(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
奇跡のイベント「星空Café in TSUSHIMA」について
 こんにちは、「雨男のくせに最近イベント好天続きですね。体調悪いんですか?」とよく聞かれる局長Nです。

 やかましいわっ!(殴)


 さて、突然ですが、みなさまはキャンプ愛好者憧れのブランド「スノーピーク * Snow Peak」をご存知でしょうか?

スノーピーク

 知ってること前提で話を進めますが、万一「えっ?知らない・・・」という方は、こっそりWiki先生にお聞きください↓

 >>スノーピーク(Wikipedia)


 2015/10/31から11/1にかけて、スノーピークのキャンプイベントが対馬で開催されたのですが、いろいろな人の情熱や想いが重なり、二度と再現できないような「奇跡」のイベントになりましたので、そのご報告です。


 そもそもの始まりは、

対馬市から対馬でキャンプイベントを開催したい、と相談を受ける。

2月、市の担当者と一緒に、スノーピーク太宰府店に飛び込む。
(店長さんの奥様が協会のアウトドアモニターツアーで来島されていたことが判明)

3月、対馬のキャンプ場を視察していただき、イベントの場所を選定。
(もうひとつの店舗の店長さんが長崎県の五島出身であることが判明)

4月、スノーピークが運営を始めた奥日田キャンプフィールド(大分県)を視察。
(スタッフの方が対馬に住んでいたことがあったり、ご家族が対馬出身であることが判明)

10月、スノーピークのフェイスブックで参加者を募集したところ、主に福岡から約30名の方が参加を表明。

 というとんとん拍子でいろんな縁がつながり、イベントが実現できたのでした。


カヤック準備

 1日目は、シーカヤック班と城山(じょうやま)トレッキング班、キャンプ班に分かれて対馬の大自然を楽しんでいただきました。 

カヤックツアー

 空気が澄み、海上からも韓国の陸影が見えました。
 城山からは、これまでにないほど朝鮮半島がはっきり見えたそうです。

城山を望む

 無人島から、城山を望みます。
 7世紀、関東から防人(さきもり。国境守備兵)がこの地にやってきて、対馬を守っていました。

アナゴ弁当

 昼食は、「もぐもぐ」のお弁当・あなご丼。
 対馬の特産品、アナゴとシイタケがとても好評でした。

神話の里キャンプ場

 昼からは、「神話の里キャンプ場」(対馬市豊玉町)に移動。

 >>神話の里自然公園(Googleマップ)

テント設営

 みなさん、ゆっくりとテントを設営していました。
 忙しい日々の喧騒を離れ、ゆるやかな時間の流れに身をまかせるのも、キャンプの醍醐味。

フォトフレーム

 子どもたちには、シーグラスと貝殻を使ったフォトフレーム作り体験と・・・

ランタン

 ハロウィンにちなんだランタン作り体験を楽しんでいただきました。
 日が暮れて、ライトで中から照らすと綺麗なのです。

ライト

 6時には夕暮れが訪れました。
 スノーピーク印(^_^)

イカ王子

 ちょっとシャイなイカ王子の「たたきイカ体験」は、子どもたちに大人気。
 炙りたてのイカを金槌でたたいてほぐし、イカそのものの味を楽しんでいただきます。

 大人も「いやー、これは酒が飲みたくなるわ!」と絶賛。

マグロ

 解体ショー用のマグロが運びこまれました。ド迫力!

西山水産1

 対馬産養殖黒マグロ「トロの華」を鮮やかに解体しているのは、産地・美津島町尾崎にある西山水産のお二人です。

西山水産2

「すっげー!」「綺麗!」

マグロ解体ショー

 子どもたちも興味津々。

 マグロ、イカ、サザエ、とんちゃん、地酒など、対馬の食を堪能していただいていると・・・。


ずんだれ

 今年の夏、イベントで引っ張りだこの「ずんだれ」のライブが始まりました。
 アンコールがかかったこともあり、結局、未発表の新曲を2曲も披露することに(^^;)


 ↓名曲 Kizuna (You tube) ロケ地は対馬高校。
 ※クリックすると再生します。音量に注意。



 秋の夜が、静かに更けていきました。


抽選会1

 翌朝は、特産品が当たるジャンケン大会。
 みなさん、真剣です。

抽選会2

「どう?」「いいなー!」


記念撮影

 こうして、初めての試みとなった「星空Café in TSUSHIMA」は、無事、終了したのでした。

ろくべえ

 テント撤収後、みなさまは和多都美神社や烏帽子岳展望所などを観光し、厳原港へ。

お見送り

 子どもたちも、ずっと手を振ってくれました。

 イベントに参加されたパワーブロガーKさんの、美しい写真満載の「星空Cafe in TSUSHIMA」の記事もご覧ください。

 >>星空Cafe in Tsushima2015(神話の里キャンプ場)(nana to camping)


