・・・。

厳原の城下町はポケストップもポケモンジムも多く、思いのほか楽しいです。
城下町歩きをしながら楽しめるのが良いのかもしれません。
島おこし協働隊のゆーみんです。

さて、台風チャーミーが接近したなか、観光協会のブログで募集していた
「二ホンミツバチの蜂洞蜜採り体験」に今回は参加者として体験しました。
ブログ2018.09.12「二ホンミツバチの蜂洞蜜採り体験」



蜂洞って何? 対馬の蜂蜜の何がすごいの? と思う方も多いと思うので、
このブログで対馬産の二ホンミツバチの蜂蜜に興味を持ってもらえればと思います。

そもそも蜂蜜には種類があるのをご存知ですか?
栄養価がある甘味料として知られている蜂蜜。

高い蜂蜜とスーパーなどで売られる安い蜂蜜の違いにはこんな違いが↓↓


○加糖はちみつ =水飴や加糖などが加えられたもの 価格は安い。

○精製はちみつ=
本来蜂が羽ばたいて時間をかけて水分を飛ばすところを、人工的に加熱して水分を飛ばしたもの。
蜂蜜の栄養素は熱に非常に弱いものが多く、60℃くらいの温度でも栄養素などが失われてしまうから、
甘味はあっても栄養は低いので注意。

○純粋はちみつ

=人工的に手を加えない天然100パーセントの蜂蜜!対馬の蜂洞の蜜はコレ✨

古くから、純粋蜂蜜は天然の薬として珍重されるくらい栄養豊富で、すっごく高価で貴重なものでした。
しかも、西洋ミツバチのいない 対馬で取れる純ニホンミツバチの蜂蜜は超超貴重な蜂蜜です♪
さらに、対馬は自然豊かな島。蜂が集める花の種類によっても、栄養価や味、色、香りも違います♪
何種類もの花から集められた蜜は『百花蜜』って呼ばれおり。対馬の蜂蜜ももれなく百花蜜の種類です。
日本では対馬にしか見られない花の蜜なども含まれているのかもしれませんね。

余談ですが、純粋蜂蜜って表記でスーパーで売られているものでも、ミツバチに
砂糖水を与えて作った栄養価の低い純粋蜂蜜もあるので、健康目的で蜂蜜を購入する場合は注意。


さてさて、ここからが蜂洞体験記。↓↓

蜂洞↓↓ 木で作った、ミツバチの巣です。筒型、四角、いろんな形があります。



↓↓蜂洞を横にして、上蓋と底蓋を外し、底側から煙で蜂を追い出し、
  専用の棒で、巣蜜をかき出して収穫します。


↓↓外した底蓋にも蜜が。



↓↓上蓋から蜂は逃げていくはずなのですが、雨の為なかなか飛ばず・・・。


↓↓専用の棒で、巣蜜をかき出します。



↓↓全ての蜜を取るのではなく、越冬用に蜜は残します。なので、蜜を取るのは下(底側)から。
  ガムテープで固定されているタイプなので、蜜を取って、外せばOKな蜂洞。


↓↓採れたての蜂蜜。買えばこれだけでも400円〜500円くらいでは?


続きを読む >>
記事カテゴリ: イベント情報
ふれあい処つしま写真展、第二弾始まります!!!
最近は、風が強く、空気が澄んでいるおかげで、対馬から韓国(釜山)が良く見えますよ!



※2018年9月25日撮影

実際に見ると国境の島を感じれますので是非、見に行って欲しいです!暗いので色々と気をつけてください!



こんにちは、フナメンです。


ということで、ふれあい処つしま写真展第二弾開催のお知らせです!!!



今回は対馬の風景ということで、対馬の観光地などが、普段とは一味違った視点で撮られており、とても新鮮です!

インスタグラムや500pxという写真メインのSNSで投稿されている木村さんからご提供いただきました!!!

キムラさんインスタグラム → ko1photo

     500px → Koichi Kimura


素敵な写真ばかりですので、是非、フォローしてみてください!


