(一社)対馬観光物産協会ブログ

対馬の観光物産情報をお伝えします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
対馬観光のススメ 〜厳原港(いづはらこう)〜
 こんにちは、「対馬砲台群を歩く」シリーズが一段楽したので、次は「『三角点ハンター』か『式内社探訪』をやりたいなあ」と言ったら、あっさり却下された観光担当Nです。
 そういう訳で、「対馬観光のススメ」第1弾は、対馬の海の玄関口・厳原港です。

豆酘崎
 対馬〜九州本土間に横たわる玄界灘(げんかいなだ)は古代から海の難所として恐れられ、また対馬の海岸部は断崖絶壁が多く、3世紀の魏志倭人伝に「至るところ絶島」と描かれています。
(写真は対馬南西端の豆酘(つつ)崎)

 古代の人々は、こんな(恐ろしい)外洋を航海していたわけです。
 >>博多港〜厳原港(Googleマップ)

 ちなみに、航海の守護神・住吉三神をまつる神社は全国に2000社ほどあるらしいのですが、特別に霊験あらたかな「名神大社」は、大阪(住吉の総本社。摂津国一宮)、下関(長門国一宮)、福岡(最古の住吉と言われる。筑前国一宮)、それに壱岐と対馬の5社で、関西から大陸へ渡る航路上に正しく位置しています。
 大陸航路は、神頼みをしなければ渡れない危険な海路だったのです。

厳原港
 厳原港は、対馬の東海岸(九州側)に位置する数少ない良港の条件を備えており、古名は「与良」(よら)、律令時代初頭(8世紀ころ)には対馬国の中心地「国府」(こう)が置かれました。
 江戸時代には「府中」(ふちゅう)となり、明治時代に「厳原」と改称し、1000年以上にわたって対馬の外交や貿易の中心地として栄えてきました。

野良崎灯明台
 厳原港の歴史を物語る面白いもののひとつが、明治9年に建設された純和式の野良崎(やらざき。耶良崎)灯明台(とうみょうだい)です。
 かつては厳原港に隣接する野良崎の突端にあり、その明かりは船人たちに大きな安心を与えてきましたが、戦後に解体されるはずのところを、地権者の吉田さんの意向により保管され、平成11年に厳原港に再建されました。

遠見
 現在、野良崎の突端には近代的な灯台が建っていますが、頂上部には江戸時代の遠見(異国船監視)の石段が残されています。
 これも国防の最前線である国境の島らしい遺構です。

立亀岩
 厳原港のシンボルは、立亀岩(たてがみいわ)。神やどる磐座(いわくら)だったと考えられています。

立亀岩より眺望
 あまり知られていませんが、立亀岩には登ることができます(危険なのでお勧めはしませんが)。眺めはこんな感じ。
 
白磯神社
 えー、厳原港の珍百景、白磯(しらき)神社跡です。
 戦国時代の対馬島主・宗 義純をまつる緒正しい神社だったのですが、いつしか八幡神社に合祀され、跡地には鳥居と「しいたけの島」の看板が(-_-;)
 鳥居か、看板か、どっちか外せよ・・・と思うのは私だけ?

矢来
 江戸時代には、宗家の努力により復活した朝鮮貿易の豊富な資金力によって矢来(やらい。防波堤)が整備され、厳原大橋や県道はそれらを基礎として築かれています。

清水山城
 港の正面に見える清水山(しみずやま)の尾根には、豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して清水山城が築かれました。
 城跡は、安土桃山時代の山城の貴重な遺構として、国の史跡に指定されています。

清水山の眺望
 清水山からは、厳原市街地と厳原港が一望でき、気象条件がよければ壱岐の島影まで望むことができます。

ぱしふぃっくびいなす
 港湾整備事業も進み、2011年からは豪華客船も着岸できるようになり、「ぱしふぃっくびいなす」「ふじ丸」「にっぽん丸」などが寄港しました。

フェリーちくし
 2011年12月現在、九州郵船のフェリーと高速船(どちらも旅客船)、壱岐対馬フェリーと対州海運のフェリー(どちらも貨客船=車+運転手)が、壱岐経由で博多港(はかたこう。福岡県)と厳原港を結んでいます。
(高速船は2時間15分、フェリーは4〜5時間程度)
 2012年4月からは、九州郵船の新造フェリー「きずな」が同航路に就航する予定です。
 また、韓国の大亜高速と未来高速の高速船が、釜山国際港と厳原港を105〜140分程度で結んでいます。