スニーピークマグ1

スニーピークマグ2

 この2日間が忘れられない想い出になってくれることを願い、スノーピークのオリジナルマグを製作し、参加者のみなさまに手渡しました。

 これでコーヒーや紅茶を飲むたびに、対馬のことを想い出してくださいね。
記事カテゴリ: アウトドア関係
アウトドアな日々、雄大な自然を楽しむ
 こんにちは、真夜中のブロガー、局長Nです(-_-)zZZ

 当協会では、ここ7年ほどアウトドアの情報発信に力を入れています。

 最初のうちは、それは協会の仕事?お前の趣味?という冷たい視線も感じましたが、アウトドアブームも安定期に入り、もうこっちのものです(殴)

 ここ数ヶ月のアウトドア関係の動きをお知らせします〜。


登山口

 2015年3月14〜15日(土・日)、登山や野鳥観察に特化した旅行会社アルパインツアーサービス株式会社様(以下、アルパイン社様)のツアーをご案内しました。

 >>対馬の山旅と壱岐〜白く輝く麗峰からは韓国の山影を望む〜(YAMAKEI ONLINE)

 登山に関する書籍も多い石丸哲也さんも参加され、インターネットの「週間ヤマケイ」に記事を掲載していただきました。

 >>「対馬・白嶽ほか 〜対馬の魅力を満喫した2泊3日〜」(週間ヤマケイ)
 ※かなりのページ数があり、対馬の記事はちょうど真ん中あたり。訂正: 記事中の協会会長→協会事務局長

有明山

 石丸さんによると、対馬は名前のついた山数が多い島のトップ(172山)で、2位の佐渡島、3位の屋久島の3倍ほどあるそうです。
 島の面積の89%を山地が占める地形と、山が信仰の対象であったり、航海の目印であるなど、名前をつけて識別する必要性も特別に高かったんでしょうね。

 7/24に、山名・山数に関する書籍「日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密」(ヤマケイ新書、武内 正、石丸 哲也)が発売予定。
 楽しみです(^^)


スノーピーク1

 4月11日(土)には、高品質のキャンプグッズ製作によりユーザーから絶大な支持を得ている「スノーピーク」が、大分県日田市で運営を開始したキャンプ場「奥日田キャンプフィールド」を視察しました。

スノーピーク2

 対馬でキャンプイベントを開催すべく、太宰府(だざいふ・福岡県)の「好日山荘」様経由でスノーピーク様に連絡し、ダメもとで直接訪問したところ、店長さんの奥様が協会のアウトドア・モニターツアーで来島されていたことが判明。

スノーピーク3

 不思議な縁もあり、とんとん拍子で話が進んだのでした。(説明が雑で、すいません)


 5月は、客船来島、ふれあい処つしまのオープン、総会などバタバタと時間が過ぎ、5/27〜28(水・木)、ふたたびアルパイン社様のツアーのご案内をしました。

有明山

 今回のガイドは、「中高年のための登山学」シリーズなどで有名な岩崎元郎さんと、アルパイン社 取締役・福岡営業所長で、マッターホルン、モンブラン、アコンカグア、チョモランマなど華麗な登山歴をもつ渡部秀樹さんという贅沢なツアーです。

白嶽1

 福岡集合・解散だったのですが、遠くは青森から参加されたお客様もいらっしゃいました。

白嶽2

白嶽3

 >>岩崎元郎さんと行く『山の遠足』 国境の島・対馬トレッキング 霊峰・白嶽、要塞の城山、有明山3日間(YAMAKEI ONLINE)



琵琶ドリームツアーズ1

 6/9(火)〜6/10(水)には、滋賀県にある登山・ハイキングなどに特化した旅行会社「琵琶ドリームツアーズ」ご一行様をご案内しました。

琵琶ドリームツアーズ2

 お客様はすべて滋賀県在住の方だったのですが、大津(滋賀の県庁所在地)に都を移したのが中大兄皇子(天智天皇)だったり、雨森芳洲の出身地だったり、朝鮮通信使だけが通行を許された朝鮮人街道があったり、滋賀と対馬のいろいろなつながりを発見できました。

 >>2015年6月8日〜11日 対馬・壱岐 有明山と歴史ロマンの城山(琵琶ドリームツアーズ)


 6月中旬には福岡のアウトドアショップを巡り、今年のモニターツアーのお声がけをしました。

アウトドアモニターツアー資料

A&Fカントリー


 各方面のアウトドア関係の方と繋がりが出来てきたので、面白いことができないか、いろいろ計画中です。


 8月下旬〜9月上旬、博多阪急様(博多駅8Fアウトドアフロア)で対馬アウトドアフェアの開催を相談中(3年目)。

 10月上旬、ザ・ノースフェイス様×アルパイン社様×当協会で、昨年台風によって中止になったあの企画のリベンジを計画中。

 10月下旬、スノーピーク様の協力を得て、対馬でキャンプイベントを企画中。


 7/1からは、ネット予約サイト最大手の「じゃらんネット」様で、対馬のシーカヤックツアーがネット予約できるようになります!

