(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
御岳・平岳縦走 〜ツシマヤマネコが棲むモミの原生林を歩く〜
 こんにちは、夏休みの宿題(トレッキングと神社の原稿)が終わらない局長Nです(-_-;)

 暑さも盛りを過ぎ、登山の問い合わせが増えてきました。

 これまでは、登山口から山頂までの往復ルートを紹介することが多かったのですが(登山口に置いた車に戻る必要もあるので)、少しずつ縦走ルートも紹介したいと思います。

 第一弾は、ツシマヤマネコが棲息する対馬北部の御岳〜平岳縦走ルート(御岳登山口〜御岳山頂〜平岳〜平岳登山口〜御岳登山口)の約10キロです。

御岳平岳縦走ルート

※地名表記は「御岳」「御嶽」が混在していますが、国土地理院の表記に従い、以下文章では「御岳」で統一します。


御岳公園

 御岳登山の起点は、上県町の瀬田〜佐護間の国道382号線上にある「御岳公園」です。

 トイレがあり、ここから北に0.2km進んで右折し、1.5km進めば、御岳登山口です。

 >>御岳公園(Googleマップ)


キタタキ説明板

 大正時代まで御岳には巨大なキツツキの仲間「キタタキ」が棲息していましたが、樹木の伐採や標本用の採集により、絶滅したと考えられています。

 キタタキの絶滅により国天然記念物の指定は解除されましたが、同時にヤイロチョウなどの貴重な鳥類の繁殖地として再指定されました。

御岳登山口

 御岳登山口の駐車場は広め。乗用車が7〜8台駐車可能。

 >>御岳登山口(Googleマップ)

鳥居

 登山口の鳥居。ここから先が聖域であることを示しています。

 御岳山頂の標高は479mで、登山口は標高120m。距離は1,520m。

階段

 登山開始からしばらくは急傾斜の階段が続きます。ここで息を切らすと後が続かないので、マイペースで。

モミ

 低域は植林地ですが、登山口からの距離900m(標高320m)付近から、モミの巨木が現れます。

ヤマネコ看板

 ツシマヤマネコを対象とする「御岳特定生物生息地保護林」の看板。

 野生のツシマヤマネコに遭遇するんじゃないかと、ドキドキしながら歩きます(^^;)

お堂

 登山口から1.2km地点(標高370m)に、お堂があります。まもなく山頂、ここで小休止。

 式内社・島大国魂神社に比定されていますが、本来は山自体が信仰の対象、ご神体だったんでしょうね。

御岳・平岳分岐点

 御岳と平岳の鞍部(あんぶ。つながった2つの山の尾根がくぼんでいるところ)が、両山の分岐点です。

 今回はここを東(左)に進んで御岳、戻ってきて、西(右)に進んで平岳を目指します。

倒木

 御岳山頂付近の迷いやすい地点。登山道に2本の倒木があるところ。

 1本目を乗り越え、2本目を乗り越えないで右に進むと、山頂に続くピンクのリボンが見えてきます。

山頂の鳥居

 山頂部も修験道の聖地。

磐座と石仏

 山頂には磐座(いわくら)があり、蔵王権現などの石像が祭られています。

 展望は目保呂ダム方面(南)のみ。

 登山口から山頂まで、ルートを知っている私の足で約1時間なので、初めての方・急傾斜が苦手な方は90分ほど見込んだほうがよいかと。

倒木

 御岳・平岳分岐点に戻り、平岳方向に進みます。

 平岳の名前の由来は、標高450mほどの平坦な尾根道が900m続く、なだらかな山容から。

 無数のモミの巨木が出現し、倒木も多く、植物・昆虫・菌類による死と再生のサイクルを感じることができます。

濃緑の登山道

 巨木と岩が濃緑の苔でおおわれ、神秘的でした。

 広葉樹と、整った姿の針葉樹モミが混交する、南部とは違った原始林の雰囲気もとてもよかったです。

一等三角点

 平岳には、対馬に3ヶ所しかない一等三角点があります。

 ルート的には、ここまで進んで、ちょっと戻って、平岳山頂(三角点)を迂回するような形で平岳登山口へ下りていきます。

 ちなみに他の2ヶ所は、厳原町の有明山(登山可)と、豊玉町の観音岳(登山不可。遭難事例あり)です。

伐採・展望

 平岳山頂迂回路ルートの途中、樹木の間から木漏れ日が射していたので寄り道してみると、地籍調査のため樹木が伐採されていました。

 千俵蒔山の風車も望める、新たな展望ポイントになりそうです。

 天気がよければなー(-_-;)