>>交通アクセス・海路で対馬へ
>>交通アクセス・国際航路(韓国から海路で)対馬へ


 古代から対馬は、日本本土と朝鮮半島・中国大陸をつなぐ大陸航路の要衝でした。

 対馬が存在しなければ、金属器・漢字・仏教・律令制などの大陸文化は日本に伝播せず(あるいはずっと異なる形で到来し)、日本ひいては東アジア全体の歴史そのものが大きく変貌していたはずです。

 厳原港は、普通に歩けばただのフェリーターミナルですが、1000年以上の歴史に想いを馳せながらゆっくり歩くと、また違った姿を見せてくれるのです。


おまけ
 対馬への海路の起点は福岡県の博多港ですが、同港のベイサイドミュージアムには、古代の丸木舟や古墳時代の船、遣隋使船などの模型が展示されています。
 古代の日本人がどうやって博多から対馬へ、そして朝鮮半島や大陸へ渡ったのか、歴史ロマンに浸ってみたい方にはお勧めです。

対馬観光物産協会ブログ
>>波濤(はとう)を越えて
記事カテゴリ: 対馬観光のススメ
対馬観光のススメ 〜波濤(はとう)を越えて〜
 こんにちは、観光担当Nです。
 お客様から、「対馬に行くにはどこから船に乗ればいいの?」というお問い合わせをいただくことがありますので、まずは船の旅の方法をご紹介します。

 対馬への海の旅は、福岡県福岡市博多区にある博多港・博多ふ頭が起点になります。
 >>博多ふ頭・ベイサイドプレイス博多(Googleマップ)

博多港01
 博多ふ頭は、「ベイサイドプレイス博多」として整備され、温泉施設、コンビニ、飲食店、博多ポートタワー、博多港ベイサイドミュージアムなどがが立ち並ぶ賑やかなスペースです。

博多港02
 ジェットフォイルは、ベイサイドプレイス内の博多ふ頭第1ターミナル発着で、1日2便、対馬まで2時間15分。

博多港03
 フェリーは、ベイサイドに隣接する博多ふ頭第2ターミナル発着で、1日2便、対馬まで4時間15分。

ベイサイドミュージアムに面白い展示があったので紹介します。

古代船1
古代の丸木舟(博多港ベイサイドミュージアム)

古代船2
古墳時代の準構造船(博多港ベイサイドミュージアム)

古代船3
遣隋使船・前期遣唐使船(博多港ベイサイドミュージアム)

ジェットフォイル
ジェットフォイル(^^)

フェリー
2012年4月日就航したフェリーきずな。

対馬への船旅(国内航路)は、交通アクセス「海路で対馬へ」
対馬への空旅は、交通アクセス「空路で対馬へ」
対馬への船旅(国際航路)は、交通アクセス「海路で対馬へ」


航路
おまけ: 登山用のGPSで、航路のルートが記録できました。壱岐の芦辺港経由で132キロの船旅でした。


おまけ、その2。
 先日の「対馬学」の資料作りのため福岡の神社について調べていて、あることに気づきました。九州には全体で98社(107座)の式内社(朝廷に認められた官社)があり、対馬は九州最多の29社(29座)を誇りますが、福岡(筑前)にはより霊験あらたかとされる名神大社が11社(19座)も集中しています。

 筥崎(はこざき)宮には、三韓(朝鮮)征伐の伝承をもつ神功皇后が鎮座し、宗像(むなかた)大社と志賀海(しかうみ)神社には航海の神であるムナカタ三女神とワタツミ三神が、住吉神社には同じくツツノオ三神が鎮座しています。
 宗像大社と志賀海神社は海神の総本社、住吉神社は大阪・下関・博多・壱岐・対馬に位置する大陸航路の守護神社です。

 福岡は古代から大陸との交流の拠点であると同時に、元寇など異国の侵略を受けやすい地でもありました。
 古代から無数の船を沈めてきた玄界灘は、神頼みをしなければ越えられない海であり、自然の猛威や異国との緊張に満ちた海域でした。
 福岡、壱岐、対馬には日本有数の武神と海神が鎮座し、朝鮮半島へとつながる大陸航路を守護していたのです。


