(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
去りゆく日々、新たな日々。
 こんにちは、2017/5/31(水)、当協会の総会が無事終わりました。

 総会という名のディオ・ブランドーに、時の止まった世界に閉じ込められていた局長Nです。


 そしていま!

 「時」は動き出す。


 何を言ってるのか全然わからん(-_-;)という方は、こちら
 >>ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース(Wikipedia)



 さて、時が止まっている間にもいろいろな出来事がありましたが、もう眠いので、百聞は一見に如かずとも言いますので写真でご紹介します。


長崎県の山

2017年2月24日 長崎県の山(山と渓谷社)発行。 ※対馬の山を執筆
 >>分県登山ガイド 41 長崎県の山


アマテル神社

3月6日 阿麻テ留(あまてる)神社(対馬市美津島町小船越)の神事。
対馬神社ガイドブック用取材。 ※テは氏の下に一。
 >>「対馬神社ガイドブック 〜神話の源流への旅〜」の配布について


YAMAPシーカヤック

YAMAPお見送り

3月18日 九州を代表する新進気鋭の企業・登山地図アプリ「YAMAP」の代表はるさん、こたさん、ノラミミさんご来島。
>>YAMAP


Oさん、Mさん

かにさん

3月31日 物産担当Oさん、観光担当Mさん派遣解除(対馬市から協会派遣)、対馬市福岡事務所Yさん退職、島おこし協働隊かにさん離任。

4月1日 物産担当はらぼーさん、対馬市福岡事務所Wさん雇用、島おこし協働隊・エコツーリズムプランナーゆーみんさん着任。


ゆーみんさん

4月14日 ゆーみんさん、白嶽登山研修


御岳

4月16日 御岳登山(趣味)。 ※ツシマヤマネコ生息地


ヒトツバタゴまつり

4月30日 ヒトツバタゴまつり


芋崎砲台

5月3日 芋崎砲台(趣味) ※対馬要塞第一期


白樺浮き

5月4日 白樺浮き(趣味) ※ロシア、中国、北朝鮮などで使用される漁具の漂着物


NHK取材協力

5月14日 NHK自然番組取材協力、白嶽登山。


金石城

お船江

5月15日 長崎県観光連盟メディア事業、取材協力


ザ・ノースフェイス

5月20〜21日 ザ・ノースフェイス「FEEL THE BORDER」 ※白嶽、海鮮BBQ、浅茅湾クルーズ、姫神山砲台
 >>『FEEL THE BORDER』を開催しました!




このイベントでは、浅茅湾クルーズ中に野生のイルカが出現するというサプライズが!
※クリックすると動画が流れます。音声に注意。


5月31日 定時総会。

6月1日 観光担当Uさん雇用。

白嶽ガイド、長崎県立大シーボルト校で講演、夏山フェスタ・・・

また、夏がやってきます。

記事カテゴリ: お知らせ
『FEEL THE BORDER』を開催しました!

こんにちは、青春真っ只中の35歳、フナメンです。


以前告知していたイベント『FEEL THE BORDER』を開催しましたのでご報告いたします。

最初にお伝えしますが、内容は置いといてまぁまぁ長いです。
ご注意くださいw



2017年5月20日(土)13:00

予定より少し遅れましたが、参加者、関係者合わせて総勢25名が厳原港に到着。


少数精鋭の5名でお出迎え!(お一人は現地からの参加者)




早速、メインの白嶽トレッキングへ。→白嶽位置

登山口にてYAMAP代表のはるさんより登山アプリYAMAPの操作等のご説明をしていただきました!

IMG_5526_640.jpg

登山やトレッキング、近所のお散歩等の行動記録を写真と共に残したい、それを発信したい、仲間と共有したい、
山で迷いたくない等など思ってらっしゃる方は是非使ってもらいたいアプリです。


いざ、登山道へ!