 じゃらん様がアクティビティ予約に乗り出し、いきなり8,500万円分のクーポンをばら撒くというとんでもない力のいれようです。
 やることがド派手ですね〜(^^;)

 >>遊び・体験予約(じゃらんネット)


 もういっちょ!

 スノーピーク様の九州の直営店は、太宰府、キャナルシティ博多、奥日田にあり、アクセスがちょっと不便だったのですが、本日6/26(金)、博多駅そばの「ヨドバシカメラマルチメディア博多」内にストアがオープンしました。

 >>Snow Peak Store ヨドバシカメラ マルチメディア博多店(Facebook)

記事カテゴリ: アウトドア関係
モンベルクラブ・フレンドフェア2014秋について
 こんにちは、ブログのなかでは2ヶ月前の時間を生きている局長Nです。

 えっ?去年の話?と言われそうでドキドキしています。


 さて、当協会ではここ数年、アウトドアに特化した情報発信を行っていますが、2014年11月8日(土)〜9日(日)にかけて、大阪で開催されたアウトドアブランド「モンベル」のフェアに参加しました。

インテックス大阪
 会場は、国際会議や見本市、イベントなどでよく利用される大阪住之江区南港のインテックス大阪。

フェア看板
 モンベルでは、年に2回ずつ大阪と横浜で、モンベルクラブの会員を対象としたフェアを開催しています。

カヤックプール
 フェアのヒトコマ。室内にカヤック体験ができるプールが出現!

クライミングタワー
 巨大なクライミングタワーも。

 講演会やアウトレット、素材の説明コーナーなどのほか、各地の出展者がブースを構えています。

ワークショップ
 「対馬観光ガイドの会やんこも」では、夏から準備をしていた、漂着物をつかったワークショップ(工作体験)を実施してみたのですが・・・。

ワークショップ残骸
 イベント2日分の材料(貝殻やシーグラスなど)が初日の午前中で無くなりました(-_-;)
 いつもは集客に苦心するのですが、今回は来場者がモンベルクラブの会員に限られているため、アウトドアに対する関心・好奇心が非常に強く、瞬殺でした・・・。

イベントブース
 ゲストは、アウトドア誌「BE PAL」などで有名なカヌーイストの野田 知佑(のだ ともすけ)さん、山岳ガイド・写真家の廣田勇介さん、モデルの仲川希良さん、モンベル会長の辰野 勇さんなど。

折紙体験
 漂着物が払底したので、内容を急遽、ツシマヤマネコの折紙体験に変更(-_-;)

辰野会長のカッパ
 辰野会長がブースに来られた際に事情を説明すると、「こんなのもあるよ」と河童を作っていただきましたので、勝手に展示(^^)

プレゼン
 「原始の森と不思議な生き物たちの島・対馬」と題してプレゼンも実施しました。

モンタ君
 モンベルフレンドフェアには今回初めて参加しましたが、来場される方も非常に好奇心旺盛で、手応えを感じました。
 九州郵船大阪支店のNさん、お疲れさまでした。
 ご来場いただいた皆様、辰野会長はじめスタッフの皆様、ありがとうございました<(_ _)>

シーグラス

 また貝殻やシーグラスを拾って、リベンジします!
記事カテゴリ: アウトドア関係
今里小学校・阿連小学校の白嶽登山について
 こんにちは、局長Nです。

 今年も残すところあと3週間ほどになりましたが、引き続き10月のイベントのご報告です(^^;)


 10月24日(金)、今里小学校(対馬市美津島町今里)と阿連小学校(厳原町阿連)の子どもたち合同の秋の鍛錬遠足で、九州百名山のひとつ「白嶽」(しらたけ。国指定天然記念物)に登るとのことで、ガイドとして参加しました。


白嶽
 当協会は「対馬観光ガイドの会やんこも」の事務局を受け持っており、島内の学校の歴史散策・軽登山などのガイドも行っています。

 対馬は、魏志倭人伝・古事記・万葉集などにも登場する悠久の歴史と多数の文化財、国指定特別史跡、ツシマヤマネコなどの貴重な大陸系生物や珍しい野鳥、国指定天然記念物の原始林(が島内に3つも!)などなど、歴史と自然の宝庫です。