ふれあい処つしま写真展、今後の予定です。

第二弾「対馬の風景」2018年10月1日(月)〜11月30日(金)

第三弾「対馬の生活」2018年12月1日(土)〜2019年1月31日(木)

第四弾「対馬の野鳥」2019年2月1日(金)〜3月31日(日)



乞うご期待!!!


よろしくお願いします。





記事カテゴリ: お知らせ
三具足(みつぐそく)の謎と万松院(ばんしょういん)まつりについて
 こんにちは、告知ブログの書き過ぎで手足の震えが止まらない局長Nです(嘘ですよっ)

 さて、9月8〜9日に、国内旅程管理者(いわゆる添乗員)の現地研修で、栃木県の日光東照宮と大谷資料館に行きました。


日光東照宮

 日光東照宮は、お江戸をつくった天下人・徳川家康公を祭神(東照大権現)として創建され、三代・家光公により整備された神社です。

 実は東照宮には、対馬・宗家の菩提寺・万松院にある三具足(燭台、香炉、花瓶の三点がセットになった仏具。朝鮮国王から贈られたもの)と同じものがあると聞き、以前から気になっておりました。

対馬の三具足

(万松院の三具足)


 んで!

 東照宮の最高所、かつては将軍しか参拝を許されなかった家康公の御宝塔(墓所)に登ってみると・・・


東照宮の三具足

(東照宮の三具足)

 ありました(汗)


東照宮の説明板

 これは、1643年、第5回目の朝鮮通信使(目的は家綱誕生祝賀、日光東照宮落成祝賀)により奉納されたものらしいのですが、説明板には朝鮮国王から贈られたという記述はありませんでした。

 さらに調べると、1812年(第12回目=最後の通信使が対馬に来島した翌年)の火災で東照宮の三具足は焼失し、日本で造り直した、とのこと。

 >>中世宗家文書の世界(九州国立博物館)


 この火災では、東照宮のシンボル・陽明門の後水尾天皇の勅額なども燃えてしまい、筆跡を探すなど大変な騒ぎになったようですが、三具足を造りなおす際にも、万松院のものがモデルになったのかもしれません。

 >>天皇直筆「額」焼失で複製(YOMIURI ONLINE)


 対馬の万松院にはもともと三具足が3つ(3セット)あったらしいのですが、先の大戦の金属供出で2つが失われ、一番小さかった1つのみが残されています。

 ということは?

 朝鮮国王から贈られたオリジナルの三具足は、万松院のものだけということになるのでしょうか?

 万松院を訪問する際には、そのあたりも想像しながら三具足を見ていただくと、より楽しめると思います。


徳川将軍家の大位牌

 ちなみに万松院には、対馬の東照宮で祭られていた徳川将軍家の金箔の大位牌も安置されています。

 幕府を揺るがした一大外交スキャンダル「柳川一件」が解決したのち、徳川三代将軍・家光公より東照宮の建立を許され、2代秀忠公〜13代家定公の位牌が公開されていますが、家康公の肖像画は非公開。

 >>柳川一件(Wikipedia)

 戦国の世が終わっても、対馬の激動の時代は続いていたのです。



 さて、そんな万松院で、年に1度の「万松院まつり」が開催されます!

万松院まつり

 約350基の石灯篭に火が灯された幻想的な雰囲気のなか、夜の万松院に参拝できるのはこの日だけ。

 山門前で提灯を受け取り、参拝を終えると「ぜんざい」が振舞われます。


日時: 2018年10月6日(土) 灯篭点灯17:30〜
場所: 万松院 (長崎県対馬市厳原町西里192) >>Googleマップ
主催: 万松院史跡保存会 TEL 0920-52-0984
協賛: 一般社団法人 対馬観光物産協会 厳原部会 TEL 0920-52-1566

※当日は万松院への車の乗り入れはできません。対馬市役所の駐車場などをご利用ください。
※ぜんざいは数に限りがあります。


 さらに!