序盤は植林地を抜けます。

IMG_5540_640.jpg

IMG_5551_640.jpg

みなさん絵になります。



IMG_5561_640.jpg

IMG_5571_640.jpg

↑この木が岩を支えているらしいです。たぶん嘘だと思いますが、見かけたら応援してあげてください。



この右側の鳥居を抜けると聖域となり原始林が広がっています。

IMG_5577_640.jpg

YAMAP確認中のみなさん。

ここから、なかなかの急勾配を45分ほど進むと山頂です。



山頂直下。

IMG_5599_640.jpg

落ちたら終わりのやつなので、ロープを使って慎重に登ります。


山頂は狭く危ないので、十数名ずつ、半分に分けて頂上を楽しみました。


集合写真。






それを撮るフナメン。

IMG_5659_640.jpg

いつも集合写真に入れないのでせめてブログにはねじ込みますw



頂上から見た、順番待ちの皆様。

IMG_5617_640.jpg


頂上付近では、踏み外したりすると終わりなので、頂上に登りたくない方は無理して登る必要はないと思います。

頂上でなくても絶景は楽しめるので、登らない勇気も必要ですよね!

安全第一で楽しみましょうー!



その後は白嶽神社へ参拝。

IMG_5671_640.jpg

白嶽は双子峰で、頂上は雄岳、白嶽神社は雌岳の根元にあります。


少し下って、岩のテラスで集合写真。

IMG_5681_640.jpg

からのフナメン。

IMG_5681 (2)_640.jpg

ねじ込む2。
脇の締め具合、猫背、肩の上がり方、どれをとっても絶妙にダサいw
そう、それがフナメン。



ということで、メインの白嶽は事故もなく、無事下山となりました。

下山後は裏メインの海鮮BBQですっ!!!


海鮮ドォォォーーーーーン!




飲み物各種ゥゥゥーーーーー!

IMG_5683 (2)_640.jpg


心地よい疲労感に包まれ初日の夜は更けていきました。。。





2017年5月21日(日)

二日目にして最終日。

まずはフナメン激推しの浅茅湾クルーズです!

IMG_5683_640.jpg

この市営渡海船うみさちひこで巡ります。


出発まもなく。

IMG_5703_640.jpg

IMG_5694_640.jpg

あれっ!?

IMG_5701_640.jpg

これはっ!

IMG_5700_640.jpg

こんにちは、みんな大好きイルカ先輩です。

このイベントの為に夜なべして餌付けしてよかったです(嘘です)


これは奇跡と言って過言ではない、本当に。

今回のイベントで初めて対馬に来た方がほとんどだったのに、初めてで野生のイルカが見れるなんてツイてる
超えて超ツイてるです!


皆さんの引きの強さ素晴らしい!



その後は

IMG_5718_640.jpg

和多都美神社で海上参拝。→和多都美神社位置


帰りにもまたイルカと会えたし、素晴らしい浅茅湾クルーズとなりました。

IMG_5745_640.jpg

IMG_5709_640.jpg

それにしても浅茅湾きれいやなー。


浅茅湾はシーカヤックフィールドとして抜群の環境なのですが、シーカヤックはちょっと・・・
という方には市営渡海船を使った浅茅湾クルーズがオススメです。→浅茅湾クルーズ詳細




お次は姫神山砲台跡。→姫神山砲台跡位置

緒方という地区から徒歩で40分ほど。

IMG_5771_640.jpg

ここからの浅茅湾もきれいー。


山頂付近に突如現れるレンガ造りの建物が姫神山砲台跡です。

IMG_5774_640.jpg

IMG_5780_640.jpg

IMG_5787_640.jpg


集合写真。

IMG_5793_640.jpg

フナメン、今回はちゃんと写ってます!
嬉しいー!
嬉しすぎてピースしてる!
かわいいー!



ここで昼食。



あなごの水揚げ日本一を誇る対馬の煮あなご弁当!!!

うまい!!!