 古代からの海の歴史に想いを馳せながら、パワースポットと海の旅を楽しんではいかがでしょう?
記事カテゴリ: 対馬観光のススメ
対馬旅行記 「家族旅行で思い出の対馬へ」
※ペンネーム:「ごま」様から投稿をいただきました。

 私たち家族は父の転勤で3年間対馬に住んでいたことがあります。40年前のことです。このたび、両親の金婚式のお祝いに、思い出の対馬へ家族旅行に行ってきました。
 ジェットホイルで博多から約2時間、あっという間に厳原港に到着し、レンタカーで思い出の場所を巡ります。

IMGP0036_small.jpg IMGP0356_small.jpg

 万松院の山門や石段は40年前と変わらず風格を感じさせるたたずまいで迎えてくれました。70歳代後半の両親も置いてあった杖を頼りに頂上まで登ることができ、当時は知らなかった由来や歴史も知ることができました。
 上見坂展望台からの、白嶽や美津島など見事な眺望や砲台跡も記憶のままでした。
 以前よく遊んでいた阿須湾は、残念ながらテトラポットが入れられて石浜が狭くなっていましたが、海は相変わらず透明で懐かしい景色を堪能することができました。

IMGP0253_small.jpg

 宿泊は「対馬グランドホテル」に2泊しましたが、ここは景色も、温泉も、料理も、従業員の方々もすべて素晴らしく、是非また来たいと思いました。月明かりの海に浮かぶいか釣り船の明かりや海から登る朝日に感動しっぱなしでした。
 2日目は、「異国の見える丘展望台」までドライブしました。要所要所にトンネルが開通していて、思ったよりスムーズで快適なドライブでした。望遠鏡で韓国を探したら、うっすらとビルが見えました!

IMGP0166_small.jpg

 対馬野生生物保護センターでは、係員の方に親切に案内していただき、本物のツシマヤマネコと対面することができたのも感動でした。
 昼食は「そば道場あがたの里」で、念願の対州そばです。ドライブの道すがら、そばの花が咲いているのがきれいでしたね。

IMGP0195_small.jpg

 帰りは「和多都美神社」や「烏帽子岳展望所」、「万関橋」などを巡って、最後に大きなスーパーでおやつ等を仕入れてホテルに帰ってきました。お天気もよく海と島の素晴らしい景色を満喫できたドライブでした。
 最終日は、思い出の小学校や川端通りを訪ねた後、名物かすまきやお土産を購入。こちらのHPでプリントした割引券を使わせていただきました。
 船に乗る前に「料亭志まもと」で海鮮丼の昼食。季節がらうに丼がなかったのが残念でしたが、おいしかったです。
 対馬の自然の美しさを堪能し、悠久の歴史に触れた旅でしたが、なんといっても、出会った人々ののんびりとした暮らしと自然な優しさに心を打たれました。40年前のことを思い出しながらいろいろと教えてくださった皆さん、ありがとうございました。
記事カテゴリ: 対馬観光のススメ
合歓の花咲く対馬
「合歓の花咲く対馬」(福岡県・てんてんさん)
2008年7月20日(日)〜21日(月)
1日目: 福岡空港〜美津島町・対馬空港〜豊玉町・和多都美神社〜厳原町・西山寺(宿泊)
2日目: 西山寺〜美津島町・樽ヶ浜(渡海船乗場)〜対馬市営渡海船ニューとよたま・浅茅湾観光〜福岡へ

20080720_01.jpg
梅雨もあけ、一年中で一番暑い7月20日〜21日の一泊二日で、対馬に行って来ました。
福岡空港で、飛行機に乗り、二年越しの夢の対馬へ・・・・。
そうなんです。実は昨年もこの時期に、対馬旅行を計画していたのですが、みごとに台風がきて、飛行機が飛ばずに、計画はパアーーー!!
今年こそはとおもっていたところ、1週間前になり、急にまた、南の海上に台風があらわれ、一直線に対馬へ予想進路がのび、また今年も・・・・といやな予感がしていたところ、台風が急に左へ曲がってくれ、無事に行くことができました。