 が、それらに触れる機会がないと、島内外で対馬のことを聞かれても「何もないよ〜」と答えてしまうという残念なことになります。

 観光物産協会としては、子どもたちに島の素晴らしさを伝え、島外からお客様が来島された際に、自信をもって案内できる体制を築き、将来の宣伝マン・ガイドになってほしいなあ、と考えているのです。

 さて、前置きは置いといて(-_-)//

自己紹介
 今回は2つの小学校の合同行事なので、まずは自己紹介。
 ちびっこたち、かわいいです(^^)

登山の様子
 友達と協力しながら体を鍛え、山に親しんでもらい、対馬の自然・生き物について学ぶことが今回のテーマです。

 途中の休憩スペースで、対馬の植生の不思議と、なぜツシマヤマネコなど氷河期の生物が生き残っているのか、説明をしました。

 できるだけわかりやすく話したのですが、覚えてくれてるかな?

登山の様子
 山頂近くはかなりの傾斜ですが、体の重い大人よりも、子どもたちの方が機敏です。

 先生方のほうが「登れるかな・・・」「明日、筋肉痛、確定(ぜえ、ぜえ)」と。

広場にて
 山頂近くの広場にて。

 「疲れたー!」「楽勝!」

 さすがに回復も早いです。

岩のテラス
 1年生がいることもあり、山頂は岩盤が露出して危険なので、今回は「岩のテラス」まで。

昼食の様子
 「岩のテラス」は、眺めのいい絶好のお弁当スペースです。

 山頂は狭く、突風が吹くこともあり、他の登山者も利用するので、昼食はここがオススメ。

山頂
 岩のテラスから見た山頂はここ。
 今度、少人数の時に登りましょう(^^)

 >>九州百名山 白嶽トレッキング(対馬観光モデルコース)

下山の様子
 帰路は、意外なことに、高学年や大人より低学年の下山スピードがかなり早かったです。
 体の重さも関係しているんでしょうね。

 「1年生、早すぎ!」

下山中の様子
 「楽勝、楽勝! 山歩き、楽しい」

集合写真
 登山口にて記念撮影。

 事故・怪我もなく、天候にも恵まれ、楽しい1日となりました。

 参加してくれた子どもたち、先生方、保護者のみなさま、お疲れ様でした。

 ありがとうございました<(_ _)>


 山は危険な場所ですが、多様性に満ち、日常から解放され、新たな自分と自然の素晴らしさを確認できる場でもあります。

 島の子どもたちが、この島の魅力を楽しく案内できる日がやってくることを願いつつ。


 職場に帰ったら、久々の山であんたが一番楽しかったやろ? と言われました。

 その通り!
記事カテゴリ: アウトドア関係
「モンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋」の準備について
 こんにちは、昨日からの正体不明の体調不良のまま、今日大阪に来ている局長Nです。

 スタッフから、「顔色がスライムみたいやね」(たぶん青い方)と言われました(-_-;)


 さて、何しに来ているとかいうと・・・。

インテックス大阪

モーターショー、国際会議などの大型イベントがよく開催されるインテックス大阪(Googleマップ) で、

アウトドア総合メーカー「モンベル」のフレンドフェアが明日・明後日(11/8〜11/9)に開催されるのです。

カヤック・プール

準備のため会場に行ってみると、カヤック体験用にプールが!
(スマホ写真なので画質がイマイチですいません)

ボルダリング・ウォール

クライミング用のタワーも。

各ブース

そして各ブースでは、オリンパスや阪急交通社、郵船トラベル(来年の客船にっぽん丸ツアーではお世話になります!)などの大企業や有名観光地に混じって、

やんこもブース1

我が「対馬観光ガイドの会やんこも」が!

やんこもブース2

モンベルのイベントに、こんなマイナーな団体が殴りこみをかけたことがあったでしょうか!
(あるかも!)

協賛品リスト

 協賛品の数々。

 思ったより渋く、クリアファイルとかポストカードが多いのですが、

「やんこも」では、「ツシマヤマネコ米」(新米!450g×5袋を10箱)、かすまき50本、藻塩50個という大盤振る舞い!

 物量と気合、米だけで2.5kgという、もらう人の持ち帰りを考慮しない点などはどこにも負けません!


モンタくん

モンベルのマスコット。熊のモンタくんも見参!