さらに対馬を知っていただこうということで、日本三台墓所の一つ万松院に向かいました。

IMG_5794_640.jpg

IMG_5795_640.jpg

姫神山砲台跡あたりから局長Nの熱く、ディープな歴史トークが炸裂しており多少心配していましたが、皆さん
熱心に聴いていただき良かったですw

さすが局長N!!!(社内営業)


ということであっという間に、お別れです。

帰りは15:25発のフェリーなので、島らしく、紙テープで。

IMG_5808_640.jpg

IMG_5796_640.jpg

一泊二日という短い行程にも関らず、アウトドアを中心に出来るだけ多くの対馬を見て感じて欲しいという思いから、
慌しくなってしまいましたが、笑顔の皆さんを、笑顔でお見送りできて良かったです!


今回も素晴らしい出会いに恵まれ、個人的には最高のイベントでした。

やっぱアウトドアって素敵やん。

やっぱ対馬って楽しいやん。

と思っていただけたら嬉しいです!


今後も継続してやっていきたいと思っていますので、関係者の方々、ご協力の程よろしくお願い致します。

そして今回参加できなかった皆さん、是非次回はご参加ください!


よろしくお願いします。



記事カテゴリ: お知らせ
あのダーツの旅に対馬が出ます!
新年度が始まり、新緑がまぶしいこの季節に、体調不良。

ミスター虚弱体質ことフナメンです。



今、話題の空母カールビンソンが対馬沖に来てるらしいですね。

ビンソン見てみたいです。

実際にみるとかなりビンソンなんでしょうね。



はい、ということでお知らせです。

なんと5月3日(水)憲法記念日に日本列島ダーツの旅スペシャルで対馬市のとある町が紹介されるということです!!!

番組詳細はこちら


しかもフナメンが愛してやまない唐沢寿明さんと、お笑い芸人の陣内智則さんが来島されたとのことです!!!

絶対に面白い内容になるので是非、ご覧ください!

ネガティブな話題の露出が多い対馬ですが、本当の対馬が良い感じで伝わることを願っております。
日本テレビさん、よろしくお願いします!


私は録画して二度三度楽しみたいと思っています!録画予約済み!


唐沢先輩に会いたかったなぁー。
※奥様の山口智子さんは見たことあります(自慢)


何はともあれオンエアーをお楽しみに!!!

早く見たい!


よろしくお願いします。

記事カテゴリ: お知らせ
ヒトツバタゴ開花状況
上対馬事務所のKです。
上対馬町鰐浦地区の山が、白く色づいてきました。
ヒトツバタゴは、モクセイ科ヒトツバタゴの一種。
昭和3年、国の天然記念物に指定されています。
「うみてらし」「なたおろし」「なんじゃもんじゃ」などの別名があります。
4月30日には、「ヒトツバタゴイベント」が開催されます。

4月27日午後の開花状況です



記事カテゴリ: お知らせ
比田勝港国際ターミナルビルの一日
上対馬事務所のkです。
4月23日、比田勝港国際ターミナル多忙な一日です。
比田勝〜釜山間は、JR九州高速船、大亜高速海運、未来高速の3社が運航を行っています。
1階に、(一社)対馬観光物産協会上対馬事務所(観光事務所)があります。お気軽にお立ち寄りください。

9時55分 コビー入港。(未来高速)

10時10分 ビートル入港。(JR九州高速船)

10時40分 オーシャンフラワー入港。(大亜高速海運)
11時00分 ニナ入港。(未来高速)

手前がニナ。向こうがオーシャンフラワー。
12時30分 ビートル出港。
13時00分 ニナ出港。
13時30分 オーシャンフラワー出港。
15時25分 ビートル入港。
16時00分 ビートル出港。
16時30分 オーシャンフラワー出港。
16時45分 ニナ出港。
17時00分 コビー出港。



皆さんも、比田勝港から釜山へ遊びに行きませんか。

この日の入国者900名、出国者1700名 合計2600名。 一日の最大は2900名.  
記事カテゴリ: お知らせ
加藤清正?のミヤマキリシマ
上対馬事務所のKです。
上県町西津屋に行ってきました。
地区内の西光寺には、市指定文化財のミヤマキリシマの花が咲いています。