迷いやすい場所

 迷いやすい場所。

 右側にヤマネコ看板(御岳特定生物生息地保護林)が背を向けており、そちらが正解ルート。

 倒木などがあると見落として、左側を直進しがちです。

政界ルート・ヤマネコ看板

 正解ルート。写真左上方向が平岳登山口。

平岳登山口近くの登山道

 まもなく平岳登山口。

平岳登山口

 平岳登山口です。国土地理院の地図では「ドウ坂」と表記されています。

 通常、縦走する場合は、登山口と下山口が別になるので、車を2台使ったり、下山口から登山口まで歩きますが、今回は事前に自転車を置いておきました。

御岳公園・国道382号線

 2.6km緩やかな舗装道(旧道→国道)を下る(標高150m→50m)と御岳公園。

 さらに、そこから1.5km登る(標高50m→120m)と御岳登山口に戻ります。

 自転車でのこの微妙な登りがけっこうしんどかったので、御岳公園に車を置き、徒歩で御岳登山口まで歩き、帰路は御岳公園から車に乗れば楽だったかも。

御岳登山口の沢

 登山口の綺麗な沢で顔を洗うと、気分爽快です。


 今回は縦走ルートですが、体力、残り時間などにあわせて、コースを選んでくださいね。

1.ショートコース(往復3km): 御岳登山口〜御岳山頂〜御岳登山口
2.ミドルコース(往復5km): 御岳登山口〜御岳山頂〜平岳(一等三角点)〜御岳登山口
3.ロングコース(縦走10km): 御岳登山口〜御岳山頂〜平岳(一等三角点)〜平岳登山口〜国道382号線〜御岳登山口


 老若男女、すっかり定着した感のあるトレッキングですが、登山愛好者の趣向も多様化しています。

 その土地ならではの動植物を観察する
 原始林の雰囲気を楽しむ
 清浄な空気を吸いながらゆっくり歩く
 その山にまつわる歴史を楽しむ
 土地の人とふれあう
 その土地のおいしいものを食べる・飲む

 などなど、対馬の山にはそれらに応えられる多様性があるので、今後も徐々に紹介していきたいと思います。

 電子機器は過信せず(GPSも携帯も電池が切れればただのお荷物)、地図などの道具や雨具などの装備、体調にも気をつけて、山歩きを楽しんでくださいね。


ツシマヤマネコ

 いつかは逢いたい、野生のツシマヤマネコ。


 ちなみに、御岳公園の前は、バス停「御岳入口」です。

【南→北】
 厳原07:05→07:31対馬空港07:31→御岳入口09:00ころ(瀬田08:48と佐護09:01の間)→佐須奈09:14→比田勝09:28
 厳原11:00→11:26対馬空港11:29→御岳入口12:55ころ(瀬田12:46と佐護12:59の間)→佐須奈13:12→比田勝13:26
 厳原13:30→13:56対馬空港13:59→御岳入口15:20ころ(瀬田15:16と佐護15:29の間)→佐須奈15:42→比田勝15:56
 厳原18:30→18:56対馬空港19:00→御岳入口20:20ころ(瀬田20:17と佐護20:30の間)→佐須奈20:43→比田勝20:57

【北→南】
比田勝06:35→佐須奈06:49→御岳公園07:10ころ(佐護07:02と瀬田07:15の間)→08:32対馬空港08:35→厳原09:01
比田勝08:40→佐須奈08:54→御岳公園09:15ころ(佐護09:07と瀬田09:20の間)→10:37対馬空港10:40→厳原11:06
比田勝13:00→佐須奈13:14→御岳公園13:35ころ(佐護13:27と瀬田13:40の間)→14:59対馬空港15:05→厳原15:31
比田勝16:45→佐須奈16:59→御岳公園17:20ころ(佐護17:12と瀬田17:25の間)→18:44対馬空港18:49→厳原19:15

 上記時刻表は、平成28年4月1日〜28年9月30日まで。詳しくは対馬交通(0920-52-1810)にお問合せください。


 コースの詳細・写真・軌跡などは、今回ばっちりデータが取れた登山アプリYAMAPのページをご覧ください。
 >>局長Nの活動日記 御岳・平岳 〜ツシマヤマネコが棲むモミの原生林を歩く〜(登山アプリYAMAP) 

 特設ページ、対馬のトレッキング情報に御岳・平岳を追加しました。
 >>対馬のトレッキング情報 御岳・平岳(当協会WEBサイト)


 次回は、有明山、白嶽のロングコースを予定しています。
記事カテゴリ: アウトドア関係
全国の市町村で、山の数が一番多いのは対馬市?
 こんにちは、時間を見つけて上県町(かみあがたまち)の御岳(みたけ)に登りたいなあ、と思っている局長Nです。