ワークショップスペース

 11月9日(日)11:25〜11:40の私の戦場、ワークショップスペースです。

 ニュージーランド政府観光局や長野県警山岳救助隊、アルパインツアーなどの面々に混ざって、「原始の森と不思議な生き物たちの島・対馬」と題してプレゼンします。

 >>ステージイベント・ゲスト&ワークショップスケジュール(PDFファイル)


 明日は、左足指を骨折しているトレッキング担当Aに全てを任せて会場を楽しみ、明後日のプレゼンに備えます。
(こんな体調不良コンビで大丈夫なんですかね)

 いまの懸念事項は、これからプレゼンの練習をするのに発熱気味なのと、モンベルのフェアなのに「THE NORTH FACE」のトレッキングシューズを履いてきたため、ホンダの社員なのにトヨタの車で出社したような状態に陥っていることです。


 日曜には体調が回復して大阪に雨を降らせる予定なので、予定が潰れた関西近郊のみなさま、ぜひインテックス大阪へお越しください<(_ _)>

 >>「モンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋」(大阪)
記事カテゴリ: アウトドア関係
「モンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋」(大阪)について
 こんにちは、コードネームは「ポンポコピー!」(事務仕事が溜まって壊れかけの状態を表現する擬音)、局長Nです。

 大阪でのイベントのお知らせです!




 アウトドア総合メーカーの「モンベル」をご存知でしょうか?

 登山家でもある辰野 勇さんが1975年に創業し、コアなファンが多いことで知られる国内アウトドアブランドの雄です。

 そのモンベルが会員(モンベルクラブ)向けに開催しているモンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋(大阪会場)に、「対馬観光ガイドの会やんこも」として出展します!


モンベルクラブ フレンドフェア 2014 秋

日時: 2014年11月8日(土)〜9日(日) (8日は9:00〜17:00、9日は9:00〜16:00)
場所: インテックス大阪 (大阪府大阪市 住之江区南港北1−5−102) >>Googleマップ


 大型商品の展示やアウトレットの販売のほか、カヌーイスト・作家の野田知佑さん、モデルの仲川希良さん、山岳ガイド・フォトグラファーの廣田勇介さん、モンベルグループ代表の辰野 勇さんなど豪華なゲスト陣もお楽しみです。
 大阪近郊の方、ぜひお越しください!
 ※モンベルクラブ会員のみ入場できます。当日入会(年会費1,500円)も可能です。


 11月9日(日)11:25〜11:40の間、ワークショップスペースにて、「原始の森と不思議な生き物たちの島・対馬」と題して(そうそうたる面々にこっそり混ざって)プレゼンしてきます。

 >>ステージイベント・ゲスト&ワークショップスケジュール

 >>フレンドショップ「対馬観光ガイドの会やんこも」


 >>自分たちが欲しいものを、作って売れ! (モンベル会長 辰野 勇 氏) カンブリア宮殿(テレビ東京)2009年8月17日 放送 

 >>ANAセとモンベル提携、「エコトラック」で地域振興、鳥取から(Travel vision 2014年11月5日)
記事カテゴリ: アウトドア関係
アウトドアモニターツアー「Foxfire 渋すぎ女子旅編」
 こんにちは、イベントのブログ報告が溜まっている局長Nです。

 1ヶ月ほど遡りながら、お伝えします(-_-;)


 2014年9月30日、今年度最後(たぶん)のアウトドアモニターツアーを実施しました。

 渓流釣りなどで著名なアウトドアブランドFoxfireFACTORY OUTLET 福岡のAさんと、博多阪急店のUさん、女性2名のアウトドアツアーとなりました。

 初日は、九州郵船の深夜フェリーで朝7:00に対馬・厳原港(いづはらこう)下船。
 (深夜0時ころ博多港から乗船すると、午前5時前ぎに対馬に到着します。そのまま下船するか、7時まで滞船できます)

万松院1

 シーカヤックツアー開始まで少し時間があるので、いつもは公園で朝ごはんを食べたり、野鳥の観察に行ったりするのですが、今回は「歴史散策がしたい、ご朱印がほしい」という渋いリクエストに応じて、対馬藩主・宗家の菩提寺・万松院(ばんしょういん)へ。

万松院2

 いつもとはちょっと違ったオープニングとなりました(^^)

 >>対馬藩主・宗家の菩提寺・万松院(Googleマップ)


カヤックツアー1

 今回のシーカヤックガイドは、対馬カヤックスの中澤さんです。

(後ろにいる修行中のお坊さんのような人は、協会の観光担当「よりぼう」です)

シーカヤックツアー2

ちょっと曇り空ですが、波穏やかな浅茅湾(あそうわん)に漕ぎ出しました。

鋸割岩

 今回はお二人ともシングル艇を希望で、かっこいいです。


ダンギク

 大吉戸神社前から上陸し、ちょっとトレッキング。
 9月下旬、対馬の秋の花「ダンギク」が見ごろを迎えていました。

金田城

 7世紀、防人(さきもり)の時代に築かれた古代山城・金田城(かなたのき)の城壁の一部です。
 裏側は沢なのですが、右下に見える排水溝の機能をもつ穴のおかげで、水圧による決壊を免れています。