豊臣秀吉の朝鮮出兵時、加藤清正(熊本藩初代藩主)が植えたと言われています。
説明版には、加藤清正は対馬に上陸してないと書かれています。

それでは、この伝説は・・・?。誰が植えたの?
昭和50年頃までは、珍しい巨木で多くの方が花見に訪れてあったと。
今では、株根の若木が成長しています。
ここから入り、階段を登っていくと西光寺に到着。その奥にあります。


ぜひ、お立ち寄りください。
近くには「立石」という、海から突き出た大岩があります。亀やイグアナの頭に似ているらしい。
記事カテゴリ: お知らせ
ごあいさつ
はじめまして!

4月より観光物産協会で勤務させていただくことになりました
はらボーと申しますundefined

対馬出身、対馬暮らしの私ですが、恥ずかしながら知らないこともまだまだあります・・・(^^;
日々楽しみながら学んでいきたいと思います矢印上
何卒よろしくお願いしますき

いきなりですが、みなさま!
今年はお花見をされましたか?

私はお弁当を持って行って桜の下で・・・といった本格的なお花見はしませんでした・・・

が、
8日の土曜日に移動中立ち寄った仁田の目保呂ダムの風景がとてもキレイでしたので
スマホで撮った写真を貼っておきます。






来年は食べかけのパンではなく、きちんとお弁当を持って行きたいと思いますundefined

みなさまの来年のお花見の候補予定地の参考となれば幸いです!kyu
記事カテゴリ: お知らせ
島おこし協働隊 あいさつ
対馬観光物産協会のブログをご覧のみなさま、はじめまして晴れ
4月より福岡から対馬に移住してきましたエクステンション

島おこし協働隊の ゆーみん です♪


エコツーリズムプランナーという役職で、任期である3年間の間に
現在人材が不足している、対馬の観光ガイド(特に山のガイド)を増やすミッションや
対馬観光ガイドの会『やんこも』のガイド事務局を担当したり、
観光メニューの開発や自ら観光ガイドになる
エクステンションといった活動を行ってまいります。



対馬に住みはじめて10日ほど。
スーパー・ドラックストア・ホームセンター・100円均一など
雑貨や食料品の品揃えが豊富で困ったことは特になく、
福岡と変わらない生活を送っています。

テレビが福岡放送と長崎放送の両方が見られるのは驚きましたね・・・。

今後このブログの場をお借りして、
島の楽しみ方や対馬での暮らしの感想などを
独自の目線で情報発信していきます、さまざまな場面において
島内・島外問わず色々な方のお力添えをお願いすることもあるかとは思いますが、
対馬の魅力を広く発信できるよう活動してまいりますので、
皆様どうぞよろしくお願いします
ハート

写真は 万松院 ジェットフォイル対馬到着時 万関園地展望台からの夕日↓↓


〈最近食べた美味しかった食べもの〉↓↓ いりやきそば 真珠の貝柱のフライ エビのアヒージョ さばの味噌煮込み定食
記事カテゴリ: お知らせ
【お知らせ】長崎県立対馬歴史民俗資料館の代替展示について
長崎県立対馬歴史民俗資料館は、平成29年4月1日より閉館しておりますが

一部資料を用いた代替展示が行われますので、ぜひ足をお運びください。


【詳細】

♦ 期 間 4月12日(水)〜2カ年程度

♦ 時 間 9:00〜19:00

♦ 場 所 対馬市交流センター 3階入口(対馬市厳原町今屋敷661番地)
       地図 ➡ グーグルマップ






記事カテゴリ: お知らせ
今年も『FEEL THE BORDER』開催します!!!
こんにちは、フナメンです。


今年も、このイベントの告知ができるなんて、フナメン幸せっ。


ということで、今年もやります。





FEEL THE BORDER 2017


【FEEL THE BORDERとは?】
抜群の知名度を誇るアウトドアブランド“ザ・ノースフェイス”、世界の山旅をコーディネートする“アルパインツアーサービス”
“対馬”がタッグを組み、対馬の自然や歴史、食を堪能してもらおうというアウトドア好きにとっては夢のようなイベントです。
昨年に引き続き2回目の開催ということで前回よりパワーアップしておりまっす!