 モミの原始林でツシマヤマネコ生息地、スミレの季節もいいのです。

 まあ、何よりもYAMAPのログデータを取りに行きたいのですが、置いといて(-_-)//


 さて、全国には約1740もの市町村があるそうですが、名前のある山の数が、全国で一番多いのが実は対馬市の177山です。

 栃木県日光市、新潟県阿賀町(同数2位)の129山より50も多く、佐渡島・屋久島などの約3倍。

日本の山を数えてみた

 情報ソースは、
 >>「日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密」(山と溪谷社)

 著者の石丸哲也さんが来島された際にお話を伺い、この情報をつかみにして、対馬の山の特集ページを公開しようと隙をうかがっておりましたが、やっとできた〜!(>_<)

 バナー・トレッキング
 >>対馬のトレッキング情報


 昨日、3/8(火)は、対馬楽講座・第3回
「国境の島に咲く花々〜対馬のオニユリを中心に〜」
 を開催しました。
 講師は、対馬の自然と文化を守る会の國分 英俊さん。

対馬楽講座第3回対馬の植物

 対馬の四季の植物、大陸系植物の紹介と、シカの食害やヒトによる盗掘、そのほか環境の変化などにより、対馬の植物たちが危機的な状況におかれていることなどをお話していただきました。

 そもそも関心がなければ、その魅力にも危機的状況にも心を動かされることはありません。講座をきっかけに自然について関心を抱き、家族や知り合いと(あるいは一人でも)、対馬の雄大な自然に親しんでもらえれば、と願っています。

 次回、3/15(火)対馬楽講座・第4回は、

「はじめてのトレッキング〜山歩きのススメ〜」

 内容: トレッキングって何?装備・道具について、対馬の山の魅力、迷った時の対処法など
 講師: 対馬観光ガイドの会やんこも 中島 新治さん

 会場は「観光情報館ふれあい処つしま」
 長崎県対馬市厳原町今屋敷672番地1  >>Googleマップ
 時間は10:00〜11:30、無料です。

 若干の空き席はありますので、受講希望の方は、TEL0920-52-1566までご連絡ください。
(連絡なしに来場されても、資料の準備ができません)

 おまけ情報。
 今年の8月11日は、はじめて国民の祝日となる「山の日」です。
 真夏やけど、なんかイベントするかな〜(-_-;)
記事カテゴリ: アウトドア関係
YAMAP始めました
 こんにちは、休みを丸1日つぶして、スマホ用アプリ「YAMAP」に対馬の山のデータをアップした局長Nです。

 事前に地図をダウンロードしておけば、携帯圏外でもGPSの電波を受信して地図上に現在地を示すことができるスグレモノで、福岡出身の登山愛好家・春山慶彦さんを中心に開発されたものです。



 >>YAMAP(公式サイト)


 登山の楽しみを共有し、登山者の生命を守るという点で非常に優れており、グッドデザイン賞(特別賞「ものづくりデザイン賞」)ほか数々の賞を受賞し、九州を代表する起業家(企業家)にも選出されています。

 >>YAMAP 春山慶彦の仕事観 「新しい発想は公私混同から生まれる」(CAREER HACK記事)

(↑人物、仕事のスタイル、発想などとても魅力的です)



 まあ、対馬の自然やトレッキングの魅力・楽しみを発信する身としては、

「山で誰かが遭難してます!!」

 という連絡ほど肝を冷やすものはないわけで、実際過去にも捜索活動に参加した経験があります。

 >>白嶽での遭難(道迷い)について(当協会ブログ2013.01.04)


 どれほど経験者であっても、どんなに慣れた道でも、事故や怪我、道迷いは起こります。

 一番大切なのは、生きて帰ることです。


白嶽

 YAMAPを使えば、危険な道迷いを極力減らすことができるので、昨年秋から準備を進めておりました。

 現在、有明山・清水山、白嶽、龍良山、城山(3時間、5時間)と、番外編のコロク神社(上対馬町琴)の計6本をアップしています。

 >>局長Nの活動日記(YAMAP)

 御岳とか砲台群、神社群などもアップしていかねば・・・。



 あ、YAMAPの過信は禁物です。

 どんなに携帯が高機能化しても、携帯の紛失・破損・電池切れ・浸水(非防水機種)などで使えないと無意味。山中で途方に暮れることになります。

 装備や道具(充電用のモバイルバッテリーなども)、紙の地図などの準備は万全に。

 ダウンロードしたけど使い方わからねー、とかもダメなので、近場で十分に練習してくださいね。

 登山情報を共有するSNSの機能もあるので、楽しみも増えるはずです。



おまけ

 YAMAPのフェイスブックでおすすめされていた「YAMABIKO」(NakamuraEmi)