 1300年前の土木技術もすごいものです。

ろくべえ

 昼食は郷土料理「ろくべえ」。
 サツマイモを原料とする対馬独自の麺料理なのですが、外で食べるとまた格別の味です。

 >>心を解放する旅 浅茅湾シーカヤック(対馬観光モデルコース)


石屋根

 シーカヤックツアー終了後、リクエストにより厳原町椎根(いづはらまち・しいね)の「石屋根」(いしやね)を見に行きました。

 巨大な石材を使った対馬独自の伝統的建築物です。

 今回は選択が渋いです(^^;)


きのこ

 翌日は、シーカヤックでも探訪した城山トレッキング。

 リクエストは「きのこ」。

 渋すぎる(-_-;)

こうもり

 7世紀に古代山城が築かれた城山(じょうやま)には、明治期に対ロシアへの備えとして「城山砲台」が建造されました。

 「きゃー!コウモリ! かわいー!」

山頂にて

 山頂にて。

 国境の海を眺めながらランチ中のUさんと、明治時代に刻まれた碑文を読んでいるAさん。

山頂にて2

 Uさんが見つめる水平線の先には、朝鮮半島があります。

 海上の道は大陸へとつながっているのです。

 >>防人が築いた古代要塞 金田城トレッキング(対馬観光モデルコース)


ポーズ1

 渋く締めようと思ったけど、こんなポーズ(-_-;)

ポーズ2

 なんだ、これは(-_-;)


記念撮影

 こうして2日間のシーカヤック&トレッキングのモニターツアーが終了したのでした。

 FoxfireのAさん・Uさん、ありがとうございました!

(後ろにいるのは、男より男らしい協会女子チームです。(婦人部というと怒られるので注意))

お見送り

 「また来てね〜」

 福岡での対馬のPR、よろしくお願いいたします<(_ _)>

記事カテゴリ: アウトドア関係
対馬アウトドアモニターツアー「ちょっぴりランドネ風」
 こんにちは、韓国出張中、プサン駅横の東横インから局長Nです。

 出張中にブログ更新しなくても、と自分でも思うのですが、情報発信が追い付かないのでコマ切れ時間を活用します(殴)


 さて、9月10日(水)〜11(木)の2日間、今年2回目の対馬アウトドア・モニターツアーを実施しました。

 アウトドアブランド「マウンテンハードウェア(キャナルシティオ―パ店)」の山ガールTさんと、「コロンビア スポーツウェア(アミュプラザ博多店=博多駅)」のHさんに、浅茅湾シーカヤックと白嶽トレッキングを楽しんでいただきました。

 前回の博多阪急様のモニターは初日が荒天、2日目は最高の天気でしたが、今回は2日とも好天に恵まれました。


 モニターツアー初日はいつものように、九州郵船の深夜フェリーで対馬・厳原港、朝7時に下船です。

 (ちなみに、対馬アウトドアモニターツアーとはこんな事業です)


いさり火公園

 カヤックツアーまでに時間があるので、朝日が綺麗な漁火(いさりび)公園(Googleマップ)へ。

 いつもの参加者はフナメンよりも男らしい女性が多い(失礼)のですが、今回は女性アウトドア誌「ランドネ」風。

変な人よりぼう

 今回のツアーガイドは、対馬カヤックス

 中央の変な人は、今回モニターツアー初参加の協会スタッフ観光担当「よりぼう」です。

パドリング講習

 ガイドの中澤さんは、韓国や佐賀県呼子まで漕いでいったという猛者ですが、なんだかとても嬉しそうに見えるのは私だけ??

パドリング講習

 パドリングの講習を受けて、いざ海へ!

ツアーの様子

 最初はパドリングに慣れず、右に左に揺れていましたが、すぐに慣れてこの笑顔。

 「シーカヤック、楽しい〜!」

石ころアート

 石ころアートの時間です。

鋸割岩

 40m超の断崖絶壁、名所・鋸割岩(のこわきいわ)の直下を行きます。

大吉戸神社

 7世紀に築かれた古代山城・金田城(かなたのき)の鎮守・大吉戸(おおきど)神社から上陸。

トレッキング

 「冒険って感じ〜」

ダンギク

 秋の城山を代表する名花「ダンギク」が咲き始めていました。

二の城戸

 二ノ城戸(にのきど)。城戸は城門のことで、山城の外部と内部をつなぐ重要な場所です。

ろくべえ

 サツマイモを原料とする対馬独特の郷土料理「ろくべえ」を神社前の広場でいただきました。

 「はじめての食感だけど、おいしい!」

無人島に上陸

 無人島・明礬島(みょうばんじま)に上陸。

無人島で海水浴

 「泳いでいいですかっ?!」

 「どうぞー」

 「やった! 今年、初、海!!」

無人島でコーヒー

 無人島でコーヒーをいただき、島時間がゆっくりと過ぎていきました。

 >>浅茅湾シーカヤック 心を解放する旅(観光モデルコース)