 万松院まつり当日の10/6(土)昼には上対馬総合センターで、翌日10/7(日)には対馬市交流センターで、宗家や万松院に関係する歴史講座が開催されます。

 こちらもあわせてお楽しみください<(_ _)>

 >>講演会「中世対馬の歴史と文化財」について(当協会ブログ 2018.09.26 Wednesday)

記事カテゴリ: 対馬の歴史
講演会「中世対馬の歴史と文化財」について
 こんにちは、局長Nです。

 昨夜の「対馬楽講座〜自然編〜」(テーマは対馬の植物、講師は山本 武能さん)は、57名の方が参加され、楽しい講座となりました。

 講師の山本さん、受講された皆様、ありがとうございました<(_ _)>


 さて、対馬は歴史も面白い島です。

 古代から近代まで、日本が外国の侵略を受けたり、逆に外国に侵攻したり、外交や貿易を行う際、必ず対馬がその最前線となってきました。


 で!

 そんな国境の島・対馬のあり方を象徴する人物と言えば、

 宗家第19代(対馬藩初代藩主)宗 義智(そうよしとし)公

 でしょう。


 対馬島民がどれほど義智公を愛してやまないか、独断と偏見とマンガで紹介した記事がこちら↓

 >>対馬の宗 義智(そうよしとし)推しがすごい件(当協会ブログ2016.03.26 Saturday)


 いや、偏見が広がりそうなので、下記の講演会で、正しい知識を身につけてくださいね<(_ _)>





平成30年度博物館関連事業講演会

中世対馬の歴史と文化財

 平成32 年の開館を目指している博物館は、貴重な資料の収集、保存、調査だけではなく、対馬の自然・歴史・文化をより多くの人に知ってもらう拠点としての機能を持っています。
 これまで、みなさんに博物館への関心を持っていただくため、様々な取り組みを行い、多くの方に参加いただきました。
 今年度最初の取り組みとして、中世の対馬に焦点を当てた講演会を行います。国立歴史民俗博物館の荒木和憲氏と長崎県立対馬歴史民俗資料館の瓜生翠氏を講師にお招きし、それぞれのご専門についてお話いただきます。
 これから先も引き続き様々な取り組みを展開して行く予定です。お気軽にご参加ください。


「宗義智の生涯」(60分) 荒木 和憲 氏(国立歴史民俗博物館)

国立歴史民俗博物館 准教授。
福岡県出身。九州大学大学院博士後期課程修了。
博士(文学)。九州国立博物館研究員、文化庁文部科学技官などを経て現職。専門は日本中世史、東アジア交流史。『対馬宗氏の中世史』(吉川弘文館、2017 年)を刊行するなど、対馬の歴史を中心に研究を進めている。


「対馬に遺る渡来経典」(20分) 瓜生 翠 氏(長崎県立対馬歴史民俗資料館)

長崎県立対馬歴史民俗資料館 嘱託学芸員。
宮城県出身。専門は中世日朝交流史。書物、特に、対馬に遺る経典を中心に、日本と朝鮮の関係を研究している。



会場1 上対馬総合センター大集会室 平成30年10月6日(土)開始時間15:00〜 

 >>長崎県対馬市上対馬町比田勝575-1(Googleマップ)

会場2 対馬市交流センター大会議室 平成30年10月7日(日) 開始時間14:00〜

 >>長崎県対馬市厳原町今屋敷661(Googleマップ)


主催 対馬市

問合せ 対馬市博物館建設推進室 TEL 0920-53-6111 / FAX 0920-52-1214

・事前のお申し込みは必要ありません。
・両会場ともに開会の30 分前から入場可能です。対馬会場は14:30 以降に、厳原会場は13:30 以降に、会場にお越しください。
・両会場ともに同じ講演内容で実施します。ご都合のよい会場にご参加ください。
・講演のタイトルや内容が変更になる場合がありますが、ご了承ください。

中世対馬の歴史と文化財チラシ01

中世対馬の歴史と文化財チラシ02
記事カテゴリ: お知らせ
ベストショット!第2期(7〜9月)の締め切りについて
 こんにちは、秋は気ぜわしく、なんだか落ち着かない局長Nです(-_-;)

 さて、この4月から始めたベストショット!(特産品があたるスタンプラリー)ですが、9月30日(今週日曜)が第2期(7〜9月)の締切日です。


 この夏、対馬を旅行して写真を撮影した方は、

 貴重なニホンミツバチの蜂蜜などの特産品が当たるチャンス!