頂上を目の前に引き返さねばならぬのなら
それも勇気だ 涙を拭って
何度でもまた登って前を向け 


記事カテゴリ: アウトドア関係
モンベルクラブ フレンドフェア2015(大阪)について
 こんにちは、昨日11/7(土)から大阪にいる局長Nです。

 雨です(-_-;)

 昨年に引き続き、総合アウトドアブランド「モンベル」のモンベルクラブ フレンドフェア(大阪)に出展しております。


プール

 今回も、会場であるインテックス大阪内に、巨大プール、クライミングウォールが出現しました。

ガッタンゴー

 NHKでドラマ化され、話題となったガッタンゴーも。

 >>ガッタンガッタンそれでもゴー!(NHK)

自転車

 自転車や・・・

カヤック

 カヤック、テントなどのさまざまなアウトドア関連商品が展示されています。

フレンドショップ

 モンベルと提携しているエリア、ショップなど、北から南までさまざまな団体が出展しています。

フレンドショップ一覧

 団体一覧。

対馬観光ガイドの会やんこも

 モンベルフレンドショップ「対馬観光ガイドの会やんこも」のブースは、こんな感じ。

どんぐり工作

 対馬で拾ったどんぐりや、海の石・シーグラス(摩滅して角がとれたガラス)などを使った工作体験をやったのですが、初日だけで100名近くの方が体験されました。

石虫ほか

 こういった体験モノは、お子様が多いイベントでは喜ばれるのですが、どう対馬を印象付け、実際に対馬に足を運んでいただくのかが課題です。

 2日目(本日11/8最終日)は、9:00〜16:00まで開催、会場はインテックス大阪です。
 関西在住の方、たまたま近くにいる方(殴)は、ぜひお越しください<(_ _)>

 入場できるのはモンベル会員様に限られますが、当日入会(年会費1,500円)も可能です。

 >>インテックス大阪(Googleマップ)


小茂田浜神社大祭

 本日11/8(日)、対馬では小茂田浜神社大祭が開催されます。
 10:00から神事、12:00から神幸式(武者行列)。豆餅・新米の販売も行われます。


 では、最終日、行ってきます〜。
記事カテゴリ: アウトドア関係
モンベルフレンドフェア(大阪)について
こんにちは、出張先の長崎・夢彩都(ゆめさいと)でブログの更新をしている局長Nです。
(スマホでっ!)

明日・明後日(2015/11/7、11/8)の2日間、大阪のイベント会場・インテックス大阪で、総合アウトドアブランド「モンベル」のフレンドフェアが開催されます。



モンベルクラブ フレンドフェア 大阪

我が「対馬観光ガイドの会やんこも」も、昨年に引き続き出展します!



開催時間は、初日土曜が9:00〜17:00、2日目は9:00〜16:00。

参加できるのは、モンベル会員(年会費1500円)とその友人・ご家族に限られますが、当日入会もできます。
友達がいない人はぜひ入会を!(殴)



モンベルクラブ フレンドフェア 大阪

関西ではなかなか入手できない、国境の島・対馬のアウトドア情報を、直接お届けします!

作家の椎名 誠さんなど、ゲストもいらっしゃるので、WEBページで内容を確認の上、遊びに来てくださいね(^-^)/
記事カテゴリ: アウトドア関係
奇跡のイベント「星空Café in TSUSHIMA」について
 こんにちは、「雨男のくせに最近イベント好天続きですね。体調悪いんですか?」とよく聞かれる局長Nです。

 やかましいわっ!(殴)


 さて、突然ですが、みなさまはキャンプ愛好者憧れのブランド「スノーピーク * Snow Peak」をご存知でしょうか?

スノーピーク

 知ってること前提で話を進めますが、万一「えっ?知らない・・・」という方は、こっそりWiki先生にお聞きください↓

 >>スノーピーク(Wikipedia)


 2015/10/31から11/1にかけて、スノーピークのキャンプイベントが対馬で開催されたのですが、いろいろな人の情熱や想いが重なり、二度と再現できないような「奇跡」のイベントになりましたので、そのご報告です。


 そもそもの始まりは、

対馬市から対馬でキャンプイベントを開催したい、と相談を受ける。

2月、市の担当者と一緒に、スノーピーク太宰府店に飛び込む。
(店長さんの奥様が協会のアウトドアモニターツアーで来島されていたことが判明)