鮎もどし自然公園

 カヤックツアー終了後、夕方から鮎もどし自然公園(Googleマップ)へ。

 清流・瀬川が、花崗岩の岩床を削ることでうまれた奇観です。


対馬の植物講座

 私は、対馬市民総ガイド化計画事業の講座「対馬の植物」編と翌日の仕事のため、案内を厳原部会・トレッキング担当Aにバトンタッチ。


白嶽トレッキング

 翌日は、協会スタッフMを含めた女子4人で、九州百名山・白嶽(しらたけ)へ。

白嶽トレッキング

 白嶽は518mの低山ですが、登山口の海抜は50m。標高差が468mもあります。

断崖絶壁

 おまけに山頂部は断崖絶壁なので侮れません。
 十分な装備と心の準備をお願いします。

 「ひえ〜!」

山頂のパノラマ

 「しんどかった! でも絶景!!」

山頂の風景

 霊峰山頂で神聖な時間を堪能中。

 >>九州百名山 白嶽トレッキング(観光モデルコース)


お見送り

 白嶽下山後は、お風呂に入ったり、買い物をしたり・・・。


 マイペースなTさんとHさんのランドネ風ほんわかモニターツアーとなりました。

 ありがとうございました(^_^)/
記事カテゴリ: アウトドア関係
対馬アウトドアモニター・博多阪急2014「雷雨と遥かなる蒼穹 編」
 こんにちは、10日間の間に、海に出て、山に登り、神社と原始林の案内をして、旅行業の試験を受けて、面接して、山を歩き、海に出たらダウンした局長Nです。

 途中でやばい気配がしたんですが、ブレーキが利きませんでした。

 次回から気をつけますっ!(殴)


 さて、寄る年波には勝てない私が命を燃やしているアウトドア情報発信について、ご報告でございます。

 2014年9月4日(水)〜5日(木)の2日間、毎年恒例のアウトドアショップ対象「対馬アウトドアモニターツアー」(今年1回目)を開催しました。
 参加していただいたのは、夏の対馬アウトドアフェアでたいへんお世話になった博多阪急(博多阪急、ザ・ノースフェイス、ミズノ、Foxfire、楽歩堂)の5名様。

アクセサリー製作体験

 博多阪急様には、昨年の春と秋、今年の夏(7/9〜7/22)に2週間ずつ、「対馬アウトドアフェア」を開催していただきました。

シーグラス

 九州の中心地・福岡の交通・人流の拠点、博多駅で対馬のPRをしていただき、感謝感謝でございます<(_ _)>

抽選会

対馬アウトドアフェア1

 対馬の特産品の抽選会と、漂着物を使ったアクセサリー製作体験を実施しました。

対馬アウトドアフェア2
 スタッフのみなさんの多くは対馬体験者。

 お客様に、生の言葉で対馬の魅力を伝えていただきました。



曇天
 さて、本題のアウトドアモニターツアーですが、九州郵船の福岡・博多港00:10発→対馬・厳原港04:40着の深夜フェリーを利用し、07:00まで滞船後、下船。

 1日目は残念ながら曇天。

カヤック
 今回のシーカヤックガイドは、対馬エコツアー

 1DAYシーカヤックツアーを体験しました。

Oさん
 リラックスモードのミズノのOさん。

無人島
 天気が怪しかったので、足早に無人島へ!

お弁当
 お弁当を食べようとすると、大粒の雨が・・・。

「あちゃー」

Oさん
 遠雷が聞こえ、いつもマイペースなOさんも必死に漕ぎました。

 「ひどい雨ー。雷こわいー」

晴天
 急いで艇庫に戻ると青空が・・・。

 「何だったんだ!」

 「自然相手だから、仕方ないね」

 >>浅茅湾シーカヤック 心を解放する旅(観光モデルコース)

釣り
 シーカヤックツアーが早めに終わったので、皆さんの希望で釣りへ。

カサゴ
 博多阪急のIさんがカサゴ(福岡ではアラカブ、対馬ではホシカリと呼びます)をゲット(^_^)

えん
 夜は、対馬空港近くの「肴や えん」でお刺身と地酒に舌鼓を打ち、素泊まり民宿クラブハウスに宿泊しました。


ハチ
 さて、翌日は城山トレッキング。 (写真は人気者のハチ)