 です。

ヤマネコぬいぐるみ
(写真は景品のひとつ、ツシマヤマネコぬいぐるみ)

 インターネットの専用フォームから投稿もできますので、スマホ・パソコンの写真をチェックして、応募してみませんか?

 詳しくは、下記ページをご覧ください<(_ _)>
 (専用フォームもこちら)

 >>「ベストショット!!(特産品が当たるスタンプラリー)」について(当協会ブログ2018.05.02 Wednesday)


 ちなみに、第1期(4〜6月)の結果発表はこちら↓

 >>ベストショット!!第1期(4〜6月)の結果発表について(当協会ブログ2018.07.17 Tuesday)
記事カテゴリ: お知らせ
対馬の秋の生き物と対馬楽講座について
 こんにちは、事務所にいるのがもったいない爽やかな秋空が広がっていますね。

 今日は釜山の街並みが肉眼で見えているそうです。

 心はどこかの山の中、局長Nです(殴)


ダンギク

 さて、9/22(土)に、対馬の秋の名花ダンギクを見るために城山(対馬市美津島町黒瀬)に登ったところ、

タマゴタケ

 数十種類のキノコが咲き乱れる(?)、秋のキノコ祭りが絶賛開催中でした(^^)


豆酘崎

 9/24(月)は事務所当番でしたが、その夜、日本では対馬にのみ生息するアキマドボタルを探しに豆酘崎(つつざき。対馬市厳原町豆酘)をウロウロ。

アキマドボタル(オス)

 成虫オス3匹(↑これ)、メス1匹を確認しましたが、9/16に何匹もいた幼虫は確認できませんでした。

アキマドボタル(メス)

 メスは、これで成虫。首の付け根(肩?)のあたりに、小さく退化した翅(はね)が見えます。

 ゲンジボタルほどの大きな群れにはなりませんが、対馬ではこれからしばらく、ゆっくりと舞う大型のホタル(オス)を鑑賞できます。


 渡りのシーズン真っ最中のアカハラダカは、9/22(土)に2万5000羽以上、ハチクマも52羽が観察されたそうです。すごい(-_-;)

 >>2018年アカハラダカ秋の渡り(野鳥通信〜対馬から 通信使さんの野鳥サイト)



 さて、そんな雄大な対馬の自然を楽しむ講座「対馬楽講座」も、いよいよ終盤です。



 本日9/25(火)は、厳原会場(対馬市交流センター)で、

対馬ならではの植物とその分布の不思議

 についてのお話。

 講師の山本さんいわく、対馬は「大陸系・日本系、北方系・南方系の植物をひとつの島で楽しむことができるお得な場所」だそうです(^^)


 明後日9/27(木)は、上対馬会場(上対馬総合センター)で、一般社団法人MITの代表理事・吉野元さんによる

ツシマヤマネコとつながる農林水産業

 についてのお話です。

 資料を印刷しながら、私自身も講座を楽しみにしています。




【厳原会場】 対馬市交流センター3階 大会議室 19:30〜21:00

9/25(火) 植物にとっても「国境の島」? 対馬の植物とその分布の不思議
 講師 対馬市島おこし協働隊 生物多様性保全担当 山本 武能

10/2(火) 陸橋の島 対馬の昆虫
 講師 対馬の自然と生き物の会 境 良朗


【上対馬会場】 上対馬総合センター 視聴覚室 19:30〜21:00

9/27(木) ツシマヤマネコとつながる農林水産業
 講演 一般社団法人MIT 代表理事 吉野 元


 >>「対馬楽講座〜自然編〜」と「タフォニ」について(当協会ブログ2018.08.21 Tuesday)

記事カテゴリ: 対馬の自然
第2回手作り市「つしまるしぇ」開催!!!
 


おっはようございます!

肌寒くなってきましたね(*^^*)

皆さん体調にはお気をつけください!!


上対馬よりおがっちゃんから皆さまにイベント開催のお知らせです❤



9月30日(日)10時から!!

上県町佐須奈の上県体育館で 第2回手作り市「つしまるしぇ」を開催します!!!







ワークショップもたくさんありますので是非みなさん参加してください!!