3月、対馬のキャンプ場を視察していただき、イベントの場所を選定。
(もうひとつの店舗の店長さんが長崎県の五島出身であることが判明)

4月、スノーピークが運営を始めた奥日田キャンプフィールド(大分県)を視察。
(スタッフの方が対馬に住んでいたことがあったり、ご家族が対馬出身であることが判明)

10月、スノーピークのフェイスブックで参加者を募集したところ、主に福岡から約30名の方が参加を表明。

 というとんとん拍子でいろんな縁がつながり、イベントが実現できたのでした。


カヤック準備

 1日目は、シーカヤック班と城山(じょうやま)トレッキング班、キャンプ班に分かれて対馬の大自然を楽しんでいただきました。 

カヤックツアー

 空気が澄み、海上からも韓国の陸影が見えました。
 城山からは、これまでにないほど朝鮮半島がはっきり見えたそうです。

城山を望む

 無人島から、城山を望みます。
 7世紀、関東から防人(さきもり。国境守備兵)がこの地にやってきて、対馬を守っていました。

アナゴ弁当

 昼食は、「もぐもぐ」のお弁当・あなご丼。
 対馬の特産品、アナゴとシイタケがとても好評でした。

神話の里キャンプ場

 昼からは、「神話の里キャンプ場」(対馬市豊玉町)に移動。

 >>神話の里自然公園(Googleマップ)

テント設営

 みなさん、ゆっくりとテントを設営していました。
 忙しい日々の喧騒を離れ、ゆるやかな時間の流れに身をまかせるのも、キャンプの醍醐味。

フォトフレーム

 子どもたちには、シーグラスと貝殻を使ったフォトフレーム作り体験と・・・

ランタン

 ハロウィンにちなんだランタン作り体験を楽しんでいただきました。
 日が暮れて、ライトで中から照らすと綺麗なのです。

ライト

 6時には夕暮れが訪れました。
 スノーピーク印(^_^)

イカ王子

 ちょっとシャイなイカ王子の「たたきイカ体験」は、子どもたちに大人気。
 炙りたてのイカを金槌でたたいてほぐし、イカそのものの味を楽しんでいただきます。

 大人も「いやー、これは酒が飲みたくなるわ!」と絶賛。

マグロ

 解体ショー用のマグロが運びこまれました。ド迫力!

西山水産1

 対馬産養殖黒マグロ「トロの華」を鮮やかに解体しているのは、産地・美津島町尾崎にある西山水産のお二人です。

西山水産2

「すっげー!」「綺麗!」

マグロ解体ショー

 子どもたちも興味津々。

 マグロ、イカ、サザエ、とんちゃん、地酒など、対馬の食を堪能していただいていると・・・。


ずんだれ

 今年の夏、イベントで引っ張りだこの「ずんだれ」のライブが始まりました。
 アンコールがかかったこともあり、結局、未発表の新曲を2曲も披露することに(^^;)


 ↓名曲 Kizuna (You tube) ロケ地は対馬高校。
 ※クリックすると再生します。音量に注意。



 秋の夜が、静かに更けていきました。


抽選会1

 翌朝は、特産品が当たるジャンケン大会。
 みなさん、真剣です。

抽選会2

「どう?」「いいなー!」


記念撮影

 こうして、初めての試みとなった「星空Café in TSUSHIMA」は、無事、終了したのでした。

ろくべえ

 テント撤収後、みなさまは和多都美神社や烏帽子岳展望所などを観光し、厳原港へ。

お見送り

 子どもたちも、ずっと手を振ってくれました。

 イベントに参加されたパワーブロガーKさんの、美しい写真満載の「星空Cafe in TSUSHIMA」の記事もご覧ください。

 >>星空Cafe in Tsushima2015(神話の里キャンプ場)(nana to camping)


スニーピークマグ1

スニーピークマグ2

 この2日間が忘れられない想い出になってくれることを願い、スノーピークのオリジナルマグを製作し、参加者のみなさまに手渡しました。

 これでコーヒーや紅茶を飲むたびに、対馬のことを想い出してくださいね。
記事カテゴリ: アウトドア関係
アウトドアな日々、雄大な自然を楽しむ
 こんにちは、真夜中のブロガー、局長Nです(-_-)zZZ

 当協会では、ここ7年ほどアウトドアの情報発信に力を入れています。

 最初のうちは、それは協会の仕事?お前の趣味?という冷たい視線も感じましたが、アウトドアブームも安定期に入り、もうこっちのものです(殴)