城山登山道
 前日とはうってかわり、最高のお天気。期待が高まります。

城山の石塁
 7世紀に築かれた古代山城・金田城。

 1350年の時を経てもなお、強烈にその存在を感じます。

城山砲台
 「おー、絶景!」

 実はここ(城山砲台跡)は城山の山頂ではなく、左手の細い山道を登っていくと・・・。

青空

城山山頂

 「なんじゃこりゃ! 海が近い! 空が高い! すごい!!」

記念撮影
 記念撮影。

撮影会
 撮影会が始まりました(^^;)

山頂
 海の彼方は朝鮮半島。7世紀の防人(さきもり)たちも、こうして国境の海を睨んでいました。

石塁
城山は276mの低山ながら、対馬の自然・歴史・景観の魅力が凝縮されています。

 >>防人が築いた古代要塞 金田城トレッキング(観光モデルコース)


法政第2中学校
 艇庫に戻ると、修学旅行で来島していた法政第2中学校のみなさんがシーカヤックの準備中。

 都会の学生さんたちにも、対馬の自然や歴史をたっぷりと味わっていただけたようです。

山田松月堂
 対馬の食材を使ったスイーツをお土産にしたい、というリクエストがあり、山田松月堂(Googleマップ)へ。

対馬バーガー
 昼食は、対馬バーガーKiYo(Googleマップ)の「対馬バーガー」と「とんちゃんバーガー」。
 対馬バーガーには、アオリイカとヒジキが使われています。

お見送り
 あっという間の2日間でした。

 ふだんはお客様にアウトドアをお勧めする立場のショップの皆さんですが、今回は自分たちが大満喫されたようです。

お見送り
 対馬・厳原港15:25発のフェリーに乗れば、博多港20:10着。

 海に沈む夕日も鑑賞できます。

 翌日からはまた大都会の喧騒の中心部でお仕事。

 対馬の大自然の中ですべてを解放し、心を洗濯する2日間となりました。


 >>対馬に行ってきました♪ (博多阪急ブログ2014.9.13)


 ちなみに、この翌週は、アウトドアブランド「コロンビア」「マウンテンハードウェア」2名様のシーカヤック&白嶽モニターツアーでした。

 そのお話はまた(^^;)
記事カテゴリ: アウトドア関係
好日山荘マウントラボ×アウトドアの季節
 こんにちは、先週水曜日、「対馬市民総ガイド化計画」の第1弾・妄想と偏見の神社講座をぶちかました局長Nです。

 対馬の自然と歴史と古代信仰の関係、そして私がいかにして雨男になったかという涙なしには聞けない講座だったと思います(たぶんね)。

 さて、どうでもいい前フリは置いといて(-_-)//


白嶽

 明日と明後日(8/30〜8/31)、好日山荘 グランフロント大阪店 マウントラボにおきまして、「神々と生き物たちの山『対馬』」と題する対馬の自然・トレッキングの説明会を開催いたします!

 腰痛気味の観光担当フナメンと、厳原部会・トレッキング担当Aが大阪に行っております。

 下記時間に、フナメンがプレゼンを行います。最後まで聞いていただいた方には粗品プレゼント。

 1回目 14:00〜15:00  2回目 16:00〜17:00


「対馬を知り尽くしたプロフェッショナル!!
「対馬観光物産協会」の方に対馬の魅力を1から10まで、いや15くらいまで教えていただこうと思いますので綺麗だなと思った方はぜひご参加ください」

と、マウントラボのブログでハードルを上げられ、フナメンがびびっておりました。

くわしくは、こちら!
 >>神々と生き物たちの山「対馬」(マウントラボ・ブログ)


 好日山荘様には、2010〜2012年の3年にわたって対馬アウトドアモニターツアーにご参加いただき、たいへんお世話になりました!

 今回もよろしくお願いいたします<(_ _)>

 >>好日山荘登山レポート対馬3年分!


城山

 もういっちょ!

 本日、九州登山界の重鎮・五十嵐 賢さんから、「城山のダンギク、あれは素晴らしいから、またPRしとくよー」とお電話をいただきました。

 五十嵐さんのアドバイスで昨年から実施している「城山ダンギクトレッキング」も現在参加者募集中!

 1350年前に防人がいた古代山城に咲くダンギクの群生地。

 重厚な歴史、貴重な植物、国境らしい景観。

 対馬のすべてが凝縮された城山(じょうやま)の魅力を大満喫します!

 >>「城山ダンギクトレッキング」に開催について(当協会ブログ)


 アカハラダカ観察会・対馬最高峰矢立山トレッキングも参加者募集中です〜。

 >>「対馬の大自然観察会」の開催について(当協会ブログ)
記事カテゴリ: アウトドア関係

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.