今回は、ザ・ノースフェイスさん、アルパインツアーサービスさんに加え、なんと、登山アプリに革命を起こしたYAMAP(ヤマップ)さんに参加していただくことが決定しましたっ!!!

登山アプリYAMAPを活用した新しい山の楽しみ方を、YAMAPさんから直接レクチャーしていただきます!
こんな機会滅多にないですよね。


みんなで楽しく白嶽を登りましょうね!
海鮮バーべキューと地酒で盛り上がりましょうね!
ザ・ノースフェイスさんからお土産ありますからね!
対馬からも何かあるはずですよ!



そんな楽しい楽しいイベントの詳細は以下の通りです。





日  程:2017年5月20日(土)〜 5月21日(日)

旅行代金:¥19,000(博多ふ頭発着)
     <交通費(博多ふ頭−対馬間の船代、島内の車代)、ツアー中の食事代、宿泊代、ガイド代、保険料を含む>

最少催行人数:15名

食  事:20日夕、21日朝、21日昼

宿  泊:東横イン対馬厳原 ※2017年3月30日新規オープン

持  物:動きやすく濡れてもすぐ乾く服装、軽登山靴、雨具、防寒着、バックパック、帽子、日焼け止めなど


ツアースケジュール

【1日目】
ジェットフォイル・ヴィーナスにて博多ふ頭から対馬の厳原へ。(昼食は各自ご用意ください。)
着後、専用車にて洲藻の白嶽登山へ。
徒歩登り1時間30分、下り1時間00分。
夕食は厳原港で海鮮バーベキューを楽しみます。

【2日目】
専用車にて長板浦地区へ向かい、チャーター船にて浅茅湾クルーズ。
天然の良港『浅茅湾』を縦断し、竜宮伝説が残る『和多都美神社』を海上参拝後、日露戦争時、バルチック艦隊を迎撃すべく開削した運河『万関瀬戸』等をクルージングします。
その後、姫神山砲台跡ハイキング。
徒歩往復1時間30分。
その後、対馬藩主宗家墓所・万松院を見学。 ※全て専門ガイドが同行します。
厳原港からフェリーきずなにて博多ふ頭へ。


こうやってサクッと書きましたが、実際のイベントでは、表現することが難しい程の感動がほとばしる予定なので、
皆さん心してご参加ください!

チラシは九州内のザ・ノースフェイス直営店、一部の取扱店に設置していますので是非、手にとってご検討ください。


もう既にザ・ノースフェイスの公式ホームページにもアップされているので、合わせてご確認ください!

→ THE NORTH FACE 公式HP EVENT INFORMATION



ツアーのお申込み、お問合せは下記までお願いします。

アルパインツアーサービス株式会社[福岡営業所]
〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-8セントラルビル5階
TEL:092-715-1557/FAX:092-715-0826


※対馬島内からの参加者について
 原則的に島外参加者優先とし、もし空きが出ることがあれば、島内からもご参加いただけます。
 その場合の料金、申込みについてはアルパインツアーサービスまたは対馬観光物産協会までお問合せください。







最後にイベントのコピーを。



われわれの祖先は、海を越えてこの日本列島にやってきたという。
大海原に浮かぶ国境の島・対馬(つしま)は
砂漠を旅するキャラバン隊にとってのオアシスのような存在だ。
ツシマヤマネコが棲み、原始の森に覆われたこの島のことを
どれだけの人が知っているだろう。
さあ、大陸からの風が吹く国境の島へ出かけよう。
新たな発見が、あなたを待っている。



皆さんのご参加お待ちしております。

よろしくお願いします!


記事カテゴリ: お知らせ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.