 ここ数ヶ月のアウトドア関係の動きをお知らせします〜。


登山口

 2015年3月14〜15日(土・日)、登山や野鳥観察に特化した旅行会社アルパインツアーサービス株式会社様(以下、アルパイン社様)のツアーをご案内しました。

 >>対馬の山旅と壱岐〜白く輝く麗峰からは韓国の山影を望む〜(YAMAKEI ONLINE)

 登山に関する書籍も多い石丸哲也さんも参加され、インターネットの「週間ヤマケイ」に記事を掲載していただきました。

 >>「対馬・白嶽ほか 〜対馬の魅力を満喫した2泊3日〜」(週間ヤマケイ)
 ※かなりのページ数があり、対馬の記事はちょうど真ん中あたり。訂正: 記事中の協会会長→協会事務局長

有明山

 石丸さんによると、対馬は名前のついた山数が多い島のトップ(172山)で、2位の佐渡島、3位の屋久島の3倍ほどあるそうです。
 島の面積の89%を山地が占める地形と、山が信仰の対象であったり、航海の目印であるなど、名前をつけて識別する必要性も特別に高かったんでしょうね。

 7/24に、山名・山数に関する書籍「日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密」(ヤマケイ新書、武内 正、石丸 哲也)が発売予定。
 楽しみです(^^)


スノーピーク1

 4月11日(土)には、高品質のキャンプグッズ製作によりユーザーから絶大な支持を得ている「スノーピーク」が、大分県日田市で運営を開始したキャンプ場「奥日田キャンプフィールド」を視察しました。

スノーピーク2

 対馬でキャンプイベントを開催すべく、太宰府(だざいふ・福岡県)の「好日山荘」様経由でスノーピーク様に連絡し、ダメもとで直接訪問したところ、店長さんの奥様が協会のアウトドア・モニターツアーで来島されていたことが判明。

スノーピーク3

 不思議な縁もあり、とんとん拍子で話が進んだのでした。(説明が雑で、すいません)


 5月は、客船来島、ふれあい処つしまのオープン、総会などバタバタと時間が過ぎ、5/27〜28(水・木)、ふたたびアルパイン社様のツアーのご案内をしました。

有明山

 今回のガイドは、「中高年のための登山学」シリーズなどで有名な岩崎元郎さんと、アルパイン社 取締役・福岡営業所長で、マッターホルン、モンブラン、アコンカグア、チョモランマなど華麗な登山歴をもつ渡部秀樹さんという贅沢なツアーです。

白嶽1

 福岡集合・解散だったのですが、遠くは青森から参加されたお客様もいらっしゃいました。

白嶽2

白嶽3

 >>岩崎元郎さんと行く『山の遠足』 国境の島・対馬トレッキング 霊峰・白嶽、要塞の城山、有明山3日間(YAMAKEI ONLINE)



琵琶ドリームツアーズ1

 6/9(火)〜6/10(水)には、滋賀県にある登山・ハイキングなどに特化した旅行会社「琵琶ドリームツアーズ」ご一行様をご案内しました。

琵琶ドリームツアーズ2

 お客様はすべて滋賀県在住の方だったのですが、大津(滋賀の県庁所在地)に都を移したのが中大兄皇子(天智天皇)だったり、雨森芳洲の出身地だったり、朝鮮通信使だけが通行を許された朝鮮人街道があったり、滋賀と対馬のいろいろなつながりを発見できました。

 >>2015年6月8日〜11日 対馬・壱岐 有明山と歴史ロマンの城山(琵琶ドリームツアーズ)


 6月中旬には福岡のアウトドアショップを巡り、今年のモニターツアーのお声がけをしました。

アウトドアモニターツアー資料

A&Fカントリー


 各方面のアウトドア関係の方と繋がりが出来てきたので、面白いことができないか、いろいろ計画中です。


 8月下旬〜9月上旬、博多阪急様(博多駅8Fアウトドアフロア)で対馬アウトドアフェアの開催を相談中(3年目)。

 10月上旬、ザ・ノースフェイス様×アルパイン社様×当協会で、昨年台風によって中止になったあの企画のリベンジを計画中。

 10月下旬、スノーピーク様の協力を得て、対馬でキャンプイベントを企画中。


 7/1からは、ネット予約サイト最大手の「じゃらんネット」様で、対馬のシーカヤックツアーがネット予約できるようになります!

 じゃらん様がアクティビティ予約に乗り出し、いきなり8,500万円分のクーポンをばら撒くというとんでもない力のいれようです。
 やることがド派手ですね〜(^^;)

 >>遊び・体験予約(じゃらんネット)


 もういっちょ!