話はもどり、飛行機に乗り、シートベルトをして、飛行機は上空へ・・・。
シートベルト着用のサインが消え、機内アナウンスが聞こえてきました。
「当機はただ今シートベルト着用のサインが消えましたが、5分後には、最終着陸準備にはいります。」
えっ!はずすひまないじゃん!!ホントに、アッという間に着きました。
リアス式海岸のきれいな海と山を見ながら、山を2つ削ってつくったという、飛行場に到着です。
すぐに、予約していたレンタカーのカウンターへ行き、車に乗せてもらい、レンタカー屋さんへ向かいました。
おじさんがバタバタと手続きをしてくれ、マツダの軽自動車を2日間、借りることになりました。
さぁ、右も左もわからない対馬旅行のはじまりです。
とりあえず、厳原へ向かおうと、右に行きなさいとの、指示を受け、右へまっすぐ、まっすぐ走りました。
母の、対馬がこんなに街とは思わんかったとの声を横で聞きながら、国道を南下し、20分ほどで、厳原に着きました。
厳原の港で、主人たちと合うことになっていたので、向かったのですが、この港への曲がり角に標識がなく、行き過ぎてしまい、ユーターン。ぜひ、ここに、標識がほしかったですね。

ここで、観光協会員の方のアドバイスをうけ、和多都美神社へ向かいました。
この和多都美神社、宮島に似ているのですが、もっと素朴で、歴史を感じる、とても素敵なところでした。
それから、烏帽子岳へ・・・。結構な山道で、4人乗ったマツダくん、後ろの車に抜かれながら、ブイブイがんばってくれました。
きれいな緑のぽっかり浮かんだ島が、たくさん見え、大きく深呼吸をしたくなる景色でした。
ここでも、一言、言わせていただければ、案内板にもう少し詳しく書いていただきたいと思いました。
大きな案内板はあったのですが、書いてあったのは、[ベンチ] それはそれで、笑えたのですが、せめて方向ですとか、島の名前とかを書いていただきたいですね。

一日目の観光は、これで終了。
4時から8時ころまで、西山寺で、主人たちのライブを聞き、夜は、対馬の方たちとの懇親会がありました。
数年ぶりに食べるあわびや、あまいあまーーいイカやタイの刺身、カンパチやアジの塩焼きをいただきました。
ホントにホントにおいしかったです。 おごちそうさまでした。
あわびがでてくるやいなや、すごい勢いで、テーブルをかこむ私たち。
地元の方々はびっくりされたかもしれませんね。でも、今度はいつ食べられるかわからない、あわびなんです。
一生懸命にも、なりますよね。

20080720_02.jpg
二日目は、朝食を西山寺で頂き、ネットで調べていた、9時発の観光船に乗ろうと、樽が浜に向かいました。
細かい地図がなく、標識があるかなと向かったのですが、わからず、結局、4人の方に聞いて、樽が浜に着いたのは、9時10分。もう、船は出たかなとあきらめモードで、近くで、船を掃除されていたおじさんに聞いてみましたところ、今から、船をだしてくださると言われ、  カ・ン・ゲ・キ!!
1時間半のコースをお願いして、ひとり、3000円で、浅芽湾をめぐっていただきました。
お客は、もちろん私たち4人。
この、ガソリン代のお高いなか、気の毒でもありました。

(※現在、料金改定により、貸切料金のみの運航となっております)

10分ほどたったところで、舳先においでと言われ、海風にビュービュー吹かれながら、おじさんが、くわしく説明してくださいました。
大小多数の島の間を走り、万里の長城にも似た石垣がつづいていることや、昔は海賊がいたこと、真珠の養殖のこと、ほかにも、いろいろ教えてくださいました。
岸壁に咲いている黄色いキスゲの花もとてもきれいでした。
船の舳先で、美しい景色を見ながら、4人で聞く説明は、本当に楽しいものでした。
アッという間に、1時間半が過ぎ、もとの港にもどってきました。
ここで、もうひとつお願いがあります。
樽が浜への標識を作っていただけないでしょうか。
それと、もっとPRすべきではないでしょうか。
あんなに、素敵な景色をもっとたくさんの人に見てもらいたいと素直に思いました。
64人の船に4人では、もったいない。でもまぁ、4人だったから、10分遅れでも乗れたし、楽しいこともたくさんあったのですが・・・・。

そんなこんなで、良い思い出ばかりで、帰ってきました。

合歓の花の咲く対馬、すばらしいところでした。

20080720_03.jpg
記事カテゴリ: 対馬観光のススメ

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.