ワークショップは基本先着順となりますので参加したい方はお早めに💓

(組紐のワークショップにつきましては6名のみの予約となりますので、
予約される場合は上対馬部会までお電話ください。)


そして!今回は小値賀町からも出店がありましたーーー!

小値賀町のピーナッツカレーと対馬のイノシシの肉を使ったカレーを出すそうです(^^♪

食べてみたいですよね??

食べてみたいと思った方は来るしかないですよね💕←


多くの方に来ていただきたいので

みなさんのご来場お待ちしております!!!





記事カテゴリ: イベント情報
国境の島・対馬のトレッキング情報について
 こんにちは、アカハラダカの飛翔、アキマドボタルの出現(まだ幼虫)を確認し、秋の植物(城山のダンギクなど)が気になっている局長Nです。

 さて、本日9/19(水)、NHK-BSプレミアムの登山・自然番組「にっぽんトレッキング100」に対馬の山々が登場します。

9/19(水)21:00〜22:00 NHK-BSプレミアム

「山・海・古城! 国境の島〜長崎 対馬〜」(にっぽんトレッキング100)

(再放送は 9/22(土)13:30〜14:30)

 >>山・海・古城! 国境の島〜長崎 対馬〜(NHK-BS WEBサイト)


白嶽

 で!

 ドローンによる大迫力の映像に度肝を抜かれた方、俳優・青山草太さんのファンの方、九州百名山(白嶽)・続日本100名城(金田城=城山)などの制覇を目論んでいる方、この秋、人があまり行かない山にこっそり登ってみようと思っている方、そのほかの方(雑っ)へ、対馬の山々の情報ページを紹介します。

 「対馬の山の概要」、「登山情報・ガイド」(パンフレット、アプリなど)、個別の山々の紹介(白嶽、城山、有明山、龍良山、御岳・平岳)、アクセス・宿泊・食事・温泉の情報をまとめています。
 
 >>対馬の山の概要(当協会WEBサイト 観光モデルコース - トレッキング)


 清水山城、金田城、姫神山砲台などの「城・砲台」はこちら!

 >>対馬の城・砲台の概要(当協会WEBサイト 観光モデルコース - 城・砲台)



 そもそも、対馬ってどこなの? という方は、こちら!



 >>対馬(Googleマップ)



 対馬への移動方法は、飛行機(ANA/ORC)と船(高速船・フェリー)です。

 >>空路で対馬へ(当協会WEBサイト - 交通アクセス)
 >>海路で対馬へ(当協会WEBサイト - 交通アクセス)



 そして今夜はこちらもお忘れなく!


9/19(水) 22:25〜 23:10 NHK総合

歴史秘話ヒストリア「蒙古襲来の真実 鎌倉武士 最強の秘密」

 >>「蒙古襲来の真実 鎌倉武士 最強の秘密」(NHK)

 再放送は、10/6(土) 10:05〜 10:50です!


記事カテゴリ: アウトドア関係
国境のしま『対馬』の土木遺産と現場めぐり開催のお知らせ


こんにちは。


夏〜秋の忙しさに体調崩さないか不安です。

来週の人間ドックも不安です。

よりぼぅです。



さて、昨年も実施されたウルトラマニアックなイベントが今年も開催されます。




国境のしま「対馬」の土木遺産と現場めぐり


日 程:2018年11月18日(日)

時 間:9時〜15時頃(集合・解散:長崎県対馬振興局) ※雨天決行(雨具持参)

コース:対馬藩お船江跡・大船越運河・万関運河・姫神山砲台跡(徒歩見学:片道約40分)・厳原港港湾改修工事など

参加料:無料!

定 員:30名(申込み多数の場合は抽選) ※中学生以上

申込み:FAXまたはMail(〇疚勝↓年齢、住所、づ渡暖峭罎鯡正のうえ、対馬地区モニターツアー参加希望と記載)

申込先:長崎県土木部建設企画課企画調整班
     FAX/095-894-3461
     Mail/s08080(a)pref.nagasaki.lg.jp
※(a)を @ に置き換えてください。
    (問合せTEL)095-894-3021







対馬には明治以降、多くの砲台が築かれ『対馬要塞』とも呼ばれていたとか…。

今なお、当時の面影を残す砲台などの跡はノスタルジックな雰囲気で、よりぼぅは好きです。

特に姫神山砲台跡は、まさに天空の要塞!