 スノーピーク様の九州の直営店は、太宰府、キャナルシティ博多、奥日田にあり、アクセスがちょっと不便だったのですが、本日6/26(金)、博多駅そばの「ヨドバシカメラマルチメディア博多」内にストアがオープンしました。

 >>Snow Peak Store ヨドバシカメラ マルチメディア博多店(Facebook)

記事カテゴリ: アウトドア関係
モンベルクラブ・フレンドフェア2014秋について
 こんにちは、ブログのなかでは2ヶ月前の時間を生きている局長Nです。

 えっ?去年の話?と言われそうでドキドキしています。


 さて、当協会ではここ数年、アウトドアに特化した情報発信を行っていますが、2014年11月8日(土)〜9日(日)にかけて、大阪で開催されたアウトドアブランド「モンベル」のフェアに参加しました。

インテックス大阪
 会場は、国際会議や見本市、イベントなどでよく利用される大阪住之江区南港のインテックス大阪。

フェア看板
 モンベルでは、年に2回ずつ大阪と横浜で、モンベルクラブの会員を対象としたフェアを開催しています。

カヤックプール
 フェアのヒトコマ。室内にカヤック体験ができるプールが出現!

クライミングタワー
 巨大なクライミングタワーも。

 講演会やアウトレット、素材の説明コーナーなどのほか、各地の出展者がブースを構えています。

ワークショップ
 「対馬観光ガイドの会やんこも」では、夏から準備をしていた、漂着物をつかったワークショップ(工作体験)を実施してみたのですが・・・。

ワークショップ残骸
 イベント2日分の材料(貝殻やシーグラスなど)が初日の午前中で無くなりました(-_-;)
 いつもは集客に苦心するのですが、今回は来場者がモンベルクラブの会員に限られているため、アウトドアに対する関心・好奇心が非常に強く、瞬殺でした・・・。

イベントブース
 ゲストは、アウトドア誌「BE PAL」などで有名なカヌーイストの野田 知佑(のだ ともすけ)さん、山岳ガイド・写真家の廣田勇介さん、モデルの仲川希良さん、モンベル会長の辰野 勇さんなど。

折紙体験
 漂着物が払底したので、内容を急遽、ツシマヤマネコの折紙体験に変更(-_-;)

辰野会長のカッパ
 辰野会長がブースに来られた際に事情を説明すると、「こんなのもあるよ」と河童を作っていただきましたので、勝手に展示(^^)

プレゼン
 「原始の森と不思議な生き物たちの島・対馬」と題してプレゼンも実施しました。

モンタ君
 モンベルフレンドフェアには今回初めて参加しましたが、来場される方も非常に好奇心旺盛で、手応えを感じました。
 九州郵船大阪支店のNさん、お疲れさまでした。
 ご来場いただいた皆様、辰野会長はじめスタッフの皆様、ありがとうございました<(_ _)>

シーグラス

 また貝殻やシーグラスを拾って、リベンジします!
記事カテゴリ: アウトドア関係
今里小学校・阿連小学校の白嶽登山について
 こんにちは、局長Nです。

 今年も残すところあと3週間ほどになりましたが、引き続き10月のイベントのご報告です(^^;)


 10月24日(金)、今里小学校(対馬市美津島町今里)と阿連小学校(厳原町阿連)の子どもたち合同の秋の鍛錬遠足で、九州百名山のひとつ「白嶽」(しらたけ。国指定天然記念物)に登るとのことで、ガイドとして参加しました。


白嶽
 当協会は「対馬観光ガイドの会やんこも」の事務局を受け持っており、島内の学校の歴史散策・軽登山などのガイドも行っています。

 対馬は、魏志倭人伝・古事記・万葉集などにも登場する悠久の歴史と多数の文化財、国指定特別史跡、ツシマヤマネコなどの貴重な大陸系生物や珍しい野鳥、国指定天然記念物の原始林(が島内に3つも!)などなど、歴史と自然の宝庫です。

 が、それらに触れる機会がないと、島内外で対馬のことを聞かれても「何もないよ〜」と答えてしまうという残念なことになります。

 観光物産協会としては、子どもたちに島の素晴らしさを伝え、島外からお客様が来島された際に、自信をもって案内できる体制を築き、将来の宣伝マン・ガイドになってほしいなあ、と考えているのです。

 さて、前置きは置いといて(-_-)//

自己紹介
 今回は2つの小学校の合同行事なので、まずは自己紹介。
 ちびっこたち、かわいいです(^^)

登山の様子
 友達と協力しながら体を鍛え、山に親しんでもらい、対馬の自然・生き物について学ぶことが今回のテーマです。

 途中の休憩スペースで、対馬の植生の不思議と、なぜツシマヤマネコなど氷河期の生物が生き残っているのか、説明をしました。

 できるだけわかりやすく話したのですが、覚えてくれてるかな?