M崎駿先生の「天空の城ラPュタ」を彷彿とさせます!!




対馬の近代史が分かるこのツアー、是非ご参加下さい。



記事カテゴリ: イベント情報
対馬の自然と対馬楽講座(途中報告)について
 こんにちは、朝夕は少し涼しくなり、虫の音が秋の気配を感じさせますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 内山峠にアカハラダカの渡りを見に行ったり、夜の豆酘崎(つつざき)にアキマドボタルをチェックに行ったりしている局長Nです。

アカハラダカ

 さて、野鳥の会といえば野鳥のカウントが有名ですが、この写真のなかに、アカハラダカは何羽いるでしょう? 

(答えはブログ記事の最後に)


 ちなみに、9/16(日)の「アカハラダカ観察会」(対馬野鳥の会主催)では、1日に3万2000羽が渡ったそうです。

 翌朝、私も行ってみたのですが、岐阜から来島された生物サークルの大学生さんが

「岐阜でもアカハラダカは観察できますが、丸1日で400羽程度です。対馬では1つの群れで400羽を超えるので、桁が違いますね・・・」

 とびっくりされていました。


 あ、豆酘崎のアキマドボタルはまだ、幼虫が葉の裏で光っているだけでした。

 あと1〜2週間ですかね?


 さて、8月末から始まった対馬楽講座ですが、厳原会場のお申込みは87名、実参加は初回(8/28、私・山歩き)が59名、第2回(9/4、島おこし協働隊 上原さん、アウトドア)は52名、第3回(9/11、対馬野鳥の会 杉原会長、野鳥)は57名で、上対馬会場のお申込みは28名、第1回(9/13、対馬自然写真研究所 川口誠さん、生物相)の実参加は23名でした。

対馬楽講座第3回の様子2

(厳原会場第3回「旅鳥の宝庫・対馬」の様子)

対馬楽講座第3回の様子1

(第3回の講師 対馬野鳥の会 会長 杉原 敏 さん)

 参加いただいた皆様、ありがとうございます!



 講座を受講し、より理解を深めてフィールドに出ると、対馬の自然の楽しさが倍増します。

 本日9/18(火)より後半戦です(^^)

 >>「対馬楽講座〜自然編〜」と「タフォニ」について(当協会ブログ2018.08.21 Tuesday)



【厳原会場 後半3回】

開催日時 平成30年9月18日(火)〜10月2日(火) 毎週火曜日 19:30〜21:00
会  場 対馬市交流センター3階 大会議室(長崎県対馬市厳原町今屋敷661-3)

9/18(火) ツシマヤマネコの過去・現在、そして未来
 講師 環境省 対馬自然保護官事務所 厳原事務室 自然保護官 永野 雄大

9/25(火) 植物にとっても「国境の島」? 対馬の植物とその分布の不思議
 講師 対馬市島おこし協働隊 生物多様性保全担当 山本 武能
 ※9/20(木)に上対馬会場でも開催します。

10/2(火) 陸橋の島 対馬の昆虫
 講師 対馬の自然と生き物の会 境 良朗


【上対馬会場 後半2回】

開催日時 平成30年9月20日(木)〜9月27日(木) 毎週木曜日 19:30〜21:00
会  場 上対馬総合センター 視聴覚室(長崎県対馬市上対馬町比田勝575-1)

9/20(木) 植物にとっても「国境の島」? 対馬の植物とその分布の不思議
講師 対馬市島おこし協働隊 生物多様性保全担当 山本 武能
 ※9/25(火)に厳原会場でも開催します。

9/27(木) ツシマヤマネコとつながる農林水産業
講演 一般社団法人MIT 代表理事 吉野 元



 そして、明日、いよいよあれが放送ですね(-_-;)

 >>にっぽんトレッキング100・歴史秘話ヒストリア 9/19(水)放送について(当協会ブログ2018.09.12 Wednesday)



クイズの答え: 107羽(たぶん)
記事カテゴリ: 対馬の自然

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.