登山の様子
 山頂近くはかなりの傾斜ですが、体の重い大人よりも、子どもたちの方が機敏です。

 先生方のほうが「登れるかな・・・」「明日、筋肉痛、確定(ぜえ、ぜえ)」と。

広場にて
 山頂近くの広場にて。

 「疲れたー!」「楽勝!」

 さすがに回復も早いです。

岩のテラス
 1年生がいることもあり、山頂は岩盤が露出して危険なので、今回は「岩のテラス」まで。

昼食の様子
 「岩のテラス」は、眺めのいい絶好のお弁当スペースです。

 山頂は狭く、突風が吹くこともあり、他の登山者も利用するので、昼食はここがオススメ。

山頂
 岩のテラスから見た山頂はここ。
 今度、少人数の時に登りましょう(^^)

 >>九州百名山 白嶽トレッキング(対馬観光モデルコース)

下山の様子
 帰路は、意外なことに、高学年や大人より低学年の下山スピードがかなり早かったです。
 体の重さも関係しているんでしょうね。

 「1年生、早すぎ!」

下山中の様子
 「楽勝、楽勝! 山歩き、楽しい」

集合写真
 登山口にて記念撮影。

 事故・怪我もなく、天候にも恵まれ、楽しい1日となりました。

 参加してくれた子どもたち、先生方、保護者のみなさま、お疲れ様でした。

 ありがとうございました<(_ _)>


 山は危険な場所ですが、多様性に満ち、日常から解放され、新たな自分と自然の素晴らしさを確認できる場でもあります。

 島の子どもたちが、この島の魅力を楽しく案内できる日がやってくることを願いつつ。


 職場に帰ったら、久々の山であんたが一番楽しかったやろ? と言われました。

 その通り!
記事カテゴリ: アウトドア関係
「モンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋」の準備について
 こんにちは、昨日からの正体不明の体調不良のまま、今日大阪に来ている局長Nです。

 スタッフから、「顔色がスライムみたいやね」(たぶん青い方)と言われました(-_-;)


 さて、何しに来ているとかいうと・・・。

インテックス大阪

モーターショー、国際会議などの大型イベントがよく開催されるインテックス大阪(Googleマップ) で、

アウトドア総合メーカー「モンベル」のフレンドフェアが明日・明後日(11/8〜11/9)に開催されるのです。

カヤック・プール

準備のため会場に行ってみると、カヤック体験用にプールが!
(スマホ写真なので画質がイマイチですいません)

ボルダリング・ウォール

クライミング用のタワーも。

各ブース

そして各ブースでは、オリンパスや阪急交通社、郵船トラベル(来年の客船にっぽん丸ツアーではお世話になります!)などの大企業や有名観光地に混じって、

やんこもブース1

我が「対馬観光ガイドの会やんこも」が!

やんこもブース2

モンベルのイベントに、こんなマイナーな団体が殴りこみをかけたことがあったでしょうか!
(あるかも!)

協賛品リスト

 協賛品の数々。

 思ったより渋く、クリアファイルとかポストカードが多いのですが、

「やんこも」では、「ツシマヤマネコ米」(新米!450g×5袋を10箱)、かすまき50本、藻塩50個という大盤振る舞い!

 物量と気合、米だけで2.5kgという、もらう人の持ち帰りを考慮しない点などはどこにも負けません!


モンタくん

モンベルのマスコット。熊のモンタくんも見参!

ワークショップスペース

 11月9日(日)11:25〜11:40の私の戦場、ワークショップスペースです。

 ニュージーランド政府観光局や長野県警山岳救助隊、アルパインツアーなどの面々に混ざって、「原始の森と不思議な生き物たちの島・対馬」と題してプレゼンします。

 >>ステージイベント・ゲスト&ワークショップスケジュール(PDFファイル)


 明日は、左足指を骨折しているトレッキング担当Aに全てを任せて会場を楽しみ、明後日のプレゼンに備えます。
(こんな体調不良コンビで大丈夫なんですかね)

 いまの懸念事項は、これからプレゼンの練習をするのに発熱気味なのと、モンベルのフェアなのに「THE NORTH FACE」のトレッキングシューズを履いてきたため、ホンダの社員なのにトヨタの車で出社したような状態に陥っていることです。


 日曜には体調が回復して大阪に雨を降らせる予定なので、予定が潰れた関西近郊のみなさま、ぜひインテックス大阪へお越しください<(_ _)>

 >>「モンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋」(大阪)
記事カテゴリ: アウトドア関係

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.